ノンジャンル系日記ブログだったはずが、今やほとんどラーメンブログ。何かの参考になることがあれば幸いです。横浜南部&東京都心メイン。
    【限定メニュー】 豚そば 成@下永谷 (横浜市港南区下永谷)
    naru_out_2.jpg
    夏麺スタンプラリー2012(詳細)、2軒目は豚そば 成@下永谷へやってきました。

    naru_bulltsuke_1.jpg
    豚そば成でbullつけ啜磨専科?(900円)

    昨年の夏麺メニュー(こちら)もG麺7の後藤店主監修のものでしたが、今年も同じく、後藤店主の啜磨専科で提供されていた牛骨つけめんが元ネタになっているのでこの名前になっています。言わなければ分からないかも知れないのにこのメニュー名、指村店主の人柄の表れかも知れません。でも何も知らなかったら頼みにくいかな(´Д`;)

    1日限定30食、麺は大盛同額ですが、並盛でお願いしています。

    naru_bulltsuke_2.jpg
    牛の旨味がたっぷりぎゅうぎゅう凝縮されたつけ汁は、特有の甘味や臭みがなくて美味しい!啜磨専科の牛骨つけめんを忠実に再現している印象を受けます。シャクシャクの刻み玉ねぎが食感的にも味覚的にも良いアクセント。卓上の胡椒も勧めていただきましたが、僕はほんの味見程度に使っただけで、デフォで十二分に満足できました。そうそう、冷やしではなく温かいつけ汁です。

    naru_bulltsuke_4.jpg
    たっぷりの昆布だしに浸された平打ちのツルッとした麺もつけ汁をほど良く持ち上げますし、牛骨スープと昆布だしの相性の良さ、相乗効果も目を見張ります。この器にはすだちが添えられ、鷹の爪も仕込まれています。

    naru_bulltsuke_3.jpg
    チャーシューは赤身を残したローストビーフ風、わさびが添えられたもの。これはスタンプラリーのポスターや横浜ウォーカーに掲載されていた写真と比べるとずいぶん小さくてしょんぼり(´・ω・`) ポスターの写真がインパクトあっただけに尚更です。わさびも器の縁で良いような。

    味変アイテムの大根おろしを投入すると、最初はかえって油が気になるようになるのが不思議です。最後は麺が浸かっていた昆布だしでスープ割りをしてごちそうさまです。

    確かに美味しいですし、豚そば成で豚不使用のブルブルしたつけ麺というのも面白いですけど、豚そば成にしか作れないブタブタした夏メニューも食べてみたいところです。同店のスタンプラリーの景品は、夫婦茶碗かTシャツから選べます。



    食べたもの 豚そば成でbullつけ啜磨専科?(900円)
    訪問日時 2012/06/09(土)18:48
    満足度 ★★★★★★★☆☆☆

    豚そば 成
    ブログ http://ameblo.jp/butasobanaru/
    住所 神奈川県横浜市港南区下永谷3-4-6
    電話 045-827-2361
    営業 11:00~25:00
    定休 不定休
    駐車場 あり(店舗左3台+店舗前2台)
    過去のレポート
    2011/06/15 成つけ featuring G麺7(並)/豚そば
    2009/07/29 豚のり玉そば

    テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

    【限定メニュー】 豚そば 成 (横浜市港南区下永谷)
    naru_out_2.jpg
    夏麺スタンプラリーようやくの4店舗目は、環状2号線沿い、下永谷のラーメン激戦区にある博多ラーメンのお店「豚そば 成」です。2008年6月オープン、店主の指村氏は「一風堂」「麺の坊 砦」を経て独立されたとのこと。

    カウンター15席+テーブル16席が余裕をもって配置された広めの店内、喫煙可でお酒の種類も豊富なうえに、おつまみ缶詰各種などが用意されており、居酒屋的利用もウェルカムっぽいです。

    naru_menu_3.jpg
    レギュラーメニュー。麺のかたさは7段階から指定可能。長らく「研究中」だったつけ麺も提供されるようになったんですね。

    naru_menu_4.jpg
    そして、今月から夏麺スタンプラリー用に提供されているのが「成つけ featuring G麺7」です。ひょんなことからG麺7@上大岡とのコラボ話がトントン拍子でまとまったとか。

    naru_narutsuke_Gmen_1.jpg
    成つけ featuring G麺7(並)(800円)

    naru_narutsuke_Gmen_4.jpg
    1日限定30食で提供されるこちら、その名の通りG麺7で冷やし用に作られている、グラハム粉全粒粉を配合した細麺を使用しています。この麺は流星軒でも使われていて人気者ですね。初めから鰹出汁がかけられているので、つけ汁にはつけ過ぎないよう言われたと思います。麺同士がくっつかないようほぐすことも目的ですね。

    naru_narutsuke_Gmen_3.jpg
    つけ汁はここの「豚そば」に使われている豚骨スープがベース。これが今回の難しさでありポイントだそうで、当初はありがちな魚粉を使用したような魚介豚骨系も検討されたそうですが、成のスープの良さを活かすべく、G麺7店主との異論反論オブジェクション(?)の末にパートナーとして選ばれたのが「鰹脂」とのこと。

    麺にかけられていた鰹出汁(一番だしですね)を摂った後に残った鰹節を、今度は刻んで油で炒めたのが鰹脂。それをつけだれに合わせることで「成らしいつけ麺」が出来上がったとのこと。

    でも正直なところ麺につけだれが絡まないかなぁ。つけ汁はサラサラ、麺は風味が強め、麺をつけ汁につけ過ぎないよう言われたけど、香ばしい鰹節の粒々は丼の底。

    ということで巷のつけ麺と比べると分かりにくいかなぁ…、などと思ってしまう僕は「つけ麺イコール濃厚魚介豚骨×太麺」と刷り込まれ過ぎなのかも知れないなぁ(´Д`;)

    naru_narutsuke_Gmen_5.jpg
    〆はスープ割りがない代わりにご飯を出してくれるので雑炊風にしていただくのですが、これは旨い!

    naru_narutsuke_Gmen_6.jpg
    この粒々が鰹脂。これが最初から麺に添えられていたら見た目にも美味しそうに思いますなぁ。

    naru_butasoba_1.jpg
    豚そば(650円)

    naru_butasoba_2.jpgnaru_butasoba_3.jpg
    こちらは通常メニュー。一緒に行ったヨメ様も僕も、こちらの方が好みでした。ここのらーめんは美味しいよねぇ。ちなみに通常メニューでもスタンプもらえますよ(´▽`*)



    食べたもの 成つけ featuring G麺7(並)(800円)/豚そば(650円)
    訪問日時 2011/06/11(土)15:39
    満足度 ★★★★★★★☆☆☆

    豚そば 成
    住所 神奈川県横浜市港南区下永谷3-4-6
    電話 045-827-2361
    営業 11:00~25:00
    定休 不定休
    駐車場 あり(店舗左3台+店舗前2台)
    過去のレポート
    2009/07/29 豚のり玉そば

    テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

    豚そば 成 (横浜市港南区下永谷)
    naru_out.jpg
    環状2号線下永谷のいわゆる「激戦区」に2008年6月開店した博多ラーメンのお店。「ぶたそば なる」と読みます。店主さんは麺の坊 砦@渋谷区神泉の出身。…行ったことがないお店ですが。

    店内はカウンター14席+テーブル4卓16席、先客13名、後客6名、喫煙可。半分以上がテーブル席というレイアウトで席が半分近く埋まっているとかなり賑わっている印象を受けます。実際に平日の深夜でも途切れず来店があり、流行っているようですね。昨秋あたりに一度同じような時間帯に訪問していますが、そのときとは全然違います。

    ひと頃は人気に陰りが見られたこのエリアでしたが、常に安定した人気を誇る王者・環2家を筆頭に、麺匠 るい斗天河水、そしてこの成と人気店が加わり活気が戻ってきたように感じます。

    naru_menu_1.jpgnaru_menu_2.jpg
    メニューの一部。この他にドリンクやサイドメニューもありますが割愛。つけそばは開店当時から「研究中」のまま。出せないのなら書かない方がいいのにね、…とか書くと各方面にご心配(?)をおかけするので、研究熱心な店主さんなんですね、としておきましょ(´Д`;)

    P7284067.jpg
    こちら使い放題の食べ放題。この他に白黒ブレンドのゴマもありました。博多ラーメンの定番ですが馴染みがないせいかどうも使い方がピンと来ないんですよね。

    naru_noritama_1.jpg
    豚のり玉そば(750円)

    naru_noritama_2.jpg
    豚の頭のみで取られたアツアツのスープ。気になる豚骨臭は抑えめで、鼻先をかすめる程度といった印象。もちろん博多系における相対評価なので気になる人は気になるでしょうけど、まったく無臭では博多ラーメン的ではないでしょうしね。僕は程良く感じました。濃度もそこそこ濃厚ではあるけど、関東人にも受け入れやすい濃度だと思います。味は醤油ダレがしっかりしていて分かりやすいですね。

    naru_noritama_3.jpg
    麺は極細ストレート。「かため」でオーダーしましたが出てきてから写真を撮っていたからなのかどうか、結構柔らかく感じました。でもコシはしっかりしていて限界は低くありません。

    チャーシューが柔らかく、味付けも含めてかなり出来が良いですね。上の画像でも美味しそうに見えると思います。もやしやキクラゲもたっぷりでボリューム十分、一般的な胃袋の持ち主であれば替玉をせずとも満足行くことでしょう。

    営業時間も長く駐車場も用意されているので、手軽に美味しい博多ラーメンを食べたいときには重宝するお店ではないでしょうか。店主さんもいつも実直に頑張っていて好印象です。



    食べたもの 豚のり玉そば(750円)
    訪問日時 2009/07/28(火)23:46
    満足度 ★★★★★★★☆☆☆

    豚そば 成
    住所 神奈川県横浜市港南区下永谷3-4-6
    電話 045-827-2361
    営業 11:00~15:00/18:00~25:00
    定休 不定休
    駐車場 あり(店舗左3台+店舗前2台)