ノンジャンル系日記ブログだったはずが、今やほとんどラーメンブログ。何かの参考になることがあれば幸いです。横浜南部&東京都心メイン。
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    中華そば・若松 (横須賀市大滝町)
    1本600円の石焼き芋は、一人で食べるにはあまりにもデカくて凹んだ路地裏男です。

    wakamatsu_out.jpg
    美しい盛り付けの中華そばで雑誌の表紙も飾ったことがある「中華そば・若松」。現在は昼のみの営業です。11月16日(日)12:51着、先客4名、後客2名。カウンター9席。食券制。

    wakamatsu_cyuuka_1.jpg
    中華そば(700円)+味付け玉子(100円)

    すごく丁寧かつ真剣に盛り付け、慎重に運んできてくれました。12:54提供。懸念された写真撮影(=同店のHPの「ご注意」参照)については、「はい、どうぞ~」と普通に、いやむしろこちらの店主のテンション的には快諾だったと思います。

    無化調のスープはとても上品なもの。ご覧の通り澄んではいるものの十分な旨味が感じられ、無化調にありがちな物足りなさはありません。ガツンと来るわけでもなければ後からジワジワ来るわけでもない、実にジャストな旨さです。温度にも気をつかっているのでしょう、アツアツではありません。

    wakamatsu_cyuuka_2.jpg
    しなやかな麺は旨味たっぷりの鶏油とともにスープを持ち上げてくれます。

    wakamatsu_cyuuka_3.jpg
    2枚乗るチャーシューは見た目こそ普通ですが、控えめな味付けと絶妙な煮加減で、肉が持つ旨みと弾力を最大限に引き出しているのではないでしょうか。とても丁寧に作られている印象で旨いです。大きさも良いですね。材木型のメンマも上品な甘みを持つもの。味玉も味付け、茹で具合ともに良好で文句なし。

    ボリュームだけは僕には物足りず、ラーメンの系統としても年輩者受けの方がいいと思いますが、とても結構なお味でした。店主と助手の女性の方がもう少し明るく接していただければなお良いのですが、それでも女性の方は帰りがけに「お気をつけて」と声をかけてくださいました。

    今回は店舗の賃貸契約絡みでいずれこの場所から立ち退かざるを得ないかも知れない、そんな話が出ていたことを思い出してあわてて行って来たのですが、過去の出来事でちょっとわだかまりが消えない部分もあって★1つ減らしていたりします。



    食べたもの 中華そば(700円)+味付け玉子(100円)
    食べた日 2008年11月16日
    満足度 ★★★★★★★☆☆☆

    中華そば・若松
    HP http://www015.upp.so-net.ne.jp/menmenpapa/
    住所 神奈川県横須賀市大滝町1-4 岡ビル1F
    電話 046-826-0661
    営業 11:30~15:00
    定休 土
    駐車場 なし(近隣にコインパーキングあり)

    【他の方の同店に関する記事】
    湘南ラーメン食べ歩記
    関連記事
    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。