ノンジャンル系日記ブログだったはずが、今やほとんどラーメンブログ。何かの参考になることがあれば幸いです。横浜南部&東京都心メイン。
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    SOBAHOUSE 金色不如帰@幡ヶ谷 「塩そば」
    hototogisu_out_2.jpg
    新宿駅から京王新線に揺られること2駅、ラーメン界にその名を轟かす超有名店へ5年ぶりの訪問。2014年10月にそれまでの「SOBAHOUSE不如帰」から「SOBAHOUSE金色不如帰」へと改名しており、5年ぶりですから改名後は初。

    夜営業は18:30からですが、平日18:13着ですでに8名待ち、席数はカウンターのみ8席ですから僅かな差で1回転目を逃がしました。満席の場合は先頭の3名程度は店内の券売機で食券を買い、それをスタッフさんに渡したうえで客席の後ろに立って待ちます。

    hototogisu_siosoba_1.jpg
    塩そば(850円)

    hototogisu_siosoba_2.jpg
    蛤出汁がトレードマークの蛤豚魚介スープに、「白トリュフオイル」「セップ茸の自家製デュクセル」(チャーシューの上の塩そば専用トッピング)があしらわれた、和欧のマリアージュ。さらにピンクペッパーまで…ということで小粋なアイテムの見本市のよう。

    hototogisu_siosoba_3.jpg
    スープは香りも良く5年前と変わらぬギリギリの塩気を感じますし、旨味も強く美味しいですが、以前食べたときに感じたような「脳裏に焼き付いて離れない」ような圧倒的な引きは覚えず。「白トリュフオイル」も無二の相性の良さとか、不可欠とまでは感じず。

    hototogisu_siosoba_4.jpg
    麺もなんでしょう、このときはイメージが一致しなかったと言いますか…

    驚いたのが三つ葉かと思っていた葉菜で、フレッシュハーブで合っているでしょうか、その美味しさが全体の中でももっとも印象に残りました。

    5年前と比べれば相対的なレベルも相当高くなっているでしょうし、蛤出汁も身近になりつつあるだけに、当時のような驚きや「どれだけ並んででも食べる価値あり」といった思いに至らなかったのは自然と言えば自然ですが、今回は期待感や先入観が邪魔したのかも知れないとか、あるいはリニューアル前の味の方が自分には合っていたのかも知れない…、そんな可能性をぼんやり考えながら店を後にしました。



    SOBAHOUSE 金色不如帰
    住所 東京都渋谷区幡ヶ谷2-47-12
    電話 03-3373-4508
    営業 11:30~15:00/18:30~22:00
    定休 木、金
    駐車場 なし
    過去のレポート
    2012/08/03 味玉そば(醤油)
    スポンサーサイト

    テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。