ノンジャンル系日記ブログだったはずが、今やほとんどラーメンブログ。何かの参考になることがあれば幸いです。横浜南部&東京都心メイン。
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    麺屋M@阪東橋 「煮干そば」
    menyaM_out_2.jpg
    3月上旬のこと。昨年1月末に訪れた際に「今後に期待できそうなお店」という印象を持ちながら、メニューが実質1種類しかないことからその後なかなか足が向かずにいたのですが、2016年11月の1周年のタイミングで従来の「ラーメン」が「海薫るそば」となり、新たに「煮干そば」と、その後には「煮干混ぜそば」もラインアップに加わったとのことで、ようやくの再訪問となりました。ご覧の通り、外看板も個性をアピールするものに改められています。ただ、「横濱本店」とは…?

    menyaM_menu_2.jpg
    そのメニュー。後発の「煮干そば」がいわゆる「券売機左上」に。「煮干混ぜそば」は53's noodleさんとの共作でしたっけ。

    menyaM_niboshisoba_1.jpg
    煮干そば(750円)

    menyaM_niboshisoba_2.jpg
    メンマ無しなのね。

    menyaM_niboshisoba_3.jpg
    煮干し100%スープ。調理中にはまるで直火でアラを炙るような荒々しい香りが漂っていましたが(アラだけに荒々しい、と…)、実際には臭みは限りなく抑えられており、端正でクセのない、店主さんの人柄が滲み出ているような味わい。豊かな旨味により、動物系不使用による線の細さが気になることもありません。強いて言えば表面にある旨味の奥の方に煮干特有の香ばしさがあって、煮干苦手派はこれを嫌うのかも?とは思います。

    menyaM_niboshisoba_4.jpg
    手もみのピロピロ麺は以前と比べてコシ、弾力が強くなり、低加水化も図られたでしょうか。以前の方が個性的でしたが、一般的なニーズに応えるとこうなるのかも知れません。麺硬めを好む人、多いですものね。

    トッピングは豚肩ロースのチャーシュー、糸切り唐辛子、刻みネギ、海苔で、前述の通りメンマは無し。

    美味しいスープでしたが、それで圧倒するほどのパワーはない分少々単調であり、それだけに味が変わる要素が糸唐辛子のみという部分にはやや寂しさを感じました。



    麺屋M
    住所 神奈川県横浜市中区曙町4-45
    電話 
    営業 11:00~15:00/17:00~22:00
    定休 火
    駐車場 なし
    スポンサーサイト

    テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。