ノンジャンル系日記ブログだったはずが、今やほとんどラーメンブログ。何かの参考になることがあれば幸いです。横浜南部&東京都心メイン。
    麺屋 道楽 (横浜市港南区下永谷)
    このお店は閉店しました

    自分以外の人が全員マスクをすれば自分はしなくて済むのに。こんばんは、路地裏男です。そう言いつつ手洗いとうがいで十分だと思っています。

    douraku_out.jpg
    「藤山屋」に行こうと環状2号線を走っていたら偶然見つけた、寺田家下永谷店跡に居抜きでオープンしていた新店。

    というか僕が最後にここを通ったときは確かに寺田家があったわけで、「寺田家が知らぬ間に別の店になっていた」というのが真相でして。帰宅後調べてみたところ5月3日にした模様です。外看板には小さく「神家グループ」と書いてありますが、神家って鶴見の24時間営業の神家?

    douraku_menu.jpg
    5月24日(日)22:19着、先客4名、後客4名、食券制。メニューを見上げると、げっ、750円スタートかい。高いなぁ(´Д`;)

    そう思っていたら「ラーメン(650円)」もあることに後から気づいたけど、そんなのはすでに後のフェスティバルでありカーニバルであり(´Д`;)

    気を取り直して…。

    カウンターには紅しょうが、豆板醤、おろしニンニクが置かれています。あとは餃子用の3点セットもね。

    そして作業工程を観察したところ、中華鍋を二つ並べて片方でスープを煮、もう片方で具を炒めて丼で合わせる手法。湯切りは深ザルを使用。ベテラン風のスタッフ3人体制で、作業は手慣れています。

    douraku_dourakuramen_1.jpg
    道楽ラーメン(750円)

    22:25提供。良くも悪くも目を引く焼き物の名品っぽい丼で登場です。キムチが乗ってますね。では、スープをひと口…


    ヨワー(´Д`;)


    それ単独だと弱々しい豚骨醤油(たぶん)です。薄いと言い換えても良いと思いますが…。そのわりには後を引くようなとろみがあります。

    douraku_dourakuramen_2.jpg
    それでも中央の具の山を崩してスープに混ぜ合わせて行くとひき肉キムチラーメン的様相を呈してくるのでだいぶ救われるのですが、とにかく独自路線を行っている感じ。きのこ類をはじめ、ラーメンの具としてはあまりお目にかからないものがいろいろ入っていて、なんか微妙な味。化調ラーメンだし。

    douraku_dourakuramen_3.jpg
    麺は加水高めのツルツルのものだけど、これも弱め。

    そして何しろ量が少ないです。これだけ量が少ない店も知らない、というくらい少ない。そのわりにお値段も高め。

    総じてファミレスで出てくるラーメンみたいな印象。バーミヤンあたりで。型にはまらないあたりが道楽っぽかった(?)けど、価格的にいい商売しているのは道楽っぽくないよねぇ。環2激戦区だけに、他店のおこぼれには預かれるかも知れないけど。

    それにしても昨今の寺田家の変貌ぶりもすごいなと。最大5店舗あったのがこの数ヶ月で本店を残すだけに。本支店含めて下永谷店が一番好みだったんだけどな。



    食べたもの 道楽ラーメン(750円)
    食べた日 2009年5月24日
    満足度 ★★★★☆☆☆☆☆☆

    麺屋 道楽(2009年末~2010年始め頃閉店)
    住所 神奈川県横浜市港南区下永谷3-4
    電話 不明
    営業 11:00~26:00
    定休 無休
    駐車場 不明
    関連記事
    コメント
    この記事へのコメント
    皆が幸せになったら、それは幸せじゃないってのと同じか・・。(-_-;)

    皆のことが好きって言ったら、それは本当には誰のことも好きじゃないってのと同じ・・・かw

    え、わたしは付けない派なので
    モチロン「ナマ」ですよ?w
    2009/05/26(火) 00:55:09 | URL | ジン #-[ 編集]
    >ジンさん

    うーむ、深い。

    そしてジンさんの方が面白いw

    そんな飛沫感染は嫌だなぁww
    2009/05/27(水) 00:51:20 | URL | 路地裏男 #mQop/nM.[ 編集]
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック