ノンジャンル系日記ブログだったはずが、今やほとんどラーメンブログ。何かの参考になることがあれば幸いです。横浜南部&東京都心メイン。
    重厚煮干中華そば 大ふく屋 上野店 (東京都台東区上野)
    このお店は閉店しました

    daifukuya_out.jpg
    最近では野郎ラーメン@神田の開店で注目を集めるせたが屋グループの「大ふく屋」。野郎ラーメンというのはそもそもこの「大ふく屋 上野店」で提供されていたメニューだったりします。でも今日レポートするのはその野郎ラーメンではないというのが、このブログの残念なところ(ノД`) 1ヶ月近く前に食べたものだし。

    ということでこの日は無性に流行の濃厚なつけ麺が食べたくなり、「北海道産小麦100%の極太麺、重厚な野菜豚骨魚介のつけだれ、トロトロの豚バラチャーシューと極太メンマ」という、文言コピペしまくりのつけそばを食べに来たのです。カウンター9席+2人テーブル3卓+4人テーブル3卓、先客5名、後客4名、食券制です。

    daifukuya_tsuke_1.jpg
    重厚つけそば(780円)+大盛(無料)+漬け玉子(クーポン使用)

    そうそ、このお店では携帯サイトのらーナビのクーポンが使えますよと。

    daifukuya_tsuke_2.jpg
    断面が四角く透き通った麺は、歯を押し返すような弾力のあるもの。それでいて加水率高めでしなやかでツルッとしていて、麺に求められるあらゆる要素を詰め込んだ感じ。表面はカチッ、噛めばもちっとして「食べている感」が強く、つけ麺の麺らしい麺です。

    daifukuya_tsuke_3.jpg
    いわゆる「ベジポタ系」と呼ばれるつけ汁は、基本的には流行の濃厚豚骨魚介の枠は出ない印象ではありますが、やっぱり旨いです。僕はこの系統が好きなんだなぁ。ニボニボした煮干しのパンチと一味のピリッとした辛味が強調されています。麺との絡みの良さは言うまでもありません。

    daifukuya_tsuke_4.jpg
    チャーシューは一口サイズの物が4カットも。写真を撮った後につけ汁の中からさらにふた切れ出てきて驚きました。脂が少なめのところとトロトロのがふた切れずつでしたね。いずれも味付けも良いし、肉の旨味も楽しませてくれます。太めのメンマにクーポンで無料だった味玉も良いです。

    総じてハイクオリティでございます。値段は変わらずに、大盛と味玉とサービスしてもらって大満足でした。



    食べたもの 重厚つけそば(780円)+大盛(無料)+漬け玉子(クーポン使用)
    訪問日時 2010/03/10(水)18:15
    満足度 ★★★★★★★★☆☆

    重厚煮干中華そば 大ふく屋 上野店 (2010年4月閉店)
    HP http://www.daifukuya-group.co.jp/
    住所 東京都台東区上野6-2-6
    電話 03-6803-2443
    営業 11:00~22:00(スープなくなり次第終了)
    定休 無休
    駐車場 なし(近隣にコインパーキングあり)
    過去のレポート
    2009/11/28 重厚中華そば+大盛+漬け玉子
    重厚煮干中華そば 大ふく屋 上野店 (東京都台東区上野)
    このお店は閉店しました

    daifukuya_out.jpg
    せたが屋グループの同ブランドの5店舗目。10月30日オープンの新店です。店名はフリークの方は瞬時に察しがつくでしょうけど、せたが屋グループの「大大」「ふくもり」「せたが屋」から一文字ずつ取ったもの。各店の「集大成」という意味が込められているそうです。こちらは住所も支店名も上野となっていますが、最寄りは御徒町駅です。

    店内はカウンター9席+テーブル4卓10席、先客4名、後客2名、食券制。御徒町店は大ふく屋で唯一、二郎インスパイア系の「野郎ラーメン」を提供していますが、初訪なので基本メニューをチョイス。

    daifukuya_juukoucyuuka_1.jpg
    重厚中華そば(730円)+大盛(無料)+漬け玉子(クーポン使用)

    daifukuya_juukoucyuuka_2.jpg
    スープはその名にたがわぬ重厚さ。ドロドロニボニボしていてこりゃ旨いです。長時間炊き出した豚骨スープに大量の野菜を組み合わせ、長崎産のイリコに鯵・鰯の煮干しを加えた「野菜豚骨魚介」だそうで、流行りの「ベジポタ系」ってやつですね。重厚と言っても「厚みのあるスープ」といったところで、食後にズッシリ来るような「重さ」は感じません。

    daifukuya_juukoucyuuka_3.jpg
    そのスープに合わされるのはせたが屋と共通か分かりませんが、それっぽい低加水のプツッとした細麺。素朴な味わいのようで風味が強いので合わせるスープによっては浮いてしまいそうですが、このスープにはジャストフィットな印象。並盛(130g)と大盛(200g)が同額なのはうれしいところ。

    daifukuya_juukoucyuuka_4.jpg
    厚みのある煮豚チャーシュー。

    daifukuya_juukoucyuuka_5.jpg
    特製ダレに2日間漬け込んだという漬け玉子は柔らかくねっとりまったりしていて旨いです。通常110円ですが、らーナビクーポン使用で無料。あとはコリッコリしたメンマと2種類のネギ、柚子、海苔。

    麺大盛にしてクーポンを使えばコストパフォーマンスも良いですし、飛び抜けて優秀というほどでもないけど、理屈なしに美味しいと思える一杯でした。今までせたが屋グループで食べた中では一番好きです。駅からも近い立地も有難いですね。

    ただ、この個性の強さが一般的にウケるかは微妙かも。僕もこうして食べ歩く前はスープが透き通ったシンプルならーめんの方が好きで、味が濃くて濃厚なスープが好きだなんて味覚障害じゃないの?くらいに思っていましたからw これもマニア向けかも知れませんね。

    daifukuya_kodawari.jpg
    こういうのがあると大助かり。コピペしまくりw

    ちなみに前述の野郎ラーメンは1日限定50食とのことで、この日は僕が食べている最中に売り切れました。それにしても女性店員がお客さんに提供する際に「お待たせしましたー、

    豚野郎ですねー

    」って、ちょw 何かのプレーの一種ですかww 鼻から麺が出るかとオモタヨww 「です」じゃなくて「ですねー」なのが秀逸です。…確信犯か?

    daifukuya_menu_1.jpg
    一応、上野店オリジナルメニューなので貼っておきます。「野郎ラーメン」がある代わりにHPに載っている「和み中華そば」がないんですね。



    食べたもの 重厚中華そば(730円)+大盛(無料)+漬け玉子(クーポン使用)
    訪問日時 2009/11/24(火)18:01
    満足度 ★★★★★★★★☆☆

    重厚煮干中華そば 大ふく屋 上野店(2010年4月29日閉店)
    HP http://www.daifukuya-group.co.jp/
    住所 東京都台東区上野6-2-6
    電話 03-6803-2443
    営業 11:00~22:00(スープなくなり次第終了)
    定休 無休
    駐車場 なし(近隣にコインパーキングあり)