ノンジャンル系日記ブログだったはずが、今やほとんどラーメンブログ。何かの参考になることがあれば幸いです。横浜南部&東京都心メイン。
    六厘舎@東京ラーメンストリート 「朝つけめん」
    rokurinsya_tokyo_out_2.jpg
    東京駅一番街「東京ラーメンストリート」の六厘舎の朝営業に初訪問。この店舗はかつては「六厘舎TOKYO」を名乗っていたと思いますが、その称号(商号)は東京ソラマチの店舗に譲り、現在はシンプルに「六厘舎」なのですね。

    平日の朝9時半前後でしたが、カウンター10席+テーブル14席は満席、ひっきりなしに来店があり、それを最小限のスタッフで実に効率良く捌いていてお見事。

    rokurinsya_tokyo_menu.jpg
    メニュー。かつては「朝定食」としてご飯や納豆、カレーや漬物などが食べ放題で、それこそが同店の朝営業のイメージそのものでしたが、いつの間に…というよりはとっくの昔(正確には2012年6月末)に終了しており、現在はモーニングサービス的なものはなく、「朝つけ麺」のみの提供です。券売機から分かる範囲でグランドメニューのつけ麺との違いは、海苔の筏に乗った魚粉の有無、麺の量、そして値段といったところでしょうか。

    rokurinsya_tokyo_tsuke_5.jpg
    朝つけ麺(630円)

    rokurinsya_tokyo_tsuke_6.jpg
    久々にいただく王道の濃厚魚介豚骨系つけ麺はいかがなものでしょうか。

    rokurinsya_tokyo_tsuke_7.jpg
    つけだれは唐辛子や魚粉の辛さを除けば普通にベジポタスープとして飲めるような濃さ。朝だからスープの濃度もライトとかそういうこともあるのでしょうか。

    rokurinsya_tokyo_tsuke_8.jpg
    一方、もぐもぐと咀嚼させる麺はぼそっとしていて歯切れは良くありませんし、麺中心に食べさせるにしては風味に長けているわけでもありません。ただこれは風味に優れた麺が巷に珍しくなくなった証左かも知れません。同様に現在の物差しでこの麺は「超極太麺」ではありませんものね…

    rokurinsya_tokyo_tsuke_9.jpg
    それにしてもつけだれもこんなに絡まない感じだったかな。

    rokurinsya_tokyo_tsuke_10.jpg
    つけだれの中にはチャーシュー、メンマ等。卓上には黒七味と魚粉が用意されており、足りない場合は追加できます。スープ割りは券売機横のポットでセルフ、柚子パウダーも同様にセルフサービスです。

    P1190404.jpg
    630円のお値段相応には思えましたので文句はないものの、総じて立ち食いそば感覚に近く、かつての熱狂的な人気を知っているだけにその落差の大きさに歳月の流れを感じずにはいられませんでした。長時間並ばなくても食べられるようになったのは結構ですが、身近になり過ぎるのも良し悪しですね。



    六厘舎
    HP http://www.rokurinsha.com/
    住所 東京都千代田区丸の内1-9-1 東京駅一番街B1F 東京ラーメンストリート内
    電話 03-3286-0166
    営業 7:30~10:00(9:45LO)/11:00~23:00(22:30LO)
    定休 無休
    駐車場 なし(近隣に有料地下駐車場あり)

    テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

    六厘舎TOKYO (東京ラーメンストリート)
    東京駅一番街の旧「ラーメン激戦区」が「ラーメンストリート」としてリニューアルオープンしたのが6月17日。そろそろ少しは落ち着いた頃かと訪問しました。

    rokurinsya_tokyo_out_1.jpg
    この日の目当ては一番人気「六厘舎TOKYO」。言わずと知れた大崎に本店を置く大行列店で、ラーメンストリート内の4店舗の中でも常に待ち行列が一番長いのは当然といえば当然かも知れません。もっともこの日は「むつみ屋」にまで行列ができていて衝撃を受けましたが。

    僕は19:05に現地着、30数人待ちの最後尾につきました。位置としてはちょうど「こちらから約1時間待ち」の看板の付近です。そう、ここはディズニーランドのアトラクション待ちのようにロープが張られ、待ち時間の目安が書かれた看板が立てられているのです。

    19:38、列の先頭に到着。19:48、店内に案内され食券を購入し着席です。ラーメン屋で行列に並ぶときは食券を買ってから並ぶ店も少なくありませんが、ここでは最後の最後に購入します。この方法だと並び途中にあきらめて帰ることができるメリットがありますけど、どんなメニューがあるのか知らない人は困りそうですよね。

    僕は味玉つけめん(950円)と大盛り(100円)の食券を買いました。それ以外には、つけめん(850円)、辛つけ(850円)、豚のせ(300円)、豚ほぐし(150円)、メンマ(150円)、味玉(100円)、中華そば(700円)等がありました。中華そばは一人も食べていませんでしたね。

    店内は公称28席のようですが、僕が数えたときはカウンター10席+テーブル8卓16席までしか確認できず。スタッフは常時8~9人体制で手が空いている人も少なくなく、活気はあるけど常に監視されているようでもありこっちまで落ち着きません。吉田兄弟の津軽三味線のBGMにしても音量がデカ過ぎます。

    rokurinsya_tokyo_tsuke_1.jpg
    味玉つけめん(950円)+大盛り(100円)

    並び始めてから53分にしてありつきました。提供まで約1時間ということで、外の看板はかなり正確な目安かも知れません。

    一般的に「濃厚魚介豚骨」と称されるつけダレですが粘度は抑えられていて、海苔の上に乗せられた魚粉を溶かし込むまでは動物系がやや強めに顔を出します。酸味や辛味を効かせずに塩を立たせることで味を決めており、この手のものとしてはなかなかに品のある味わいだと思います。あくまで魚粉を溶かす前の話ですが。

    rokurinsya_tokyo_tsuke_2.jpg
    麺は大崎の本店とは異なる、六厘舎TOKYO専用粉を使った浅草開化楼謹製のもの。極太ですがしなやかで瑞々しく、噛み締めればむっちりとした食べやすく、かつ食べ応えのある麺です。

    rokurinsya_tokyo_tsuke_4.jpg
    刻まれたチャーシュー。これで全部ではなかったはず…、ですが量的には決して多くは望まない方が良さそう。普通に美味しいです。

    rokurinsya_tokyo_tsuke_3.jpg
    甘味のある味玉。茹で加減もいい感じ。

    トータルとしては「スタンダード的に美味しい」とでも言いますか、ありきたりだけど「真面目に作ってます」って感じで、決して面白くはないけどバランスは取れていて旨いですね。

    また、魚粉は溶かし込まない美味しいと思いました。慣れてくると過剰な魚粉ってふりかけみたいなもので飽きが来るというか、支配的過ぎて全体をぶち壊すというか、何しろ素のままの方が美味しいと思えますね。

    本店も一度しか食べていないので断言は出来ませんが、TOKYO店の方が近い人はこちらでも良いのではないかという感じはしました。人によるでしょうけど、並んでいる最中も雨風に晒されることがないというのも大きな要素だと思います。次回は中華そばを食べてみたいものです。



    食べたもの 味玉つけめん(950円)+大盛り(100円)
    訪問日時 2009/08/31(月)19:05
    満足度 ★★★★★★★☆☆☆

    六厘舎TOKYO
    ラーメンストリートHP http://www.tokyoeki-1bangai.co.jp/ramenstreet/
    住所 東京都千代田区丸の内1-9-1 東京駅一番街 東京ラーメンストリート
    電話 03-3286-0166
    営業 7:30~10:00(9:45LO)/11:00~22:30(22:00LO)=2010年12月現在
    定休 無休
    駐車場 なし(近隣に有料地下駐車場あり)