FC2ブログ
    ノンジャンル系日記ブログだったはずが、今やほとんどラーメンブログ。何かの参考になることがあれば幸いです。横浜南部&東京都心メイン。
    お茶の水 大勝軒 (東京都千代田区神田小川町)
    taishouken_ochanomizu_out1.jpg
    ラーメン好きならずとも多くの人が名前くらいは聞いたことがあるであろうつけ麺の元祖「東池袋大勝軒」の暖簾分け店。スノーボード用品を見に来たついでに訪問。

    20:05着、7割ほどの客の入りだったがあっという間にほぼ満席に。グッドタイミング。店内に券売機が設置されているものの使用されておらず、注文はテーブルに用意されたメニューを見て、店員さんに伝えます。

    taishouken_ochanomizu_mori.jpg
    特製もりそば(700円)

    相変わらずぶよぶよ~んとしたうどんのような麺に、いかにもダシ効かせてますよ~、というつけダレ、そしてあのチャーシューにあの味玉(ゆで玉子?)。もはや説明するだけ野暮ってくらいに「大勝軒」でございます。

    個別に見ていくと、わざとなんだろうけど麺は茹で過ぎで、前述の通りぶよんぶよん。そしてほとんど湯切りをしていないので、丼の底は水浸し。でも「つけ麺の元祖」という説得力の前になんとなく納得してしまう。良くも悪くもそれが大勝軒です(笑)。大勝軒というと麺がてんこ盛りというイメージがありますが、ここは普通盛と大盛しかなく、普通盛もそれほど多くありません。

    つけダレはダシうんぬんというより魚粉と一味唐辛子などの調味料による味付けが強く、尖った印象を受けるのは化調が多めに投入されているからでしょうか。麺との絡みは良好と思いきや、麺が持ち上げているのはスープというより調味料類という気もします。まぁ、この味はこの味でクセになるというか。

    チャーシューは結構大きなのが3枚入っていますが、例によって硬くてバサッとしたヤツです。初めから半玉入っている固ゆでの玉子は甘い味付けです。細ギリのメンマはかなりコリコリ。

    スープ割りはお願いすると席までポットを持って来て、その場で店員さんが入れてくれます。一味の辛さと化調のしょっぱさに半分残しました。

    スタッフは厨房に若い男性3名と、ホールに女性1名。みんなチャッチャッと仕事していて、以前来たときのようなこともなく比較的好印象でした。

    大勝軒の暖簾分け店は大量にありますが、ここはあの東池袋大勝軒の山岸マスターが目をかけているらしく、今はなきその東池袋に近い味が出ているんだとか。僕としては、近くまで来たらまた寄ってもいいかなというくらいかな。

    taishouken_ochanomizu_out2.jpg



    食べたもの 特製もりそば(700円)
    食べた日 2007年11月29日
    満足度 ★★★★★☆☆☆☆☆

    お茶の水 大勝軒
    住所 東京都千代田区神田小川町3-1-5 須田ビル2階
    電話 03-3233-9911
    営業 11:00~22:00
    定休 月
    駐車場 なし
    レポート歴
    2007/11/30 特製もりそば
    2007/01/30 復刻版ワンタン麺
    関連記事
    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック
    お茶の水大勝軒 特製もりそば ・住所 千代田区神田小川町3-1-5 須田ビル2階 ・電話 03-3233-9911 ・時間 11:00~22:00 ・定休 月曜日 ◎食べたもの◎ 特製もりそば(750円) スタッフ全員が暖簾習得者という筋金入りのお店・・・でしたっけ。支店で唯一の山岸氏監...
    2008/09/03(水) 20:14:48 | 湘南ラーメン食べ歩記