FC2ブログ
    ノンジャンル系日記ブログだったはずが、今やほとんどラーメンブログ。何かの参考になることがあれば幸いです。横浜南部&東京都心メイン。
    問題のペッパーランチですが…
    P9144751.jpg
    いよいよ大変なことになってしまいましたね…。

    って、「おいおい路地裏よ、強姦事件に傷害事件、挙句の果てにはO157騒ぎまで起こしたそんな店でよくメシが食えるな」、そんな声もあると思います。僕だって「事情」がなければそう思うはずです。

    というのも、僕は学生時代にペッパーランチの1号店で2年ほどアルバイトをした経験があるのです。多いときは週4日くらいでしたから結構ディープでしたね。現在は200店舗以上存在するらしいペッパーランチがまだその10分の1程度しかなかったペッパー黎明期の話です。

    フランチャイズ制とは言え1号店ですからね、店舗のオーナーさんはペッパーランチの立ち上げから拡大まで大きく寄与されており、それだけバイタリティ溢れる方で僕もその後の生き方や人生設計においてずいぶん影響を受けました。

    また、店長さん(オーナーとは別の人ね)とは現在でも仲良くさせていただいていることもあって、僕にとってペッパーランチは「アルバイトをしたことがあるお店」以上の特別な思い入れがあるお店なのです。

    しかし、200店舗以上を抱えるとなると同じ看板を出していようとも様々な店が存在するわけで、中には僕もびっくりほど美味しくなかったり、モチベーションが低い店舗が存在するのも事実です。でも1号店は1号店だけあって味もモチベーションもナンバーワンだと思えるだけのものがあり、アルバイト当時から僕もそれを誇りに思っていましたし、アルバイトを卒業してからもそう思ってきました。

    しかしながら仏の顔も三度まで、ここまで来ると残念ながら1号店もへったくれもなく社会的制裁を受けざるを得ないでしょうかね…。先日m営業再開後に伺いましたがやはり客足は遠のいており、しかもステーキも安全を考慮してペッパーランチ特有の生肉状態での提供ではなく、上の画像のように両面を焼き上げてからの提供と、提供方法が変更されていました。

    真っ赤なお肉がアツアツの鉄板に乗せられて提供され、客がジュージューと焼いて好みの焼き加減で食べるのがペッパーランチ最大の特徴であり醍醐味だったのですが、これではどこのステーキ屋とも変わらないですよね…。

    これは1号店に限ったことではありませんが、従業員の方々にはそれぞれ守るべきものがあるでしょうし、会社の方針と従業員の考え方は必ずしもイコールではないなどということも思うと非常に複雑で胸が痛みます…。
    関連記事
    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック