ノンジャンル系日記ブログだったはずが、今やほとんどラーメンブログ。何かの参考になることがあれば幸いです。横浜南部&東京都心メイン。
    らぁめん鴇(とき)@藤沢 「生姜中華」
    toki_out_3.jpg
    初訪問以来ずっと気になっていたメニューがあったのですが、およそ1年かかっての再訪です。

    実はこの少し前、日曜日の夜の閉店30分前に訪れたところ早じまいしていましたので、この日は閉店1時間前目標でリベンジしました。というのも、できるだけ待ちたくないのでこうした時間帯の訪問になるわけですが、なんとこのときは9名待ち!自分のことは棚に上げて「みんな明日から仕事じゃないの?!」と席数より多い待ち人数に驚愕しましたが、20分ほどですんなり入店できました。

    toki_menu_2.jpg
    メニュー。オープン当初にはなかった「つけめん」が加わっていました。そしてその当時はカウンター席のみで営業していましたが、今は後ろのテーブル1卓3席も含めた計8席での営業。

    こちら、店主さんが温厚そうで感じの良い方ですが、居合わせた若き助手さんも非常に好印象、食券の受け取りも「片手で失礼します」(もう片方の手にはバッシングの丼を持っていた)と言いながら会釈、そんなことなかなか言えないですよね。素晴らしい!

    toki_shougacyuuka_1.jpg
    生姜中華(750円)

    toki_shougacyuuka_2.jpg
    これがずっと気になっていたのです。生姜湯的な香りと共に、ほんのりと穏やかな甘味が鼻先をかすめます。

    toki_shougacyuuka_3.jpg
    醤油の「品」がとても良いですね。これはいったいなんでしょうか。前回いただいた「醤油」も、タイプ的には昨今の流行りながら、よそとは一線を画す「詰めの一押し」みたいなものが光っていたのですが、今回も同じことが感じられます。でもそういった部分に傾倒し過ぎないのもこの店の良いところではないでしょうか(わずか2度での判断ですが)。

    さらには生姜のラーメンということでいわゆる「ゲンコツ生姜」的なものを想像していましたが、煮干しと、あとは節を使っているようで、完全に意表を突かれました。

    toki_shougacyuuka_4.jpg
    平打ちの手揉み麺も良い出来で、 ローカルラーメンっぽさを後押ししています。

    前半の醤油&煮干しから、後半は生姜が辛味を伴ってグイグイと迫り、青ネギの風味と相まってかなり独自の世界観。幅と奥行きを上手く使いながら香りの変化や流れで楽しませるようなところもあり、相当念入りに作り込まれている印象です。「醤油」同様、非常にクオリティが高いです。

    流行りの煮干しを前面に出したスープではなく、どうして生姜と合わせることになったのかとか、それがまたなぜ「生姜中華」なるネーミングなのかとか、いろいろ伺ってみたくなるようなオリジナリティ溢れる一杯でした。



    らぁめん鴇(とき)
    住所 神奈川県藤沢市藤沢1034
    電話 0466-26-6301
    営業 (平日)11:00~15:00
        (土・日)11:00~15:00/19:00~23:00
    定休 月(祝日も休み)
    駐車場 なし(近隣にコインパーキングあり)
    過去のレポート
    2015/07/10 醤油

    テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

    【新店】 らぁめん鴇(とき)@藤沢 「醤油」
    toki_out_1.jpg
    7月5日(日)、DAIKUMA@北茅ヶ崎からの連食で訪問。2015年6月8日オープン、藤沢駅北口から線路沿いの道を辻堂方面に進み、「一本松」の信号を右折してすぐ右側です。店主さんは麺や維新のご出身とのこと。

    小料理屋のような和風でこじんまりとした店内はカウンター6席、日曜日の12時前で運良く空席がありましたが、帰る頃にはウェイティングが6~7名に膨れ上がっていました。

    toki_menu.jpg
    券売機。現状、「醤油」と「生姜中華」の二本立てですが、「つけめん」や「限定1~4」のボタンも。

    toki_shouyu_1.jpg
    醤油(750円)

    toki_shouyu_2.jpg
    近年流行りのご面相ではありますが、逆に様式美すら感じさせるいでたち。

    toki_shouyu_3.jpg
    スープはミシュランビブグルマン掲載店のDNAを継承する、芳醇な鶏出汁と深みのある醤油ダレによる鉄板コラボ。直前にDAIKUMA@北茅ヶ崎で動物レスの一杯を食べていたためか、黄金色に輝く鶏油によってもたらされるコクに「やはりらーめんはこうでなきゃ」の感も(個人的にはそれほど鶏油びいきではないのですが)。このタイプは前半に旨味のピークが来がちですが、後追いで和出汁が効いてくるので後半も飽きずにいただけます。

    toki_shouyu_4.jpg
    華麗な平ザル捌きで仕上げられた中細麺はモチモチ感を備えたもの。

    toki_shouyu_5.jpg
    チャーシューは鶏と豚。そして、

    toki_shouyu_6.jpg
    メンマはいわゆる支那竹(短冊)タイプと竹の子タイプの2種類。鶏豚による2種類のチャーシューはもはや定番の感がありますが、メンマを使い分けるのは珍しいように思います(あるとしても穂先メンマと短冊タイプの組み合わせが主流かも)。

    言うなれば「トッピングの紅白歌合戦」みたいなもので、せっかくですからネギも2種類に…なんて。

    らーめんに関して、現在は醤油ダレと相性の良い鶏油や生姜といったラインアップになっていますが、いずれ塩味もいただいてみたいものです。

    toki_out_2.jpg
    夕方、外観の写真を撮りに戻ったら生姜の良い香りが漂って来ました。開店後しばらくは昼営業のみでしたが、7月11日(土)からは土日のみ夜の部も営業するそうです。



    らぁめん鴇(とき)
    住所 神奈川県藤沢市藤沢1034
    電話 0466-26-6301
    営業 (平日)11:00~15:00
        (土・日)11:00~15:00/19:00~23:00
    定休 月(祝日も休み)
    駐車場 なし(近隣にコインパーキングあり)

    らぁめん鴇ラーメン / 藤沢駅石上駅本鵠沼駅

    昼総合点★★★★ 4.0

    テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ