ノンジャンル系日記ブログだったはずが、今やほとんどラーメンブログ。何かの参考になることがあれば幸いです。横浜南部&東京都心メイン。
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    麺者 服部 (東京都千代田区西神田)
    hattori_out_2.jpg
    水道橋駅から徒歩5~6分のところにある「麺者 服部」です。店名が「忍者ハットリくん」インスパイア系なことに気づいたのは僕がこの店を知ってからだいぶ後のことでした。「服部」って「はたおりべ」の約なんだってね。

    限定の「柳麺塩」が提供されているとのことで訪問しました。「丸鶏を使ったスープに、なめらかな食感が特徴の国産小麦100%、モンゴルかん水を使用した特注平打ち麺」という宣伝文句に惹かれまして。店内はコの字型カウンター12席で、先客7名、後客1名、食券制。

    hattori_menu_2.jpg
    こちらはレギュラーメニュー。ちなみに「黒つけめん」は前の前の限定です。

    hattori_ramensio_1.jpg
    柳麺塩 香り味玉添え(850円)

    画像で見るとさほどではありませんが、実物は小ぶりな丼に麺が押し込まれた感があり窮屈そうに見えます。

    hattori_ramensio_2.jpg
    スープ。塩味ですがだいぶ茶濁しています。口に運んでも穏やかながら魚介の押し出しが強めなせいもあって、条件反射的に「醤油…?」と思ってしまいます。なんか久々にラーメンゼロの存在を思い出しました。「えっ…?」って再確認したくなる感じがどことなく似ているなと(笑)。まぁ、駄舌なんでいい加減なもんですが。

    うーん、とりそばっぽいものを目指しているのかも知れませんが、鶏油は抑えめなこともあってか、結局旨味の決め手は魚介になっている印象です。

    hattori_ramensio_3.jpg
    麺は平打ちでちぢれた細麺。加水多めでコシがあり、これはかなり旨い。

    hattori_ramensio_4.jpg
    香り味玉はその名の通り香料系の風味。何を味付けに使っているんだっけ?

    卓上には一切調味料はなく、糸唐辛子やかいわれ、野沢菜も特にアクセントとして目立った仕事をするでもないので、全体としてまとまりが良すぎる感じがします。限定ならもっと冒険してもいいんじゃない?そんな印象の一杯でした。美味しいんですけどね。

    なお、末筆ではございますがこちらの限定について重要な情報がございます。



    こちらの限定、



    既に終了しております(ノ∀`)ペチョン



    またソレですか



    それどころか次の限定が始まっています…_| ̄|○ il||li





    食べたもの 柳麺塩 香り味玉添え(850円)
    訪問日時 2009/06/09(火)18:08
    満足度 ★★★★★★☆☆☆☆

    麺者 服部
    ブログ http://blog.livedoor.jp/menja_hattori55/
    住所 東京都千代田区西神田2-1-8
    電話 03-3221-1232
    営業 (月~金)11:30~16:00/17:30~22:00
        (土)11:30~15:00
        (祝)11:30~20:00
    定休 日
    駐車場 なし
    過去のレポート
    2008/07/16 じゅーしーつけめん
    2008/07/16 盛り合わせじゅーしーつけめん
    スポンサーサイト
    麺者 服部 (東京都千代田区西神田) ケムマキ編
    こちらは前回訪問時に叶わなかった写真撮影をしがてら、つい先日再食したときのレポートです。1つ前の記事と合わせてでご覧いただければと。

    麺者 服部 外観 麺者 服部 メニュー
    7月14日、18:16着。先客1名、後客8名。今回は「いらっしゃいませ」の声もあり、水もすぐに出てきましたものの、店員さんは愛想があるとは言えません。店内のBGMはボサノバ。

    麺者 服部 盛り合わせじゅーしーつけめん(1) 麺者 服部 盛り合わせじゅーしーつけめん(3)
    盛り合わせじゅーしーつけめん(960円)+大盛(30円)

    18:22提供。前回の教訓を生かし麺は大盛りにしましたが、これでやっと200gくらいかなぁ。標準的なつけ麺の並くらいの量に感じます。

    麺者 服部 盛り合わせじゅーしーつけめん(2)
    そして、前回衝撃的に感心させられたつけダレ。これを非常に楽しみにしていたのですが…、食べてみたら「えっ?」って感じ。

    胡椒(?)が強すぎって、何ともしょっぱい。咳き込みそうになるほどだ。そして魚介系のクドさと動物系の脂も強く感じられて、すごくアンバランスというか、刺々しく感じる。これは残念。口に残る複雑な風味はこのスープの面白さの片鱗を伝えてくれるのだけど…。

    味玉は香料のような香りがついたほんのり甘いもの。好き嫌いが分かれそう。よそでもお目にかかったことがある香りだが何なのだろう?チャーシューは相変わらず旨い。

    つけダレについては「ブレ」なのか、僕の体調などによる感じ方の違いか、僕の中でいい思い出になり過ぎてしまっていたのかは定かではありませんが、2回食べてみて、この店のネット上の評判のバラつきが大きい理由を垣間見たかも?現時点ではちょっと評価が難しいところ。



    食べたもの 盛り合わせじゅーしーつけめん(960円)+大盛(30円)
    食べた日 2008年7月14日
    満足度 ★★★★★☆☆☆☆☆

    麺者 服部
    住所 東京都千代田区西神田2-1-8
    電話 03-3221-1232
    営業 (月~金)11:30~16:00/17:30~22:00
        (土)11:30~15:00
        (祝)11:30~20:00
    定休 日
    駐車場 なし
    レポート歴
    2008/07/16 じゅーしーつけめん
    2008/07/16 盛り合わせじゅーしーつけめん



    今朝の僕の体重:64.0kg(目標62.0kgまで+2.0kg)
    麺者 服部 (東京都千代田区西神田) ハットリ編
    この店名を見て即「どんぐり眼」を思い浮かべた人は僕的にリスペクトの対象です。頭の回転速いですね。というか、子供心に「服部」という名字が実在することを知ったときにはおったまげたものです。親の冗談だと思いましたもんね。さらに「どんな漢字書くの?」「服部」と来た日には「大うそつき!」くらいの反応をしたかも知れません。

    さて、今回は5月の初訪問時のレポート。ちょうどデジカメを壊した直後だったもので画像がありません。(画像についてはこちらをご参照いただきたく。)

    5月7日21:29着、先客4名、後客2名。割烹店風の外装に喫茶店のような内装の洒落た佇まいのお店。店内はコの字型カウンター12席。

    店内にある券売機でいち押しっぽい「じゅーしーつけめん」の食券を購入。二人いる男性店員は「いらっしゃいませ」もろくに言ってくれなければ水も出してくれず、印象はイマイチ。しかし出されたものを食べて評価は激変。

    21:35提供。まず器が上品だ。特に麺が盛られた四角く真っ白な皿は洒落ている。箸も竹箸を採用。環境への気づかいも感じられ好感度は高い。

    麺はパスタっぽい中細麺。旨いが量はきわめて少ない。店内の雰囲気と言い、女性客向けか。大盛は30円増し。

    つけダレは魚介系でありながらスパイシーなエスニック風というか、アジアン風というか、とにかく複雑怪奇で何が入っているのかさっぱり分からない新感覚の味なのですが、これが非常に旨い!系統としてはイツワ製麺所食堂@横須賀に近いでしょうか。かなり濃いめの味付けだと思うけど、前の日に食べた「樹」のような変なしょっぱさはありません。

    しかもこのつけダレをスープで割ったら激変、まろやかになりまるで別物。チャーシューも好み。すっかり麺者ハットリくんにケム巻きくん状態である。やみつきになりそう。

    量は少ないけど、都心でこのクォリティでこの価格なら十分納得。



    食べたもの じゅーしーつけめん(750円)
    食べた日 2008年5月7日
    満足度 ★★★★★★★☆☆☆

    麺者 服部
    住所 東京都千代田区西神田2-1-8
    電話 03-3221-1232
    営業 (月~金)11:30~16:00/17:30~22:00
        (土)11:30~15:00
        (祝)11:30~20:00
    定休 日
    駐車場 なし
    レポート歴
    2008/07/16 じゅーしーつけめん
    2008/07/16 盛り合わせじゅーしーつけめん
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。