ノンジャンル系日記ブログだったはずが、今やほとんどラーメンブログ。何かの参考になることがあれば幸いです。横浜南部&東京都心メイン。
    【限定メニュー】 めん処 樹 (横浜市保土ヶ谷区天王町)
    tatsunoki_out_3.jpg
    樹@天王町で昨年11月から期間限定で味噌つけ麺が始まっていると情報をいただいていましたので、遅まきながら訪問しました。

    P1090417.jpg
    しばらく来ない間に外待ちの並び方が変わっていました。僕が最後に来たのは昨夏ですが、そのときはこうではなかったと思います。その空き地には2~3人がけのベンチが2脚置かれていました。日曜日の11:47着で外待ち5名。

    tatsunoki_menu_5.jpg
    メニューには「濃厚味噌つけ麺」の他にも「ガッツリ味噌らあ麺」なる限定メニューがありました。「ガッツリ」というのは210gという麺量のことを指しているのでしょうか。

    tatsunoki_misotsuke_1.jpg
    濃厚味噌つけ麺(850円)

    tatsunoki_misotsuke_2.jpg
    12:07提供。穏やかで素朴というか、上品な味わいのつけ汁。ちょっと濃いけれどそのままでも飲めてしまうくらいで、味付け、粘度共に「濃厚」というほどではないかな。隠し味程度にカレー系のスパイスが効いていて味を引き締めています。辛さはほとんど感じません。

    tatsunoki_misotsuke_3.jpg
    一方の麺は、キラキラとまばゆいばかりの中太ちぢれ。

    tatsunoki_misotsuke_4.jpg
    冷やもりで提供されるそれは、プリプリで啜り上げるのが楽しく心地良いもの。適度につけ汁を持ち上げます。ちぢれの太麺ということもあって盛り付け段階ではボリュームがあるように見えますが、食べてみるとつけ麺で200gというのはやはり少し物足りなく感じます。たくさん食べたい人は麺量210gで750円の「ガッツリ味噌らあ麺」の方が良いかも知れません。

    具はつけ汁にほぐしチャーシュー、細切りメンマが入り、あとは海苔。

    こちらのメニュー、5月末頃まで提供予定とのことです。



    食べたもの 濃厚味噌つけ麺(850円)
    訪問日時 2013/01/13(日)11:47
    満足度 ★★★★★★★☆☆☆

    めん処 樹(たつのき)
    住所 神奈川県横浜市保土ヶ谷区天王町1-32-17
    電話 090-2200-8431
    営業 (水~金)11:30~14:30/18:00~21:00
        (土・日・祝)11:30~15:00/18:00~21:00
        (材料なくなり次第終了)
    定休 月・火(祝日の場合も休み)
    駐車場 なし(近隣にコインパーキングあり)
    過去のレポート
    2012/01/28 ミソ★カレつけ麺
    2011/08/19 塩つけすっぱ麺+大盛
    2011/06/14 冷し麺(期間限定)
    2010/10/28 醤油らあ麺
    2008/10/07 塩チャーシュー麺
    2008/05/09 醤油らあ麺+味付玉子(燻製半熟玉子)

    テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

    【限定メニュー】 めん処 樹 たつのき (横浜市保土ヶ谷区天王町)
    tatsunoki_out_3.jpg
    年明けくらいからなのでしょうか、樹@天王町の冬の限定メニューが始まったと聞き、会社帰りに天王町駅からてくてくと歩いて訪れました。ですから画像は昼間ですが、訪問したのは夜です。

    初めは店主さんお一人で僕が帰る頃におかみさんがやってきました。カウンター8席はほぼ常時満席で週末の昼どきと大差ないくらいの客足ですが、店主さん一人でも丁寧な仕事はいつもと変わりません。素敵だ。

    tatsunoki_menu_4.jpg
    冬季限定は「ミソ★カレつけ麺」。「味噌とカレーのコラボ、こってりつけ麺」との紹介。麺は釜揚げというのが特徴的。この限定については「スペシャルチャーシュー」や「特製」仕様の表記はありません。しかし「★」がついているのはあの店へのリスペクトを意味するのでしょうか?パンチな味噌を出すあのお店(´▽`*)

    tatsunoki_misokare_1.jpg
    ミソ★カレつけ麺(900円)

    tatsunoki_misokare_6.jpg
    注目の釜揚げですが、ゆで汁ではなく出汁スープにて提供されます(当たり前?)。これなら気兼ねなくつけダレに麺をつけることができますね。

    tatsunoki_misokare_2.jpg
    つけダレはサラッとしたもので、味噌は口当たりが柔らかく穏やかで品が良いもの。意地悪な言い方をすれば味噌とカレーじゃ旨くて当たり前ですが、サラッとして穏やかなのにパンチが効いている味噌つけダレというのはちょっと新鮮。「味噌+カレー」じゃなくて、「味噌×カレー+エニシング」な旨さを実現している感じ。ただ、メニューに書いてあった「こってり」という感じではないかな。らーめんのスープとして見ればちょっと濃いくらいの味付けもいいなぁ。

    tatsunoki_misokare_3.jpg
    ぴょんぴょんと弾力がありながらこれまた穏やかさを感じさせる自家製の中太麺は、風味といい食感といい、このつけダレと釜揚げスタイルの組み合わせこそベストなのではないかと思うほど相性抜群に思えます。麺がアツアツで食べられるのはこの時期うれしいですし、つけダレが薄まっていくような感覚も覚えませんでした。あつもりだと麺が絡まったり、麺の表面が乾燥するイメージがあるだけに、釜揚げスタイル万歳!

    tatsunoki_misokare_4.jpg
    ここの「チャーシューは多くの人のお墨付きだと思いますが、改めて旨いです。

    tatsunoki_misokare_5.jpg
    結果こうなりました。スープ割りをお願いすることなく釜揚げの汁でスープ割りをし、それでも残ったスープはそのまま美味しくいただきました。こういう風にすべてをきれいに平らげさせてくれる料理って、食べる側にとっても嬉しいですよね。

    味噌とカレーのコラボながら濃厚系や思い切ってジャンクな方向性だったりはせず、つけダレはこのお店らしい調和のとれた上品路線なところに、麺は釜揚げというさりげない変化が粋だなと。旨かったです(´▽`*)



    食べたもの ミソ★カレつけ麺(900円)
    訪問日時 2012/01/25(水)19:00
    満足度 ★★★★★★★★☆☆

    めん処 樹(たつのき)
    住所 神奈川県横浜市保土ヶ谷区天王町1-32-17
    電話 090-2200-8431
    営業 (水~金)11:30~14:30/18:00~21:00
        (土・日・祝)11:30~15:00/18:00~21:00
        (材料なくなり次第終了)
    定休 月・火(祝日の場合も休み)
    駐車場 なし(近隣にコインパーキングあり)
    過去のレポート
    2011/08/19 塩つけすっぱ麺+大盛
    2011/06/14 冷し麺(期間限定)
    2010/10/28 醤油らあ麺
    2008/10/07 塩チャーシュー麺
    2008/05/09 醤油らあ麺+味付玉子(燻製半熟玉子)

    テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

    めん処 樹 (横浜市保土ヶ谷区天王町)
    tatsunoki_out_3.jpg
    イオン(元サティ)天王町店の目の前にある「樹(たつのき)」へやって来ました。この日は14時前にもかかわらず外待ち8名と、タイミングが悪かったようです。車で来るときはイオンの駐車場に停めて帰りがけに買い物をして帰るのですが、駐車時間が1時間を超えると2,000円以上の買い物をしなければ無料にならないのでなかなか大変です。

    tatsunoki_suppamen_1.jpg
    塩つけすっぱ麺(700円)+大盛(100円)

    「梅干食べたらすっぱ麺!」

    …と言っても反応してくれるのは30代以上の人だけかも知れませんが、まぁいいんです。その梅干は以前は付いたらしいのですが、今は付きません。梅干なくてもすっぱ麺です。

    tatsunoki_suppamen_2.jpg
    つけ汁は、粗挽きでツブツブ感を残した黒胡椒が大量に投入されているのが特徴的。結構ピリッとするうえに酸味も手伝ってちょいと刺激的な味わいです。ここの他のメニュー同様、塩気は強めです。ほぐしチャーシューが柔らかくて激ウマでした。

    tatsunoki_suppamen_3.jpg
    麺はピロピロモチモチした短めの中太麺。単に忘れられているのかメニューには大盛の記載がありませんが、券売機にはボタンがあります。つけ麺だと並が200g、大盛りが300gです。

    つけ汁の酸味がただの酢っぽい酸っぱさではなく、ドレッシングのような少し凝った味がする気がしたのでひたすらその正体について考えながら食べていたのですが、結局分からずじまい。そこで店主さんに酸味の出所を伺ってみたところ、なんと「酢のみ」とのこと。相変わらずの駄舌万歳なのですが、まったくそんな感じがしなかったんですよね。カエシの旨味や大量の黒胡椒、焦がしネギが生み出す副産物なのでしょうか?酢が持つポテンシャルの高さに驚かされました。

    なお、提供されたのは並び始めてから37分後のこと。イオンでの駐車時間が1時間を超えるので2,000円以上の買い物が必要になり、お米を買って帰ることにしました。したがってそのお米が減るまではここへは来にくいですな(´Д`;)



    食べたもの 塩つけすっぱ麺(700円)+大盛(100円)
    訪問日時 2011/08/07(日)13:50
    満足度 ★★★★★★★☆☆☆

    めん処 樹(たつのき)
    住所 神奈川県横浜市保土ヶ谷区天王町1-32-17
    電話 090-2200-8431
    営業 (水~金)11:30~14:30/18:00~21:00
        (土・日・祝)11:30~15:00/18:00~21:00
        (材料なくなり次第終了)
    定休 月・火(祝日の場合も休み)
    駐車場 なし(近隣にコインパーキングあり)
    過去のレポート
    2011/06/14 冷し麺(期間限定)
    2010/10/28 醤油らあ麺
    2008/10/07 塩チャーシュー麺
    2008/05/09 醤油らあ麺+味付玉子(燻製半熟玉子)

    テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

    【限定メニュー】 めん処 樹 (横浜市保土ヶ谷区天王町)
    tatsunoki_out_3.jpg
    相模鉄道本線の天王町駅と星川駅の中間くらい、天王町サティの目の前にあるお店。「樹」と書いて読みは「たつのき」、店主は名店・隠國(こもりく)@愛川町の出身ですね。

    tatsunoki_menu_3.jpg
    早くも終わった人もいるらしい夏麺スタンプラリー、僕はこれでようやく3店舗目です。こちらでは9月末までの予定で「冷し麺」が提供されていますが、それ以外のメニューでもスタンプを押してくれるとのことです。

    到着したときは満席で待ちは4~5名でしたが、到着後23分後には提供されました。こちらは席数が多くないわりに比較的回転が良い印象があります。

    tatsunoki_hiyashimen_1.jpg
    冷し麺(850円)

    tatsunoki_hiyashimen_2.jpg
    まずはHOTな見た目に食欲がそそられます(´▽`*)

    tatsunoki_hiyashimen_3.jpg
    鶏ガラ、豚骨などをベースにケチャップなどで味付けされたスープは甘・辛・すっぱ・マイルドな感じでウマー!

    「洋風冷し中華」というコンセプトらしいですが、下手に例えるなら、冷やし中華の醤油だれとゴマだれ、さらに冷麺の要素をミックスしたような感じでしょうか?

    しかし、実際にはゴマだれなんぞは使っておらず、それっぽいかも知れないものとしてはピーナッツバターを使用しているとのこと…!これがゴマだれ的なマイルド感の秘密でしょうか?

    汗っかきな僕はピリ辛さに汗ばんでしまいましたが、平行して、クリーミーさであり、清涼感でも食べ手を満たしてくれます。これは旨い!スープとして飲むにはしょっぱいんですけど、つい飲みたくなる引きがありますねぇ。

    tatsunoki_hiyashimen_4.jpg
    よく〆られた自家製の麺もプリップリッで旨いなぁ!

    tatsunoki_hiyashimen_5.jpg
    出身店の隠國もそうですが、ここのチャーシューは僕の好みのど真ん中です!あとは蒸し鶏、きゅうり、プチトマト、味玉、刻み海苔など。

    ここまで書いた部分が起承転結の「転」なら、後味はちゃんと冷し中華ライクで、「結」の部分もしっかり感じさせてくれます。当たり前なんですけど、そういう据わりの良さとか、アイデンティティを感じさせてくれることってとても大事なことだと思うんですよね。やっぱりそのあたりに合点が行ってこその満足感だと思うので。

    いやはや、旨かったです。あらかじめそんな予感はしていたのですが、今回の夏麺スタンプラリーの中でもかなり上位にランクされるであろう一品ではないかと思いましたよ。うちのヨメ様も大絶賛でございました(*´∀`)b



    食べたもの 冷し麺(850円)
    訪問日時 2011/06/11(土)13:57
    満足度 ★★★★★★★★☆☆

    めん処 樹(たつのき)
    住所 神奈川県横浜市保土ヶ谷区天王町1-32-17
    電話 090-2200-8431
    営業 (水~金)11:30~14:30/18:00~21:00
        (土・日・祝)11:30~15:00/18:00~21:00
        (材料なくなり次第終了)
    定休 月・火(祝日の場合も休み)
    駐車場 なし(近隣にコインパーキングあり)
    過去のレポート
    2010/10/28 醤油らあ麺
    2008/10/07 塩チャーシュー麺
    2008/05/09 醤油らあ麺+味付玉子(燻製半熟玉子)

    テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

    めん処 樹 (横浜市保土ヶ谷区天王町)
    tatsunoki_out_2.jpg
    相模鉄道本線の天王町駅と星川駅の中間くらい、天王町サティの目の前にあるお店。「樹」と書いて「たつのき」と読みます。店主は名店・隠國(こもりく)@愛川町の出身。

    13:03着、外待ち5名。食券制ですが並びがあるときは外まで注文を聞きに来てくれるので口頭で伝え、店内に案内されてから食券を買うようになっています。カウンター8席のこじんまりした和テイストな店内は、木のぬくもりに包まれるようでとても居心地の良い空間になっています。

    tatsunoki_shouyu_1.jpg
    醤油らあ麺(650円)

    tatsunoki_shouyu_2.jpg
    並び始めてから20分ちょっとで提供。動物+魚介系ですが、穏やかで特定の素材を際立たせることのない、丁寧に作られた印象のけれん味のないスープ。少し多めの油が美味しいのでしょうか、品の良いまろやかな旨さがスープをまとめている感じで、いつまでも飲んでいたくなります。スープが染みた揚げネギが良いアクセントになっています。

    tatsunoki_shouyu_3.jpg
    モチモチ、ぽよんぽよんとした食感が独特のちぢれ麺。修業先と同じく量は少なめです。

    tatsunoki_shouyu_4.jpg
    「シャウッ」と歯ごたえがあり、味が染みた肩ロースのチャーシュー。ちなみに隠國の「スペシャルチャーシューメン」は3種類のチャーシューが3枚ずつ乗りますが、こちらの「スペシャルチャーシュー麺」は1種類のチャーシューが8枚、「チャーシュー麺」は5枚とのこと。調理場にはチャーシューが複数種類あるように見えたけど…。

    tatsunoki_menu_2.jpg
    元気のいい若者には物足りないかも知れませんが、濃厚スープや魚粉系がまだまだ幅を利かせる昨今、あらためてこういうラーメンは貴重だと思いました。ただ、ネット上では「しょっぱかった」という口コミが散見されますし、僕も以前に痛い目を見ているのでスープがしょっぱくないとき限定でオススメですw ハマ麺スタンプラリー3店目でございました。



    食べたもの 醤油らあ麺(650円)
    訪問日時 2010/10/24(日)13:03
    満足度 ★★★★★★★☆☆☆

    めん処 樹(たつのき)
    住所 神奈川県横浜市保土ヶ谷区天王町1-32-17
    電話 090-2200-8431
    営業 (水~金)11:30~14:30/18:00~21:00
        (土・日・祝)11:30~15:00/18:00~21:00
        (材料なくなり次第終了)
    定休 月・火(祝日の場合も休み)
    駐車場 なし(近隣にコインパーキングあり)
    過去のレポート
    2008/10/07 塩チャーシュー麺
    2008/05/09 醤油らあ麺+味付玉子(燻製半熟玉子)

    テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

    めん処 樹 (横浜市保土ヶ谷区天王町)
    前回の訪問時、実際にひどくしょっぱいものを出されたのか、僕が勝手にしょっぱく感じたのかは定かではないのですが、結果的に低い評価にせざるを得なかったお店。

    しかしながら一般的な評価は上々の行列店なので、このままではイカンと思って再訪しました。

    10月5日(日)11:27着。カウンター8席のみの店内には、すでに先客6名。僕は滑り込みセーフで、直後に店内から店外にかけて行列が出来始めました。

    麺は同時に3人前まで茹でるようで、7番目の僕は3ロット目。開店直後だけに少し時間がかかるのは仕方ありません。店主は一杯ずつ丹精込めて作っている様子が伺えます。真剣そのものです。

    tatsunoki_shiocha_1.jpg
    塩チャーシュー麺(850円)

    11:41提供。スープは新興カテゴリーとして認知されつつある「神奈川淡麗系」に分類されるでしょうか。気になるスープの塩加減は…、大丈夫でした…!

    この手のスープとして許される上限くらいの濃さにも感じられますが、セーフだと思います。ちょっと安心。澄んだスープですがダシの部分でしょうか、ひと工夫もふた工夫も感じられる複雑な味で、とても風味良く仕上がっています。そのレシピは僕には見当がつきませんが。

    tatsunoki_shiocha_2.jpg
    前回の記事でカップ●ードル呼ばわりした自家製麺ですが、今回はスープ同様風味が高く、弾力も感じられました。スープとの絡みも良いです。チャーシューも丁寧に作り込まれている印象で、柔らかくて美味しかったですよ。ペロッといただきました。

    こうして今回は無事、高評価を得ている所以が理解できました(´∀`)♪

    言い訳がましくなってしまいますが、本来はたったの一度で評価を下すのは少々乱暴だという思いもあります。でも体は一つしかないのでやむを得ないということで。ですから違和感を覚えたときはなるべく二度、三度とお邪魔して、吟味してから記事にするように努めてはいますので、今後とも生温かく見守っていただければ幸いかと(A;´・ω・)アセアセ

    ただ、前回は僕の中では「ブレ」とか自分の体調の部分とか、そういう範囲を超えていると認識したので。

    僕が帰る11:50頃は店外待ち5名ほどでした。下記の通り定休日が変更になっているのでご注意くださいまし。



    食べたもの 塩チャーシュー麺(850円)
    食べた日 2008年10月5日
    満足度 ★★★★★★★☆☆☆

    めん処 樹(たつのき)
    住所 神奈川県横浜市保土ヶ谷区天王町1-32-17
    電話 090-2200-8431
    営業 (水~金)11:30~14:30/18:00~21:00
        (土・日・祝)11:30~15:00/18:00~21:00
        (材料なくなり次第終了)
    定休 月・火(祝日の場合も休み)
    駐車場 なし
    レポート歴
    2008/10/07 塩チャーシュー麺
    2008/05/09 醤油らあ麺+味付玉子(燻製半熟玉子)
    めん処 樹 (横浜市保土ヶ谷区天王町)
    めん処 樹 外観
    「樹」と書いて「たつのき」と読む、天王町サティそばの和風らーめんのお店。オープンは2006年5月だけどすでに評判は上々で、ネット上でも高い評価が目立ちます。

    店主は愛川町の名店隠國(こもりく)で修行をされた方とのこと。僕は隠國に行ったこともなければ、ここも初訪問です。以前早じまいでフラれているので余計楽しみ。

    13:12着、お店の前にざっと10人くらいの行列。すぐ隣は民家の玄関先だから迷惑しているだろうなぁ…。

    めん処 樹 メニュー
    「もうすぐ券売機を設置します」とか「もうすぐ値上げします」とか書かれたお品書きを見ながら外で待つことおよそ30分。店内へ案内され、また少し待ちます。カウンターのみ8席のこじんまりとした店内は小料理屋のようでとても良い雰囲気です。

    水はセルフサービスなのですが、サーバーに貯められた水はぬるいです。ネット上でもそういう報告を見かけたので常にそうなのかも。また、サーバーは入口脇に設置されているのですが、通路が狭いためカウンターの奥の方の席に座ってしまうとおかわりを注ぎに行くのは困難です。

    店主は評判通り寡黙な感じで、お手伝いのお兄さんも愛想はありませんでした。そうこうしているうちに、着席から5分ほどで麺登場。

    めん処 樹 醤油らあ麺
    醤油らあ麺(600円)+味付玉子(燻製半熟玉子)(100円)

    13:48提供。見た目の美しさに期待が高まります。高まりと言っても高橋真梨子じゃないですよ、とか言いながら、まずはスープをひと口…。

    うっわ、しょっぱ!なんですか、このしょっぱいスープは…。しょっぱくなければ美味しいはずなのは分かるけど、しょっぱすぎてそれ以外に感想はありません。

    麺はびろびろっとした平打ちのちぢれ麺で自家製らしいです。ただコシがあまりなく、申し訳ないけど食感はカップヌー●ルに酷似。

    具は焦がしネギ、白髪ネギ、細切りのメンマ、チャーシュー。メンマは細すぎて白髪ネギくらいの感覚で胃袋に吸い込まれてしまいました…。

    全体の量も非常に少なく2分ほどで食べ終わってしまった。女性向けかなぁ。残念ながら腹の足しには一切ならず。でもあまりのしょっぱさにこのくらいの量でなければ残していただろうという皮肉な結果に。

    丁寧に作り込まれているわりに値段は平均的なので量については文句はないけど、このしょっぱさについては根本的な感覚のズレがあると思う(僕がズレているのでしょう)。これまたネットで検索すると「しょっぱい」という意見は多々見られるけど、だからと言って憤慨しているのは僕くらいのもの。つまり僕には縁がないお店なのでしょうね。



    食べたもの 醤油らあ麺(600円)+味付玉子(燻製半熟玉子)(100円)
    食べた日 2008年5月6日
    満足度 ★★★★☆☆☆☆☆☆

    めん処 樹(たつのき)
    住所 神奈川県横浜市保土ヶ谷区天王町1-32-17
    電話 090-2200-8431
    営業 (火~金)11:30~14:30/18:00~21:00
        (土・日・祝)11:30~15:00/18:00~21:00
        (材料なくなり次第終了)
    定休 月曜・第1・3火曜(月曜日が祝日の場合は翌日)
    駐車場 なし
    レポート歴
    2008/10/07 塩チャーシュー麺
    2008/05/09 醤油らあ麺+味付玉子(燻製半熟玉子)