ノンジャンル系日記ブログだったはずが、今やほとんどラーメンブログ。何かの参考になることがあれば幸いです。横浜南部&東京都心メイン。
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    天龍 (鎌倉市大船)
    tenryuu_out.jpg
    大船駅から富士見町方面に歩いて5~6分のところに、むか~~~しからあるお店。ネットにはあまり情報が載っていないけど、大船の人には結構知られたお店なんじゃないかと。

    屋台がちょっと立派になったような小屋のような店構えに、ちょっと口は悪いけど人情味溢れる名物おばちゃん。夕方に開店して明け方まで営業するという、大船の呑ん兵衛の“ソウルフード”でもあります。何年ぶりに来ただろう?懐かしい。

    4月22日(水)24:42着、カウンター6席は満席で外待ち1名。終電前後の時間帯は特に賑わいます。

    しばらく外の椅子に腰掛けて順番を待っていたら、帰ろうとするお客さんに向かっておばちゃんが「せっかくだからもうちょっとゆっくりしていきなよ、一人しか待ってないし(←僕のこと)」と話しかけているのが聞こえてきました。普通のお店ならこの瞬間に食わずに帰るの決定ですが、おばちゃんのこの人懐っこさが良いのです。

    そのお客さんが気を遣ってくれて店に入ることが出来ました。24:57入店。

    メニューは一時期よりずいぶん増えた(復活した)気がします。以前はおばちゃん一人で切り盛り、おばちゃんが体調を崩してからは弟さんが一人で、そしておばちゃんが復帰した今は姉弟の二人で切り盛りするようになり、提供できるメニューも増えたのかも知れません。メモったメニューは下に書いておきますが、なんとラーメン餃子で800円ですよ…!

    tenryuu_wantanmen_1.jpg
    ワンタンメン(750円)

    25:02提供。絵に描いたような、すべてが「昭和」な鶏ガラ醤油の一杯。ちょっと濃い目のしっかりした味付けが、酒を飲んだ後の締めにもってこいなのでしょう。

    tenryuu_wantanmen_2.jpg
    その中でも平ザルで湯切りをしていた麺が特徴的で、断面が真四角のあまりお目にかかったことがないもの。独特の食感です。調べてみると今村製麺@鎌倉の麺を使用しているよう。僕にとってはめっちゃ地元の製麺所です。

    たくさん入ったワンタンはツルツルして美味しいし、モモ肉のチャーシューは50年以上変わっていないんじゃないかと思うような味で涙モノ。そうそう、ここのお店は伝統的にボリューム多めなのと、なぜかたくあんをサービスしてくれます。

    僕が帰ろうと丼とグラスをカウンターの上に上げるとおばちゃんは「水もう一杯?」と聞いてくれました。優しい方です。上の方におばちゃんの口が悪いと書きましたが、それは江戸っ子調とか男言葉とかそういうことで、「あいよ」がおばちゃんの口癖。「またね、ありがと!」と何度も言って見送ってくれました。

    ありがとう、また来るよ(*´∀`)/

    ラーメン(450円)/モヤシソバ(750円)/チャーシューメン(750円)/ワンタンメン(750円)/ネギラーメン(750円)/天竜メン(750円)/タンメン(750円)/マーボラーメン(750円)/餃子(350円)/ライス(200円)/半ライス(150円)/チャーハン(750円)/天竜丼(750円)/マーボ定食(750円)/野菜炒め定食(750円)




    食べたもの ワンタンメン(750円)
    食べた日 2009年4月22日
    満足度 ★★★★★★☆☆☆☆

    天龍
    住所 神奈川県鎌倉市大船3-3-5
    電話 0467-44-4370
    営業 不明(おばちゃんが来た時間~おばちゃんが帰る時間)
    定休 不定休
    駐車場 なし
    関連記事
    コメント
    この記事へのコメント
    この店 サービスでたくあんが出る ラーメン食べた後口直しでたくあんを食べると結構いけますよ
    タクシーの運転手も一押しでこの店を推薦してますよ
    2010/08/14(土) 21:08:58 | URL | 通行人 #-[ 編集]
    >通行人さん

    そうですね、たくあんについては
    記事中でも言及しています。
    おばちゃんはよく運転手指定で
    タクシーを呼んでいますし、
    営業時間もタクシーの運ちゃん向けですね。
    2010/08/15(日) 00:56:00 | URL | 路地裏男 #mQop/nM.[ 編集]
    美味しい天竜ラーメン
    オイラは雪の降り積もるひ、どうしても天竜ラーメンが食べたかったので、遠い自宅から往復2万円かけてでタクシーに乗って、当時は350円のラーメンを食べにきたことがあります。

    それだけ美味しいのと、人情味あふれるママさんの話を聞きたかったからです。
    2015/01/29(木) 03:37:25 | URL | 2丁目のオネエ #-[ 編集]
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。