ノンジャンル系日記ブログだったはずが、今やほとんどラーメンブログ。何かの参考になることがあれば幸いです。横浜南部&東京都心メイン。
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    らーめん 天河水 (横浜市港南区下永谷)
    このお店は閉店しました

    tengasui_out.jpg
    環状2号線沿いの激戦区にある「二毛作」のお店。2008年9月、元壱鵠堂の建物に居抜きで開店。昼と夜とで別コンセプトの店を「二毛作」と呼ぶわけですが、上手い事を言ったもんですよね。

    この店については回転の悪さを指摘する情報があまりにも多いのでこれまで敬遠していました。ライバル店も多いエリアですから、いずれこの地に存在した歴代の店と同じような運命を辿るのではないかなどと考えていましたが、最近は結構繁盛している様子です。特に週末はかなり混んでいます。相変わらず回転が悪いだけかも知れないけど…。

    3月16日(月)21:03着、店内はカウンター9席+テーブル2卓8席(たぶん)、先客5名、後客4名、食券制。

    カウンター席の目の前が調理場というオープンキッチンスタイルなのですが、厨房機器が常に騒々しく非常に落ち着かない雰囲気。また木製の椅子の座り心地も良くないです。スタッフは学生アルバイトっぽい若者男子中心の5名体制。

    tengasui_menu.jpg
    二毛作たる所以のメニュー。昼の部は濃厚豚骨魚介、夜の部は二郎系。

    tengasui_yoruramen_1.jpg
    らーめん(夜の部)(700円)

    tengasui_yoruramen_2.jpg tengasui_yoruramen_3.jpg
    21:13提供。見ての通り二郎系。「インスパイア」と言えば聞こえはいいけど、単に流行っているものの物真似と言ってしまえばそれまで。まぁ、この界隈には二郎がないからジロリアンにはうれしい店かも。

    僕はと言えば残念ながら二郎系はちょっと…。このゴワゴワネチネチした麺がどうもね…。

    tengasui_yoruramen_4.jpg
    そしてこの半端でない背脂の量と大きさ。杏仁豆腐かと思いましたw 連食の2軒目だったせいもあるにしても美味しく食べられたのは最初だけで、後半はかなりしんどくやっとの思いで完食しました…。

    でもそれはある程度分かっていたことだし、店員さん達は元気良くやってはいるし、この値段でこのボリュームを食べられるのは魅力だと思うので、結局この自分が悪いということでw



    食べたもの らーめん(夜の部)(700円)
    食べた日 2009年3月16日
    満足度 ★★★★★★☆☆☆☆

    らーめん 天河水(2011年10月閉店)
    住所 神奈川県横浜市港南区下永谷3-28-13
    電話 045-823-4397
    営業 11:00~16:00/18:00~23:00
    定休 無休
    駐車場 あり(店舗右2台+新横浜方面25m先左手8台)

    【他の方の同店に関する記事】
    Humdrum++
    麺喰ブログ(めんくいぶろぐ)
    美味○○~Grape Basin~
    天河水 - ラーメン食べ歩きにもの申す!
    拉麺本位~福岡発の全国ラーメン情報
    関連記事
    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック
    るい斗、成、環2家などなど多くのラーメン店がある環状2号の永谷界隈。 せっかくそんなプチ激戦区まで来たのでもう一軒、久々の連食をば。 昨年の9月にオープンした「らーめん天河水」です。 道を挟んだ対面にある環2家と同様、こちらも行列ができていました。 中に入る...
    2009/04/10(金) 20:40:14 | 美味○○~Grape Basin~
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。