ノンジャンル系日記ブログだったはずが、今やほとんどラーメンブログ。何かの参考になることがあれば幸いです。横浜南部&東京都心メイン。
    支那そば 将華 (横浜市金沢区富岡東)
    このお店は閉店しました

    PB171178.jpg
    今日はいい天気でしたねぇ。出勤前にパチリ。ところで、麺ネタのストックが増えてきたので今日から数日は少しペースを上げて更新するつもりです。1日1杯以上のペースで食べて、1日1杯以下のペースで更新していたら、そらストックが増える一方ですわね(´Д`)

    shouka_out.jpg
    ということで「支那そば 将華」です。こちらは京急富岡駅東口から徒歩圏のお店。2002年5月開店。場所は国道16号沿いのTSUTAYAの裏手と言えば分かりやすいでしょうか。

    11月8日(土)22:10着、先客4名、後客なし。店内はカウンター9席、テーブル1卓4席。個人経営の居酒屋のような作りであり、実際に飲み客もウェルカムなお店です。

    shouka_menu.jpg
    麺は、醤油、しお、みそ、辛みその4本柱。こちらは麺類のメニューですが、これ以外に酒の肴の一品料理も手書きの短冊メニューとして存在します。

    こちらの店主さんはホテル出身とのこと。でもねじり鉢巻の居酒屋スタイルで眼鏡をかけておられ、ちょっと生瀬勝久さんのような、飄々としながら面白いことを言ってくれそうな雰囲気をたたえています。これだけでも僕がこの店を気に入ったことが分かると思いますが…。

    麺を注文し、もうすぐ出来上がりというところでふと味玉が食べたくなり、作業中なのに申し訳ないなぁと思いながらその店主さんに「すみません、味玉もお願いします」とお願いしたら、店主さんはちゃんと顔を上げて優しそうな笑顔で「ハイ、玉子ですね~」と答えてくれました。

    次いで麺の写真を撮っても構わないかお尋ねしたところ、「いいですよ、でも写真撮るほどのもんじゃないですけどね(笑)」と気さくに答えてくださいました。本当に気さくで笑顔が似合う店主さんです。

    shouka_shouyu_1.jpg
    支那そば醤油(600円)+味つけたまご(100円)

    22:15提供。ダシは鶏ガラ豚骨+魚介の和風ダシですが、鶏油のこってり感をやや強めに出しています。タレは濃い口、薄口、白醤油をブレンドしたもので、白醤油特有のほのかな甘味を漂わせながらも、まろやかなコクを感じさせるもの。印象的には少し「ら塾@藤沢」に似ているかも。

    麺は手もみ風のちぢれ麺で啜り上げるときの食感が心地よいです。玉子も見た目がきれいで黄身がトロトロのもの。追加して良かった…!煮豚のチャーシューにネギ、柔らかめのメンマ。このシンプルさがまたいいですね。

    shouka_shouyu_2.jpg
    美味しそうに撮れた(*´∀`)/ というか美味しいのだ。

    富岡というと海寄りは新興住宅地というイメージがある一方、面白いことに駅周辺は道が非常に狭く、赤ちょうちんをはじめ小さな飲食店が肩を寄せ合うように立ち並ぶ下町のような街並みなんですね。初めて知りました。

    こちらのお店もその一つなのですが、店の雰囲気も味も期待以上でした。美味しいだけのお店だと「美味しかった」だけで終わる可能性もありますが、サービスも良いゆえにそれプラス「また来たいなぁ」と思えるんですよね。これはうれしいことです。

    つまみもいろいろあるので地元だったら軽く飲みに来て、締めにラーメンを食べたいところです。ただ、僕としては喫煙可なのがちょっと惜しいなと。



    食べたもの 支那そば 醤油(600円)+味つけたまご(100円)
    食べた日 2008年11月8日
    満足度 ★★★★★★★☆☆☆

    支那そば 将華(2016年2月28日、業態変更に伴い閉店)
    HP http://www.shinasoba.com/(クーポンあり)
    住所 神奈川県横浜市金沢区富岡東5-14-17-105
    電話 045-773-1170
    営業 (月~金)17:30~24:00(LO)
        (土)12:00~14:30/17:30~24:00(LO)
        (日・祝)12:00~14:30/17:30~21:00(LO)
    定休 水(祝日の場合は営業)
    駐車場 なし(近隣にコインパーキングあり)
    関連記事
    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック