ノンジャンル系日記ブログだったはずが、今やほとんどラーメンブログ。何かの参考になることがあれば幸いです。横浜南部&東京都心メイン。
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    らーめん 天神下 大喜 (東京都文京区湯島)
    daiki_out_2.jpg
    東京メトロ千代田線・湯島駅の1番出口からすぐの全国区の有名店。都営地下鉄大江戸線の上野御徒町駅、東京メトロ銀座線の上野広小路駅、JR御徒町駅あたりも十分徒歩圏内ですね。

    店内はカウンター11席+テーブル2卓6席、先客3名、後客多数で満席、食券制。ホールはもとより、調理場からもよく声が出ていて非常に良い空気感です。

    daiki_menu_2.jpg
    いまだ未食の「純とりそば」狙いで来てみましたが、30食限定ということでやはり売り切れ。夜にしか来られない僕には永遠の宿題メニューかも知れません。ということでこちらも数量限定の「芳醇醤油」を。当初は夜15食限定だったようですが、「夜」の文字が塗り潰されていたので、現在は1日15食限定みたいですね。

    daiki_houjunshouyu_1.jpg
    芳醇醤油(780円)

    daiki_houjunshouyu_2.jpg
    熱々のスープの主役は鶏で、下支えの豚、アクセントの煮干しといった構成。「芳醇」の名にふさわしい豊かなダシ感…、このスープはすごいです!

    品の良い醤油のコクと切れ味、そして若干の甘味で和風の味わい。ああ、なんて旨いのでしょうか(*´∀`*) ナチュラルで豊かな旨味に溢れている、一級品の旨さです。旨い!

    daiki_houjunshouyu_3.jpg
    平打ちの麺はうどんのようなコシの力強さを備えたもの。麺について「小麦を感じられる」という表現はなんか胡散臭くてあまり好きではないのですが、この麺はその表現がもってこいですよ。旨い!

    daiki_houjunshouyu_4.jpg
    炙られて香ばしいチャーシューは柔らかくも硬くもなく、絶妙な歯ごたえ。肉の旨味をばっちり閉じ込めています。旨い!あとはコリッとした細切りのメンマ、シャキっとした青菜、刻みネギ、海苔。

    超ハイレベルな一杯でした…。実は記事を書くにあたって間違いがあってはならないと思って二度食べたのですが、二度目も期待を裏切りませんでした。価格設定を間違ってるんじゃないかと思うほどの旨さです。

    daiki_menu_1.jpg
    「とりそば」が名高いお店でラーメンデータベースを見てもそのレポートばかりですが、僕はこっちの方が断然好み。今年一番旨かった一杯かも知れず、まさに「大喜」な一杯でした(´▽`*)

    ちなみに食べたのは1ヶ月以上前なので、現在でも提供されているかは定かでありません(殴打



    食べたもの 芳醇醤油(780円)
    訪問日時 2010/10/06(水)18:06
    満足度 ★★★★★★★★★☆

    らーめん 天神下 大喜
    HP http://www.daiki1999.com/
    住所 東京都文京区湯島3-47-2 白木ビル1階
    電話 03-3834-0348
    営業 (月~土)11:30~15:00/17:30~22:00
        (祝)11:30~15:00
    定休 日
    駐車場 なし
    過去のレポート
    2008/08/30 とりそば(塩味)
    スポンサーサイト

    テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

    らーめん 天神下 大喜 (東京都文京区湯島)
    daiki_out.jpg
    このブログにしてはめずらしく(?)全国区の有名店に訪問。「天神下 大喜」です。少し前のことになりますが、金曜日の仕事帰りにJR御徒町駅から歩いて行ってきました。18:32着、店外待ち1名。食券制。

    daiki_menu.jpg
    18:38入店。メニューはご覧の通り豊富。この他に月替わりの限定メニューもあります。店主は日本料理出身とのこと。ちなみに「醤油つけそば(細麺)」と「醤油もりそば(太麺)」の違いは麺の太さの違いだけなのでしょうか?

    daiki_torisoba_1.jpg daiki_torisoba_2.jpg
    とりそば(塩味)(850円)

    この店の看板メニューです。18:42提供。店内に入って着席してから食券を渡したのですが、すぐに出てきました。

    それもそのはず、麺はそうめんのような細ストレート麺です。これが大変いい味です。国産粉とオーストラリア産粉をブレンドした最高級小麦粉、モンゴルかん水などを使った自家製麺だそうです。

    透き通ったスープは、あっさりとした上品なもの。九十九里の煮干しを中心にした魚介スープと比内鶏をふんだんに使ったというもので、無化調。コクがあり滋味深くもあるのですが、これといったインパクトはない分、単調に感じられます。「無難に美味しい」と言ったら失礼でしょうか。自分の舌がジャンクになっているのかも知れませんね。

    具は鶏チャーシュー、そぼろ、メンマ、白髪ねぎ、万能ねぎ、かいわれ、煮玉子半玉。具だくさんな一方でそれぞれが個性を主張することはなく、こちらもバランス重視の印象です。

    総評としては「塩の優等生」という表現がぴったりでしょうか。欠点はなくこれはこれで完成形だと思えるけれど、個人的にはもうひと味楽しませてくれるような遊び心というか、変化が欲しいところです。

    それと値段がちょっと優等生じゃないですかね。「高いなぁ」と思っちゃいました。



    食べたもの とりそば(塩味)(850円)
    食べた日 2008年8月22日
    満足度 ★★★★★★☆☆☆☆

    らーめん 天神下 大喜
    HP http://www.daiki1999.com/
    住所 東京都文京区湯島3-47-2 白木ビル1階
    電話 03-3834-0348
    営業 (月~土)11:30~15:00/17:30~22:00
        (祝)11:30~15:00
    定休 日
    駐車場 なし
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。