ノンジャンル系日記ブログだったはずが、今やほとんどラーメンブログ。何かの参考になることがあれば幸いです。横浜南部&東京都心メイン。
    光家 (横浜市西区浅間町)
    光家 外観
    国道16号と環状1号の交差地点である「洪福寺」交差点そばのお店。1999年9月開店。お仲間からの情報で行ってまいりました。

    深夜26:28着、先客3名、後客4名。カウンター12席。前金制だが、オーダー時ではなく、サービスのゆで玉子を出されたときに回収された。

    光家 ラーメン(1)
    ラーメン並(600円)+キャベツプラス(100円)

    26:34提供。あっさりとした優しく上品なスープ。しかしながら、僕が感覚的に言っているいわゆる「ライト家系」とはひと味違う。

    というのも(上手く表現できないんだけど)「家系らしさは保ちつつ、全体的にバランス良くパンチを抑えた」、そんな感じなのだ。あっさりしていても「物足りない」ではなく「優しい」と思わせる、あまりお目にかからないタイプの家系スープのように思う。逆の意味で個性的。上品と感じたのは追加したキャベツのせいもあるかも。

    まったくもたれそうな気がしないスープで、深夜3時前だというのに最終的にほとんど飲んでしまった。豚骨によるものか、甘みも感じる。口当たりはマイルドで家系の中でも女性受けしそうなスープだ。

    光家 ラーメン(2)
    麺は大橋製麺のもの。家系らしいやや平打ち気味の中太麺。ただ、麺とスープの絡みが良くない。その分だけ麺の旨さがよく分かったりもするのだけど。

    キャベツはオーダーが入ってから火を通してはいたんだけど、茹で上がってからしばらく放置プレーだったため、ラーメンに乗って出てきたときには冷めていた。チャーシューはロースで、唯一ここで獣っぽい脂っこさを感じた。

    唯一気になったのが、最初にも少し書いたようにゆで玉子がサービスで出されたこと。これは全時間帯のようで、ネット上の評判を見ていると「ゆで玉子のサービスがうれしい」という声があまりにも多くて驚くのだが、果たしてそうだろうか。玉子が苦手な人もいるだろうし、玉子嫌いでなくても「今は玉子の気分じゃない」ということだってあろう。

    穿った見方で申し訳ないけど、これが店側が無料で仕入れているというのならまだいいと思う。ただ、もしそうでなければどんなにサービスと言ったってラーメンの値段に含まれていると考えざるを得ないのだから、玉子は選択制にして、ラーメンの値段を10円でも20円でも下げてもらった方がありがたいかなと。ラーメン並が590円になれば、吉村家直系と同じ水準である。

    せめて有無を言わさず出すのではなく、カウンターにまとめて置くなどして、食べたい人だけが食べるようにしたらどうですかね?あくまで個人的な意見ですが。

    玉子の件は別として、僕の評価はあともうひと息で★7つというところ。近所の中島家と同じで、それだけ期待したくなるだけのポテンシャルはあると思うので。



    食べたもの ラーメン並(600円)+キャベツプラス(100円)
    食べた日 2008年7月5日
    満足度 ★★★★★★☆☆☆☆

    光家
    住所 神奈川県横浜市西区浅間町5-381-10
    電話 045-311-3315
    営業 (月~土)11:30~28:00
        (日)11:30~27:00
    定休 水
    駐車場 なし
    レポート歴
    2008/10/16 ラーメン並+キャベツプラス
    2008/07/08 ラーメン並+キャベツプラス
    関連記事
    コメント
    この記事へのコメント
    俺は・・・
    個人的に卵好きなんで出されたらうれしいです(^ω^)☆
    2008/07/09(水) 00:35:01 | URL | 寺沢 #-[ 編集]
    うんうん
    僕も好きですよ、卵。

    でも健康のために1日1個が良いと言われますよね。
    昼間に食べたラーメンに卵入れたのに
    夜に食べるラーメンにもとなると困るなぁ(´・ω・`)
    …となるのです。
    食べたら食べただけ肥える大人の事情なのです。

    と深夜3時前にラーメン食べているヤツが言っても
    まるで説得力がないですねw
    2008/07/09(水) 00:44:19 | URL | 路地裏男 #mQop/nM.[ 編集]
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック