ノンジャンル系日記ブログだったはずが、今やほとんどラーメンブログ。何かの参考になることがあれば幸いです。横浜南部&東京都心メイン。
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    油屋製麺 神田本店 (東京都千代田区鍛冶町)
    このお店は閉店しました

    aburaya_out.jpg
    神田駅近く、「無限庵」の跡地に9月11日にオープンした新しいお店。ラーメン道楽の新ブランドだそうです。ちなみに無限庵はなんとなく記事にしかねているうちに休業→あぼーんとなってしまいました。

    aburaya_menu.jpg
    店名から油そばのお店かと思いましたが、看板には小さく「つけめん専門店」と書かれています。しかし、ご覧のように中華そばや油そばもあるので、それはつけめん専門とは言わないのではないかと小一時間(ry

    店内はカウンター9席+ラーメン屋ではめずらしい立ち席9席で、先客4名、後客2名、食券制。つけめんの中盛(200g)と大盛(300g)は同額です。「油屋製麺」と書かれた麺箱が置かれていたので麺はオリジナルでしょうか。

    aburaya_tsuke_1.jpg
    つけめん・大(700円)

    aburaya_tsuke_2.jpg
    よく見ると黒点が見える加水多めの麺はツルツルシコシコしており、みずみずしくて風味も良く、味も好みのもの。食感に若干の頼りなさを感じないでもないですが、適度にしなやかだし、旨い麺だと思います。

    aburaya_tsuke_3.jpg
    しかしつけ汁がありきたりです。表面を油膜が覆った甘みのある魚介豚骨で、お約束通り魚粉も浮いています。申し訳ないですが「またこれか」ってタイプかと。つけめんが売りならもう少し頑張って欲しいところです。

    しかも粘度が低いことも手伝ってか、油の押し出しを強く感じます。個人的にこのタイプは油臭さとしつこさ、後味の悪さが気になりますね。油屋っていうくらいだから仕方ないけど。

    この器にはチャーシューとメンマがゴロゴロっと入っていましたが、特筆すべき点はありませんでした。

    最後に卓上に置かれたポットの割りスープをドボドボ入れたら、油分についてはちょうど良いくらいになりました。もちろん適度な油分は必要不可欠ですけど、ダシの粘度が低いつけ汁に関しては日本人がざるそばを好むことを引き合いにして油は控えめにした方が好まれるんじゃないかなぁ、なんて思ったりしたのでした。試しに一度油少なめでお願いしてみようかな?



    食べたもの つけめん・大(700円)
    訪問日時 2009/10/27(火)22:12
    満足度 ★★★★★☆☆☆☆☆

    油屋製麺 神田本店(2013年?閉店)
    住所 東京都千代田区鍛冶町1-5-1
    電話 03-6206-8699
    営業 11:00~23:00
    定休 日
    駐車場 なし
    関連記事
    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。