ノンジャンル系日記ブログだったはずが、今やほとんどラーメンブログ。何かの参考になることがあれば幸いです。横浜南部&東京都心メイン。
    麺屋武蔵 巖虎 (東京都千代田区外神田)
    musashi_iwatora_out_3.jpg
    近くまで来たこともあって、麺屋武蔵 巖虎@秋葉原へ未食のつけ麺を食べに訪れました。秋葉原2店舗目の武蔵系列であり、二郎インスパイアでスタートしたのに短期間でコンセプトを変更したりと、迷走気味の印象が拭えないお店ではあります。

    P1040658.jpg
    店内はカウンター14席、先客5名、後客5名、食券制。今も二郎っぽいガッツリ系メニューはありますが、メインはつけ麺のようです。待ちながら厨房を眺めていると、棚に置かれている丼はすべて向きが揃えられています。小さなことですが、こういうこだわりは好きです。また、武蔵ではお約束の湯切り時の「ヨイショ、ヨイショ」というかけ声の唱和が行われていないのも個人的には好感。

    それにしてもつけ麺だからなのか、やたら待たされます。結局、食券を渡してから提供まで15分もかかりました。そんなに混んでいるわけでも、オーダーが重なったわけでもないのに。昼どきではないにしても客層はほぼサラリーマンなのに、こんなのんびりしたことで良いかと思ってしまいます。

    musashi_iwatora_tsuke_1.jpg
    つけ麺(750円)+大盛(無料)

    musashi_iwatora_tsuke_2.jpg
    つけ汁は濃度高めでドロッ、ザラッとした舌触りのもの。煮干しの苦味と武蔵特有の甘ったるさで何とも言えない味わい。

    musashi_iwatora_tsuke_3.jpg
    麻の実が練りこまれているという「麻麺」、断面は四角く、茹で加減はかためで食感はガチムチ、〆加減はぬるもり。散々待たされたわりに硬めで、さらに冷たく〆られてもおらず、何にそんなに時間がかかったのか分かりません。麻の実がプチプチしていますが、特に風味に寄与しているとは思いませんし、色のわりにまったく旨味を感じない麺です。

    あいにく自分の好みではないものでした。最近では週に数杯しか食べない麺なのに、そのうちの一杯にこれを選んでしまうとは。自分の選球眼の悪さにがっかりです。



    食べたもの つけ麺(750円)+大盛(無料)
    訪問日時 2011/08/04(木)18:18
    満足度 ★★★★☆☆☆☆☆☆

    麺屋武蔵 巖虎
    HP http://www.m634.com/634/
    住所 東京都千代田区外神田1-3-9 木倉ビル1F
    電話 03-3256-0634
    営業 11:00~22:00
    定休 無休
    駐車場 なし
    過去のレポート
    2010/12/12 まぜそば+大盛+野菜増し
    2010/05/27 らー麺+大盛+野菜増し

    テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

    麺屋武蔵 巖虎 (東京都千代田区外神田)
    musashiiwaotora_out_2.jpg
    2010年3月に二郎もどきなメニューをメインにオープンしたこちらですが、その後魚介豚骨系のつけ麺を中心としたメニューにシフトしたと聞いて再訪問しました。

    券売機は左上からつけ麺(魚介・柚子)、まぜそば、中華そば、巌流島ら~麺となっていました。最近の武蔵グループでは短いスパンでのメニューのてこ入れもめずらしくないそうですが、さながら混迷するどこかの政党のような印象を受けます。カウンター14席で、常時空き3~4席で推移。

    musashiiwaotora_maze_1.jpg
    まぜそば(750円)+大盛(無料)+野菜増し・ニンニク抜き

    musashiiwaotora_maze_3.jpg
    結構大きめの丼に山盛りの図。割り箸は比較用です。野菜はもやしとネギでほとんどがもやし。「野菜増し」ついでに「ニンニク抜き」ともコールしてみたのですが、背脂の浮いた醤油マヨなタレはニンニクが効いたもの。ニンニク抜きは受け付けていないのかも知れません。クリーミーでソースっぽいところがカルボナーラっぽくもあります。さほどしつこくはないのですが、味も食感も単調なのでどうしても中盤で飽きます。

    musashiiwaotora_maze_4.jpg
    味変したくても卓上には辛子肉味噌と魚粉だけ。やっぱり酢は欲しいですね、まぜそばには。

    麺は厚みはあるしちぢれも強くて食べ応えがあるのですが、食感はナチュラルで食べやすく、味自体もしっかりしていてまぜそばの麺として好印象。武蔵系列の麺は比較的好みかも。

    それにしても、まぜそばを食べるとどこのお店でも判を押したように「途中で飽きる」という感想になってしまいがちです。僕がまぜそばに向いていないのかもですね…。



    食べたもの まぜそば(750円)+大盛(無料)+野菜増し
    訪問日時 2010/10/20(水)18:11
    満足度 ★★★★★★☆☆☆☆

    麺屋武蔵 巖虎
    HP http://www.m634.com/634/
    住所 東京都千代田区外神田1-3-9 木倉ビル1F
    電話 03-3256-0634
    営業 11:00~22:00
    定休 無休
    駐車場 なし
    過去のレポート
    2010/05/27 らー麺+大盛+野菜増し

    テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

    麺屋武蔵 巖虎 (東京都千代田区外神田)
    musashiiwatora_out.jpg
    秋葉原は万世橋交差点近くに3月31日にオープンした麺屋武蔵の新店。と言っても開店からも訪問からもずいぶん経ってしまいましたが…。難読な漢字は「いわとら」と読みます。

    店内はカウンター14席、先客6名、後客6名、食券制。カウンターには脂の量が「多め」「少なめ」と指定できることが記されています。武蔵ではおなじみ、店員による湯切りの際の「ヨイショ!」のかけ声はかなり小声で申し訳程度に行われていました。個人的には静かな方がうれしいですがw

    musashiiwatora_ramen_1.jpg
    らー麺(750円)+大盛+野菜増し(無料)

    musashiiwatora_ramen_2.jpg
    ご覧の通り流行りの二郎インスパイアなビジュアル。大盛はサービスで麺量は260g、もちろん野菜増しもサービス。実際に食べてみるとボリュームはさほどでもないので、ある程度しっかり食べたい人はビビらずに大盛+野菜増しにすべきだと思います

    musashiiwatora_ramen_3.jpg
    味付けされていないもやしをかき分けてスープに到達。背脂がコロコロと入っているものの二郎のように(と言っても二郎経験値が低いので説得力に欠けますが)乳化していないスープは穏やかな味付けで、煮干しの香りが漂うもの。控えめな甘味に武蔵らしさを感じます。

    良く言えばすっきりしていますが、裏を返せば二郎のようなジャンク感、ガッツリ感には欠けます。二郎のカネシに相当する、スープの味付けを変更する卓上調味料類が存在しないあたりにプライドが見え隠れするわけですが、それならそもそも…、って話かと。

    musashiiwatora_ramen_4.jpg
    モチモチして捻れた平打ちの麺。平打ちですが厚みもそこそこあってもはやうどんの食感。

    musashiiwatora_ramen_5.jpg
    豚さんは普通のらーめんとしてみれば多めだけど…。

    前述の通り大盛+野菜増しでも物足りなさを覚えるくらいで、健康的二郎というか、まぁ二郎とは別物でしょう。これはこれで普通に美味しくは食べられますけど、この一杯に賭ける作り手の思いが感じられなくて、チェーン店のラーメンみたいだと思いました。



    食べたもの らー麺(750円)+大盛+野菜増し(無料)
    訪問日時 2010/04/21(水)18:11
    満足度 ★★★★★★☆☆☆☆

    麺屋武蔵 巖虎
    HP http://www.m634.com/634/
    住所 東京都千代田区外神田1-3-9 木倉ビル1F
    電話 03-3256-0634
    営業 11:00~22:00
    定休 無休
    駐車場 なし