ノンジャンル系日記ブログだったはずが、今やほとんどラーメンブログ。何かの参考になることがあれば幸いです。横浜南部&東京都心メイン。
    ラーメン巌哲@早稲田 「鮪塩(しびしお)」
    gantetsu_out_3.jpg
    4月のオープン以来3回目の訪問。11:40頃の入店でカウンター11席はちょうど満席になりました。夏の献立「もり」や「鮪塩冷し」もありましたが、レギュラーメニューで未食の「鮪塩」を選択。冷しはもっと暑くなってからでもね(^^)

    gantetsu_shibishio_1.jpg
    鮪塩(しびしお)(850円)

    その名の通り鮪肉を使ったユニークな一杯。お寿司屋さんにあるようなネタケースから取り出した生の鮪肉を熱したフライパンで酒を加えてソテーし、ある程度火が通ったら他メニューと共通のスープを加え、グツグツとしっかり煮立たせるという調理法。こうして鮪の出汁を取るんですね。

    gantetsu_shibishio_2.jpg
    提供されたそれは鮮魚系の味わいと思いきや、とても香りが良く、意外にも鮪特有と思われる風味はそれほど感じさせずクリアな味わい。むしろ敢えて特定の素材を突出させず、繊細な旨味を丁寧に重ね束ねることで十分な旨味を獲得している印象です。

    そうした出汁にこだわりを感じさせてくれるようなところは、自分のような関東人にとって「関西らしさ」と感じる部分かも知れません。淡麗系の塩味といえば往々にしてそういうものかも知れませんが、それがよりスマートに為されていて感服させられます。よく見ると大葉が使われていたりもして、芸が細かいですねぇ。

    gantetsu_shibishio_3.jpg
    スベスベで滑らかな麺もいつものことながら美味。醤油と共通の麺です。

    gantetsu_shibishio_4.jpg
    しっかり火を通していた鮪肉もやわらか。そしてこちらのお店のチャーシューは大きくてとても美味しいのですが、このメニューにもしっかり乗ってきます。

    満席の客が食べている目の前で店主がミスをした助手相手にブチ切れっ放しでチ○ピラのような立ち振る舞いだったのは食事が不味くなるので勘弁してくれと思いましたが、さじ加減が絶妙、バランス感覚抜群、洗練されていて非の打ち所のない一杯でした。毎回提供まで時間がかかるのがタマにキズですが、どのメニューも個性的でありながらクオリティが高くハズレなし、すごいお店ができたものです。



    食べたもの 鮪塩(しびしお)(850円)
    訪問日時 2014/07/02(水)11:42
    満足度 ★★★★★★★★☆☆

    ラーメン巌哲
    Twitter https://twitter.com/gantetsu01
    住所 東京都新宿区西早稲田1-10-4
    電話 03-6302-1281
    営業 (日~金)11:30~16:00
        (土)11:30~15:00/17:30~21:00
    定休 月
    駐車場 なし(近隣にコインパーキングあり)
    過去のレポート
    2014/05/31 中華そば(東大阪風)
    2014/04/26 醤油

    テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

    ラーメン巌哲@早稲田 「中華そば(東大阪風)」
    gantetsu_out_3.jpg
    4月20日オープンの新店へ、オープン直後以来2度目の訪問です。

    gantetsu_cyuukasoba_1.jpg
    中華そば(東大阪風)(700円)

    gantetsu_cyuukasoba_2.jpg
    大阪のご当地ラーメンと言われる高井田系の一杯。味は見たまんま、醤油が甘辛くキリリと立ち、醤油そのものかみりん等によるものか分かりませんが酸味も結構強めです。逆に見た目ほど塩分は強くありません。最後までアツアツです。

    gantetsu_cyuukasoba_3.jpg
    平打ち気味の麺は前回いただいた醤油より太めでしょうか。替え玉、大盛りの設定から見ても同じ麺ではないと思います。表面はパツパツ、中はモチモチしていてとても美味しいと思います。

    gantetsu_cyuukasoba_4.jpg
    肉はいわゆるチャーシュー然としたものと薄切り肉の2パターン。

    ようやく同店で2品いただいたところですが、ラーメンに関してはいずれもかなり自分好みです。惜しむらくは開店一番での訪問ながら、クレンリネスに関して気になる点がいくつかありました。店舗が新しいだけに粗が目立つのもあるかも知れませんが。

    なお、こちらのメニューは6月1日をもって一時休止、秋口から再開するそうです。その間は代わって「盛り」が提供されるそうです。



    食べたもの 中華そば(東大阪風)(700円)
    訪問日時 2014/05/31(土)11:20
    満足度 ★★★★★★★☆☆☆

    ラーメン巌哲
    Twitter https://twitter.com/gantetsu01
    住所 東京都新宿区西早稲田1-10-4
    電話 03-6302-1281
    営業 (日~金)11:30~16:00
        (土)11:30~15:00/17:30~21:00
    定休 月
    駐車場 なし(近隣にコインパーキングあり)
    過去のレポート
    2014/04/26 醤油

    テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

    【新店】 ラーメン巌哲@早稲田 「醤油」
    gantetsu_out_1.jpg
    新目白通り沿い、早稲田のリーガロイヤルホテルの向かいくらいに2014年4月20日オープンした新店。従いまして最寄駅は東京メトロ東西線の早稲田駅ではなく、都電荒川線の早稲田駅になります。

    店名の読みは「がんてつ」、大阪の有名店「麺哲」で修業後独立とのこと。店主さんは生粋の大阪人っぽい喋りの方ですが、どのようにして早稲田の地で開業する運びとなったのでしょうか。

    gantetsu_menu_1.jpg
    券売機。現在は「醤油」と「鮪塩(しびしお)」の2種類のみの提供ですが、メニュー(こちらのお店では「献立」と言っていますね)は順次増やして行く予定とのこと。

    店内はカウンターのみ11席、先客9名、後客コンスタントに。ただし後から来店した人はラーメンフリークというより近所に勤めている方ばかりだったようで、満席だと分かると去って行く人ばかりでした(^^;

    gantetsu_menu_2.jpg
    卓上メニュー。麺硬め等の注文はお断りだそうです。また大盛りがなく、替え玉対応です。

    店主さんと補佐の方のお二人による営業ですが、その手慣れた丁寧な手さばきや落ち着いた接客対応はオープン直後であることを感じさせません。

    また、調理の様子を見ていると「醤油」と「鮪塩」はいずれもダブルスープでベースのスープは共通ですが、合わせるスープが異なるようです。また、麺は両者共通、湯切りには平ザルを使用していました。

    gantetsu_shouyu_1.jpg
    醤油(750円)

    gantetsu_shouyu_2.jpg
    ほんのりとした甘みを伴った鶏メインのスープは雑味を感じさせぬ清湯オブ清湯とでも言うべき澄み切ったもの。それゆえか旨味がどこまでも広がるのようで、ほどよい醤油感も合わせて上質上品な仕上がり。かなり美味しいです。

    gantetsu_shouyu_3.jpg
    麺は太さ不揃いの平打ち気味のもの。ツルツルシコシコしなやかで、まったくクセのないナチュラルでクリアな味わい。麺とスープのマッチングに一切の齟齬が存在せず、完全に合致している印象。文句なしです。

    gantetsu_shouyu_4.jpg
    いざ持ち上げてみると丼埋め尽くさんばかりの大判チャーシュー、厚みもあってホロッとしながら肉感もしっかり、これまた品の良い味付け。デフォルトでこれだけの大きさとなると、チャーシュー増しはいかに?

    総じてルーツが大阪ということでどんなラーメンが出てくるかと思いましたが、これは東京でも大いに受け入れられるのではないでしょうか。シンプルで新しさこそありませんが、徹底的にクオリティを上げるとこれだけインパクトが出るのかと再認識させられました。非の打ちどころの見当たらない鉄壁な一杯だと思いますし、他のメニューも含めて昨今の東京のトレンドを追ってないのも好感が持てます。

    gantetsu_out_2.jpg
    なお、4月26日から土曜日のみ夜営業を開始するとのこと。また定休日は決まっていませんが、4月28日(月)、5月5日(月・祝)は休業だそうです。



    食べたもの 醤油(750円)
    訪問日時 2014/04/25(金)11:44
    満足度 ★★★★★★★★☆☆

    ラーメン巌哲
    Twitter https://twitter.com/gantetsu01
    住所 東京都新宿区西早稲田1-10-4
    電話 03-6302-1281
    営業 (日~金)11:30~16:00
        (土)11:30~15:00/17:30~21:00
    定休 不定休
    駐車場 なし(近隣にコインパーキングあり)

    テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ