ノンジャンル系日記ブログだったはずが、今やほとんどラーメンブログ。何かの参考になることがあれば幸いです。横浜南部&東京都心メイン。
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    らーめん BUBU (茅ヶ崎市幸町)
    bubu_out_3.jpg
    茅ヶ崎駅南口からすぐのこちら。決して家から近いわけではありませんが、好みの味で曜日を問わず深夜まで営業している店って意外と少ないので重宝しますね。

    bubu_menu.jpg
    メール会員向けのメールが「和BUBUの日」や限定メニューの情報中心に送られてくるためか、どうも通常メニューがおろそかになってしまいがち。よく見れば食べた覚えがないものばかり…、というかたぶんどれも食べたことがありませんよ…Σ(・ω・ノ)ノエッ!

    bubu_1go.jpg
    BUBU1号(630円)

    「国内産のげん骨に羅臼昆布乾燥、貝柱など厳選素材を丁寧にそして丹念に作ったスープがこのスープ。まろやかでクリーミーな、スープは我がらーめんBUBUの看板メニューです。情熱をかけた渾身の一杯を召し上がれ。」ってすっかりHPのコピペですが、よ~く読むとだいぶ怪しげな日本語ですね(´Д`;)

    スープはとてもまろやかでポタージュを思わせるもの。その豊かな味わいやクリーミーさに北の大地の恵みやら海の幸やらを感じる気がしますよ。高菜や柚子はBUBUのらーめんを彩る特徴的なアイテムの一つですね。お値段もリーズナブルなのでぜひ半替玉(50円)、もしくは替玉(100円)を追加しちゃってください(´∀`)ノ

    bubu_2go.jpg
    BUBU2号(690円)

    「BUBU1号の進化系らーめん。にんにくと胡桃焦がし油が決めて情熱をかけた魂の一杯を召し上がれ。」って、こっちも若干怪し(ry

    「胡桃油」というのはあまり聞き慣れませんが、ナッツ系の香ばしさやビターな味わいがあるものなんだとか。食用以外では木製家具の仕上げや手入れにも使われるそうですね。

    その「にんにくと胡桃の焦がし油」が持つ香ばしさや苦味がスープにコクを与えていて、クセになりそうな旨さがあります。一方で柚子や辛子味噌などがささやかながら変化をもたらしているので、最後まで飽きずに美味しく食べられると思います。1号よりちょっとだけ大人の味…、かも知れません(´∀`?



    食べたもの BUBU1号(630円)、BUBU2号(690円)
    訪問日時 2009/11/01(日)22:28
    満足度 ★★★★★★★☆☆☆

    らーめん BUBU
    HP http://www.ramen-bubu.jp/
    住所 神奈川県茅ヶ崎市幸町22-26 松下ビル1階
    電話 0467-84-0537
    営業 (月~金)11:30~15:00/18:00~25:30
        (土・日・祝)11:30~25:00
    定休 火
    駐車場 なし(近隣にコインパーキングあり)
    過去のレポート歴
    2009/11/05 和BUBU2.5号
    2009/10/30 辛つけめん
    2009/10/06 辛みそ・中太麺+替え玉
    2008/07/21 節の一分
    2008/07/14 つけゴジラ
    2008/05/31 BUBU太(塩)・中太麺
    2008/04/23 みそザウルス
    2008/01/30 しょう蔵(正油)・中太麺
    2007/12/22 BUBU太(塩)・中太麺
    関連記事
    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。