FC2ブログ
    ノンジャンル系日記ブログだったはずが、今やほとんどラーメンブログ。何かの参考になることがあれば幸いです。横浜南部&東京都心メイン。
    宴会の料理は残さず食べて
    早いもので忘年会シーズンも終盤戦ですが、今日はそれにまつわる新聞切り抜きを少々。

    宴会の料理は残さず食べて

     私はオフィス街の居酒屋でアルバイトをしている。働き始めて、とても気になるのは大量の食べ残しが出ることだ。

     特に宴会の後などは、全く箸のつけられていない料理が何皿も残されていることも度々で、廃棄するのに心が痛む。厨房で料理を作っている人たちに申し訳ない気持ちになるし、料理を運んだ私も悲しい。

     先日、私の所属する管弦楽団の打ち上げが居酒屋であった時、幹事の方がおっしゃった。「世界にはこの料理一切れで一週間の命をつなぐことができる子どもたちがたくさんいます。せめて、ここに並んでいる料理はすべてきれいに食べましょう。食べ終わらなければ今夜は帰れないですよ」

     この言葉を聞き、本当にその通りだと思った。命を救える食べ物を私たちはなんと粗末にしていることか。積極的にこのような声掛けをした幹事の方は素晴らしい。私たちはほとんど残飯を出さずに会を終えた。

     忘年会シーズンが近い。「すべて食べ終えてから席を立ちましょう」と声を掛け合ってほしい。

    (19歳 女性 大学生 朝日新聞11月11日朝刊「声」より)



    文字数の関係か部分的に舌足らずな印象を受けなくもない意見ではありますが、主旨にはもちろん同意です。

    そういう僕自身も現実的には、コース料理を大人数で囲む宴会ともなると、テーブルに並んだ食べ物をすべて平らげるというのは不可能に近いと思っています。人それぞれ食べられる量は違いますし、宴会には食べること以外の目的――お酒を飲むことや、親睦を深めること――もありますからね。

    でも、せめて「食べ残しが出るのは当然」というような無意識の意識は無くして行ければと思います。食べ物を粗末にしていると、いつか痛い目に遭うと思いますし…。

    われわれ日本人が口にする「いただきます」という言葉には、食べ物へのリスペクトが込められていると思うんですよね。人間のために死んでくれる動物達であり、農作物を育んでくれる大自然への敬意が。「年忘れ」の集いでも、そういう思いは忘れずにいたいと思います。
    関連記事
    コメント
    この記事へのコメント
    確かに食べ残し多いですね、宴会の大皿料理だと遠慮の固まりだったりしますね
    2008/12/20(土) 16:53:17 | URL | まな #-[ 編集]
    >まなさん

    だよねぇ。手を付けないのあれば
    イミテーションでいいじゃないかと
    思ったりします。もったいないよね。
    2008/12/21(日) 17:16:04 | URL | 路地裏男 #mQop/nM.[ 編集]
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック