FC2ブログ
    ノンジャンル系日記ブログだったはずが、今やほとんどラーメンブログ。何かの参考になることがあれば幸いです。横浜南部&東京都心メイン。
    昨日の巨人-横浜はすごかったです
    そう、いろんな意味ですごかったです。

    横浜 031 010 000 ∥5
    巨人 000 100 023X∥6


    単純に得点経過もすごいですよね。巨人は先発・東野が早々に打たれ、打線は横浜のエース・三浦の前に7回まで1得点と沈黙。二番手以降の投手が踏ん張っているのは分かっていましたが、これだけ打てないとなるとさすがにダメだろうと敗戦を覚悟しました。

    2連戦でしかも相手は最下位の横浜だけに取りこぼしは痛いけど、最近の三浦は安定しているし仕方ないかと。滅多に巨人戦を見れない福井県のお客さんもこんな試合で気の毒だなぁ、などと同情したりして。

    その三浦が7回121球を投げ切ってマウンドを降りるのと前後して、三浦は巨人戦通算10勝30敗で、しかも2005年に勝って以来勝ち星なしの8連敗中という、それはそれですごいデータも紹介されたりもしたけど。

    そして横浜のマウンドが木塚に交代した8回裏もラミレス、亀井が打ち取られツーアウト。もうこの試合はこのまま終わるだろうと思いきや、ここから谷、阿部の2者連続ホームランが飛び出し2点差。

    この時点で福井県営球場は逆転でもしたかのような騒ぎでしたが、でもまた得意のソロムラン攻勢だし、さすがに反撃開始が遅かっただろ、くらいにしか僕は思っていませんでした。

    それが9回表のマウンドに上がった豊田が3人でピシャリと抑えると、9回裏、先頭打者の代打・鈴木尚がヒットで出塁。ここで横浜は加藤康から真田にスイッチ。

    その真田の初球の変化球。これが吸い込まれるように真ん中高めに入ると次打者・坂本が思い切り良く振り抜き、なんと打球はレフトポール際に飛び込む同点2ランw

    8回2死まで1点しか取れなかった打線が、打者5人で4得点ってどんだけですか!?

    まぁ、優勝するチームって年に何回かこういう漫画か、漫画でもベタ過ぎて描けないような試合を演じるものですが、それにしても呆気にとられました。真田の初球も投げろと言われてもそうそう投げられないようなホームランボールだったし、それをしっかりホームランする坂本も坂本だし、なんか可笑しくて。

    その後、1死から小笠原が粘ってフォアボールで出塁。



    そして、ここからがまたすごかった、というかヒドかったw



    次打者・ラミレスがまた初球を叩くと打球は三遊間をゴロで破るレフト前ヒット…、と思いきや、



    なぜかいるはずのレフトがいない…



    そのときの衝撃映像がこちら↓↓↓

    090902002.jpg
    丸で囲ってあるのが打球なのですが、レフトの姿が見当たりません。いったいどういう守備陣形でどこを守っていたのでしょう?守備コーチもどういう指示を出していたのでしょう??

    090902003.jpg090902004.jpg
    これだけならまだしも、ようやく打球に追いついたレフトが捕球の際にバランスを崩して転びかけ、しかもそのままの体勢で慌てて投げたものだからバックホームのボールは逸れまくり。ちょ、どんだけお笑い野球なんだよとw もしかして横浜はわざと負けているのかとw

    結局、足を痛めていてまともに走れない小笠原が足を引きずりながらの激走で一塁からまさかの生還。いや、あの懸命のランニングには感動したけど、これ以上怪我が悪化したら横浜はどうしてくれるんだとw

    そういうことでいろんな意味で奇跡的なサヨナラ勝ちでした。その一方で2位中日もなぜかお得意様の広島に連敗してゲーム差は6.0、残り28試合でマジック21に。まだ直接対決が6試合あったり、苦手の広島戦も多めに残しているから余裕ではないんですけど、昨日の試合はいかにもシーズンが終わったときにターニングポイントの一つに挙げられそうな試合だったと思ったのでした。
    関連記事
    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック