ノンジャンル系日記ブログだったはずが、今やほとんどラーメンブログ。何かの参考になることがあれば幸いです。横浜南部&東京都心メイン。
    麺屋M@阪東橋 「煮干そば」
    menyaM_out_2.jpg
    3月上旬のこと。昨年1月末に訪れた際に「今後に期待できそうなお店」という印象を持ちながら、メニューが実質1種類しかないことからその後なかなか足が向かずにいたのですが、2016年11月の1周年のタイミングで従来の「ラーメン」が「海薫るそば」となり、新たに「煮干そば」と、その後には「煮干混ぜそば」もラインアップに加わったとのことで、ようやくの再訪問となりました。ご覧の通り、外看板も個性をアピールするものに改められています。ただ、「横濱本店」とは…?

    menyaM_menu_2.jpg
    そのメニュー。後発の「煮干そば」がいわゆる「券売機左上」に。「煮干混ぜそば」は53's noodleさんとの共作でしたっけ。

    menyaM_niboshisoba_1.jpg
    煮干そば(750円)

    menyaM_niboshisoba_2.jpg
    メンマ無しなのね。

    menyaM_niboshisoba_3.jpg
    煮干し100%スープ。調理中にはまるで直火でアラを炙るような荒々しい香りが漂っていましたが(アラだけに荒々しい、と…)、実際には臭みは限りなく抑えられており、端正でクセのない、店主さんの人柄が滲み出ているような味わい。豊かな旨味により、動物系不使用による線の細さが気になることもありません。強いて言えば表面にある旨味の奥の方に煮干特有の香ばしさがあって、煮干苦手派はこれを嫌うのかも?とは思います。

    menyaM_niboshisoba_4.jpg
    手もみのピロピロ麺は以前と比べてコシ、弾力が強くなり、低加水化も図られたでしょうか。以前の方が個性的でしたが、一般的なニーズに応えるとこうなるのかも知れません。麺硬めを好む人、多いですものね。

    トッピングは豚肩ロースのチャーシュー、糸切り唐辛子、刻みネギ、海苔で、前述の通りメンマは無し。

    美味しいスープでしたが、それで圧倒するほどのパワーはない分少々単調であり、それだけに味が変わる要素が糸唐辛子のみという部分にはやや寂しさを感じました。



    麺屋M
    住所 神奈川県横浜市中区曙町4-45
    電話 
    営業 11:00~15:00/17:00~22:00
    定休 火
    駐車場 なし

    テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

    麺屋M@阪東橋 「ラーメン並」
    menyaM_out.jpg
    国道16号・鎌倉街道沿い、曙町界隈に2015年11月22日にオープンしたお店。「当店は魚介系醤油です」という店頭の貼り紙が示す通り、魚介出汁のスープということでオープン当初から気になる存在でした。最寄駅は横浜市営地下鉄ブルーラインの阪東橋駅、1月30日(土)訪問。

    menyaM_menu.jpg
    新装で小奇麗な店内は直線のカウンター8席、食券制。メニューは「ラーメン」の他にそのトッピング類のみという事実上の一択。麺量は並160g、中240g、大320gとのこと。ニコニコと愛想が良く、元気も良く、恰幅も良い店主さんに食券を手渡すと、取り出した麺を入念に揉み始めました。

    魚介オンリーのスープというだけでもユニークなのに、麺が手揉みとはダブルのインパクト。少しお話を伺ったところ店主さんは地元出身(横浜の中でも店の周辺というニュアンスでした)で、曰く「家系ラーメンで育った」のだそう。しかし、いつしかそれもお腹一杯になってしまったのが淡麗系ラーメンのお店を出すことになった経緯の一つのようです。

    menyaM_ramen_1.jpg
    ラーメン並(750円)

    menyaM_ramen_2.jpg
    どこか郷愁を誘うルックスですが、スープや麺だけでなく、トッピング類の一つ一つにも拘りが感じられます。

    menyaM_ramen_3.jpg
    魚介系100%のスープは中心的存在に感じられる焼きあごの他、複数の煮干しや節類、昆布など、店主さんが各地で出会った素材を使用。油はコクを出すために爪の先程度の量を使用しているとのこと。出汁で食べさせるコンセプトが明確で、ヘルシーでもあり、それでいて線の細さを覚えることもなく、好印象です。

    menyaM_ramen_4.jpg
    店舗2階で製麺する自家製&手揉みの平打ち麺は、やさしいタッチで不揃い感を伴ったピロピロとした啜り心地を楽しませてくれます。製麺に関しては独学だそう。開店当初はここまで特徴的な麺ではなかったはずで、麺に拘り、自家製麺で「よそとは違う麺を」という気概がヒシヒシと感じられるようです。少し意地悪な質問もしてみましたが、大盛320gでもダレずに耐えられる麺だそうです。

    menyaM_ramen_5.jpg
    2種のチャーシューは炙りを入れたもの。単品としては悪くありませんが、スープと麺のマッチングの良さを思うと他に選択肢がなかったのかなと思ってしまいます。魚介にばかり傾倒するのも違うかも知れませんが、例えばつみれであるとか、魚介のスープとシンクロするものであっても良さそうかな、などと。

    逆に家系のように正方形のものが3枚奢られた海苔、これがかなり旨く、魚介系スープと海産物の相性の良さを感じました。

    「まだまだ勉強中」とおっしゃる店主さん、土地柄に合わせてオープン当初より醤油を濃くしたり、出汁を厚くしたり…と改良を重ねているのだとか。時流に惑わされない自らのスタイルを持った方だと思いますので、この先も個性に磨きをかけて、納得行くものを作り続けていただきたいなと思います。



    麺屋M
    住所 神奈川県横浜市中区曙町4-45
    電話 
    営業 11:00~15:00/17:00~22:00
    定休 火
    駐車場 なし

    麺屋Mラーメン / 阪東橋駅黄金町駅伊勢佐木長者町駅

    夜総合点★★★☆☆ 3.6

    テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ