ノンジャンル系日記ブログだったはずが、今やほとんどラーメンブログ。何かの参考になることがあれば幸いです。横浜南部&東京都心メイン。
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    最近の売り上げ(ポルシェ930編)
    今日はヤフオク出品記録のポルシェ編です!



    IMGP2221.jpg
    3月15日 シェブロン エンジンオイル 20W-50 10本 2,500円

    カエル号に入れていたエンジンオイルです。1本が1リットル弱で、1ダースが3,000円前後という激安オイルです。そう聞くとかなり怪しげですが、これがポルシェ専門誌のお墨付きをもらっていたりするから分からないものです。


    IMGP1951.jpg
    2月22日 ポルシェ911 930カレラ用 ボディカバー 中古品 21,500円

    定価34,440円で昨年8月に購入し、青空駐車で半年使用してこのお値段。半額で売れればラッキーくらいに思っていたので超ラッキー。需要があるものなんですね。



    で。



    なぜ、このようにポルシェに入れるエンジンオイルを売ったか?

    なぜ、このようにポルシェに使うボディカバーを売ったか?



    それは。



    コレを売ったから。






    IMGP1109r.jpg

    ジャーン!!
    2月6日 ポルシェ911 930カレラ最終型 フルオリジナル 2,000,000円

    価格を晒さぬ方が良かろうかと迷いましたが、この際だからぶっちゃけます。
    昨年7月に税別226万円で購入し、このたび200万円で売却しました。



    930を購入し、短期間で手放した理由。



    それはすべてにおいてこの930というモデルが
    「憧れ」であり「夢」であったということでしょうかね。

    さすがに3台所有は経済的にも精神的にも荷が重かったことと、
    元々長く乗るというよりは「ポルシェに乗っているときもあった」という
    思い出作り的な部分もあったので半年間所有できて満足でした。

    そしてこれは当たり前なのですが購入のきっかけになった996とは
    あまりにも違うクルマだったということもありました。

    930は930でとてもクルマらしいクルマですごく楽しくて
    歴代911の中でもダントツにカッコ良くて非常に愛すべきクルマだけど、
    996の洗練された都会的な雰囲気に魅了されてしまった身としては
    そのまんまVWビートルのような古典的なフィーリングの930は
    どこかでどうしても受け止め切れなかったのです。

    しかし、クルマ好きとしてこの世界観を味わえたことは
    非常に貴重な経験になりました。
    クルマ好きなら一度は乗ってみるべきだと思います。
    ひとつひとつ、すべての構成要素について
    存在理由や意義を考えさせられるようなクルマでした。

    そして驚くべきリセールバリュー。
    226万円で買ったものが買取で200万円だったのですから。

    そしてそのコンディションも確かなものでした。
    今回の買取先は輸入中古車専門店だったのですが、
    「とてもしっかりした真面目なクルマだと思います」と絶賛でした。
    かなりマメにメンテナンスを受け、大事にされてきたはずとのこと。

    かなりのお買い得車と見抜いて購入した部分はあったにせよ、
    本当に良い買い物をさせてもらったんだと思います。
    この930探しに付き合ってくれたSくんには特に感謝しています。

    そして何より縁あって僕のところに来てくれたカエル号に感謝。



    で、その200万円の行き先ですか?



    いろいろ物入りで残念ながらほとんど手元に残らない予定です。



    あー、また散財散財(ノ∀`)ペチョン
    関連記事
    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。