ノンジャンル系日記ブログだったはずが、今やほとんどラーメンブログ。何かの参考になることがあれば幸いです。横浜南部&東京都心メイン。
    十文字@早稲田 「台湾まぜそば」
    juumonji_out_2.jpg
    西早稲田の交差点から早稲田大学の第二西門へ向かう細い路地にあるお店。2月17日(水)、2度目の訪問。

    juumonji_menu_3.jpg
    前回訪問時(2015年10月)に気になった「汁なし担々麺」目当てで訪れるも、同メニューは季節限定だったために既に終了、不本意ながら代替で提供されていた「台湾まぜそば」をポチッと。

    というのも、一過性のブームではなくそれこそ「汁なし担々麺」のように一定のポジションを確立した感がある「台湾まぜそば」ですが、自分はほとんど興味がないのが本音で、よって他との比較などもできませんです。

    店内はL字型カウンター8席、先客2名、後客なし、食券制。ランチの書き入れ時のはずですが、客足の鈍さは前回同様です。そんな状況でも「食券をカウンターの上に置いてください?」と命令調で杓子定規な接客をする男性店員氏にちょっとイラッとしてしまったり。

    さらに並大同額でどちらにするかと聞かれたのでグラム数を尋ねたところ、「大は並の1.5玉です」と噛み合わない回答。「それは何グラムですか?」と再度確認したところ「そういうのはないんです」とさらにズレた返事、しまいには「あそこに書いてあるのを見てください」と券売機横の貼り紙を指差しされました。ちゃんと書いてあるのに愚問でしたね、すみません。ということで並にしました。

    juumonji_taiwanmazesoba_1.jpg
    台湾まぜそば・並(780円)

    juumonji_taiwanmazesoba_2.jpg
    台湾まぜそばというとおろしニンニクが入っているのがスタンダードではなかろうかと思いますが、こちらではOFF。

    juumonji_taiwanmazesoba_3.jpg
    トロリとした豚骨塩のソースに細麺という意外性、控えめに魚介も感じます。クリーミーかつ適度なジャンク感でなかなか美味しく、やみ付きになりそうです。

    juumonji_taiwanmazesoba_4.jpg
    でも追い飯として白めし(100円)を追加した結果、トータル880円は学生街では高いかなとも。

    なお、券売機の「チョコホットクプレート(580円)」というのが気になって後から調べてみたところ、「ホットク」というのは韓国の「おやき」のようなスイーツだそうで。なるほど、それで部分的に散見される券売機のハングルも何となく合点が行く次第です。



    十文字
    住所 東京都新宿区西早稲田1-4-17
    電話 
    営業 (月~金)11:00~15:00(14:50LO)/17:00~20:30(20:20LO)
        (土・日・祝・早大の夏冬休み期間)11:00~15:00(14:50LO)
    定休 無休
    駐車場 なし(近隣にコインパーキングあり)
    過去のレポート
    2015/10/30 豚そば
    ※営業時間・定休日は「ぐるなび」より引用

    テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

    十文字@早稲田「豚そば」&早稲田新店情報
    juumonji_out.jpg
    西早稲田の交差点から早稲田大学の第二西門へ向かう細い路地にあるお店。2014年11月下旬にオープンしたらしいです。

    juumonji_menu_1.jpg
    L字型カウンター8席、先客1名、後客2名、食券制。「汁なし担々麺」が気になります!が、初訪問ですのでオーソドックスに「豚そば」をば。

    juumonji_menu_2.jpg
    「豚あえそば」は平日13時以降の販売、「豚そば」は替え玉対応等々の情報。

    juumonji_butasoba_1.jpg
    豚そば(680円)

    juumonji_butasoba_2.jpg
    出された瞬間は鯖節っぽい香りがしましたが、口にしたスープは豚骨メインでクリーミー。一瞬だけ臭みも感じましたが、すぐに気にならなくなりました。少し前に大流行した濃厚魚介豚骨系ではなく、きちんと「豚そば」しています。きちんとアツアツだし、適度な醤油加減、塩加減で口当たりが良く、食べやすいではないですか。食後にちょっと喉渇きますが。卓上のGABANのカエンペッパー(粉末状唐辛子)も相性抜群。

    juumonji_butasoba_3.jpg
    麺はザクザクして角張った細麺、麻生製麺の特注麺らしいです。形状や食感からすると低加水かと思いきや意外と多加水で、このチョイスは好判断だと思いますし、安易に流行に流されていなくて好印象。50円で替え玉ができます。早稲田界隈では結構麻生製麺見かけますね。

    チャーシューは脂多くてトロトロ過ぎて個人的には少し苦手。

    味や値段のわりに客足は今ひとつ、食べログも「掲載保留」になってしまっているし、ちょっと宣伝不足ではないでしょうか。あと、椅子に座るとカウンター下にある荷物置きの棚がどんな体型の人であろうと絶対に膝から脛に当たって食べづらい作りになっているのは困りものです。

    ところで、早稲田は新店ラッシュの予感。

    P1150983.jpg
    まずは「おおぜき中華そば店早稲田店」が「たけのじ」(その前は「和楽大勝軒」)の跡地に2015年11月4日(水)オープン。これは嬉しい!

    P1150982.jpg
    住所は新宿区西早稲田1-9-10です。

    DSC_0490.jpg
    もう1店、「RAMEN GOSSOU」が早大通りの「早稲田鶴巻町東」交差点そばの「中華料理 多華」の跡地に今冬オープン。

    DSC_0506.jpg
    住所は新宿区早稲田鶴巻町522。この並びには「眞久中」(まくなか)という二郎系も10月15日にオープンしています。



    十文字
    住所 東京都新宿区西早稲田1-4-17
    電話 
    営業 (月~金)11:00~15:00(14:50LO)/17:00~20:30(20:20LO)
        (土・日・祝・早大の夏冬休み期間)11:00~15:00(14:50LO)
    定休 無休
    駐車場 なし(近隣にコインパーキングあり)
    ※営業時間・定休日は「ぐるなび」より引用

    十文字ラーメン / 早稲田駅(都電)面影橋駅早稲田駅(メトロ)

    昼総合点★★★☆☆ 3.2

    テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ