ノンジャンル系日記ブログだったはずが、今やほとんどラーメンブログ。何かの参考になることがあれば幸いです。横浜南部&東京都心メイン。
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    壱六家 大船2号店 (鎌倉市大船)
    このお店は閉店しました

    ichirokuya_oofuna2_out.jpg
    大船3号店であった「いちろく家」がこの春閉店した壱六家の大船2号店。3店舗とも趣向はやや異なるとはいえ、さすがに県下一とも言われる家系激戦区で3店舗は要らないでしょ、ってことで銀八復活希望です。ちなみにこの2号店もかつて「壱六家」の看板を掲げる前の屋号である「支那壱」のメニューを残すなど、1号店との差別化が申し訳程度ながら図られています。

    ichirokuya_ofuna2_sio_1.jpg
    塩ラーメン中(750円)+もやし&キャベツ(50円)

    ichirokuya_ofuna2_sio_2.jpg
    以前食べた醤油はかなりガッカリだったので期待していなかったのですが(期待していなかったわりに中盛にしているわけですが)、この塩はなかなか旨かったですね。まぁ、タレの問題というよりスープ次第なんだろうとは思いますが。でも壱六家は醤油より塩だという人がいますが、それが分かるような気がしたりして。醤油に比べて飲みやすいので調子に乗ってレンゲを進めていましたがあくまで豚骨メインですからね、後半だいぶしんどくなりまして(´Д`;)

    それにしてももやし&キャベツのトッピング(50円)はお得感がありますね。中盛にして半ライスで家系まんまにしたらお腹一杯でした。メタボメタボ。



    食べたもの 塩ラーメン中(750円)+もやし&キャベツ(50円)
    食べた日 2010/05/09(日)22:10
    満足度 ★★★★★★☆☆☆☆

    壱六家 大船2号店(2013年4月閉店)
    HP http://www.ichirokuya.co.jp/
    住所 神奈川県鎌倉市大船1-10-7
    電話 0467-46-6839
    営業 (金~火)11:30~26:00
        (水)11:30~22:00
    定休 木曜・第1水曜
    駐車場 なし(近隣にコインパーキングあり)
    過去のレポート
    2008/12/10 醤油ラーメン並
    スポンサーサイト
    壱六家 大船2号店 (鎌倉市大船)
    このお店は閉店しました

    ichirokuya_oofuna2_out.jpg
    先月食べた本店のスープがスカスカに感じたので、物は試しにこちらを訪問。未確認情報ですが、壱六家の一部の支店とFC店については本部から届く冷凍スープを解凍しているため味が安定しているという話を小耳に挟んだもので。

    11月28日(金)23:59着、カウンター12席、テーブル2卓4席、先客14名、後客6名。ここ大船2号店は、かつてここで壱六家直営の「支那壱」という塩ラーメンの店を展開していた名残で、あっさりが選べたり、独自メニューが存在したりします。本店譲りの接客の丁寧さは健在。

    ichirokuya_oofuna2_shouyu_1.jpg
    醤油ラーメン並(650円)

    ichirokuya_oofuna2_shouyu_2.jpg ichirokuya_oofuna2_shouyu_3.jpg
    24:03提供。スープは軽薄で驚くほど特徴がない…。前述の冷凍スープのエピソードは別にしても、まさに均一化されたチェーン店のそれを想起させる味。全体的にも量が少ない、具が少ない、チャーシューは薄い。

    スープに関してはこれが壱六家のデフォルトとなる味なのでしょうか。それであれば本店のあの味も納得できる気がします。決して悪くはないのですが、壱六家というネームバリューを思うと無難すぎて腑に落ちない、そんなところです。



    食べたもの 醤油ラーメン並(650円)
    食べた日 2008年11月29日
    満足度 ★★★★★☆☆☆☆☆

    壱六家 大船2号店(2013年4月閉店)
    HP http://www.ichirokuya.co.jp/
    住所 神奈川県鎌倉市大船1-10-7
    電話 0467-46-6839
    営業 (金~火)11:30~26:00
        (水)11:30~22:00
    定休 木曜・第1水曜
    駐車場 なし(近隣にコインパーキングあり)
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。