ノンジャンル系日記ブログだったはずが、今やほとんどラーメンブログ。何かの参考になることがあれば幸いです。横浜南部&東京都心メイン。
    つけ麺 ラーメン 泪橋 (東京都港区新橋)
    このお店は閉店しました

    namidabashi_out.jpg
    新橋駅烏森口から近い、10月13日オープンの新店。店内はカウンター12席、食券制。店名は「あしたのジョー」に由来するらしいですが、若干ジェネレーションギャップを感じたり。単に物を知らないという話もありますが(´Д`;) 床がヌルヌルで滑りやすいのでご注意をば。

    メニュー構成は「しょうゆラーメン」「塩ラーメン」「つけ麺」、そして「マンモスラーメン」と来たもんだ。二郎系なアレらしいですが、ここは無難に券売機の左上から「しょうゆラーメン」をチョイス。

    namidabashi_shouyu_1.jpgnamidabashi_shouyu_2.jpg
    しょうゆラーメン(650円)

    シンプルな東京ラーメンというか中華そばというか、スープは味濃いめですがじんわりと旨いですね。縮れた細麺も好ましい茹で加減で、啜り心地の良さと食感を楽しめます。超正統派の一杯で、物足りなさもなく美味しいと思います。

    それにしても最近はメニューの一角に二郎インスパイア系を用意する店が増えてきましたね。RDBを見ても採点の10件中7件がマンモスラーメンだし、需要あるんだねぇ。

    こうした傾向を意地悪く捉えると、その店が自分の味だけで勝負するのをあきらめているということ…?まぁ、現実的には「とりあえず流行りだし入れとくか」くらいの感覚かも知れないね、などとブツブツ考えてから、ふと思いました。

    ここの醤油にしたって塩にしたって、決してこの店の完全オリジナルではなく何らかのルーツはあるわけで、そういう意味では二郎の真似っこメニューを置こうというのも不自然なことではないのかも、と。

    一般的に今は「醤油」「塩」「味噌」がラーメンの主要カテゴリだとして、それをすべて提供する店は珍しくないけど、そのうち「醤油」「塩」「味噌」+「二郎」とラインアップさせるのが珍しくない時代が来るのかも知れない…、なんて思ったのでした。

    いやいや、二郎も醤油っちゃ醤油だし、その前に「とんこつ」があるだろうというようなツッコミはなしの方向でお願いします。自分でも何を言いたいのかよく分からんけど、まぁそういうことです。御託並べる前にお前はマンモスラーメン食べろよって話ですよね。



    食べたもの しょうゆラーメン(650円)
    訪問日時 2009/11/19(木)18:13
    満足度 ★★★★★★☆☆☆☆

    つけ麺 ラーメン 泪橋(2013年10月25日閉店、11月16日神奈川県平塚にて移転オープン)
    住所 東京都港区新橋3-13-4
    電話 03-5776-1940
    営業 11:30~23:00?
    定休 日・祝
    駐車場 なし
    関連記事
    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック