ノンジャンル系日記ブログだったはずが、今やほとんどラーメンブログ。何かの参考になることがあれば幸いです。横浜南部&東京都心メイン。
    106 (麺バカ息子 徹) で二郎もどきの汁なし大バカ盛!
    P4092937.jpg
    昨夜のお話。麺バカ息子@鶴見の新ブランド「106」(トオル)へ。

    店主の“アレ系”好きが高じて定休日(もしくはその前日)に店を開け、新ブランドを立ち上げてまで「二郎インスパイア系」を提供し始め4週目。「二郎もどき」とも言いますが。

    そして先週からは「汁なし」を提供し始め、それに伴い麺量が700gの「大バカ盛」がスタートしたのです。

    そこまでは「ふ~ん」程度に思っていたのですが、店主さんのブログを見るとそこには、

    まだ「大バカ盛」(700g)のチャレンジャーが現れていません。
    誰か一番乗りしてください(もちろん完食で)、お待ちしております!



    と書いてあるではないですか。

    これは俺が第1号チャレンジャー&完食者になるしかあるまい!と意気揚々と乗り込んだわけです。そして券売機を見ると…、

    P4092939.jpg
    …ぇ(゜∀゜)!!

    食べ切れないと罰ゲーム!?

    一発ギャグとかそういうの、苦手なんだよil||li (つω-`;)il||li



    つーか、客が食べ切ったら店主さんの奥さんに罰ゲームを…



    106_shirunashi_1.jpg
    そうこうしているうちにキタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!

    豚醤油ラーメン(680円)
    +汁なし(80円)
    +大バカ盛(麺700g/300円)
    +味玉(サービス券使用)!!


    これが106初登場の大バカ盛です!めでたく僕が栄えある初チャレンジャーです!
    ラーメン厨房 麺バカ息子 徹 (横浜市鶴見区鶴見中央)
    menbaka_out_5.jpg
    「イケメンを食いに行こうぜー」と誘われたので「それはシャワー浴びて行った方がいいのか?」とかドギマギしましたが、麺バカ息子のことでした。「イケ麺」のことならそうと言ってもらいたいものです。3月21日(土)18:09着。

    menbaka_tokuseiramen_1.jpg
    特製ラーメン(850円)

    menbaka_tokuseiramen_2.jpg
    18:19提供。豚骨ベースに魚粉を加えた、ややざらつきのある豚骨魚介。のっけに節系を、後からジワジワと動物系を感じます。白濁したクリーミーな見た目からこってりとしたスープを想像させますが実際はサラリとして飲みやすく、濃厚和風とでも言えば良いでしょうか、意外にもインパクトを抑えた仕上がりです。

    menbaka_tokuseiramen_3.jpg P3302998.jpg
    麺は「つるつるもっちり麺」を選択。キャプションにある通り、多加水の滑らかな食感の麺です。この麺とつけ麺用の極太麺とでは茹で時間が倍くらい違うので、複数人で食べに行くときは気をつけましょう!?

    まぁ、このラーメンも美味しいけど、やっぱり極太麺で食べるバカつけ麺には敵わない感じですね。

    それにしても麺バカ女房(と勝手に断定w)はいつも笑顔で接客していてえらいなぁ。



    食べたもの 特製ラーメン(850円)
    食べた日 2009年3月21日
    満足度 ★★★★★★★☆☆☆

    ラーメン厨房 麺バカ息子 徹
    ブログ http://blog.goo.ne.jp/ty18330509
    住所 神奈川県横浜市鶴見区鶴見中央4-25-15
    電話 045-306-8566
    営業 11:00~15:00/17:00~22:00
    定休 木
    駐車場 なし
    過去のレポート
    2008/09/16 特製バカつけ麺・極太麺+大盛

    【他の方の同店に関する記事】
    厚木のラーメン好きのくだらないブログ
    空腹時に見てはいけないブログ
    横浜ブログ
    『ワシ・ブロ』~完食主義なワシの生活~
    そんなに食うなら走らんと
    106 (麺バカ息子 徹) (横浜市鶴見区鶴見中央)
    menbaka_out_3.jpg
    今日はめずらしく、さっき食べてきたばかりのラーメンの速報です!

    menbaka_out_4.jpg
    というのも「麺バカ息子 徹@鶴見」の新ブランド「106」(トオル)が本日オープン!提供されるラーメンについては店主さんのブログに、「ガッツなジャンク系ラーメンです」と書かれていたのでアレではないかと予想していましたが…。

    P3192863.jpg
    や、やはり…!

    menbaka_gentei_butashouyu_1.jpg
    豚醤油ラーメン・野菜多め(680円)+味付煮卵(100円)

    menbaka_gentei_butashouyu_2.jpg
    別角度からもう1枚。もう見ての通りの二郎インスパイア系キター!もう何を語るでもあるまい。

    menbaka_gentei_butashouyu_3.jpg
    でもね、この平打ちの太麺が麺バカ息子ならでは。僕は二郎系のオーション全開のゴワゴワモチモチした麺が得意ではないので、このツルツルシコシコした旨い麺で二郎の味が楽しめるのはうれしいなぁ…!そうそう、麺の量は指定なしで通常の大盛くらいだそうです。

    menbaka_gentei_butashouyu_4.jpg
    背脂率はこんな感じ。結構控えめかな?スープの味付けも麺バカクオリティ。それにしても最近は「二郎」に行かずとも二郎系のラーメンにありついてしまうことが珍しくありませんなぁ。

    この「106」ブランドのラーメンは100食限定。18:00からの提供ですのでお間違いなく。18:17着で待ち5名くらい、18:28着席、18:39提供ってな流れでした。ちなみに店主さん、大盛にしすぎて汁が溢れんばかりになった丼を持ったまま身動きが取れなくなってしまったりと、初日らしいハプニングもあってクスッと笑ってしまいました(´∀` *)

    ちなみに「106」の営業日は毎週木曜日。これは「麺バカ息子」の定休日でもあります…。店主さん曰く「体力、元気のある日、毎週しばらくは続けてみようとおもいます!!!」とのこと。無理せず頑張って欲しいですね(´∀`)ノシ ガンガレー

    何しろ麺バカ息子は、店主さんがラーメン作りを楽しんでいる感が伝わってくるところがいいですよね…!



    食べたもの 豚醤油ラーメン(680円)
    食べた日 2009年3月19日
    満足度 ★★★★★★★☆☆☆

    106 (ラーメン厨房 麺バカ息子 徹 セカンドブランド)
    ブログ http://blog.goo.ne.jp/ty18330509
    住所 神奈川県横浜市鶴見区鶴見中央4-25-15
    電話 045-306-8566
    営業 18:00~21:30(100食限定)
    定休 当面の木曜、もしくは水曜のみ営業(店主のブログ参照)
    駐車場 なし
    過去のレポート
    2008/09/16 特製バカつけ麺・極太麺+大盛

    【他の方の同店に関する記事】
    メモ@メーラン日記
    ビア二郎
    ヘビメタ・ラーメン日記
    ラーメン厨房 麺バカ息子 徹 (横浜市鶴見区鶴見中央)
    menbaka_out_1.jpg
    京急鶴見駅近くのちょいと怪しげなエリアにある、2007年7月オープンの店。待望の初訪問です。

    一度聞いたら忘れられないような型破りな店名、これは店主さんが脱サラしてラーメン屋を開業することをご両親に報告したときに返って来た言葉から来ているそうです。詳しくは店主さんのブログを…。

    9月9日(火)19:48着、先客5名、後客3名。カウンター8席、テーブル1卓2席の計10席。食券制です。

    麺は普通盛が230g、大盛は350g。「特製バカつけ麺」は大盛が無料サービスなので、大盛を食べるのなら「特製」にした方がお得。つけ麺は極太麺か中太麺を選びます。ラーメンはまた別の2種類の麺があるようです。

    menbaka_bakatsuke_1.jpg
    特製バカつけ麺・極太麺(900円)+大盛(無料)

    19:57提供…、って、上の画像をよ~~~く見てみてください。麺のお皿に何か刺さってますよ…!?上の方がどんなことになっているかと言うと…、

    menbaka_bakatsuke_2.jpg
    でかっ。

    ここの名物であるバカでかい海苔「バカのり」は1帖サイズ!1帖ってB5サイズくらいか!?これは本当にバカだ~!

    この「バカのり」については、

     ・パリパリが好きな方はすぐに手でちぎってください
     ・柔らかいのが好きな方はスープに十分浸してください
     ・海苔が嫌いな方は眺めるだけにしてそのまま残してください

    とちゃんと「使用方法」が書いてあります。僕は前後半の二度に分けてちぎってつけダレに投入しました…!

    menbaka_bakatsuke_3.jpg
    つけダレは豚骨ベースに魚介系を加えた比較的オーソドックスなもの。そこに火を通したキャベツと、刻み玉ねぎがゴロゴロッと投入されており、野菜の旨味とザクザクした歯ごたえが良い変化になっています。

    menbaka_bakatsuke_4.jpg
    「バカのり」と共に二大名物だと思われる「極太麺」は平打ちっぽい角張った麺で、強烈なコシがありながらツルツルと舌触りも良く、食べやすいですね。ぴろぴろぷるぷるとした食感もとても心地よいです。

    「うどんのよう」と形容される極太麺は近頃よく見かけますが、これほどリアルに「もしかして、うどんでは?」と思わせる麺は初めてです。だって割り箸より太いんですから。つけダレとの絡みについては最後にまとめて書きますね。

    チャーシューはよくほぐされたもの。柔らかく程よくサシが入っており、つけダレに投入するとつけダレと渾然一体となって行きます。旨い…。味玉は中まで冷たく、黄身は半熟でちょうど良い味付け。

    で、最後に「極太麺とつけダレの相性」なんですけど、それに関連して各席に

     ・当店の極太麺は麺が強力なので、つけ汁によく浸してからお食べください

    という案内書きが貼られているんです。これって確実に「極太麺だとつけダレの絡みが悪いぞ」という声を意識したものだと思うんですけど、「バカのり」とほぐされたチャーシューがつけダレを目いっぱい吸収してくれるので、一緒に口に流し込めば無問題だよ麺バカ店主さん…!と僕としては言ってあげたいです。アイデア賞というか、万全な対策ができていると思うんだけどね。そのためのデカい海苔と違うんかな?

    そうそう、スープ割りは豚骨と和風が選べます。両方試しましたが、僕は和風の方がすっきりして好みでしたよん。

    menbaka_out_2.jpg
    何とも個性的でインパクト大、わざわざ足を運ぶ価値ありと思わせる楽しい一杯でした。実は今日も食べに行ったのですが、やはり満足でした。店名は奇抜ですけど美味しさは王道を行ってます。店主さんも同世代みたいですし、今後も期待大のお店です。



    食べたもの 特製バカつけ麺・極太麺(900円)+大盛(無料)
    食べた日 2008年9月9日
    満足度 ★★★★★★★☆☆☆

    ラーメン厨房 麺バカ息子 徹
    ブログ http://blog.goo.ne.jp/ty18330509
    住所 神奈川県横浜市鶴見区鶴見中央4-25-15
    電話 045-306-8566
    営業 11:00~15:00/17:00~22:00
    定休 木
    駐車場 なし