ノンジャンル系日記ブログだったはずが、今やほとんどラーメンブログ。何かの参考になることがあれば幸いです。横浜南部&東京都心メイン。
    最近の巨人が大好きです(打者編1/2)
    前回の投手編に続き、今回は打者編の前編をお送りします。

    00 寺内(74試合 .163 1本 1打点)
    守備は一流。しかし打撃がここまでダメとは。しかもバントも上手くないと来ている。内野手では貴重な右打ちだけに大いにチャンスがあるのにもったいない…。

    0 木村拓(68試合 .242 2本 15打点)
    去年は多くのG党から「影のMVP」と言われた日本一のユーティリティプレーヤー。頼りになります。今季は前半戦こそ不振で二軍落ちを経験するも、ここに来て盛り返したのでひと安心。顔に似合わず負けん気の強い性格の持ち主。

    2 小笠原(108試合 .312 26本 86打点)
    すべてにおいてプロ中のプロ。研ぎ澄まされた集中力から生み出される打撃はもちろん、「ガッツ」の所以たる怪我や故障を一切言い訳にしない姿勢、フォア・ザ・チームの精神やファンサービスなどすべてが超一流。ヒーローインタビューでの「無心で打ちました」「気持ちで打ちました」を聞くのが楽しみ。

    5 ラミレス(111試合 .320 21本 80打点)
    今季はもう一つ勢いが感じられないと思っていたら、昨日までの中日3連戦の天王山では14打数11安打6打点の大当たり。例え全力疾走を怠ったり、レフトフライで二塁走者にタッチアップされたりしても起用に値するだけの打撃の持ち主。過去3年間で1盗塁だったのに、なぜか今季は4盗塁を記録。全試合出場も立派。

    6 坂本(108試合 .304 15本 49打点)
    6月までの活躍が華々しすぎて今の成績が物足りなく感じられるけど、まだ高卒3年目。しかもショートという守備位置を考えれば立派なもの。将来が楽しみ。内角球の捌き方は天才的。ドラフトでは堂上直(中日)を抽選で外しての1位指名だったけど、これ上ない「残り物に福」。

    8 谷(71試合 .315 5本 29打点)
    昨年は代打での打率が4割超え、今季は得点圏打率が4割超えという相変わらずの勝負強さ。打撃に関しては天才的というか天才じゃなかろうかと思わされます。控えにしておくにはもったいない選手ながら、さすがに守備範囲は狭くなりラミレスとの両翼はしんどいかと…。

    9 亀井(104試合 .291 20本 58打点)
    WBCのときは実績の乏しさからネタ要員扱いだったのに、地位が人を作るというのか、今や日本代表に選ばれてしかるべき開花ぶり。ただ好不調の波が激しい傾向にあるのが少々不安材料。もう1クラス上への飛躍を期待。

    10 阿部(91試合 .282 18本 47打点)
    ほぼ例年通りの成績の影に隠れているものの、今季はチャンスに強い打撃が鳴りを潜め得点圏打率が2割そこそこに低迷。故障がちだし、年齢(30歳)やチーム事情を考えればそろそろ本格的に後継者を育成して、一塁へのコンバートを実現させても良い気がします。

    (成績は8月27日現在)
    関連記事
    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック