ノンジャンル系日記ブログだったはずが、今やほとんどラーメンブログ。何かの参考になることがあれば幸いです。横浜南部&東京都心メイン。
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    花に思い託した夫
    なぜか一部で物議を醸している(?)新聞切り抜きシリーズです。基本的に心温まる「いいはなシーサー」的なネタを集めているのですが、なぜか家族モノが多いですね。

    …いや、「なぜか」ということはないのかも。それだけ家族というのは素晴らしいものなんでしょうね。エエ、ワタクシいまだに独身ですけどね。エエ、今日で32歳になりましたけどね(ノД`)シクシク

    花に思い託した夫

     昨年友人からいただいた月下美人が、先日、二つ目のみごとな花を咲かせました。小さなゴマ粒ほどの芽を見つけてから1カ月近くが過ぎていました。

     初めての花は7月末に、わずか1週間ほどで開花しました。わけあって大阪で暮らしていた夫が、10日ほどの入院の末、いきなり亡くなった後でした。

     娘と2人、身を寄せ合うようにしてなんとか終わらせた見知らぬ土地での葬儀に、心身ともに疲れ果て、ささくれだったまま帰宅して大きなつぼみを見つけた時は、わが目を疑いました。夜明け前、病院から急変を告げられ、朝一番の飛行機で大阪に発つ前日までは、花芽はどこにも見あたらなかったのに、です。

     「パパだ」。娘が叫びました。私も心の中であの人の仕業だと叫んでいました。お人よしで周囲の人に好かれはするけれど、お金とか財産とか、出世とかには無縁だった彼らしいと思いました。

     ぼくも一緒に帰ってきたよ、ご苦労さんだったね、と私たちに告げたくて、彼なりに考えた私たちへのアピールだったのでしょう。

     一夜だけ純白の花をつけ、夜明けとともに命を終える月下美人をメッセンジャーに使うなんて、いかにもあなたらしい。でもあなたって、そんなにロマンチックなお方でしたっけ?

    (70歳 女性 無職 朝日新聞10月18日朝刊生活面より)



    人間、死んだらどうなるのかは死んでみないと分からないわけですが、魂っていうのはこの世に残るような気がするし、残って欲しいと思いますね。そういう人間の願望が魂という非科学的な存在を作り出したと言ってしまえばそれまでかも知れませんが、すべてのことが科学で解明されてしまうのも味気ないですよね。

    「千の風になって」ではありませんけど、やっぱり人は亡くなった人の影をどこかに探すんだろうし、亡くなった人もそうやって時々自分のことを思い出してもらいたいと思うんだろうなぁ。僕もせいぜいそう思い、思われるような人生を送りたいものです。
    関連記事
    コメント
    この記事へのコメント
    ヽ(´ー`)ノ
    誕生日おめでとー♪
    2008/12/28(日) 16:22:42 | URL | ごっち #gQ4vMuXA[ 編集]
    (* ´∀`)ノ
    >ごっちさん

    ありがとう!

    …って、あなたは本当にごっちさん!?
    素直に祝福してくれるなんてどんな裏が!?
    「裏」と言えばs
    2008/12/29(月) 01:37:23 | URL | 路地裏男 #mQop/nM.[ 編集]
    (¬д¬。)ジロッ
    この記事で下ネタ書いたら・・・
    さすがに人間失格な希ガス

    ボードお気をつけてー!
    2008/12/29(月) 03:11:03 | URL | ごっち #gQ4vMuXA[ 編集]
    (*・ω・)(*-ω-)ウンウン♪
    ごもっともですな。

    では行ってきますぜ!
    2008/12/29(月) 03:17:45 | URL | 路地裏男 #mQop/nM.[ 編集]
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。