FC2ブログ
    ノンジャンル系日記ブログだったはずが、今やほとんどラーメンブログ。何かの参考になることがあれば幸いです。横浜南部&東京都心メイン。
    今シーズン24日目@ホワイトワールド尾瀬岩鞍
    3月23日(日)。前夜24時まで滑走した僕ですが、この日の朝は6時に起床し岩鞍の早朝営業を狙って活動開始です。岩鞍は今月17日から春スキー時間となり、朝7時からの早朝営業が始まったのです。

    尾瀬岩鞍 チャレンジBコース
    チャレンジBコース。横に広く気持ち良く滑れる中緩斜面です。

    尾瀬岩鞍 ロマンスコース
    ロマンスコース。通称「検定バーン」です。ここが朝7時から滑れます。もっと朝イチ好きな人がいると思ったのですが、人影はまばらです。きれいに圧雪されたバーンを貸切状態で気分良く4~5本滑り、ゴンドラ乗り場へ向かいました。

    尾瀬岩鞍 チャンピオンBコース
    チャンピオンAコース。いつも僕の前に立ちはだかる「超えられない壁」です。この日は大会のため閉鎖。

    尾瀬岩鞍 エキスパートコース
    エキスパートコース。「ショートターンキャンプ」御用達の急斜面です。

    ここらあたりが僕が練習に好んで滑るバーンです。

    IMGP2301.jpg
    ゴンドラは8時からの営業でした。開門前に並んで3ゴンドラ目に乗りました。気分がいいですね。早起きは何とやら、です。

    IMGP2306.jpg IMGP2311.jpg
    ゴンドラからの眺めです。とてもいい天気になりました。

    IMGP2312.jpg
    ゴンドラに乗って頂上まで来ました。真っ白だった向こう側の山もすっかり黒々としてます。春ですね。

    まだ数人しか滑っていないロングコースを滑り降り、僕はスクールへ。そう、この日は午前中だけ今シーズン最初で最後のレッスンを受講することにしたのです。「カービングターンステップアップ」というレッスンです。

    その受講手続きを終え、レッスン開始までは時間があるので検定バーンに戻るとこのブログでもおなじみのジャスミンさんを発見!というか、その前からキョロキョロと探してはいたのです。

    というのもこの日はジャスミンさんのバッジテスト1級の受験日!手を振ったらすぐに気づいてもらえました。旦那さんのhiroさんは急遽仕事になってしまい来られなくなってしまったということで、お一人でいらしたとのこと。…頑張りますね!ついに僕と同じヒトリストの仲間入りです(笑)。

    少し一緒に滑らせてもらい、僕はレッスンの時間になるのでスクールに向かうと、今度はなんとFさん夫妻を発見!こっちは本当に偶然!

    「あれっ、もしかしてもしかして!?」とお話を伺うとこちらもご夫婦でついにバッジテスト1級を受験されるとのこと。なんと!この日はなんと知り合いが3人も1級を受験することになったのです。自分がここにいることも含めてなんという偶然…。みんな頑張ってね!

    そして僕は10時から2時間、レッスンを受けました。ラッキーなことにインストラクターの先生一人に生徒一人のマンツーマン状態だったので午前中だけのレッスンでもお腹いっぱいになりました。最近は一人で練習しては悩んでばかりだったので“おみやげ”がたくさん出来ました。受けて良かったです。

    IMGP2313.jpg
    そして午後はバッジテストが開かれました。3人の運命やいかに!?

    僕は午前中に教わったことの復習をすべくラストまで滑ろうと思ったのですが、さすがに雪がザクザクでどうにもならないので15時半過ぎには岩鞍を後にしました。

    この日の帰路は2つの発見がありました。1つ目は沼田大間々線の途中から赤城ICに抜けるルートと、そのまま沼田大間々線を走って昭和ICから関越道に乗るルートはほとんど時間が変わらないということ。道路に雪がない時期限定だと思いますが、輪組の青看板で別れた車が赤城ICでちょうど僕の横に合流してきたことで判明。

    2つ目は関越道の高崎で恐怖の「鶴ヶ島まで2時間以上」の表示が出ていたので、Fさんのご主人に教えてもらったばかりの渋滞回避ルートを実践してみたところ岩鞍から5時間で帰宅できました。あのまま関越道に乗っていたら6時間半から7時間はかかっていたと思うので本当に助かりました。

    さぁて、今度の週末も奥利根ナイター→岩鞍早朝の黄金パターンを狙うつもりです!

    ※この日の積雪量:200cm
    関連記事
    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック