ノンジャンル系日記ブログだったはずが、今やほとんどラーメンブログ。何かの参考になることがあれば幸いです。横浜南部&東京都心メイン。
    麺祥来 (東京都千代田区神田神保町)
    このお店は閉店しました

    mensyourai_out.jpg
    神田すずらん通りからちょいと入ったところに、2009年5月20日オープンしたお店。なかなか人通りの多いにぎやかな立地です。地下鉄なら迷わず神保町駅だけど、JRだと御茶ノ水駅から徒歩ですかね。

    P9174790.jpg
    店名はそのまんま「めんしょうらい」と読みますがどういう意味が込められているのでしょうか。店主さんは六角家本店や大勝軒横浜西口店などで長年修業された方だとか。店内はカウンター7席+テーブル6卓約22席、先客5名、後客2名、食券制。

    スタッフは店主らしき男性と補助の大陸系っぽい女性の二人体制でしたが、着席から1分立たずにらーめんが出てきてびっくり∑(゚∀゚ノ)ノ!!!

    麺かためでお願いしたとは言え、立ち食いそば並みの素早さです。しかも補助の女性はほとんど作業に手出ししていないんですよ?店主がひたすらバタバタしているだけなのにこの驚きの速さ。一瞬、まさかの作り置きかと思ったよ…。

    mensyourai_ramen.jpg
    らーめん(並)(650円)

    至ってオーソドックスにまとめられた家系の一杯。醤油ダレが立っていますが豚骨濃度は抑えめで、バランス良く、食べやすくまとめられています。土地柄なのか、あえて万人受けする方向を目指しているような気もします。

    麺は家系の王道である酒井製麺の中太麺で、茹で加減も問題なし。身が締まってガチっとしたチャーシューはあまりにも味わいがなくイマイチですが、都心で味玉が半玉入ってこの値段なら文句はないでしょう。

    mensyourai_gyouza.jpg
    餃子(4個)(200円)

    先頭打者ホームラン級に速攻だったらーめんよりだいぶ遅れて登場した餃子。ニンニクやニラがきつめに感じましたが、ジュワっと肉汁が溢れてきてまずまず。個人的な話ですけど、最近なぜかラーメンより餃子が食べたいくらいなんだよね…。

    mensyourai_menu.jpg
    メニューもいろいろ頑張っているようです。僕としては食事時に近くにいれば寄っても良いという感じで、わざわざこれを目指して訪れるほどではないと感じました。

    ちなみにその後の厨房のオペレーションを見ていると、当たり前と言えば当たり前なんですけど客が券売機にお金を入れる前から麺を茹で始めていました。昼のピーク時でもないのにそこまでするかという気もしましたが、提供時間が短いというのも大事は大事。でもあまりにも短いとそれはそれであらぬ想像をしてしまうのも人の性かと…(´Д`;)



    食べたもの らーめん(並)(650円)+餃子(4個)(200円)
    訪問日時 2009/09/17(木)18:08
    満足度 ★★★★★★☆☆☆☆

    麺祥来(2012年4月?閉店)
    HP http://11men.net/
    住所 東京都千代田区神田神保町1-17-3
    電話 03-5283-6655
    営業 11:00~22:30(LO)
    定休 日
    駐車場 なし
    関連記事
    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック