ノンジャンル系日記ブログだったはずが、今やほとんどラーメンブログ。何かの参考になることがあれば幸いです。横浜南部&東京都心メイン。
    惜別と感謝と門出を祝して 森や(もりや)@東戸塚閉店
    moriya_out_4.jpg
    先週末、ある名店が静かに幕を降ろしました。



    moriya_out_3.jpg
    森や(もりや)@東戸塚。


    当ブログの「森や」の記事一覧


    最初にその知らせを聞いたときはショックのあまり言葉を失いました。初訪問から1年ほどのペーペーな僕ですらです。おそらく多くの人が直前に知った今回の閉店劇…


    moriya_menu_4.jpg
    森やの信条と言えば、厳選素材を使用した安心安全ならーめん。それは店名の「森」の字の表記が正確には「木・水・土」の三文字の組み合わせから表されることでも明らかです。

    片やこの僕はと言えば、らーめんを食べる以上は「不健康覚悟」「ジャンク上等」とばかりに、食材の安全性には無頓着でした(もちろん程度の差はあるけれど)。

    ですから安全性を謳われても、とりわけその点が心に響くことはなかったんです。

    でも驚きだったのが、そういう森やのらーめんが僕にとっても大変美味しく、しかもそれが他に代わりがない美味しさだったこと。このことは本当に衝撃的であり、初訪問後はそれまでの自分の穿った考え方や先入観を恥じるばかりでした。


    moriya_genki_1.jpg
    元気らーめん・正油(860円)+味付玉子カリフリ(150円)

    moriya_genki_2.jpg
    醤油の深みとコクが感じられるスープ。タレは襟裳岬のサケ醤油に三年熟成の醤油をブレンドしたもの、醤油のパンチが効いたはっきりした味ですが、後味はすっきり。

    moriya_genki_3.jpg
    はるゆたかの二番粉を使用したワンタン。

    moriya_mitsuboshi_1.jpg
    三ツ星醤油らーめん・はるゆたか(850円)+味付玉子カリフリ(150円)

    moriya_mitsuboshi_5.jpgmoriya_mitsuboshi_2.jpg
    こちらは「日本醤油之最高」と銘打たれた堀河屋野村の三ツ星醤油を使用、百姓庵の自然海塩、しろつめ草のはちみつで味を整えたとのこと。さっぱりとして上品、雑味のない味わいは醤油本来の旨味を存分に生かしたもので、そのシンプルかつストレートな旨さは昔ながらの中華そばの最高峰とでもいった趣。

    moriya_mitsuboshi_3.jpg
    三ツ星醤油同様、国産小麦最高峰の「はるゆたか」を100%使用した中太ちぢれ麺。豊かな風味をまとったそれは、北の大地に育まれた力強さと素朴さが実直なまでに表現されたもの。森やの代名詞のひとつでもありました。

    moriya_mitsuboshi_4.jpg
    カリフリ農場産の玉子。こんなに色鮮やかで濃厚な黄身にお目にかかったことはありません。

    moriya_kiriotoshigohan_2.jpgmoriya_kiriotoshigohan_1.jpg
    切り落しちゃーしゅーごはん(350円)




    これら一つ一つすべてが唯一無二、

    代わりが効かないものばかり…




    今風(?)に言えば「オンリーワン」ですかね…




    「他にはない」ということで付け加えれば、このあたりのらーめん専門店にはめずらしい小上がりの席も。

    私事ですが昨年家族が増えたこともあって、子連れでらーめんを食べに行くなら食材の安全性が高く、小上がりもあって子供を連れて行きやすい森やだな、5年先も10年先もお世話になろう、などと勝手に思っていたのです。それだけに閉店を知ったときはものすごい喪失感に苛まれました。


    でもその理由を知って、少し救われました。


    林店主ご夫妻は至ってお元気でお店も順調でしたが、じきに北海道へ移住され、そこでお知り合いの方がミュージアムをなさっている廃小学校内で飲食店を営まれる、というのが閉店の理由だそうです。

    「らーめんはいつでも出来るから」という理由でそちらではらーめんはやらないそうですが、もし任せられる若い人がいれば、あらためて横浜にらーめん店を持つことも考えていらっしゃるそうです。

    また、安全な食材や安全ならーめん、スローフードの普及のために、生産者とお店の間を取り持つようなこともできれば…ともおっしゃっていました。

    それを伺って林店主ご夫妻らしい方向性と、発展的な閉店であることに胸をなで下ろしました。森やは閉店しますが、森やのスピリットは確実に継承されていくに違いありません。


    うーむ、僕も感心してばかりではなく、現状に満足せず自分との戦いに勝たねば、と思ったり。


    森や様、個人的には短い間でしたが今まで心に残るらーめんをありがとうございました。林店主ご夫妻の一層のご健康とご多幸、ご発展を心よりお祈り申し上げます。北海道、いつか遊びに行かせていただきます!

    テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

    らーめん 森や (横浜市戸塚区川上町)
    moriya_out.jpg
    近くまで来るついでがあったので、久々にもりや@東戸塚を訪問しました。いつでも行きたいお店なのに、わが家からはなかなか行けないお店であります。でも週末は通し営業なのがありがたいですなぁ。

    moriya_hyakusyo_5.jpg
    注文前にカウンターを見回すと、店頭のメニューや黒板には書かれていなかった未食のメニュー「百姓の塩らーめん」を発見。「今月のおすすめ」=「今月の限定」なのかは確認し忘れてしまいましたが、迷わずソレをオーダー。麺は細麺と中太麺から選べますが、念のためどちらがおすすめか伺ったところ、やはりはるゆたか使用の中太麺とのこと。

    百姓という響きに一瞬戸惑ったのですが、「百姓庵の天日塩」というものが存在するんですね。山口県油谷島自然海塩だそうです。

    moriya_hyakusyo_1.jpg
    百姓の塩らーめん・中太麺(850円)

    moriya_hyakusyo_2.jpg
    その百姓庵の塩はミネラル感たっぷり!「ちょっとだけ塩っぽく仕上げました」という通り塩気がキリッと立っていますが、そのコクの深さやまろやかさや甘味が、この塩が海の恵みであることを実感させてくれます。スープとともに飛び込んで来るシャキシャキのネギ、時折ピリッと来る鷹の爪が良いアクセントになっています。

    moriya_hyakusyo_3.jpg
    森やの代名詞とも言える、北海道産小麦・はるゆたか使用の中太麺。本当に旨いです。モチモチとしつつ歯切れが良く、風味が抜群。「はるゆたか」というネーミングを考えた人は天才じゃなかろうかと思うほど、春(※)のおだやかな陽光と、この小麦が北海道の広大な大地の恵みであることを想起させる、ふんわりと柔らかで、素朴だけれど豊かな風味。さらに時間が経つとスープに馴染むというか、スープを吸うのかスープと一体となってさらに旨いです。

    ※「はる」=「春」というのは僕が勝手に決めつけたので間違ってるかも。

    moriya_hyakusyo_4.jpg
    チャーシューやメンマも旨いすなぁ。バラ肉が苦手な人はモモ肉に替えてもらえますよ。

    これまた良質な一杯をいただきました。やっぱり好きだわぁ、森や(´▽`*)



    食べたもの 百姓の塩らーめん・中太麺(850円)
    訪問日時 2011/12/11(日)15:43
    満足度 ★★★★★★☆☆☆

    らーめん 森や
    住所 神奈川県横浜市戸塚区川上町464-29
    電話 045-812-8641
    営業 (平日)11:30~15:00/17:30~23:00
        (土)11:30~23:00
        (日・祝)11:30~22:00
    定休 月曜、月2回程度火曜
    駐車場 あり(店舗向かい月極5台)
    過去のレポート
    2011/08/09 はるゆたからーめん・味噌/味玉らーめんカリフリ・塩
    2011/06/23 森の冷しつけめん<潮>
    2011/06/22 はるゆたからーめん 正油

    テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

    らーめん 森や (横浜市戸塚区川上町)
    moriya_out.jpg
    6月の初訪問でたちまち気になる存在となったこちら森や@東戸塚へ、未食メニューを食すべく再訪して来ました。メニューや駐車場の場所などお店の概要は過去の記事をご参照くださいませ。

    moriya_haruyutaka_miso_5.jpg
    やはりおすすめになっているこちらを食べないわけにはいかないでしょう。

    moriya_haruyutaka_miso_1.jpg
    はるゆたからーめん・味噌(900円)

    moriya_haruyutaka_miso_2.jpgmoriya_haruyutaka_miso_3.jpg
    味噌は無農薬、長期熟成で「独特の強い旨味とすばらしい香り」という新潟県長岡市の「星六味噌」を使用。無化調ならではのやさしいタッチながら、味噌の味わいがとても奥深く、実に滋味深い。まさに唸らされます。

    味噌らーめんというと一般的に化学調味料ガッツリ!なことが多く、そういうのを揶揄して僕は「味噌はサッポロ一番でも十分旨い」とか言っちゃうのですが、完全にそういうのとは一線を画した作り。個性豊かなはるゆたかの太麺との相性もこの味噌が一番かも知れません。

    moriya_haruyutaka_miso_4.jpg
    チャーシューはバラ肉とモモ肉が1枚ずつ。バラ肉が苦手な人は、お願いすればモモ肉に交換してくれますよ。どこまで人にやさしいお店なのでしょうか(*´Д`*)ホレテマウヤロー …って前回のコピペですが。

    次いで塩を。

    moriya_hoso_sio_1.jpg
    味玉らーめんカリフリ・塩(880円)

    moriya_hoso_sio_2.jpgmoriya_hoso_sio_3.jpg
    端正で見るからに旨そうな塩はミネラルたっぷりといった味わいで、味噌の旨さに唸らされた味噌らーめんと比べると、誰が食べても満足するであろう正統派の塩といったところでしょうか。

    麺は細麺をチョイス、はるゆたかの太麺に対してこちらは北海道産とオーストラリア産の小麦をブレンド、山梨黒富士農場の自然卵を使用したという色白のもので、ナチュラルな味わい。塩はこっちの麺で正解だと思います。

    moriya_hoso_sio_4.jpg
    北海道カリフリ農場の自然卵の味玉、うめぇ…(´Д`;) 単品だと150円のシロモノですが、見た目からして違うので説得力ありますw


    あー、旨かった…(*´Д`*)=3


    このお店のらーめんについて、無化調ゆえ物足りなさを覚える向きもあるようですが、僕はそうは思わないんですよね。味噌なら味噌の、塩なら塩の旨味を存分かつクリアに感じさせてくれて、この外連味(けれんみ)のなさというか、まっすぐな感じというか、一点の曇りもない感じが僕は好きですねぇ。そういえば前回の正油も、醤油が鮮烈に感じられて旨かったっけ。

    出されたものを食べると、半端なものは出さない、妥協は許さない、本物しか出さない、そんな店主さんのこだわりや探究心の強さを感じずにはいられないのですが、いざお話しさせていただくと、淡々、飄々とされていてこっちが拍子抜けするくらいめちゃくちゃ自然体。全然力んでないんですよね。

    そんな果てしない自然の力を味方につけたかのようなネイチャーなスタンスに、底知れぬパワーと可能性を感じるような気がする、とまで言っては褒めすぎでしょうか(*´Д`*?



    食べたもの はるゆたからーめん・味噌(900円)/味玉らーめんカリフリ・塩(880円)
    訪問日時 2011/07/31(日)16:00
    満足度 ★★★★★★★★☆☆

    らーめん 森や
    住所 神奈川県横浜市戸塚区川上町464-29
    電話 045-812-8641
    営業 (平日)11:30~15:00/17:30~23:00
        (土)11:30~23:00
        (日・祝)11:30~22:00
    定休 月曜、月2回程度火曜
    駐車場 あり(店舗向かい月極5台)
    過去のレポート
    2011/06/23 森の冷しつけめん<潮>
    2011/06/22 はるゆたからーめん 正油

    テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

    【限定メニュー】 らーめん 森や (横浜市戸塚区川上町)
    moriya_out.jpg
    昨日につづいて東戸塚の「らーめん 森や」さんのレポートです。

    店内はカウンター9席と座敷が4卓10~11席程度、店内は横に広くお会計も洗い物も手作業と仕事量は多そうですが、店主さんご夫婦でしょうか、お二人で頑張っていらっしゃいます。お客さんは常連さんが中心のようです。

    moriya_hiyashitsuke_7.jpg
    だいたいの人が「森の冷しつけめん」を食べるだろうからと、「森の冷しつけめん<潮>(900円)」にしてみました。

    moriya_hiyashitsuke_1.jpg
    森の冷しつけめん<潮>(900円)

    みずみずしく涼しげな見た目がいいぢゃないですか~(´▽`*) 「お好みで」と柚子胡椒も添えられます。

    moriya_hiyashitsuke_3.jpg
    つけだれはハーブの香りが良いもの。<潮>というので普通のつけだれは醤油味で、こっちは塩味なのかと勝手に思ったのですが、どちらも共通とのこと。アテが外れたわぃ(ノ∀`)アチャー

    そんなつけだれは昆布だしで塩味ということになるでしょうか、冷たくて、酸味とダシが効いてさっぱりしたもの。ハーブの正体は分かりませんが、香りだけでなく食感もよろしいじゃないですか!見た目から水菜とか三つ葉みたいな「シャキシャキ」っぽいものかと思ったら、水菜ほど水っぽくも繊維っぽくもなく「サクサク」に近い感じ?これは良い意味で裏切られましたよ。トマトも美味しいなぁ。

    moriya_hiyashitsuke_2.jpg
    <潮>にトッピングされる葉山産の天然わかめ。「天然のわかめは毎年獲れるものではないんですよ」と店主さんが教えてくれました。海の近くに住んでいるとまるで実感がないのですが、そうなんですね。ボリューム感があってフルフルしていて、わが家の味噌汁のお供「ふえるわかめちゃん」とはワケが違います(笑)。花かつおもいいよねぇ。

    moriya_hiyashitsuke_4.jpg
    つけめんに使われるのは、細いのにコシが強く、ツルツルで長~く伸びやかなストレート麺。はるゆたかの麺も旨かったですが、こちらも旨い!あぁ、なんとも夏らしい(*´∀`*) 柚子胡椒も忘れずにね。

    これはかなり旨かったです。なんかね、


    「こういうのが食べたかった」

    と思わせてくれるつけめん



    そんな感想を持ちました。奇抜さはなくて分かりやすいんだけど、とても垢抜けて洗練されていて、迷いが感じられなくて、必然性が感じられて。すべての材料がこの冷しつけめんのために選ばれたものだし、どれかひとつが欠けてもダメ、そんな説得力を感じます。

    moriya_hiyashitsuke_5.jpg
    食べ終わる頃にご主人が「スープ割り出来ますからね」と声をかけてくださいまして。昨日の記事にも書きましたが、ご主人怖いのかと思いきやとんでもなかったです。そしてこのスープ割り、ダシが効いていてメチャクチャ旨い!大満足の〆でした。

    moriya_hiyashitsuke_6.jpg
    なんとも癒されるレンゲと丼で(* ´∀`) お店にはそこかしこに猫グッズがあり、ご主人と猫のツーショット写真なども貼られていまして、怖そうだなんだと僕はちょっと誤解していたみたいですA;´・ω・) ちなみに森やではこの丼がスタンプラリーの景品だそうで、ちょっと欲しいかも。

    moriya_menu_1.jpgmoriya_parking.jpg
    しつこいですが、レギュラーメニューと駐車場の案内図。

    無化調の店は数あれど、それを良いイメージにつなげているところって意外なほど少ないと思うのですが、ここは店全体でそれを体現している感じでとても良い印象を受けました。あー、近々また食べに行きたいなぁ(人´∀`)



    食べたもの 森の冷しつけめん<潮>(900円)
    訪問日時 2011/06/19(日)12:07
    満足度 ★★★★★★★★★☆

    らーめん 森や
    住所 神奈川県横浜市戸塚区川上町464-29
    電話 045-812-8641
    営業 (平日)11:30~15:00/17:30~23:00
        (土)11:30~23:00
        (日・祝)11:30~22:00
    定休 月曜、月2回程度火曜
    駐車場 あり(店舗向かい月極5台)
    過去のレポート
    2011/06/22 はるゆたからーめん 正油

    テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

    らーめん 森や (横浜市戸塚区川上町)
    moriya_out.jpg
    夏麺スタンプラリー4店舗目は、東戸塚の「らーめん 森や」さんです。

    天然素材にとことんこだわり、安心して食べられるらーめん作りを心がけているというこちらのお店、「森」の字は正確には「木」「水」「土」を組み合わせた字で、「生命(いのち)を育むところ」という意味が込められているようです。長らく写真撮影がNGなこともあって未訪だったのですが、晴れて解禁となり念願の初訪問となりました。

    この日はもちろん、スタンプラリーの対象商品である「森の冷しつけめん」目当てで訪れたのですが、同時に食べた通常メニューもかなり旨かった!ということで、まずはそちらの記事を書いちゃいます。あ、通常メニューでもスタンプを押してくれますよ(´▽`*)

    moriya_haruyutaka_shouyu_1.jpg
    はるゆたからーめん 正油(750円)

    「はるゆたか」とは北海道は帯広のブランド小麦粉の名称ですね。この粉を使った麺は森やの代名詞的存在で、未訪の僕でさえその事を知っていたほどです。

    moriya_haruyutaka_shouyu_2.jpg
    濃い茶褐色をしたスープは醤油の深みとコクが感じられるもの。タレは襟裳岬のサケ醤油に三年熟成の醤油をブレンドしたものだそうで、濃い口でパンチの効いたはっきりした味なのですが、無化調らしく後を引かず、すっきりした味わい。これは絶妙に旨いなぁ。

    moriya_haruyutaka_shouyu_3.jpg
    前述のはるゆたかを使用した自家製の太麺はそれこそ風味が豊かで、やさしい口当たり。「ほっこり」した感じで、なんだか「はるゆたか」という名称がドンピシャな味わいですよ。スープとの相性も良くて旨い、旨い!

    moriya_haruyutaka_shouyu_4.jpg
    チャーシューはバラ肉とモモ肉が1枚ずつ。バラ肉が苦手な人は、お願いすればモモ肉に交換してくれるそうですよ。どこまで人にやさしいお店なのでしょうか(*´Д`*)ホレテマウヤロー

    moriya_haruyutaka_shouyu_5.jpg
    メンマも美味しかった。


    いやはや、

    とっても美味しくてですね、率直に


    今まで訪問せずにいて

    もったいないことをした。



    と思わされました。写真撮影のことや素材への強いこだわりなどから堅苦しい雰囲気のお店かと勝手に思っていたのですが、なかなかどうしてやさしさを感じさせてくれるお店だったんですね。一気に自分のお気に入りに仲間入りですよ(*´∀`*)

    moriya_menu_1.jpg
    メニューは多彩。他のもいろいろ食べてみたいなぁ。

    moriya_menu_3.jpg
    旬の素材を使ったものでしょうか、正式メニューには載らないメニューがこれ以外にもいろいろありました。

    moriya_parking.jpg
    駐車場の案内図。JR横須賀線の東戸塚駅から歩けなくもないと思いますが、大半が坂道なのでしんどそう。駐車場が5台分用意されているので、車があればその方が良いと思います。

    「森の冷しつけめん」のレポは明日にでもアップしますので、しばしお待ちくださいまし(人´∀`)



    食べたもの はるゆたからーめん 正油(750円)
    訪問日時 2011/06/19(日)12:07
    満足度 ★★★★★★★★☆☆

    らーめん 森や
    住所 神奈川県横浜市戸塚区川上町464-29
    電話 045-812-8641
    営業 (平日)11:30~15:00/17:30~23:00
        (土)11:30~23:00
        (日・祝)11:30~22:00
    定休 月曜、月2回程度火曜
    駐車場 あり(店舗向かい月極5台)

    テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ