FC2ブログ
    ノンジャンル系日記ブログだったはずが、今やほとんどラーメンブログ。何かの参考になることがあれば幸いです。横浜南部&東京都心メイン。
    太麺堂々@日清食品【カップめん】
    今日はちょいと記事のボリューム縮減です〆(・ω・。) 蓮舫さんに命じられたのでやむを得ません(ぇ

    PC035564.jpg
    カップめんはめったに食べないのですが、スーパーに行ったら「太麺」「魚介豚骨醤油」の文字が目に入ったので購入、198円(税込)ですた。

    PC035565.jpg
    どれどれ、と見てみますが期待したほど麺は太くはなさそう。お湯をかければ違うかも?

    PC035566.jpg
    お湯を入れて4分後の姿。んー、パッケージの写真の面影はどこへやら。特にメンマは悲しいことに。中央に鎮座している豚肉の細切れみたいのがメンマです。でも198円では仕方あるまい。チャーシューの代わりにひき肉が申し訳程度に入っとります。

    PC035567.jpg
    一応マイ箸との比較。ぃやー、カップめんであることを差し引いても堂々と太麺を名乗れるほどではないような。横浜家系の中太よりもいくらか細いくらいの太さですかね。これなら同じカップめんでも、大崎氏監修の「まぜそば@明星食品」の平打ち太麺の方が太麺っぽさを感じたかも。まぁ、必ずしも太けりゃえらいってもんでもないですけどね(何

    スープはとろみがあって魚介も魚粉でそれっぽさが出ているけど、動物系の旨味までは演出し切れていない印象で、かえってカップめんの限界を感じてしまうなぁ。

    こんなのは言うだけ野暮なんだけど、やっぱりどうしてもお店で出てくる濃厚魚介豚骨を食べたい欲求を満たしてくれるものではなくって、そう思うとカップめんってお店のラーメンに近づけるよりもカップヌードルみたいに「カップめんとして旨いもの」を追求するのが生きる道のような気がしちゃいますね。味噌とか激辛系だとまた違うんだと思いますが。中本のカップめんは結構お気に入りで、実はアレ以来何度か食べていますしね( *´艸`)

    カップめんも難しいですよね。日清食品さん、頑張ってください(´▽`*)
    関連記事
    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック