ノンジャンル系日記ブログだったはずが、今やほとんどラーメンブログ。何かの参考になることがあれば幸いです。横浜南部&東京都心メイン。
    中華 薊 (鎌倉市材木座)@最終営業日
    このお店は閉店しました

    azami_out_4.jpg
    先日の記事でお伝えした中華 薊@鎌倉の閉店。4月29日の閉店当日、僕は急遽駆けつけることができるようになりました。10:05頃の到着で先客1名。1時間程度の待ちで済むなら万々歳です。

    azami_out_5.jpg
    「いえいえとんでもないです、こちらこそありがとうございました」と言いたくなります。

    行列は10:30現在で約20名と店内の座席数に到達。そのほとんどがラフな格好で歩いて訪れる人だったのが、地元の人々に愛されたこの店らしいところ。結局この日は10:40に開店、その時点で約30名待ちでした。

    調理場ではご主人が中華鍋を振っているところを久々に見ました。店内に飾られた調理師免許によるとご主人は昭和17年生まれ、つまり今年68歳。引退なさっても無理もない年齢なのですね。

    azami_menu_3.jpg
    ギョウザは残念ながら終了していました。見慣れた藤田まこと、高倉健、加山雄三、南田洋子、野際陽子、桑田佳祐ら大御所のサイン色紙に、新しいところでは中村獅童のものも加わっていました。

    azami_sanmamen_1.jpg
    注文したのは一番人気の「サンマーメン」(600円)。大半の人がこれを注文していました。麺かためにする人、レバニラ炒めと組み合わせる人も多かったです。

    azami_sanmamen_2.jpg
    最後なので別角度からも…、ってあまり変わってませんが(´Д`;)

    azami_sanmamen_3.jpgazami_sanmamen_4.jpg
    「スープは豚足とモミジ、丸鶏、鶏の油、豚の油、ニンニク、ショウガ、昆布などでとった、あっさりしているが旨味とコクが溢れる味。一番人気はサンマーメン。あんかけ野菜でボリュームたっぷり。熱々が食べ終わるまで持続する。食すうちに野菜の旨味が溶け出して旨い」とはお店に貼られた雑誌の切り抜きからの引用。

    僕にとってはただただ、旨い。それ以外には何もありません。

    azami_chahan.jpg
    同行者の「チャーハン」(650円)。


    そして…。


    azami_sanmamen_5.jpg
    なじみの味にお別れをするときがやってきました。長い間美味しいラーメンをありがとうございました。ごちそうさまでした。

    azami_out_6.jpg
    11:06、帰り際に撮影、軽く50人を超えるであろう別れを惜しむ人たちでご覧のような大行列になっていました。薊さん、本当に今までお疲れ様でした。



    食べたもの サンマーメン(600円)
    訪問日時 2010/04/29(木)10:05
    満足度 ★★★★★★★☆☆☆

    中華 薊(あざみ)(2010年4月29日閉店)
    住所 神奈川県鎌倉市材木座6-1-30
    電話 0467-22-6716
    営業 11:00~14:50/17:00~18:50
    定休 火・金
    駐車場 あり(店舗前2~3台)
    過去のレポート
    2009/07/26 サンマーメン
    2005/09/30 ラーメン
    中華 薊@鎌倉 閉店へ
    azami_out_2.jpg
    鎌倉の中華の老舗であり名店である「」が、4月29日をもって40年の歴史に幕を閉じることになりました。

    いまだに行列を作る人気店ですが、厨房機器等の老朽化が進み多額の設備投資が必要になったことや、ご病気をされた親父さんの体調のこと、後継ぎがいらっしゃらなかったことなどが閉店の理由だと聞きました。

    当初は6月の閉店を予定していたそうですが、機器類の予期せぬ故障によって前倒しになったそうです。何しろ美味しくて安くて雰囲気も良い、鎌倉らしからぬ庶民的な名店として多くの人に親しまれていただけに残念極まりないです。

    今日は11時過ぎに寄ってみたところ、閉店を惜しむ人たちで↑のような状態でした。僕は元々昼間は他に用事があったので写真だけ撮って帰り、満を持して夜の部に出直してみたところ…

    azami_out_3.jpg
    営業は終わっていました。・゜・(ノД`)・゜・。

    …でも親父さんとおかみさんの笑顔に会うことができて、だいぶ慰められました。

    azami_menu_2.jpg
    いよいよ残す営業日は28日と29日の2日のみ。最終日は大混雑することでしょう。僕はたぶん行けませんが、もし行くことができたらサンマーメンを食べたいなぁ…。



    中華 薊(あざみ)
    住所 神奈川県鎌倉市材木座6-1-30
    電話 0467-22-6716
    営業 11:00~14:50
    定休 火・金
    駐車場 店舗前に2~3台
    過去のレポート
    2009/07/27 ラーメン
    2005/09/30 ラーメン
    中華 薊 (鎌倉市材木座)
    このお店は閉店しました

    azami_out.jpg
    材木座海岸入口近く、鎌倉旧市街の人気老舗中華料理店です。

    鎌倉駅周辺だと観光客向けの大して美味しくもないのに値段が高い店も少なくありませんが、ここは美味しくてコストパフォーマンスに優れた地域密着型のお店。地元民にとって「材木座の薊と大町のはぶか、どっちが旨いよ?」というやりとりは永遠のテーマでもあります。(本当か?)

    その一方で著名人の訪問も多く、店内には加山雄三や高倉健、野際陽子といった大御所を筆頭に著名人のサイン色紙が20枚ほど所狭しと飾られています。

    店名の「薊」は「あざみ」と読みます。薊とは「キク科アザミ属の多年草の総称」とのことで、それ以上に詳しいことや画像はこちらへどんぞ。

    こじんまりとして昭和の香りを残す店内は4人がけテーブル5卓。到着時はほぼ満席で外待ちになりました。5分ほど待って入店。

    azami_menu.jpg
    ひと頃に比べるとだいぶメニューが減ったみたい。それでもラーメンが450円ということは少なくとも4年前から価格改定していません。先日の記事にも同じようなことを書きましたが、昨年の食材費の急騰の折にも値上げしなかったその経営努力には感服させられます。ちなみに一番人気は「サンマーメン」だと思います、たぶんね。

    azami_ramen_1.jpgazami_ramen_2.jpg
    ラーメン(450円)

    モウモウと湧き上がる湯気を必死に抑え込みながら撮った1枚です。豚足やモミジなどから取った澄んだスープはにんにくや生姜で香りが付けられたもの。とは言っても後引くほどではありません。味付けもすっきりしていてストレートな味わいです。

    軽く縮れた中細麺の茹で加減も良好。スープとの相性は文句なしです。小さなロースのチャーシューも昔懐かしいもの。他の具はメンマと青菜とナルトと刻みネギ。

    トータルでは取り立てて驚くようなところはないものの最後までまったく飽きが来ず、オーソドックスであることに最大の意味がある気がします。老若男女問わず多くの人から愛されるのも納得が行きますね。

    もちろん価格もそうだし、あの空間の居心地の良さとか時の流れの穏やかさみたいなものも得がたいものだと思います。

    脚が悪いご主人はずっとホールで配膳を担当していたけど、もう厨房には入らないのかな?それでも甲高い声でいつも元気いっぱいのおかみさんがご健在ですし心配は要りません。鎌倉に薊あり、ですねぇ。



    食べたもの ラーメン(450円)
    訪問日時 2009/07/26(日)13:02
    満足度 ★★★★★★★☆☆☆

    中華 薊(あざみ)(2010年4月29日閉店)
    住所 神奈川県鎌倉市材木座6-1-30
    電話 0467-22-6716
    営業 11:00~14:50/17:00~18:50
    定休 火・金
    駐車場 あり(店舗前2~3台)
    過去のレポート
    2005/09/30 ラーメン
    中華 薊 (鎌倉市材木座)
    このお店は閉店しました

    azami.jpg
    先日、自宅近所の中華屋の「薊(あざみ)」へ1年ぶりくらいに行きました。

    鎌倉では有名な町の中華屋の老舗で、店内には高倉健や加山雄三、藤田まことら著名人のサイン色紙が飾ってあるものの、店の小柄なおっちゃんはいつも淡々と、おばちゃんは「あいよっ!」と元気良く、時代は変わってもラーメンは400円で今も昔も変わらない時間が流れている、そんなお店です。

    何を食べても味は確かというのが薊だったのですが、店内のメニューボードが微妙に変わったと思ったらラーメンが450円になってら。この時代にラーメン一杯400円では厳しいのでしょうし450円でも十分安いですが、これまでを知っているだけにここも時代の変化を受け入れざるを得ないのかと思ったら少し寂しい気持ちになりました。餃子も400円が450円に。

    そしてラーメンの味も、絶品だと思っていた豚足にモミジを使った透き通ったスープもあまり味わいがなくなったような。僕が美味いラーメン屋ばかり食べ歩いてせいもあるでしょうけど、これはどうも味が変わった気がするし、麺は明らかに茹で過ぎ。つい、1~2年前までは1~2ヶ月に一度は行っていて当時はこんなじゃなかったと思うんだけどなぁ。なんだかガキの頃から知っていた店を自分が変わったことで受け入れられなくなったような気がして切なくなった訪問でした。

    でも相変わらず繁盛しているし、昔ながらのラーメンや各種中華を味わいたくなったらやはりオススメできる、一食の価値あるお店だと思います。


    (2010年4月29日閉店)
    食べたもの ラーメン(450円)
    食べた日 2006年9月24日
    満足度 ★★★★★★☆☆☆☆

    中華 薊(あざみ)
    住所 神奈川県鎌倉市材木座6-1-30
    電話 0467-22-6716
    営業 11:00~14:50/17:00~18:50
    定休 火・金
    駐車場 あり