ノンジャンル系日記ブログだったはずが、今やほとんどラーメンブログ。何かの参考になることがあれば幸いです。横浜南部&東京都心メイン。
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    らーめん 七琉門 (東京都千代田区鍛冶町)
    このお店は閉店しました

    naruto_out_2.jpg
    神田駅南口近くの路地裏、「めん屋 そら」の2軒隣に9月28日にオープンしたお店。ぽっぽっ屋の新ブランドで店名は「なると」と読む、というのはまんま前回のコピペだったりします(ノ∀`) 11月かららーめんの提供が始まったと聞いていましたので、遅ればせながら訪問しました。

    店内はカウンター8席+テーブル1卓4席、先客4名、後客4名。前回は気が付きませんでしたが、店内右奥の階段下にテーブル席があるんですね。訪問した時間帯は前回とほぼ一緒でしたが、スタッフが2名から3名に増えていたのは偶然なのか、メニュー増によるものなのか、客数増によるものなのかはもちろん分かりません。

    naruto_ramen_1.jpg
    らーめん(中)(750円)

    naruto_ramen_2.jpg
    元がぽっぽっ屋ということもあり、それっぽいのが出てきました。そうそう、食券を渡す際に「にんにくは入れますか?」とお約束の質問をされましたが、今回は抜きでお願いしています。ナルトが黒いものに変更になっていてびっくり。黒いナルト、初めて見ました。

    naruto_ramen_3.jpg
    二郎やぽっぽっ屋のジャンクさを「野趣味溢れるジャンクさ」とでも例えるなら、こちらは「品の良いジャンクさ」とでも言いましょうか。新装の小料理屋のような清潔で落ち着いた店内の雰囲気だとか、「和」を感じさせる食器類による演出も手伝っているのかも知れませんが、「和食職人が二郎系を作ったらこうなりました」みたいな感じで、しっかりとツボは抑えながらこの店らしい質の良さとか手間を感じさせてくれます。

    naruto_ramen_4.jpg
    らーめんの中盛は麺300g。つけ麺とは異なる浅草開化楼の極太麺ですが、力強さとともに適度なしなやかさを持ち合わせていて見た目よりスルスルと食べられます。スープとの絡みも良いですし、主張し過ぎることもなくて旨いですねぇ。

    前回食べたつけ麺はつけ汁がかなり甘かったので、僕はらーめんの方が好みです。今度はにんにくありで食べなきゃイカンですね。

    ところでそのつけ麺は、麺が(麺に)背脂をペースト状にしたものを絡めたものに変更になっていました。僕はそんなことしちゃったら麺の旨さが味わえないような気がするとネガティブにしか受け止められなかったのですが、どうなんでしょうね。



    食べたもの らーめん(中)(750円)
    訪問日時 2009/12/04(金)22:05
    満足度 ★★★★★★★☆☆☆

    らーめん 七琉門(2013年8月末閉店)
    住所 東京都千代田区鍛冶町1-7-1 五番館第2ビル1F
    電話 03-3254-4555
    営業 11:00~15:00/17:00~23:00
    定休 土・日・祝
    駐車場 なし
    過去のレポート
    2009/10/29 らーめん(中)
    スポンサーサイト
    らーめん 七琉門 (東京都千代田区鍛冶町)
    このお店は閉店しました

    naruto_out.jpg
    新店ラッシュの神田駅近く、「めん屋 そら」の2軒隣に9月28日にオープンしたお店。ぽっぽっ屋の新ブランドとのことで「なると」と読みます。

    店内は小料理屋のような落ち着いた佇まいで、新店であることを差し引いても非常に清潔かつ整然としており、ぽっぽっ屋の面影は感じられません。カウンター8席+テーブル1卓4席、先客なし、後客3名、食券制。

    つけめん(中)の食券を渡すと「麺は冷たいのと温かいのどちらにしますか」と訊かれるので冷もりを選択。屋号には「らーめん」と入りますが、券売機にはまだらーめんのボタンは存在しませんでした。

    つけめんの麺量と価格は(小)250g=650円、(中)350g=750円、(大)450g=850円です。

    naruto_tsuke_1.jpg
    つけめん(中)(750円)

    きれいなお盆に乗ってきれいな盛り付けのつけめんが出てきました。

    naruto_tsuke_2.jpg
    麺は浅草開化楼の平打ち麺。最近流行りのゴワゴワしたものではなくツルツルした滑らかなもので、すすり心地も喉越しもつけ汁の持ち上げも良く、率直に美味しいと思える麺です。ただ、プラスティック製の洗い箸だとツルツル滑ってとても食べにくい…。箸の持ち方が悪いのかも?

    naruto_tsuke_3.jpg
    ほどよくマイルドな濃度に抑えられた魚介豚骨のつけ汁。野菜系の甘味が強めですが、個人的には嫌みのない甘さで「旨味」の範囲内だと感じます。

    三つ葉の他につけ汁には鶏チャーシューと生玉ねぎを刻んだものが投入されており、麺の上にはかいわれ。店名であるナルトは正直言ってどうでもいいのですが、前述の濃度や甘さとともに品の良さを感じます。このご時世に魚粉や濃厚さに頼っていないのは好印象です。

    でもやっぱりメンマか、それに相当するものが欲しいところ。

    だって三つ葉やかいわれがネギや青菜の代わりだとすると、メンマの代わりはナルトということになると思うのですが、ナルトがひと切れ入っていたところでどうなんだろ…。刻み玉ねぎなどは入れ放題の店も珍しくないので、もう一つ食感を楽しめるこの店らしい何かがあるとかなりいい線行くと思うのですが。

    コンセプトと味と丁寧な接客は満足行くものでしたので、あとはその辺りで僕にとっても店の看板に書いてあるような「ちょっと幸せな一杯」になるよう頑張って欲しいなぁ(* ´∀`)



    食べたもの つけめん(中)(750円)
    訪問日時 2009/10/28(水)22:13
    満足度 ★★★★★★☆☆☆☆(限りなく★7つに近い)

    らーめん 七琉門(2013年8月末閉店)
    住所 東京都千代田区鍛冶町1-7-1 五番館第2ビル1F
    電話 03-3254-4555
    営業 11:00~15:00/17:00~23:00
    定休 土・日・祝
    駐車場 なし
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。