ノンジャンル系日記ブログだったはずが、今やほとんどラーメンブログ。何かの参考になることがあれば幸いです。横浜南部&東京都心メイン。
    麺処 三四郎 (東京都千代田区神田小川町)
    このお店は移転しました

    sanshiro_out_3.jpg
    御茶ノ水駅から歩いて久々に「三四郎」へ。神奈川県下を代表する中村屋グループの都内初進出店として2008年10月に鳴り物入りで開店したこちらも、その後は鳴かず飛ばず。

    sanshiro_5.jpg
    この日も先客、後客ともにゼロ。鳴かず飛ばずというか、閑古鳥が鳴いていると言いますか、いったいどうしたことでしょうか。そういう目で見るとどこか片言っぽい「メニュー変更のお知らせ」にも迷走感が漂います。

    カウンターに貼られた「うしお」(=しおらーめん)、「むらさき」(=しょうゆらーめん)のこだわりはこちら、「まさら」(=カレーらーめん)、麺、チャーシューのこだわりはこちら

    sanshiro_siohiyashi_1.jpg
    塩冷やしらーめん(750円)+大盛(100円)

    sanshiro_siohiyashi_2.jpg
    と、ここまではちょっと残念な感じで書いてきましたが、コレかなりうんまいです。とろみがあってぷるんとしたスープはカキン☆と冷たく、味わいは「うしお」をそのまま冷やした感じ。いや、冷たいためか味がダイレクトに伝達されます。

    白髪ネギなどの薬味は旨味を増幅させてくれるし、白ごまや鷹の爪なんかも良いアクセントになっているし、これは「うしお」より旨いんじゃない?コラーゲンによると思われるぷるぷる食感も、オイリー感もいい感じです。

    sanshiro_siohiyashi_3.jpg
    ザクザクとした食感の細麺も、温かいらーめんではあり得ないザクザク感が継続します。うまっ。

    sanshiro_siohiyashi_4.jpg
    味玉は黄身が濃ゆくて甘みたっぷり。真空低温調理のチャーシューはしっとりを通り越して、良い意味でねっとりした食感のもの。上質のローストポークですね。

    いやー、この一杯に中村屋の実力を見た思いでした。確か期間限定だったと思いますが、いつまで提供されているかは不明です(´Д`;) しかし、これだけのものを出しながらこの客足の悪さ、なんとなく分からなくもない部分もあるとは言え、商売って難しいものだとつくづく思わされます。



    食べたもの 塩冷やしらーめん(750円)+大盛(100円)
    訪問日時 2010/06/11(金)18:11
    満足度 ★★★★★★★★☆☆

    麺処 三四郎(2010年8月、吉祥寺へ移転)
    HP http://www.dearest-style.com/sanshiro/index.html
    住所 東京都千代田区神田小川町3-26 大築ビル1階
    電話 03-3294-5346
    営業 11:00~15:00/17:00~22:00(スープなくなり次第終了)
    定休 水
    駐車場 なし(近隣にコインパーキングあり)
    過去のレポート
    2008/11/18 うしお(しお)+あじ玉
    2008/10/28 むらさき(しょうゆ)/まさら(カレー)
    麺処 三四郎 (東京都千代田区神田小川町)
    このお店は移転しました

    定額給付金は、不要派というよりも、馬鹿なことはやめてくれ派の路地裏男です。

    さて、麺オフ会の締めに訪れたのは、中村屋グループ都内初進出の「三四郎」。オープン当日以来の訪問です。

    sanshiro_out_2.jpg
    11月13日(木)21:15着。先客なし、後客4名。場所柄、夜は厳しいだろうとは思っていましたが、中村屋をもってしてノーゲストとは。店内を見るともちろんと言うべきでしょうか、中村氏は不在でした。

    sanshiro_menu.jpg
    「まさら」は売り切れですが、僕は未食の「うしお」をいただくだけです。なお、オープン時に存在した「コロチャーシュー飯(450円)」のボタンが消されていました。

    sanshiro_ushio_1.jpg
    うしお(しお)(780円)+あじ玉(150円)

    21:21提供。中村屋と言えば塩という意見もありましょうからね、楽しみです。

    sanshiro_ushio_3.jpg
    スープです。う~ん、率直に旨い。タレよりダシの旨味、素材の旨味で飲ませてくれる感じです。レンゲが止まらなくなりますね。

    これで「むらさき」「うしお」「まさら」といただきましたが、この「うしお」が一番旨いと思いました。ある意味、もっとも中村屋らしさが感じられる一杯かも知れません。そしてある意味、当時は酔っ払っていたので書いている自体怪しいかも知れません(´Д`?

    sanshiro_ushio_2.jpg
    麺ですが、この「うしお」だけは「むらさき」「まさら」とは異なり、中村屋と同じ細麺を使っているのだそうです。伸びやすい麺なので撮影はほどほどにして、手早くいただきましょう。なお、麺大盛は出来ませんのであしからず。

    具のワンタンは普通かなぁ。スープを邪魔しないような仕様ですね。チャーシューはハムっぽいというか燻製っぽいものであまり好みではなく、個人的には手間をかけるのであれば違う方向のものに期待したいです。味玉はさすがに旨い。あとは青菜。具は「まさら」が面白かったなぁ。

    それにしても心配になる客足です。美味しいけれどクセになるような中毒性はなく、そこそこの値段と少なめの量も手伝って、一度食べればいいと思う人も少なくないように思います。僕もその一人ですが。

    OLの街ならまた違うのでしょうが、この界隈はお腹を空かせた貧乏学生と、食べ物に使う金は抑えたいサラリーマンとミュージシャンとスキーヤー、スノーボーダーの街ですからね。そして一般的に訴求するのであれば、屋号に「中村屋」を…、な~んて素人が出すぎた真似をしちまいましたね、失礼失礼(A;´・ω・)アセアセ

    なお、この日驚いたのは箸箱に入っている箸が温かかったこと。意図したものかは定かでないですが、初めての体験でした。決して食洗機で洗いたてということでもなさそうだったのですが、あれはいったい…。あと箸の巻き紙は廃止したようですね。さまざまな理由からそれが自然かと思います。



    食べたもの うしお(しお)(780円)+あじ玉(150円)
    食べた日 2008年11月13日
    満足度 ★★★★★★★☆☆☆

    麺処 三四郎(2010年8月、吉祥寺へ移転)
    HP http://www.dearest-style.com/sanshiro/index.html
    住所 東京都千代田区神田小川町3-26 大築ビル1階
    電話 03-3294-5346
    営業 11:00~15:00/17:00~23:00(スープなくなり次第終了)
    定休 水
    駐車場 なし(近隣にコインパーキングあり)
    過去のレポート
    2008/10/28 むらさき(しょうゆ)/まさら(カレー)

    【他の方の同店に関する記事】
    あまおじさんのラーメン紀行♪
    麺処 三四郎 (東京都千代田区神田小川町)
    このお店は移転しました

    sanshiro_out.jpg
    あの「中村屋」がついに都内進出!

    ということで今夜は、本日10月28日(火)オープンの中村屋グループの新店「麺処 三四郎」へ行って来ました!場所は御茶ノ水の「カザルスホール」の裏あたりです。六厘舎、AFURI、麺坊ひかり、三河屋製麺などからの花輪が並んでいました。

    新規店は「待ち時間が長い」「オペレーションが悪い」「味が安定していない」などのネガティブ要素に加え、あまり麺事情に詳しくない僕にはそもそもそんな情報が入って来ないということもあり、これまで開店当日のラーメン屋には行ったことがありませんでした。

    でも場所が御茶ノ水とあっては黙ってはいられません!

    夕刻、定時ちょうどに会社を出て「やれやれ、これなら大丈夫だろう」と思ったのですが、だんだんと歩くスピードが上がり、最後の方は駆け足になっていました。だって昼の開店時は30人くらい並んでいたという話でしたから…!

    17:56着。あれっ、思ったほど並んでない?7~8人程度の待ちで、店内は1~2席空いています。すぐに自分の順番が近づいてきたので食券を購入します。

    sanshiro_2.jpg
    麺はこの3本立て。これにトッピング類と、ごはん類。開店当初ということもあり、ごはん類は「ごはん」「小ごはん」以外は売切ランプが点灯していました。

    店内はコの字型のカウンター15席。さすが、白と薄茶色で構成された清潔感のある洒落た雰囲気です。

    18:04着席。お、厨房にはあの中村栄利氏が。初めて生で見ましたが、あんなに有名なのに笑顔を絶やさず、腰も低く、立派な方ですね。カッコいいです(*´∀`*)

    厨房の先頭に立って麺を担当されており、湯切りはもちろん天空落とし!デストラーデのガッツポーズを思い出さずにはいられませんw

    他のスタッフの接客も丁寧で、気配りも十分。オペレーションも問題ありません。さすが中村屋。品物を丁寧に扱うのも非常に好感が持てます。

    割り箸は竹のちょっと上等なもの、調味料はコショウと七味が置かれていました。

    sanshiro_murasaki_1.jpg sanshiro_murasaki_2.jpg
    むらさき(しょうゆ)(770円) 18:10提供

    sanshiro_masara_1.jpg sanshiro_masara_2.jpg
    まさら(カレー)(900円) 18:18提供

    中村屋と言えば塩だろうという声も聞こえてきそうですが、今日はこちらの二品をいただきました。どちらも、何が突出するでもないバランスの良さが実に中村屋だと思わせるもの。

    個人的にはカレーの方が面白かったです。こちらもあくまでも中村屋らしくサラッとしたスープを大前提とし、そこにカレーの風味を加えていった印象のものでしたが、福神漬けが使われていたり、短冊状のチャーシューが食べ応えあったりで楽しめました。

    ただそう思ってしまうあたりに、最近自分が濃い味志向というか、味覚音痴になりつつある気もするのですが。

    sanshiro_1.jpg
    19時半頃に再びお店の前を通りましたが、行列はなく空席が目立ちました。このエリアは昼が良くても夜がどうかなぁ、と思わなくもありません。ちなみに明日29日(水)は定休日でお休みなのでご注意を。



    食べたもの(1) むらさき(しょうゆ)(770円)
    食べた日 2008年10月28日
    満足度 ★★★★★★★☆☆☆

    食べたもの(2) まさら(カレー)(900円)
    食べた日 2008年10月28日
    満足度 ★★★★★★★☆☆☆

    麺処 三四郎(2010年8月、吉祥寺へ移転)
    HP http://www.dearest-style.com/sanshiro/index.html
    住所 東京都千代田区神田小川町3-26 大築ビル1階
    電話 03-3294-5346
    営業 11:00~15:00/17:00~23:00(スープなくなり次第終了)
    定休 水
    駐車場 なし(近隣にコインパーキングあり)