ノンジャンル系日記ブログだったはずが、今やほとんどラーメンブログ。何かの参考になることがあれば幸いです。横浜南部&東京都心メイン。
    RAMEN CiQUE@南阿佐ヶ谷 「塩ラーメン+焼きトマト」
    cique_out_1.jpg
    2008年2月オープンのお店。オープン当初にお店の前までは来たものの案の定の行列&時間に余裕がなかったので泣く泣く踵を返して以来の訪問。店主さんはAFURI@恵比寿などでの修業経験があるようです。

    この日はここへ来るつもりはなかったのですが、らぁめん小池@上北沢から徒歩で浜田山まで移動したところ、お目当ての「たんたん亭」が臨時休業。慌てて杉並区のコミュニティバス「すぎ丸」(どこまで乗っても運賃100円!)に乗車し南阿佐ヶ谷のこちらにてリカバリーすることになった次第。もうスマホ様様です。

    cique_menu.jpg
    店内はカウンター6席、平日21時前で先客1名、後客1名、券売機による食券制。麺メニューは「塩ラーメン」と「醤油ラーメン」、「醤油ラーメン」の方が50円高い最近ではわりと珍しい価格設定。

    それよりも、こちらに伺う前に訪問した2店が思いのほかしっくり来なかった自分にとって、入店した瞬間に飛び込んできたシャレオツな空間&BGMになぜか直感的に「コレだ!」と確信めいたものを覚えました。雰囲気も大事ですよね。

    cique_sioramen_1.jpg
    塩ラーメン(750円)+焼きトマト(150円)

    cique_sioramen_2.jpg
    これまたなぜか確信めいたものを感じ、自分としてはめずらしくトッピングメニュー「焼きトマト」を追加。トマトの対岸にいるのはお麩。注文からものの2~3分で提供されました。

    cique_sioramen_3.jpg
    スープは主に鶏と野菜と魚介でしょうか。あっさりしながらふくよか、まとまり良くバランスに優れながらも単調ではない、センスの良さを感じさせるもの。焼きトマトは思ったほどスープと馴染まないというか旨味が溶け出しませんでしたが、甘味のあるそれは見た目にも楽しく華があるのでOKです。

    cique_sioramen_4.jpg
    ふすまの粒々が見える中細麺。スルスルと小気味良く啜れますが、風味にもとりたてて特徴はなく、やや頼りなく感じます。

    cique_out_2.jpg
    それでも当初の直感の通り、このときの自分にとって満足度の高い一杯でした。印象的だったのは、お店が良い意味で店主さんの空間であり世界と化していること。居心地が良かったです。また、卓上調味料が柚子胡椒とおろしニンニクという、自慢のスープに対する懐の深さにも妙に感服させられました。オープンから9年経ち、さすがに最前線のお店ではなくなっているかも知れませんが、確かな存在感のあるお店ではないでしょうか。



    RAMEN CiQUE(チキュウ)
    住所 東京都杉並区阿佐谷南3-10-8
    電話 
    営業 (火)18:30~23:00
        (水~日)11:30~16:00/18:30~23:00
        ※スープなくなり次第終了
    定休 月
    駐車場 なし

    テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ