ノンジャンル系日記ブログだったはずが、今やほとんどラーメンブログ。何かの参考になることがあれば幸いです。横浜南部&東京都心メイン。
    【限定メニュー】 ラーメン 雪ぐに@中田 「蟹ミソラーメン」
    yukiguni_out_1.jpg
    訳あって牡蠣を使ったラーメンを食べたくなり、「そういえば…」と雪ぐにさんを訪問。お店に入るなり店主さんから「今年もよろしくお願いします」って、年が明けてから一度も足を運んでないことがバレてるし(;´Д`)

    さらには「いつもよりお早いお帰りですね?」って、雪ぐにさんには連食2軒目で伺うことが多いのでいつもはもう少し遅めの時間帯なんです…ってそこまでお見通しとは((;゜Д゜) 某有名店店主さんがこちらの柴田店主について「一度会った人を忘れないのが特技の一つ」とおっしゃっていたのを思い出しました(笑)。

    さて、この日の狙いは12月下旬から提供されていた限定メニュー「牡蠣ミソラーメン」・・・でしたが、すでに終了しておりました。さすがに来るのが遅すぎました(´・ω・`)

    yukiguni_kanimisoramen_5.jpg
    しかし捨てる神あれば拾うラーメンあり(?)、運が良いことにこの日から新しい限定が始まっていました。それが「蟹ミソラーメン」、2月13日(月)スタートです。

    yukiguni_kanimisoramen_1.jpg
    蟹ミソラーメン・ニンニク抜き(1,000円)

    yukiguni_kanimisoramen_2.jpg
    注文時に必ず確認されるニンニクですが、初めて「抜き」でお願いしました。これまでは入っている方が美味しいはずだしお店のおすすめにも違いないと疑わずニンニク入りでお願いしていましたが、そこまでパンチがありそうには思えない蟹をスポイルしそうな気がしたのと、今まで気にしたことがありませんでしたが卓上にもおろしニンニクがあることから、必要に応じてセルフ投入で良かろうと判断しました。

    yukiguni_kanimisoramen_3.jpg
    そんな一杯、「蟹」は蟹ミソだけでなく紅ズワイガニのほぐし身も使用しており、つまり「蟹ミソ(を使った)ラーメン」ではなく「蟹(を使った)ミソラーメン」ということになりましょうか。味噌ダレはレギュラーそのままに、鍋で炒めるときに蟹ミソやほぐし身、そして酒粕を合わせるスタイル。ですから蟹エキスがそこまでしっかり出るというタイプではありません。でもレギュラー味噌より濃ゆくて厚み深みが増している感じがしますねぇ。

    yukiguni_kanimisoramen_4.jpg
    麺は良い意味でサッポロ一番っぽい「ザ・ラーメン」な麺。また少し進化したようにも思いますが、少なくとも初めて伺ったおよそ1年前と比べると、味わいや食感、スープとの一体感の向上は著しいものがあります。

    yukiguni_cheesegyouza.jpg
    チーズギョーザ(400円)

    サイドメニューは初めて注文。緑色をしたギョーザの皮はカメラの調子が悪く…ではなく、ほうれん草を練り込んだもの。伺わなかったですが自家製でしょうか。ニラやニンニク不使用で、醤油要らずのワインに合いそうな、ちょっとお店のカラーに似合わぬオシャレな餃子です(←失礼)。美味しい!

    yukiguni_kanimisoramen_6.jpg
    こちらのお店の限定メニューはイカや牡蠣、そして蟹など、看板である白味噌に合う素材を合わせていくスタイルで、それを「鍋物の発想」と伺い、妙に納得。ホタテなんかも…とおっしゃっていました。

    誤解を恐れずに言えばイカのときもそうでしたしこの蟹もですが、そこまで素材の味わいが強くないのでフリーク受けはしないと思います。でも雪ぐにさんに求めるのはパンチではなく、それこそ鍋モノ的な安心感という方が多いはず。だからこれで良いと思いますし、自分もすでに故郷に戻るような、あるいは実家に顔を出すような気持ちで伺うお店になっています。

    P1190646.jpg
    店主さんに好きな味噌ラーメンのお店を伺ったら「彩未」の他に「意外とくるまやラーメンなんかも…」と笑いながら答えて下さいましたが、まさにそういった身近さが居心地良いお店です。



    ラーメン 雪ぐに
    住所 神奈川県横浜市泉区中田南3-7-5 りんどう中田ビル
    電話 045-410-6988
    営業 11:00~14:30/17:30~21:00
    定休 水
    駐車場 なし
    過去のレポート
    2016/11/16 いかミソラーメン(期間限定)
    2016/06/16 味噌つけ麺
    2016/06/08 醤油ラーメン小+固茹で煮たまご
    2016/03/15 ミソラーメン、甘エビミソラーメン

    テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

    【限定メニュー】 ラーメン 雪ぐに@中田 「いかミソラーメン」
    yukiguni_ikamisoramen_5.jpg
    11月11日(金)の晩、中田の路地裏の味噌ラーメン屋「雪ぐに」さんへ。だいぶご無沙汰してしまいましたが、10月上旬あたりから始まった期間限定メニュー「いかミソラーメン」狙いです。おや、しばらくお伺いしないうちに店主さんのヘアスタイルが一転してオサレになっていらっしゃいました。

    yukiguni_ikamisoramen_1.jpg
    いかミソラーメン(950円)

    yukiguni_ikamisoramen_2.jpg
    レギュラーメニュー同様、ニンニク使用可否の確認あり。見た目もレギュラーとおおよそ変わりませんが、別皿で味変用のバターと刻みショウガが付きます。

    yukiguni_ikamisoramen_3.jpg
    白味噌、イカ肝、そしてバターによる「コクの三重奏」を謳う一杯、イカ肝を使っているためか、呑兵衛から特に好評だとか(笑)。アッツアツのスープの第一印象はやはり味噌の濃厚さですが、後を追ってググッと迫り来るイカ肝…!味噌とイカ肝のスープ、これは初体験の味わいかも知れません。そしてなかなかに重厚感があります。

    ただ、ひたすらこのラーメンを食べているとそれもわりと早い段階で全体に飲み込まれて行きますので、それこそお酒のアテにするとか、ライスと並行していただくとかした方がイカ肝の存在感は感じられそうに思います。

    yukiguni_ikamisoramen_4.jpg
    麺はいつものプリッムギュッとしたちぢれ麺。麺と言えば余談ですが、限定だった「味噌つけ麺」がレギュラーに昇格していましたね。

    もやしや玉ねぎといった野菜類もこんなに具だくさんだったっけ?と思うほどにボリューミー。味変アイテムのバターと刻みショウガを投入していただいたらお腹パンパン&汗ダクダクで、身も心も芯から温まりました(o´∀`o)ノ

    実はこの少し前の週末のランチタイムに訪れたところ、待ち客が10人近く行列していたので食べるのを諦めた日がありました。そのことを店主さんにお伝えすると、TRYラーメン大賞2016-2017への掲載プラスアルファ、ラーメンが熱いので回転が悪く、女性だと食べるのに30分近くかかるんですよ、なんてお話しを伺ったのですが、それも納得行くスープのアツアツぶりでもありました。なんたって「雪ぐに」のラーメンですもんね。

    なお、材料は今月中旬頃で終了とのことでしたので、こちらのメニューもすでに終了しているかも知れません。そして次の限定は牡蠣だとか。牡蠣×味噌、これまた美味しそうですね。



    ラーメン 雪ぐに
    住所 神奈川県横浜市泉区中田南3-7-5 りんどう中田ビル
    電話 045-410-6988
    営業 11:00~14:30/17:30~21:00
    定休 水
    駐車場 なし
    過去のレポート
    2016/06/16 味噌つけ麺
    2016/06/08 醤油ラーメン小+固茹で煮たまご
    2016/03/15 ミソラーメン、甘エビミソラーメン

    テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

    【限定メニュー】 ラーメン 雪ぐに@中田 「味噌つけ麺」
    yukiguni_misotsukemen_10.jpg
    6月7日(火)のこと。今月2日(木)から始まった期間限定メニュー「味噌つけ麺」をいただきに、雪ぐに@中田を訪れました。

    横浜市営地下鉄・中田駅からですと「2番出口」が最寄りですが、何でも1番が好きな自分は毎度のように「1番出口」から地上に出てしまって後悔します。雪ぐにが入居する物件が以前は「一番館」という中華屋さんだったことと、自分が1番出口から出てしまうのはたぶん関係ありませんし、この付近の町名が「中田」と書いて「なかた」と読むのになぜか駅名は「なかだ」と濁って読ませるのは、たぶんもっと関係ありません。

    yukiguni_misotsukemen_1.jpg
    味噌つけ麺(900円)

    yukiguni_misotsukemen_2.jpg
    同店のFacebookによれば「食欲が落ちる暑い日にもさっぱりと食べて頂ける様に山椒とお酢を使い仕立てました!」。レギュラーメニュー同様、食券を渡すと「ニンニクが入りますがよろしいですか」の確認があります。

    yukiguni_misotsukemen_3.jpg
    ニンニクと辛味のパンチが効いたオールドスタイルなつけだれ。ベースは豚ガラと…鶏ガラも?一口目こそ刺激があり「しょっぱい…?」と感じましたが、塩気ではなく辛味かな。中毒性があって旨い!

    yukiguni_misotsukemen_4.jpg
    冷水で〆られた密度の高いプリプリの麺も、ラーメンのときより格段に相性が良く感じられます。

    yukiguni_misotsukemen_5.jpg
    中細縮れ麺の不規則な食感と素朴な味わいを楽しみながらズババババーッと勢い良く啜ると、最近はつけ麺よりもっぱらラーメン派の自分ながら、これはラーメンより好きなくらいだな、っと。

    ベースはレギュラーのミソラーメンとほぼ同じ、麺も同じ、違いと言っても山椒と酢くらいみたいなのに大きく印象が違うのはなぜ?と考えた結果、

    (1)麺をつけだれにくぐらせる量を変えることで味の濃さに変化をつけられる(単調にならない)
    (2)逆に麺の味わいは明確になり、食感も変わりにくい(ほぼ一定)

    …というつけ麺の利点が、ラーメンとの比較でかなり活きているように感じます。メリハリが利いています。

    麺に関してはラーメンのときはもう少しスープに馴染むタイプの方が良さそうに感じていたので、味付けの強いスープを迎えたことで自分好みのバランスにシフトしたようにも思います。

    yukiguni_misotsukemen_6.jpg
    スープと共に火にかけられた新玉ねぎ&もやしがたっぷり。

    yukiguni_misotsukemen_7.jpg
    固茹で玉子もトッピングされています。

    yukiguni_misotsukemen_8.jpg
    割りスープは海老風味。

    yukiguni_misotsukemen_9.jpg
    店主さんご自身は太い麺のつけ麺があまり得意ではないそうで、「自分の好みで作らせていただきました」とのこと。また、店主さんのお母様など、つけ麺に馴染みのない世代にもお墨付きをいただいてリリースの運びとなったそうです。

    そんな奇をてらわぬオールドスタイルではありますが、久々に普遍性のある「つけ麺らしいつけ麺」「つけ麺である必要性が感じられるつけ麺」をいただいた気がしました。夏本番には冷やしラーメンの提供も考えているそうです。楽しみ!



    ラーメン 雪ぐに
    住所 神奈川県横浜市泉区中田南3-7-5 りんどう中田ビル
    電話 045-410-6988
    営業 11:00~14:30/17:30~21:00
    定休 水
    駐車場 なし
    過去のレポート
    2016/06/08 醤油ラーメン小+固茹で煮たまご
    2016/03/15 ミソラーメン、甘エビミソラーメン

    テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

    ラーメン 雪ぐに@中田 「醤油ラーメン小」
    yukiguni_out_1.jpg
    6月2日(木)から「味噌つけ麺」が始まった雪ぐに@中田。先日そちらもいただいては来ましたが、まずはその前(4月上旬)にいただいたものからアップしたいと思います。

    yukiguni_shouyuramen_1.jpg
    醤油ラーメン小(500円)+固茹で煮たまご(100円)

    yukiguni_shouyuramen_2.jpg
    味噌が看板の同店らしく、「味噌だまり」を使った醤油らーめんです。「味噌だまり」とは、醤油のような味わいを持つ味噌の上澄み旨味エキス、といったところでしょうか。

    yukiguni_shouyuramen_3.jpg
    ベースのスープはレギュラーと共通だそうですが、甲殻類特有の香ばしさが薫るもの。海老…?お尋ねしたところ海老油だそうです。

    そして「キュッ」とした不思議な酸味も特徴的。これはタレに使っている鰹や煮干しによる部分もゼロではなさそうですが、むしろ味噌たまりによるもののよう。

    その「キュッ」とした独特の酸味は本当に徐々に少しずつ、深まります。旨味の重なり方が何とも奥行きがあり、味噌ゆえか「醸す」という形容がしっくり来るような、じわじわと醸し出される、年月の移ろいを感じさせるような旨味です。

    yukiguni_shouyuramen_4.jpg
    麺はおそらくレギュラーと同じ、個人的にはもう少しスープと馴染みが良いものの方が好み。

    yukiguni_shouyuramen_5.jpg
    玉子は「中華そば尋」を連想させるオールドスタイルな固茹で。食べているときは気にならなかったのですが写真を見直すと1個半入っている…?ということはデフォでも半個入るですかね。メンマは穂先メンマ。

    店主さん曰く「タレ命」という一杯ですが、その味噌だまり、なんと醸造元ではそれまで捨てていたものだそうです。それだけに画期的ですし、正真正銘、ここでしか食べられない醤油ラーメンと言えそうです。

    実際、数多ある醤油ラーメンの中でもなかなかなレベルでトリッキーで、醤油ラーメンの新たな1ページを楽しませていただいた思いでした。



    ラーメン 雪ぐに
    住所 神奈川県横浜市泉区中田南3-7-5 りんどう中田ビル
    電話 045-410-6988
    営業 11:00~14:30/17:30~21:00
    定休 水
    駐車場 なし
    過去のレポート
    2016/03/15 ミソラーメン、甘エビミソラーメン

    テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

    ラーメン 雪ぐに@中田 「ミソラーメン」「甘エビミソラーメン」
    yukiguni_out_1.jpg
    ♪追いかけてェ 追いかけてェ 追ォォォいかけて…

    ということで2015年12月10日、長後街道から一本入った路地裏にオープンした「味噌ラーメン 雪ぐに」さん。最寄駅は横浜市営地下鉄ブルーラインの中田駅、店主さんは新潟出身で戸塚育ち、食堂ミサ@新潟県妙高市で修業されたそうで、店内には同店からの開店祝花も。看板には「妙高直送味噌」「たっぷりの野菜とにんにく」「安全安心の自家製麺」の文字、1月26日(火)訪問、2月27日(土)再訪問。

    yukiguni_menu_1.jpg
    店内はL字型のカウンターのみ10席程度、食券制。メニューは「ミソラーメン」「甘エビミソラーメン」「醤油ラーメン」の3本柱。「固茹で煮たまご」は閉店してしまったあのお店と同じですね。食券を渡す際に、「通常ニンニクを使っているが、入れても構わないか」の確認がありました。

    yukiguni_menu_2.jpg
    チャーシューは別売りで、「やまゆりポーク」を「しょうゆの実」に漬け込み、じっくり「低温調理」したものとのこと。3枚で250円。

    二度の訪問のいずれも店主さんと助手さん、そしてホール専属の女性の3名体制で、仕事が丁寧で誠実そうな店主さん以下皆さんとても感じが良く、二重丸の接客。調理場内に製麺室の扉があります。

    yukiguni_miso_1.jpg
    ミソラーメン(小)(650円)+チャーシュー(3枚)(250円)

    yukiguni_miso_2.jpg
    もやし、玉ねぎ、ひき肉等の具とスープを雪平鍋で合わせて加熱、空の丼に茹でた麺を入れてから鍋の中身を注いで完成。

    yukiguni_miso_3.jpg
    甘味の少ない白味噌を基調としたスープはアツアツ、しかし油ではなくスープの熱さです。油には頼らず味噌そのものの美味しさを大事にしている印象で、毎日でも食べられそうなタイプ。コクもしっかりあって優しすぎることもありません。

    ただニンニクもそれなりに効いており、二度目にいただいたときはより顕著で、いささか過度に感じられました。妙高直送という味噌に関しては店内に「太田醸造・毘沙門みそ」のポスターあり。仮に修業先も店名も知らないブラインド状態でいただいても雪国らしさを覚えそうに思える味わいです。

    yukiguni_miso_4.jpg
    色白の中太ちぢれ麺はモソッとした素朴な感じで、自家製ながら正直なところ記憶に残りづらいもの。

    yukiguni_miso_5.jpg
    低温調理のチャーシューはしっとり、ただニンニクが力強過ぎて風味を楽しむには至らず。

    yukiguni_ebimiso_1.jpg
    甘エビミソラーメン(小)(700円)

    yukiguni_ebimiso_2.jpg
    こちらは海老のやり過ぎ感がなく、味噌とのバランスが良いもの。甘味が出ていないのが好印象。「ミソラーメン」同様にニンニクは使われていますが、こちらの方が支配的でない分、個人的には好みでした。海老を使ったらーめんはどちらかと言えば好まないのですが。

    「ニンニクを別とすれば…」という前置き付きですが…、「純すみ系」のようなパワフル系でもなければ「麺小屋てち」のような変化球系でもない飾り気のないオーソドックスなタイプながら、駆け引きのないストレートな美味しさで勝負している、潔く、貴重な味噌らーめんだと思いました。現在はラーメンのみのラインアップですが、今後はつけ麺や冷やしの提供もお考えだそうです。

    yukiguni_out_2.jpg
    「路地裏の味噌ラーメン屋」のフレーズに親近感を覚えます(^^)



    ラーメン 雪ぐに
    住所 神奈川県横浜市泉区中田南3-7-5 りんどう中田ビル
    電話 045-410-6988
    営業 11:00~14:30/17:30~21:00
    定休 水
    駐車場 なし

    味噌ラーメン 雪ぐにラーメン / 中田駅立場駅踊場駅

    昼総合点★★★☆☆ 3.5

    テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ