ノンジャンル系日記ブログだったはずが、今やほとんどラーメンブログ。何かの参考になることがあれば幸いです。横浜南部&東京都心メイン。
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    釜炊きとんこつらーめん 麺場 絆 1048@戸塚 「らーめん」
    kizuna1048_out.jpg
    1月中旬の訪問。戸塚公会堂そばに2016年9月10日にオープンしたお店。ラーメン店が飽和状態と思えるほどにひしめき合う戸塚駅西側エリアですが、今のところカテゴリーの棲み分けが為されているため客の奪い合いにはならなさそうにも思います。エリア的には「麺や幸村」や「麺酒処ふくろう」が競合店になるでしょうか。

    店名の「1048」の由来が気になるところですが、店主さんのお名前が「としや」だと勝手に予想。

    kizuna1048_menu.jpg
    店内はL字のカウンター10席、食券制。メニューは「らーめん」とそのトッピング違いのみという潔い展開。食券を渡すと麺のかたさを確認されます(詳細は後述)。

    P1190511.jpg
    卓上調味料および無料トッピングは、酢、らーめんダレ、胡椒、白ゴマ、豆板醤、おろしニンニク、辛子高菜、紅生姜など。

    kizuna1048_ramen_1.jpg
    らーめん(680円)

    kizuna1048_ramen_2.jpg
    自分自身九州豚骨は不案内ですが、評価が高いNoodle Works@茅ヶ崎なども輩出した「たまがった」出身らしく、カテゴリーとしては大分らーめんという話。

    kizuna1048_ramen_3.jpg
    一瞬レンゲを押し返すような骨太ボディのド豚骨スープ、密度が高くまろやかで旨味もしっかり、ただし若干の臭みあり。

    カエシが薄めなのは数々の卓上アイテムありきでの味変ベースと理解、その方が辛子高菜や紅生姜などが合いますものね。ただ、カエシしっかりの今どきのスープに慣れていると、「あれっ?」と不意を突かれるかも知れません。

    kizuna1048_ramen_4.jpg
    麺は「粉おとし」(茹で時間3秒)から「やわめ」(同68秒)までの5段階でかたさの指定可能。「ふつう」でお願いしましたがそれでもかため寄り。淡麗系の麺に慣れていると若干麺同士が絡まるのが気になりますが、この系統の麺としては標準的だとも思います。替玉は100円、基本的には現金でなく食券でお願いする模様。

    力強いスープが特徴的で本格派なのは重々伝わりますが、ここまでの重量級はもう若くはない自分にはヘヴィですし、それを差し引いてもややマニア向けのような気もしました。とは言え、戸塚にまたレベルが高い店が増えたことは間違いなさそうです。

    なおオープン当初は日曜定休でしたが、現在は火曜定休とのことです。



    釜炊きとんこつらーめん 麺場 絆1048
    住所 神奈川県横浜市戸塚区戸塚町121-4
    電話 045-392-9570
    営業 11:00~23:00(スープなくなり次第終了)
    定休 火
    駐車場 なし

    麺場 絆1048ラーメン / 戸塚)

    夜総合点★★★☆☆ 3.3

    スポンサーサイト

    テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

    【限定】 G麺7@上大岡「山わさびとサンマ節のラーメン」始まりました!
    Gmen7_yamawasabiramen_6.jpg
    G麺7@上大岡では1月26日(木)夜の部から新たな限定メニュー「山わさびとサンマ節のラーメン」が始まっています。藤本(亮)君の新作です。

    Gmen7_yamawasabiramen_1.jpg
    山わさびとサンマ節のラーメン(880円)

    Gmen7_yamawasabiramen_2.jpg
    前作「緑の鶏白湯ラーメン」から一転、衒いのない正統派のビジュアル。

    …ですが、サンマ節とムロアジ節の魚介節オンリーの出汁に醤油ダレ、そして油が山わさびの香味油という意欲作です。この取り合わせ、何かと思えば「刺身の美味しさ」に着想を得たとか。言われてみればなるほど…!

    藤本君自身、今は香味油で食べさせるラーメン作り(スープ作り)に重点を置いているそうで、ゆえに前回の限定もクレソン&レモンの香味油が味の決め手になっていましたし、このときはドライトマトの香味油を使ったバージョン違い「赤い鶏白湯らーめん」の試作もありました(ブログ未公開)。

    そして今回は、前回同様ピーナッツ油をベースにしつつ細かく刻んだマッシュルームを合わせ、山わさびを効かせた香味油を考案。本わさびだと効きが弱いので山わさびとし、生では香りが飛ぶので風味を油に閉じ込めたそうですが、これは生姜が効いたスープを作るときも生姜を煮出して出汁を取るより生姜油を作ってしまった方が手っ取り早いのと同様かも知れません。

    そんな香味油を受け止めるのは、小鍋で温めるととても上品な香りを漂わせる黄金色に透き通ったサンマ節とムロアジ節の出汁、そしてレギュラーの醤油ダレ。

    Gmen7_yamawasabiramen_3.jpg
    それらが織り成す味わいは、ピリッとシャープな山わさびの余韻の狭間に豊かな醤油と節の旨味が寄せては返すもので、その美味しさたるや言葉を失うほど。まさに「ぐうの音も出ず」です。

    刺身に例えれば、刺身のネタ(=スープ)・醤油(=タレ)・わさび(=油)各自がそれぞれの美味しさを発揮しつつ三位一体となりながら、決して渾然一体とはなっていないような…って上手いこと描写できずにもどかしいですが、「良いネタ」「良い醤油」「良いわさび」が揃っても然るべきバランスが取れていなければ成立しない「美味しい刺身の世界観」が一杯の丼の中に集約されているかのようです。

    これが鰹節あたりを使っていたらケンカするのかも知れませんね。また、主要な素材のわりに和風一辺倒に偏っていないのも好印象です。

    Gmen7_yamawasabiramen_4.jpg
    麺はレギュラーの鶏節らーめん用の中細麺。和風寄りのスープにはこのエッジが効いた麺がよく合います。

    Gmen7_yamawasabiramen_5.jpg
    トッピングのレンコンは梅肉漬けにしたもので、爽やかな酸味で変化をもたらします。「何かもう一品トッピングを」という後藤店主の注文に対する藤本君の答えがコレ。

    それ以外でも海苔なども何気ないようでいてスープが海のものだとより相性良く感じられますし、ネギは軟白ネギでしょうか、これもスープがシンプルだとよりその美味しさが際立ちます。

    Gmen7_yamawasabiramen_7.jpg
    ちょうど試食に居合わせた後藤店主も「やるなぁ」と唸っていましたが、個人的にも刻みネギだけを乗せた「かけスタイル」でも食べてみたいと思うほど「力」を感じる一杯でした。約1ヶ月間の提供予定です。



    G麺7 (じーめんせぶん)
    住所 神奈川県横浜市港南区上大岡西3-10-6
    電話 045-517-3918
    営業 11:30~14:00/18:00~23:00
    定休 火
    駐車場 なし(近隣にコインパーキングあり)
    過去のレポート
    2016/12/01 緑の鶏白湯ラーメン(期間限定)
    2016/10/29 すりおろしリンゴとすりゴマの混ぜそば(期間限定)
    2016/09/05 冷やし正油ラーメン(期間限定)
    2016/05/27 冷やしラーメン塩2016(期間限定)
    2016/03/24 ジャージャー麺2016(期間限定)
    2016/01/04 年越しそばもどき(らーめんです)(醤油)(期間限定)
    2015/12/10 背脂らーめん味噌(期間限定)
    2015/10/08 鮭節と昆布だしらーめん 神楽南蛮添え(期間限定)
    2015/09/29 冷し塩ラーメン(期間限定)
    2015/06/02 冷しらーめん(醤油)(期間限定)
    2015/04/13 成都式寄り担々麺(期間限定)
    2015/02/02 花の季の「冷し蔵出し味噌」(期間限定)
    2014/12/31 年越しそばもどき(らーめんです)塩・正油(期間限定)
    2014/11/11 水出し昆布のらーめんピリ辛バージョン(期間限定)
    2014/10/22 らーめんかけ(期間限定)
    2014/05/29 冷やしまぜそば(期間限定)
    2014/04/17 牛骨スープに牛スジをのせて(期間限定)
    2014/03/18 牛骨スープに牛スジをのせて(試作)
    2014/02/09 花の季の味噌と酒粕のらーめん(試作)
    2014/01/05 年越しそばもどき(らーめんです)正油(期間限定)
    2013/09/24 冷鶏節正油拉麺(期間限定)
    2013/09/06 冷鶏節正油拉麺(試作)
    2013/08/27 冷し夏そば(塩味)(期間限定)
    2013/08/16 サルサ DE アミーゴ!(期間限定)
    2013/05/09 サルサ DE アミーゴ!(試作)
    2013/05/02 ジャージャーめん(期間限定)
    2013/04/16 追い鶏節らーめん(塩味)
    2013/03/13 追い鶏節らーめん(正油味)
    2013/03/07 追い鶏節らーめん(正油味/試作)
    2012/12/31 年越しそばもどき塩味(らーめんです/期間限定)
    2012/08/31 冷し夏そば(塩味/期間限定)
    2012/06/09 冷やし夏そば さっぱり正油味(期間限定)
    2012/05/17 冷やし夏そば さっぱり正油味(期間限定)
    2012/04/28 冷やし夏そば さっぱり正油味(試作)
    2012/04/10 西谷中華そば(期間限定)
    2012/03/05 西谷中華そば(試作)
    2011/12/31 年越しそばもどき塩味(期間限定)
    2011/12/30 年越しそばもどき醤油味(期間限定)+味付き玉子
    2011/08/11 次世代 3種の香味あぶラーメン(試作)
    2011/08/03 冷やしらーめん2010改(期間限定)
    2011/07/01 冷やし夏そば2009改(冷し中華もどき/期間限定)+味付き玉子
    2011/05/26 冷やし夏そば2009改(冷し中華もどき/期間限定)
    2011/04/02 細つけめん ザ!ふつう(期間限定)
    2011/03/26 らーめん正油+豚チャーシュー
    2011/01/05 年越しそばもどき【自宅番外編】
    2010/11/27 らーめんオヤジ&黒烏龍茶セット(期間限定)
    2010/11/24 冷やしみそ【自宅番外編】
    2010/07/30 冷しらーめん 2008改(全粒粉もどき/期間限定)+大盛
    2010/07/08 冷しらーめん 2008改(全粒粉もどき/期間限定)+大盛
    2010/05/22 冷たいつけめん(期間限定)+大盛
    2010/04/08 ザ・しおつけめん(期間限定)
    2009/11/14 らーめん塩
    2009/09/18 冷たいつけめん(期間限定)+大盛+味付き玉子
    2009/08/13 らーめん正油 味付玉子入り
    2009/06/27 冷やし夏そば(期間限定)+大盛
    2009/05/18 ジャージャーめん(期間限定)
    2009/04/09 らーめん塩 味付玉子入り
    2009/03/22 らーめん正油 ワンタン入り

    テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

    【限定メニュー】 流星軒@吉野町「スモーキーパンチ」は1月26日(木)から!
    ryuuseiken_smokeypunch_8.jpg
    流星軒@吉野町では明日1月26日(木)から、2017年第1弾にしてロ麺ズとのコラボ第10弾となる限定メニュー「スモーキーパンチ」が始まります!

    ryuuseiken_smokeypunch_1.jpg
    スモーキーパンチ(1,200円)

    ※試作のため、トッピングは一部変更になります。

    パンチの効いた味噌スープに燻製テイストが炸裂する、名付けて「スモーキーパンチ」というド直球なネーミングの一杯。「えび辛パンチ」以来2年ぶりとなる、味噌味の限定メニューです。

    レギュラーメニュー「流星パンチ/パンチつけ麺」も杯数限定であるように、味噌をあまりやらないのは作業がめんどくさ…いやいやいや、手間がかかるからだったのですが、実は昨年末の「年越しパンチ」を経験したことで「パンチに抵抗が無くなった」「良い経験をした」という平賀店主。

    この「スモーキーパンチ」も調理工程は「パンチ」同様に例の「チロリ」を使ったものですが、そういったわけで注文してももうめんどくさがられずに済みます…!って、そーじゃなかったかヽ(´∀`;)

    でもその証拠というわけでもありませんが、今回はこんな小道具が↓

    ryuuseiken_smokeypunch_7.jpg
    何だと思いますか?

    答えは燻製醤油と燻製オリーブオイルを独自にブレンドした「燻製ドレッシング」入りのスプレー!

    今回、スープ自体も燻製テイストですが、さらにこれを盛り付けが終わった丼全体に霧状に吹きかけることで「追いスモーキー」仕立てにしてしまおうという思いもよらぬアイテムなのです。仕上げにこの小さなスプレーを「シュッシュッ」と吹きかける演出はさながら美味しくなる魔法をかけているかのようで、提供待ちの身としては待ち遠しさに拍車がかかります。

    ryuuseiken_smokeypunch_2.jpg
    提供されると彩りの鮮やかさにも目を奪われると思いますが、

    ryuuseiken_smokeypunch_3.jpg
    同時に、丼から濛々と立ち昇る燻香パンチにKO寸前になるハズ!食べなくても瞬間的にやみつきになってしまいそうなインパクト!

    ryuuseiken_smokeypunch_4.jpg
    スープはパンチ譲りの濃厚味噌ではありますが、実はパンチとは別レシピ。パンチダレからクミンやコリアンダーなどのカレー要素を排除しつつ燻製醤油をプラスしたその味わいは、あたかも「燻製味噌」なるものが実在するような「味噌と燻香の融合」「燻香薫る味噌」であり、味噌と燻製のシームレスなダブルパンチを実現!しかしそれらが決して支配的ではなく、燻製醤油の醤油としての存在感や、ピンクペッパーがもたらすメリハリによってパンチより大人びた印象も受けます。

    ryuuseiken_smokeypunch_5.jpg
    麺はロ麺ズ@弘明寺製、限定「白湯つけ麺」でも提供中の太ストレート麺。日清製粉の「門楼」と柄木田製粉の「夢絆S」(長野県産石臼挽き粉配合)のブレンドで、ロ麺ズでは冷たく〆られていましたがこちらでは熱いスープでの提供ということもあり、夢絆Sの特徴「柔らかでもちもち食感」を一層楽しむことが出来ますように思います。麺量は180g。

    ryuuseiken_smokeypunch_6.jpg
    トッピングはこちらは女将サマ考案&お手製、旬を迎えたレンコンとセロリのマリネ。パンチが効いたスープにひけを取らないパンチが効いたマリネ具合で、箸休めにピッタリ!酸っぱさよりもむしろ甘味が感じられるようなところもあり、食べず嫌いは絶対に勿体ないですよー、主にセロリですが(笑)。

    他にも七輪で炙られた焼きミニトマト(本提供版は1個になります)、わさび菜、パプリカ、スライスされた紫玉ねぎ等々、生き生きとした野菜達が今か今かと食べられる順を待っているかのような賑やかさです。あと、パンチでおなじみの椎茸も仕込まれています。

    ローストビーフはトーチバーナーを使った火炎放射による炙り仕上げ。こちらは画像のものより薄手で食べやすいものに変更予定です。実はチャーシューのポジションが豚肉ではなく牛肉なのもれっきとした理由があり、味噌ダレ(味噌ダネ)に仕込まれているひき肉が「牛ひき肉」であることに起因します。

    これは書き出すと少し長いのですが…

    試作当初はパンチと同様の「豚ひき肉」でしたが、最終的には「牛ひき肉」を牛脂で炒めたものに落ち着きました。自分も変更前後を両方いただくことが出来たのですが、後者をいただいたときに「何だろう?何かが違うけど何だろう?」と思ったらひき肉を変えたとのことで、微妙な違いでしたが明らかにまとまりが良くなったことを実感できました。

    たかがひき肉、されどひき肉。正直なところ味噌ラーメンのひき肉の種別を気に止めたことはなかった自分ですが、食べ手に「100点」と思ってもらうために決して妥協せず、試行錯誤しながら150点や200点を目指す意気込みでブラッシュアップを重ねる流星軒の流儀を見た思いでした。

    話を戻しますと、つまりひき肉が牛だからチャーシュー(肉)も足並みを揃えた、ということです。長くなりました。

    こうして仕上がった「スモーキーパンチ」、自ら施した盛り付けを見直して平賀店主曰く「サラダみたい?」とのことでしたが、これだけ華やかな味噌ラーメンはなかなかありませんし、「パンチはちょっとくどいかな」という人にもおすすめできる味噌ラーメンだと思います。そして「夜でも食べられる流星軒の味噌ラーメン」となれば良いのですが、どうなるでしょうか?

    【追伸①】
    いつも早めの時間に売り切れてしまう「流星パンチ/パンチつけ麺」ですが、TRYラーメン大賞の味噌部門の常連でもあることから、新年から仕込みの量を増やしたそうです。それでも営業中に売り切れてしまうのですが…。

    【追伸②】
    それからレギュラーメニュー全般の価格について、4月から全品50円ずつ値上げ予定だそうです。これについては自分で確認してみて驚いたのですが、最後の値上げは少なくとも2009年以前なので遅すぎたくらいだと思います。
    →平賀店主より「最後にラーメンの値上げをしたのは麺を麻生製麺から三河屋製麺に切り替えた2007年だと思う」との連絡をいただきました。



    流星軒
    住所 神奈川県横浜市南区日枝町4-97-2 グレイス南太田1F
    電話 045-241-1238
    営業 11:30~14:30/18:00~21:30頃(スープなくなり次第終了)
    定休 水
    駐車場 なし(近隣にコインパーキングあり)
    過去のレポート
    2017/01/06 パンチつけ麺・他画像多数
    2016/12/30 年越しワンタンパンチ(期間限定)
    2016/09/27 Shell & Duck(期間限定)
    2016/07/27 ジンジャーワンタンSEXY DUCK(期間限定)
    2016/06/01 アボカドSEXY DUCK(期間限定)
    2016/04/27 手もみ'N' スモーキー(期間限定)
    2016/04/06 あさりちゃんプレミアム(期間限定)
    2016/03/02 あさりちゃん(期間限定)
    2016/01/12 釜揚げ鶏ワンタンつけ麺(期間限定)
    2015/12/29 3Bones ワンタン Noodle(期間限定)
    2015/11/04 秘密のラーメン(期間限定)
    2015/10/01 カブと細切り鴨スモークのしおつけめん(期間限定)
    2015/07/16 ィヨコハマブラック(15周年記念/3日間限定)
    2015/06/03 鶏節SEXY DUCK(期間限定)
    2015/03/19 カモエビG麺(期間限定)
    2015/01/20 えび辛パンチ(期間限定)
    2014/12/29 牛骨ワンタン麺(期間限定)
    2014/12/17 支那そば塩・他画像多数
    2014/12/03 早冬の気配(期間限定)
    2014/10/19 逆つけキーマカレー(期間限定)
    2014/08/28 Sexy Duck Shakin' Tomato(期間限定)
    2014/06/05 Sexy Duck Shakin' Tomato(試作)
    2014/05/09 Sexy Duck Shakin' Tomato(試作)、ひき潮(期間限定)
    2014/03/26 ひき潮(期間限定)
    2014/02/05 逆つけジンジャーワンタン麺(期間限定)
    2014/01/04 年越しジンジャーワンタン麺(期間限定)+味玉
    2013/10/15 ザ・スモーキー(期間限定)+味玉
    2013/10/04 年越しジンジャーラーメン(試作)
    2013/09/09 ワンタンスモーキー(試作)
    2013/07/05 SEXY DUCK パンプキン(試作)
    2013/05/29 Sexy Duck Smokey Special(期間限定)
    2013/03/17 逆つけスモーキー(期間限定)
    2013/01/16 オニグラセブン(期間限定)
    2012/12/31 年越しチキンラーメン(期間限定)+味玉
    2012/11/20 オニグラセブン(試作)
    2012/10/14 カモンベイビー♪(期間限定)
    2012/09/06 冷やし昆布だしつけめん(期間限定)
    2012/08/28 鴨ワンタンの試作麺/つけめんSEXY DUCK(期間限定)
    2012/07/21 つけめんSEXY DUCK(期間限定)
    2012/07/07 つけめんSEXY DUCK(試作)
    2012/06/12 枝豆SEXY DUCK(期間限定)
    2012/05/04 枝豆SEXY DUCK(試作)
    2012/03/21 黒く塗りつぶせ(期間限定)
    2012/03/14 黒く塗りつぶせ(試作)
    2012/03/09 揚げネギメンマスペシャル(期間限定)
    2012/01/08 流星パンチ
    2011/12/31 魚介だしオンリー塩ラーメン(期間限定)
    2011/10/25 ONLY ONE(期間限定?)
    2011/09/24 支那そば・しお
    2011/08/17 SEXY DUCK SIO(期間限定)
    2011/05/30 SEXY DUCK(期間限定)
    2011/04/12 昆布だし潮つけめん 辛味大根添え(期間限定)
    2010/12/08 流星尾道セブン+青ネギ(期間限定)
    2010/11/29 つけ麺・しょうゆ味+麺大盛/流星パンチ
    2010/11/20 流星麺・塩味
    2010/08/10 そのまんま冷やし+大盛(期間限定)
    2010/05/19 カモネギG麺(期間限定)
    2009/07/04 流星麺・しょうゆ味
    2009/05/14 醤油プレミアム+味玉
    2006/06/21 支那そば+味玉半分

    テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

    らーめん HANABI@由比ヶ浜 「汁なし担々麺」「らーめん」「塩らーめん」
    hanabi_out_7.jpg
    晴天に恵まれた2016年の大晦日のこと。鎌倉のらーめんの雄・HANABIさんへやって参りました。以前にも書いていますが自分のらーめん好きが高じるきっかけとなったお店であり、それまで寂れていた地元由比ヶ浜通りの賑わいを取り戻す潮流を作ったお店として個人的に思い入れの強いお店で、毎年、らーめんの食べ納めはなるべくここでと思っています。ただ、前年(2015年)の暮れは臨時休業だったので1年半ぶりの訪問です。

    hanabi_shirunashitantanmen_1.jpg
    汁なし担々麺(950円)

    この時点ではまだFacebook・Twitter限定だった同メニュー。年明けからは店頭でも告知の上販売していると思います。「自家製3種のナッツ&ゴマペーストと自家製ラー油がウマイ」(Facebookより引用)という、今流行りのカラシビ系の汁なし担々麺ではなく、HANABIの担々麺らしい芝麻醤を中心に据えた濃厚マイルド&ちょいビター系。

    hanabi_shirunashitantanmen_2.jpg
    それに太麺の組み合わせです。

    hanabi_shirunashitantanmen_3.jpg
    汁なしですがそれなりに汁あり。こうして残ってしまうと勿体ないけれど、ひき肉を使った肉味噌系とは違って白米との相性はどうかと思い、〆のご飯は自重。

    hanabi_ramen_7.jpg
    らーめん(720円)

    hanabi_sioramen_4.jpg
    塩らーめん(770円)

    らーめん用の細麺がガラリと変わり、今どきっぽい色白でうどん寄りの優しいテイストになった気がします。「らーめんの麺」全般が昔からの「中華麺」から独立してそういう方向に向かっているようにも思いますが、以前の麺の方が味わいにらーめんらしい主張があったと思いますし、こちらのスープとのマッチングも好みでした。

    もっともその「らーめんらしい」という価値観自体が古いのかも知れませんが。もしかしたら太麺の方も変わっていたのかも知れませんが、担々麺だったためか気になりませんでした。

    それらは好みの問題としても、開店と同時に入ったのに卓上の箸立てが汁跳ねだらけだったり、お手洗いに手拭きがなかったり(ペーパーラックはありましたが中身は空)、明らかに幼児用に頼んだと分かるはずのらーめんに糸唐辛子が乗ってきたのも(もちろん箸で摘まんで除ければ良いだけではあるのだけれど)、ちょっとショックでした。自分が好きになったHANABIはそういう店じゃなかったんだけどな。

    P1190449.jpg
    934円の税込価格(消費税8%)は1,008円(1,008.7円)、954円の税込価格は1,040円ではなく1,030円(1,030.32円)で、いずれも計算が合わない。いろいろ合わない尽くしでした。



    らーめん HANABI
    HP http://www.ramen-hanabi.com/
    住所 神奈川県鎌倉市長谷1-2-5
    電話 0467-23-9005
    営業 (月~金)11:30~15:00/18:00~22:00
        (土)11:30~16:00/18:00~22:00
        (日・祝)11:30~16:00/18:00~21:00
    定休 火(祝日の場合は翌日)
    駐車場 あり(この付近の月極「1」「2」、案内図はこちら
    過去のレポート
    2015/06/17 らーめん
    2014/01/03 らーめん、ミニちゃーしゅーごはん
    2013/08/19 ガスパッチョふうつけめん(期間限定)+大盛り
    2013/07/10 アジアンあえそば(期間限定)
    2013/01/07 塩らーめん+味玉
    2012/04/24 ほうれん草カレー担々麺、同つけめんバージョン(期間限定)
    2011/09/04 ナスとトマトの冷製麺(期間限定)
    2011/04/13 つけ白担々麺(期間限定)
    2011/02/12 白担々麺(豆乳坦々麺)(期間限定)
    2011/01/07 つけHANABI・太麺+特盛り
    2010/08/09 冷たーい!完熟トマトつけめん(期間限定)+大盛り
    2010/07/26 コクうましょうゆつけめん特HANABI・細麺+特盛り
    2010/07/20 コクうましょうゆつけめん・太麺+ごく盛り+味玉
    2010/04/05 汁なし黄担々(期間限定)+大盛り
    2010/04/02 つけ黄坦々・太麺(期間限定)+特盛り
    2010/02/09 黄坦々麺(期間限定)
    2009/12/20 つけめん・超極太麺
    2009/12/09 味玉らーめん
    2009/08/21 スパイシーつけめん・太麺(期間限定)+大盛り
    2009/08/11 冷や黒麺(期間限定)
    2009/07/13 スパイシーらーめん(期間限定)
    2009/05/11 春野菜のスパイシーあえそば(期間限定)+コーン+味玉
    2009/05/09 コクうましょうゆつけめん・太麺+特盛り+味玉
    2009/05/09 つけ味玉・太麺+大盛り(参考記事)
    2009/04/30 昔ながらのあっさりらーめん+味玉
    2009/02/02 つけめん・太麺+特盛り
    2009/01/08 赤坦々麺(期間限定)
    2008/11/19 ルッコラとバジル、パルメザンがけあえそば 和風だし仕立て(期間限定)+大盛り
    2008/09/15 冷やしとろろつけめん・太麺(期間限定)+大盛り
    2008/08/31 コクうましょうゆつけめん・太麺+大盛り
    2008/08/04 冷やしぶっかけ風あえそば 鶏ハム添え(期間限定)+大盛り
    2008/06/27 季節の彩りあえそば(期間限定)+大盛り
    2008/03/17 つけ黒坦々麺・太麺(期間限定)
    2008/01/06 黒坦々麺(期間限定)
    2007/12/25 つけ味玉・太麺
    2007/10/17 パリパリッ!あえそば(期間限定)
    2007/07/04 夏野菜とハーブのトマト練りこみ冷やし麺(期間限定)
    2007/05/01 タケノコとモヤシのあえそば(期間限定)
    2006/11/06 つけ味玉・太麺
    2006/07/22 コクうましょうゆらーめん
    2005/08/26 味玉らーめん&昔ながらのあっさりらーめん

    テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

    らーめん一条@早稲田 「らーめん+ヤサイ増し」
    ichijo_out.jpg
    昨年末の訪問。2014年4月にオープンした早稲田大学そば大隈通りの二郎インスパイアのお店。営業状況は「臨時休業」ならぬ「臨時営業」的なところがあり、この1年ほどは閉まっていることの方が遥かに多かったですが、たまたま営業していたので飛び込みました。

    ichijo_menu.jpg
    券売機。「らーめん」「つけめん」「汁なし」という展開です。

    内装は以前の麺家KAZUからまんま居抜き状態で、カウンター12席。店頭の軒下には日清製粉の強力粉「オーション」が積み上げられていたので一目瞭然ですが、当然店内に製麺室と製麺機があり、自家製麺であることが窺い知れます。30代かな、お一人で切り盛りする細身の男性が店主さんでしょうか。

    ichijo_ramen_1.jpg
    らーめん(680円)+ヤサイ増し(無料)

    ichijo_ramen_2.jpg

    ichijo_ramen_3.jpg

    ichijo_ramen_4.jpg

    ichijo_ramen_5.jpg
    二郎系を語るには二郎系の中での相対評価をしないとあまり意味が無い気がしますのでこの系統に疎い自分はコメントを避けますが、二郎系を「ラーメン」ではなく「二郎という食べ物」という穿った見方をしている自分にもこれはスープも麺もきちんとしていて「ラーメンとして美味しかった」と思えました。また食べたいです。

    新年に入ってからも店主さんの健康上の理由などで不安定な営業が続いているようですが、営業に関する情報は非公式アカウントながらTwitterで発信している有志の方がいらっしゃいますのでそちらをご参考にされるとよろしいかと思います。
    https://twitter.com/ramen_ichijou

    P1190405_.jpg
    ただ、粉がこの状態で数日間放置されていたのは衛生面でも安全面でも問題ありかと。



    らーめん一条
    住所 東京都新宿区西早稲田1-8-20 高橋ビル1F
    電話 03-3232-5227
    営業 (月~金)11:30~20:00
         (土)11:30~15:00
    定休 日
    駐車場 なし

    らーめん 一条ラーメン / 早稲田駅(都電)早稲田駅(メトロ)面影橋駅

    昼総合点★★★☆☆ 3.5

    テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

    Hybrid担々麺 Tang Tang & Co.(タンタンアンドコー)@辻堂 「汁無し担々麺」
    tangtangco_out.jpg
    昨年12月下旬の訪問。2016年10月14日に辻堂のサーファー通り、湘南工科大学正門前にオープンした汁無し担々麺専門店。同じく汁なし担々麺で知られる「佐藤製麺所」に向かっていて偶然見つけたのですが、その佐藤製麺所とは目と鼻の先、なかなかすごいロケーションにオープンしたものです。

    カッコイイ店名「Tang Tang & Co.」は人によって「Steady & Co.」を思い出すか「Tiffany & Co.」を思い出すかに二分されると思いますが、自分は圧倒的に後者であります(←ウソつけ)。

    ちなみに「& Co.」って「and Company」の略で「~と仲間達」の意だと思いますが、タンタンと何が仲間なんだろうなぁ。「ハイブリッド担々麺」というキャッチーなコピーもイカしています。

    tangtangco_menu_1.jpg
    店内はカウンター4席+テーブル3卓10席、口頭注文の後会計式。店主さんはご自身が担々麺好きという中年男性。メニューは汁無し担々麺のみ(追いスープ、追い飯付き)、有料トッピングが4~5種類あったと思いますが写真撮り損ね。辛さは0~10辛までの10段階で、3辛以上は追加料金が必要です。

    tangtangco_menu_2.jpg
    キャプションの中の「4種の肉味噌(辛味噌・醤油・ガラムマサラ・トマト)を重ねることで変化を持たせ」のくだりに、自分が好きなロ麺ズ@弘明寺の汁無し担々麺に近いものを感じて期待が高橋真梨子…、否、高まります。

    tangtangco_menu_3.jpg
    追いスープ、追い飯を活用してのおすすめの食べ方を読んで待ちます。

    tangtangco_shirunashitantanmen_1.jpg
    汁無し担々麺・2辛(780円)

    tangtangco_shirunashitantanmen_2.jpg
    同店Twitterによれば「シビレと辛味の新感覚担々麺です」とのこと、つまりハイブリッドはシビレと辛味のことを指しているでしょうか。ノーマルの「汁無し担々麺」だと野菜は水菜、かいわれ大根、小葱。その多くが水菜で、かいわれと小葱を見つけるのはウォーリー並みに大変。

    tangtangco_shirunashitantanmen_3.jpg
    作法に則りよく混ぜていただくと、めくるめくスパイスの世界。4種の肉味噌が複雑さと旨味の奥行きをもたらしていて、コクがあるのにキレもあるというか、食べ応えもあるけど軽快感や爽快感もあるというか、何しろ自分の好みのタイプ。かなり入念に作られていると見え、店主さん自ら担々麺好きというのも頷けます。願わくばさらにコクがあれば個人的にはもう文句なし。2辛でお願いして自分にはちょうど良いカラシビ具合でした。水菜も麺料理の添え物としてはあまり好みではありませんが、ここではネガティブに感じず。

    一方、麺は平打ちの多加水熟成麺、モチッ、ツルッとした透明感のある平打ち麺はやや浮いている感もあり、ポクッとした麺も合いそうなだけに好みが分かれそうに思います。製麺所は「○」の中に「キ」の字が入ったロゴの、小田原のマルキ製麺所なのかな。

    tangtangco_shirunashitantanmen_4.jpg
    麺が終わったら〆のお楽しみ、追い飯。お茶碗1杯分という気前の良さ。

    tangtangco_shirunashitantanmen_5.jpg
    これを残りのタレを絡めてハイブリッドご飯(?)にするわけですが、

    tangtangco_shirunashitantanmen_6.jpg
    麺の写真よりご飯の写真が多いことからも満足度のほどが窺えるかと思います…?

    tangtangco_shirunashitantanmen_7.jpg
    卓上ポットの追いスープ(割りスープ)は和出汁ですが、結構分かりやすい味でこれまた好みが分かれるかも。もっともこちらは主従の従、正副の副ですし。

    店主さんは目が合うとニッコリしてくれてとても人が良さそう、メニューが汁無し担々麺だけでも是非また足を運びたい良店です。



    Hybrid担々麺 Tang Tang & Co.(タンタンアンドコー)
    Twitter https://twitter.com/TangTangCo2?s=06
    住所 神奈川県藤沢市辻堂東海岸1-9-1
    電話
    営業 (日・月)11:30~14:30
        (火・木・金・土)11:30~14:30/18:00~22:00
    定休 水
    駐車場 あり(店舗前2台)

    タンタンアンドコー汁なし担々麺 / 辻堂駅鵠沼海岸駅本鵠沼駅

    昼総合点★★★☆☆ 3.7

    テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

    【限定】 ロ麺ズ@弘明寺 「白湯つけ麺」始まりました!
    romenzu_paitantsuke_9.jpg
    ロ麺ズ@弘明寺では、本日1月16日(月)から新たな限定メニュー「白湯つけ麺」が始まっています!

    romenzu_paitantsuke_1.jpg
    白湯つけ麺(880円)

    romenzu_paitantsuke_2.jpg
    麺 高はし@赤羽の「古き良きつけ麺」(by後藤店主)をインスパイアしようとしたら全然違うものになったという、「らしい」と言えばらしい今作。季節感を考えるとちょっと意外な気もする麺が冷たいつけ麺です。

    romenzu_paitantsuke_3.jpg
    つけだれは鶏豚をギュギュッと煮詰めて凝縮した白湯スープがベース。と言ってもそこは後藤店主らしくしっかり乳化させたうえに粘度まで付けた白湯…ではなく、元ネタを意識して言うなら「シャバッ」としながら旨味濃厚な鶏豚スープで、そこに大小アバウトな背脂を浮かせ、甘味と、正直なところ控えめですが当の後藤店主は精一杯勇気を振り絞って入れたであろう魚粉、そして柚子を効かせています。

    romenzu_paitantsuke_6.jpg
    それ単独で啜ると塩気を感じる太ストレート麺は、オリジナル(元ネタ)の浅草開化楼を思わせる歯応えであり弾力があり、コシもしっかりしたもの。それでいてしなやか艶やかで、唸る美味しさ。

    romenzu_paitantsuke_5.jpg
    量は並盛で180g。

    DSC_4580.jpg
    粉は日清製粉の「門楼」と柄木田製粉のつけ麺用「夢絆S」の組み合わせ。ただ、この麺は早々に変更になるそうです。トッピングは豚肩ロースのチャーシュー、海苔、つけだれの中にメンマが入ります。

    romenzu_paitantsuke_7.jpg
    こちらは後入れトッピングの鯖節魚粉・玉ねぎ・一味唐辛子。元々つけだれが麺に絡みにくいタイプのつけ麺ですので、個人的には早めの段階で投入してよろしいかと思います。甘辛でちょっぴりジャンクな感じに変わります。一味は「違う辛味を」という趣向で花椒に変更になるかも知れません。

    romenzu_paitantsuke_8.jpg
    スープ割りはご飯付き。どちらサイドにもう一方を合わせなければならないという決まりはありません、お好みで大丈夫です。

    こんな普遍的オールドスタイルのつけ麺、以前の限定「蕪のつけ麺」のときはオペレーションの都合上平日のみでしたが、今回は土日も提供するそうです。

    P1190480.jpg
    学生同士でのご来店で「大盛」「ライス」「味玉」のいずれかをサービスする学生向けサービスも始まりました…!



    ロ麺ズ
    住所 神奈川県横浜市南区六ツ川1-689-1 マルエツ六ッ川店 サニーロード内
    電話 045-315-2009
    営業 11:00~21:00
    定休 水
    駐車場 あり(マルエツの駐車場1時間まで無料)
    過去のレポート
    2016/12/31 年越しらーめん・塩 (期間限定)
    2016/10/28 和風細麺潮らーめん (期間限定)
    2016/09/21 烏賊煮干和風らーめん (期間限定)
    2016/08/04 冷やし中華 (期間限定)
    2016/06/14 冷やし味噌 (期間限定)
    2016/05/23 冷やしジャージャー麺 (期間限定)
    2016/03/31 手もみワンタン麺 (期間限定)
    2016/02/29 タコまぜそば type(温)(期間限定)
    2016/02/15 蛤浅利の正油そば・味噌バージョン(期間限定)、らーめん味噌
    2016/02/03 蛤浅利の正油そば(期間限定)
    2016/01/08 年越しそばもどき(らーめんです)(醤油)(期間限定)
    2015/12/16 汁無担担麺Sサイズ、汁無味噌担担麺(試作)
    2015/12/09 蕪の塩つけ麺(期間限定)
    2015/11/24 本枯節「2年物」の正油そば 寺岡家の蔵出し醤油を活かしたもう1つのラーメン(期間限定)
    2015/10/20 本枯節「2年物」の正油そば 寺岡家の蔵出し醤油を活かしたもう1つのラーメン(期間限定)
    2015/08/11 らーめん正油、らーめん味噌、らーめん塩バター、らーめん塩、汁無担担麺

    テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

    六厘舎@東京ラーメンストリート 「朝つけめん」
    rokurinsya_tokyo_out_2.jpg
    昨年末のこと。東京駅一番街「東京ラーメンストリート」の六厘舎の朝営業に初訪問。この店舗はかつては「六厘舎TOKYO」を名乗っていたと思いますが、その称号(商号)は東京ソラマチの店舗に譲り、現在はシンプルに「六厘舎」なのですね。

    平日の朝9時半前後でしたが、カウンター10席+テーブル14席は満席、ひっきりなしに来店があり、それを最小限のスタッフで実に効率良く捌いていてお見事。

    rokurinsya_tokyo_menu.jpg
    メニュー。かつては「朝定食」としてご飯や納豆、カレーや漬物などが食べ放題で、それこそが同店の朝営業のイメージそのものでしたが、いつの間に…というよりはとっくの昔(正確には2012年6月末)に終了しており、現在はモーニングサービス的なものはなく、「朝つけ麺」のみの提供です。券売機から分かる範囲でグランドメニューのつけ麺との違いは、海苔の筏に乗った魚粉の有無、麺の量、そして値段といったところでしょうか。

    rokurinsya_tokyo_tsuke_5.jpg
    朝つけ麺(630円)

    rokurinsya_tokyo_tsuke_6.jpg
    久々にいただく王道の濃厚魚介豚骨系つけ麺はいかがなものでしょうか。

    rokurinsya_tokyo_tsuke_7.jpg
    つけだれは唐辛子や魚粉の辛さを除けば普通にベジポタスープとして飲めるような濃さ。朝だからスープの濃度もライトとかそういうこともあるのでしょうか。

    rokurinsya_tokyo_tsuke_8.jpg
    一方、もぐもぐと咀嚼させる麺はぼそっとしていて歯切れは良くありませんし、麺中心に食べさせるにしては風味に長けているわけでもありません。ただこれは風味に優れた麺が巷に珍しくなくなった証左かも知れません。同様に現在の物差しでこの麺は「超極太麺」ではありませんものね…

    rokurinsya_tokyo_tsuke_9.jpg
    それにしてもつけだれもこんなに絡まない感じだったかな。

    rokurinsya_tokyo_tsuke_10.jpg
    つけだれの中にはチャーシュー、メンマ等。卓上には黒七味と魚粉が用意されており、足りない場合は追加できます。スープ割りは券売機横のポットでセルフ、柚子パウダーも同様にセルフサービスです。

    P1190404.jpg
    630円のお値段相応には思えましたので文句はないものの、総じて立ち食いそば感覚に近く、かつての熱狂的な人気を知っているだけにその落差の大きさに歳月の流れを感じずにはいられませんでした。長時間並ばなくても食べられるようになったのは結構ですが、身近になり過ぎるのも良し悪しですね。



    六厘舎
    HP http://www.rokurinsha.com/
    住所 東京都千代田区丸の内1-9-1 東京駅一番街B1F 東京ラーメンストリート内
    電話 03-3286-0166
    営業 7:30~10:00(9:45LO)/11:00~23:00(22:30LO)
    定休 無休
    駐車場 なし(近隣に有料地下駐車場あり)

    テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

    【復活オープン】 らうめん梵@辻堂 「煮干しの拉麺」
    bon_out_2.jpg
    自分自身お気に入りで、結構人気もあったと思うのに謎の長期休業をしたり(2007~2008年頃)、その後閉店(2011年頃)してしまったりで残念に思っていた「らうめん梵」が、2016年11月に以前と同じ場所で営業を再開したとのことで、昨年暮れに遅ればせながら訪問して参りました。

    bon_menu.jpg
    店内に入って一番奥の突き当たりにある券売機。再オープン当初は左上のボタンが「醤油の拉麺」でしたが、味が安定しないそうで訪問時には提供を見合わせており、代わりに「味噌」「辛味噌」が用意されていました。

    店内は以前と同じレイアウトだったでしょうか、L字のカウンター9席、店主さんも以前と同じ方。ラーメン屋さんでトイレに行くことは滅多にない自分ですが、ここのトイレはとても広くきれいでかなりおすすめです(笑)。

    bon_niboshiramen_1.jpg
    煮干しの拉麺(750円)

    bon_niboshiramen_2.jpg
    煮干しガッツリのらーめんが珍しくない昨今でも珍しいくらいの煮干し臭いのが出てきました。

    bon_niboshiramen_3.jpg
    動物系オフの煮干しスープに煮干し油を重ねているようでしょうか、苦味・えぐみも厭わず煮干しを頭から尻尾の先まで丸ごとしっかり煮出している感じ。タレとシンクロして甘辛いというか、独特な味わい。

    bon_niboshiramen_4.jpg
    麺は今どきな感じの硬質でコシと小麦感しっかりなザクザク低加水の中細麺、断面形状スクエアでエッジが立っています。

    bon_niboshiramen_5.jpg
    丼埋め尽くす巨大チャーシューはホロホロ食感。

    フチ子さんの状態の柚子胡椒による味変はなかなか良いですが、ここまで強烈な煮干し推しは正直食べ手を選びそう。ただ、同店のFacebookを見る限り当面は「煮干し」と「味噌」の二本立てで攻めるようで、それはそれで個性的で面白そうです。

    P1190336.jpg
    駐車場は店舗を取り囲むように4台分です。



    らうめん梵
    住所 神奈川県茅ヶ崎市松浪2-8-23
    電話 
    営業 11:00~15:00
    定休 日
    駐車場 あり(店舗周囲4台分=本編参照)

    らうめん梵ラーメン / 辻堂駅

    昼総合点★★★☆☆ 3.4

    テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

    支那そば 流星軒@吉野町 「パンチつけ麺」他画像多数
    レギュラーメニューを中心に未掲載の写真が溜まってきましたので、まとめて蔵出しです。きっと後で何かの役に立つはず…

    ryuuseiken_shouyupremium_20150115.jpg
    醤油プレミアム・肩ロース&海老ワンタントッピング(2015年1月15日撮影)

    ryuuseiken_tsuke_sio_20150410.jpg
    つけ麺・しお・釜揚げ(2015年4月10日撮影)

    ryuuseiken_ryuuseipremium_20150525.jpg
    流星プレミアム(2015年5月25日撮影)

    某店主さんが流星軒では必ずと言っていいほど「流星プレミアム」を食べるという話を聞いて、そういえば「醤プレ」はあれど「流プレ」の写真はなかったなと思って注文してみました。動機がおかしいですかね?(笑)

    ryuuseiken_shinasoba_shouyu_20150710.jpg
    支那そば・しょうゆ(2015年7月10日撮影)

    ryuuseiken_kamaagetoriwantantsukemen_20160223.jpg
    釜揚げ鶏ワンタンつけ麺(2016年2月23日撮影)

    試作では乗らなかった穂先メンマが乗るようになった正式提供版。

    ryuuseiken_ryuuseimen_shouyu_20160618.jpg
    流星麺・しょうゆ(2016年6月18日撮影)

    ryuuseiken_ryuuseimen_sio_20160618.jpg
    流星麺・しお(2016年6月18日撮影)

    ryuuseiken_agenegisioramen_20160920.jpg
    揚げネギしおラーメン(2016年9月20日撮影)

    いわゆる「つなぎの限定」、僕が今書いているのは「つなぎの記事」…って同じにするなよって話ですね(苦笑)。自分がいただいたのは2013年10月以来でしたが、その後も何度かリリースされていると思います。

    ryuuseiken_shellduck_20161107.jpg
    Shell & Duck(2016年11月7日撮影)

    過去の限定の中でもかなり好き&思い入れが強く、ブログ掲載後も二度いただきました(←すみません、当社比では多い方なのです)。

    ryuuseiken_punchtsukemen_20161115.jpg
    パンチつけ麺(2016年11月15日撮影)

    年越しがパンチになることを見据え、せめてその前に一度…ということで、普段はほぼ夜しか行かない同店を昼訪ね、久々のパンチにありつけました。でも年越しありきなら「流星パンチ」にすれば良かったのにどうしてつけ麺にしたのか、自分でも謎です(笑)。



    流星軒
    住所 神奈川県横浜市南区日枝町4-97-2 グレイス南太田1F
    電話 045-241-1238
    営業 11:30~14:30/18:00~21:30頃(スープなくなり次第終了)
    定休 水
    駐車場 なし(近隣にコインパーキングあり)
    過去のレポート
    2016/12/30 年越しワンタンパンチ(期間限定)
    2016/09/27 Shell & Duck(期間限定)
    2016/07/27 ジンジャーワンタンSEXY DUCK(期間限定)
    2016/06/01 アボカドSEXY DUCK(期間限定)
    2016/04/27 手もみ'N' スモーキー(期間限定)
    2016/04/06 あさりちゃんプレミアム(期間限定)
    2016/03/02 あさりちゃん(期間限定)
    2016/01/12 釜揚げ鶏ワンタンつけ麺(期間限定)
    2015/12/29 3Bones ワンタン Noodle(期間限定)
    2015/11/04 秘密のラーメン(期間限定)
    2015/10/01 カブと細切り鴨スモークのしおつけめん(期間限定)
    2015/07/16 ィヨコハマブラック(15周年記念/3日間限定)
    2015/06/03 鶏節SEXY DUCK(期間限定)
    2015/03/19 カモエビG麺(期間限定)
    2015/01/20 えび辛パンチ(期間限定)
    2014/12/29 牛骨ワンタン麺(期間限定)
    2014/12/17 支那そば塩・他画像多数
    2014/12/03 早冬の気配(期間限定)
    2014/10/19 逆つけキーマカレー(期間限定)
    2014/08/28 Sexy Duck Shakin' Tomato(期間限定)
    2014/06/05 Sexy Duck Shakin' Tomato(試作)
    2014/05/09 Sexy Duck Shakin' Tomato(試作)、ひき潮(期間限定)
    2014/03/26 ひき潮(期間限定)
    2014/02/05 逆つけジンジャーワンタン麺(期間限定)
    2014/01/04 年越しジンジャーワンタン麺(期間限定)+味玉
    2013/10/15 ザ・スモーキー(期間限定)+味玉
    2013/10/04 年越しジンジャーラーメン(試作)
    2013/09/09 ワンタンスモーキー(試作)
    2013/07/05 SEXY DUCK パンプキン(試作)
    2013/05/29 Sexy Duck Smokey Special(期間限定)
    2013/03/17 逆つけスモーキー(期間限定)
    2013/01/16 オニグラセブン(期間限定)
    2012/12/31 年越しチキンラーメン(期間限定)+味玉
    2012/11/20 オニグラセブン(試作)
    2012/10/14 カモンベイビー♪(期間限定)
    2012/09/06 冷やし昆布だしつけめん(期間限定)
    2012/08/28 鴨ワンタンの試作麺/つけめんSEXY DUCK(期間限定)
    2012/07/21 つけめんSEXY DUCK(期間限定)
    2012/07/07 つけめんSEXY DUCK(試作)
    2012/06/12 枝豆SEXY DUCK(期間限定)
    2012/05/04 枝豆SEXY DUCK(試作)
    2012/03/21 黒く塗りつぶせ(期間限定)
    2012/03/14 黒く塗りつぶせ(試作)
    2012/03/09 揚げネギメンマスペシャル(期間限定)
    2012/01/08 流星パンチ
    2011/12/31 魚介だしオンリー塩ラーメン(期間限定)
    2011/10/25 ONLY ONE(期間限定?)
    2011/09/24 支那そば・しお
    2011/08/17 SEXY DUCK SIO(期間限定)
    2011/05/30 SEXY DUCK(期間限定)
    2011/04/12 昆布だし潮つけめん 辛味大根添え(期間限定)
    2010/12/08 流星尾道セブン+青ネギ(期間限定)
    2010/11/29 つけ麺・しょうゆ味+麺大盛/流星パンチ
    2010/11/20 流星麺・塩味
    2010/08/10 そのまんま冷やし+大盛(期間限定)
    2010/05/19 カモネギG麺(期間限定)
    2009/07/04 流星麺・しょうゆ味
    2009/05/14 醤油プレミアム+味玉
    2006/06/21 支那そば+味玉半分

    テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。