ノンジャンル系日記ブログだったはずが、今やほとんどラーメンブログ。何かの参考になることがあれば幸いです。横浜南部&東京都心メイン。
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    RAMEN GOSSOU@早稲田 「らーめん」
    gossou_out.jpg
    2016年1月20日(水)訪問。2015年12月14日に早大通り・早稲田鶴巻町東交差点から早稲田大学正門方面へ70~80m進んだ左手にオープンした新店。2度目の訪問です。

    入店時の挨拶は「いらっしゃいませ」ではなく「こんちはー」。私自身は挨拶のような形式的なものは奇を衒わないのが一番だと思うタチです。正午前で、カウンター8席に対して先客3名、後客3名、食券制。

    gossou_menu_3.jpg
    券売機。スタンダードが780円とは学生街にあってなかなか強気。

    gossou_ramen_3.jpg
    らーめん(780円)+チャーシュー(クーポン使用)

    gossou_ramen_1.jpg

    gossou_ramen_2.jpg

    gossou_ramen_4.jpg
    スープは節類を強く効かせたもの。ただそれも最初のうちだけでしたから、おそらく香味油がそうなのかな。「魚粉豚骨」寄りのテイストで、やや古さが否めない面もあり。初回訪問時はスープがぬるかったですが、その点は改善されていました。そのときの「ほたての塩ラーメン」では鶏>豚に感じられましたが、今回は鶏<豚の印象。このあたりは塩と醤油の違いではなく、スープの加減でしょうか。

    表面の油が減ってくると動物中心の味わいに移行しますが、ベットリとまとわりつくようなとろみが終始継続します。これが旨味を伴ったものなら良いのですが、油脂感が強くて個人的には不得意なもの。

    gossou_ramen_5.jpg
    麺。武蔵新宿本店出身らしいですが、そう言われるとなんとなく武蔵をほうふつとさせるモチモチとした太麺。麺の茹で加減も改善されています。

    gossou_ramen_6.jpg
    低温調理&燻製というチャーシューはオーダーが入ってからスライサーでカット、別皿のままいただくとその良さが分かりやすいです。燻香はそれほど強くありませんが、しっとり感が良いですね。

    どこかでキレやスッキリ感が欲しいところでしたが、あしらわれた刻み玉ねぎや水菜、ゆず皮片あたりでは和らぎ切らず、まとわりつくとろみは最後まで続きました。味変用に柚子胡椒などがあったら良さそうですが…。食後にはとにかく口直しをしたい衝動に駆られました。



    RAMEN GOSSOU
    住所 東京都新宿区早稲田鶴巻町522
    電話 03-3203-3885
    営業 11:00~15:00/17:00~22:00(スープなくなり次第終了)
    定休 日
    駐車場 なし(近隣にコインパーキングあり)
    過去のレポート
    2015/12/15 OPEN限定ほたての塩ラーメン
    スポンサーサイト

    テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

    【新店】RAMEN GOSSOU@早稲田「OPEN限定ほたての塩ラーメン」
    DSC_0341.jpg
    2015年12月14日(月)、早大通り・早稲田鶴巻町東交差点から早稲田大学正門方面へ70~80m進んだ左手にオープンした新店。元々中華料理店だったところをスケルトンにしての新装開店で、黒・白・茶色でまとめられたモダンで洒落た内外装です。

    gossou_menu_1.jpg
    12月15日(火)11:30着で外待ち10名以上、退店した12:30には20名以上になっていました。店内はL字カウンター8席、食券制。12月16日までの3日間はOPEN記念で2種類のらーめんが1杯500円です。

    gossou_hotatesio_1.jpg
    OPEN限定ほたての塩ラーメン(500円)

    gossou_hotatesio_2.jpg
    チャーシューに振りかけられた粗引きのブラックペッパーが目を引きます。

    gossou_hotatesio_3.jpg
    スープは豚中心と思いきやむしろ鶏主体と思われるクリーミーなもの。粘度はそこまで高くなく比較的すっきり、マイルドながらクセがなく食べ手を選ばないであろう飲み口です。

    「らーめん」と「ホタテ塩らーめん」とではタレを使い分けているようです。塩分はギリギリ許容範囲…と言えなくもないですがだいぶしょっぱめ、ホタテの他にも魚介の乾物の味わいが後を引きます。残念ながらぬるいのは、刻みネギ、紅白の玉ねぎみじん切り、水菜等、温度を下げるトッピングが多いことだけでなく、オペレーションがこなれていないせいもありそうです。

    gossou_hotatesio_4.jpg
    麺は平打ち気味でねじれの入った短めの太麺。だいぶ硬めの茹で加減で、グニグニと歯を押し返すような食感。つけ麺用のような仕様と仕上げで、個人的には硬すぎます。麺量は150gを切っていると思います。製麺所等は分からず。

    トッピングは大判で薄切りの煮豚は味付けはオーソドックス、拍子木状のメンマはコリコリとした歯ごたえこそ良いですが、味付けが既製品っぽいのはチャーシューと同じです。あと柚子皮片が忍ばせてありました。

    P1160487.jpg
    開店祝花は個人からのものが大半で、らーめん関係は同じ早稲田の「違う家一同」くらいでした。こちらも違う家同様、コンサルタント等によるプロデュース感を覚えるような気もします。落ち着いた頃に再訪してみたいと思います。



    RAMEN GOSSOU
    住所 東京都新宿区早稲田鶴巻町522
    電話 03-3203-3885
    営業 11:00~15:00/17:00~22:00(スープなくなり次第終了)
    定休 日
    駐車場 なし(近隣にコインパーキングあり)

    RAMEN GOSSOUラーメン / 早稲田駅(メトロ)江戸川橋駅早稲田駅(都電)

    昼総合点★★★☆☆ 3.0

    テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。