ノンジャンル系日記ブログだったはずが、今やほとんどラーメンブログ。何かの参考になることがあれば幸いです。横浜南部&東京都心メイン。
    麺屋 庄太 津久井浜本店 「味噌らぁ麺」「背アブラ煮干しつけ麺」
    shouta_out_3.jpg
    5月上旬訪問。庄太店主にはお店の外でお会いすることが何度かありましたが、津久井浜本店へは2016年11月の復活オープン後、初めて。

    shouta_menu_2.jpg
    およそ3年ぶりの訪問、メニューも様変わりしていました。

    shouta_ramen_4.jpg
    らぁ麺(並)(800円)

    shouta_ramen_5.jpg
    絶対的看板メニュー。

    shouta_ramen_6.jpg
    六浦店も美味しいですが、本店は本店で、また違った旨さであり凄味を感じさせてくれます。本支店で切磋琢磨している感。

    shouta_ramen_7.jpg
    茶色がかった自家製の極太麺、ちょっとくり山@白楽を連想させるかも(当社比)。

    shouta_misoramen_1.jpg
    味噌らぁ麺(並)(850円)

    shouta_misoramen_2.jpg
    3種の白味噌、トッピングにはナッツ類&彩り野菜を使った意欲的な新メニュー。

    shouta_misoramen_3.jpg
    手前と、

    shouta_misoramen_4.jpg
    対岸ではスープの味が異なります。ドロドロですがスープ割りもしてもらえます。

    shouta_misoramen_5.jpg
    麺は手揉みのちぢれ麺。

    shouta_niboshitsukemen_1.jpg
    背アブラ煮干しつけ麺(910円)

    shouta_niboshitsukemen_2.jpg
    自家製麺を味わうならつけ麺も外せまいと。今、つけ麺はこの1種類。

    shouta_niboshitsukemen_3.jpg
    豚骨煮干し、量たっぷりで熱々なつけ汁に今度は啜磨専科@上大岡っぽさを感じたり。

    shouta_niboshitsukemen_4.jpg
    ワシワシと食らう麺はもちろん、和テイストに拍車をかける岩海苔の存在も良かったです。

    P1200150.jpg
    どれもとても美味しかった。

    庄太店主を筆頭にスタッフ皆さん常にアンテナを張り巡らせ、仕事はキレキレ、接客はハキハキ。

    常に全力、本気。

    客を引き込むような緊張感、ライブ感。

    一方で、自らを追い込み、律する姿。

    すごい集中力に圧倒されます。



    でも…

    スープを濾すとき、近くにいる助手の人にスープが撥ねまくっているのは気になるけど(笑)。

    そういえば、自分も催事のときにキャベツの茹で汁をかけられたけど(笑)。


    P1200177.jpg
    美味い不味いは理屈じゃないんだ、作り手の「思い」なんだと、改めて思ったり。

    P1200178.jpg
    いろんな店主さんがいて、皆さんそれぞれ個性があって、重視しているところが違って。

    P1200179.jpg
    その中でも、麺屋庄太は本店・六浦店共に仕事に対する志、意識が本当に高い、と思う。

    P1200180.jpg
    そんなプロの矜持に、

    P1200184.jpg
    グッと来ないはずがない。

    P1200185.jpg
    また、来ます。



    麺屋 庄太 津久井浜本店
    HP http://menyashota.nomaki.jp/
    住所 神奈川県横須賀市津久井2-18-22
    電話 046-848-0929
    営業 (月・火・木)11:00~17:00(LO)
        (金・土・日・祝)11:00~21:00(LO)
    定休 水
    駐車場 あり
    過去のレポート
    2013/09/26 らぁ麺(並)、中華そば(並)

    テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

    麺屋 庄太@津久井浜 (横須賀市津久井)
    shouta_out_1.jpg
    2012年3月のオープンにして、2012-2013のTRY新人賞豚骨部門1位の栄冠に輝いたお店にようやくの初訪問。京急久里浜線の津久井浜駅からすぐのところにあります。

    自分自身、津久井浜という地を意識して訪れたのは初めてだったのですが、バイクで訪れてみれば以前よく草野球をやっていた場所から山を越えてすぐのところでした。初めて訪れたときはかなり行列していたので断念し、通し営業なのでアイドルタイムを狙って再訪しました。

    shouta_menu.jpg
    カウンター7席+テーブル2卓8席、先客4名、後客2名、食券制。BGMはひたすらB'z。カウンター越しに見える店主さんの丁寧な所作が、一杯一杯に「美味しくなるように」という思いを込めているようであり、「美味しいものを出したい」という心意気がビンビン伝わってくるようで気持ち良いものがあります。

    shouta_ramen_1.jpg
    らぁ麺(並)(650円)

    まずは券売機左上のメニューです。

    shouta_ramen_2.jpg
    臭みや雑味がなく丁寧な処理を感じさせるスープ。まろやかでクリーミー、コクがありながら過剰なまでの重量感は抑えられており、すっきり感すら覚えるほど。巷で聞いた話によれば以前より粘度が抑えられている一方で、旨さはアップしているのだとか。実際、ド豚骨でありながらこれだけ澄んだ印象のスープはなかなかないと思いますし、これだけのド豚骨なのに店内を含め一切臭味がないのが凄いです。

    shouta_ramen_3.jpg
    麺はつけ麺に使われそうなごわっとした太麺。具では穂先メンマが美味しいですし、ネギの強めの主張が味わいのアクセントになっています。

    一杯食べ終えましたが、せっかく津久井浜まではるばるやって来ましたし、このお店が出す他のメニューも気になりもう一杯いただくことにしました。

    shouta_cyuukasoba_1.jpg
    中華そば(並)(650円)

    shouta_cyuukasoba_2.jpg
    こちらは和出汁9割・豚骨1割・鶏油なしとのこと。「その構成でこういう味になるのか」と勉強になるとともに、僕がとても好きなタイプ。醤油が生きているなぁ。

    shouta_cyuukasoba_3.jpg
    麺は「らぁ麺」とは異なる低下水のパツパツした中細麺ですが、「らぁ麺」の方にも合いそうに思います。刻み玉ねぎ、焦がしネギ、青ネギといった薬味も欠かせませんが、メニューによってネギの使い方を変えたり、かいわれやナルトが入るなど芸が細かい!そして今さら気づいたのですが、チャーシューも中華そばの方だけ炙っている…?

    すごいなぁ、「らぁ麺」も「中華そば」もどちらも独自性に富んだ一級品でございました。限定も精力的にリリースしているようですが、せめてレギュラーメニューだけでも制覇したい!…けど遠いw

    店主さんと少しだけお話しさせていただきましたが、その少しの会話でも人柄の良さや志の高さが伝わってくるようでした。真夏なのに何かをカモフラージュするような長袖シャツを着ていたり、耳たぶにでっかい穴が開いているのはご愛嬌ですが(笑)。スタッフの皆さんもとてもきちんとしていらっしゃり、良い意味でのプライドが感じられました。

    自分がこんなことを言うのもおこがましいですが世間の高評価も納得で、津久井浜という地でも行列ができる理由が分かりますし、主要エリアに進出しても十分通用することでしょう。

    shouta_out_2.jpg
    駐車場案内図。

    P1110684.jpg
    バイクで数分走ればこんな長閑な風景が広がります(´▽`*)



    食べたもの らぁ麺(並)(650円)、中華そば(並)(650円)
    訪問日時 2013/08/16(金)16:32
    満足度 ★★★★★★★★☆☆

    麺屋 庄太
    住所 神奈川県横須賀市津久井2-18-22
    電話 046-848-0929
    営業 11:00~22:00
    定休 水
    駐車場 あり(画像参照)

    テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ