ノンジャンル系日記ブログだったはずが、今やほとんどラーメンブログ。何かの参考になることがあれば幸いです。横浜南部&東京都心メイン。
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    めん徳二代目つじ田 飯田橋店 (千代田区飯田橋)
    tsujita_iidabashi_out_3.jpg
    JR飯田橋駅東口からすぐのこちら。いつも書いている気がしますが、神田御茶ノ水店と違って並ばずに入れることが多いです。もちろんタイミングによるとは思いますが、店の前の歩道が狭いことなどが原因なのでしょうか。

    店内はカウンター14席、先客9名、後客12名、食券制。帰るときにはめずらしく外待ち6名になっていました。女性の一人客も少なくありません。

    それにしてもL字型カウンターの角席に座ると、ウォーターサーバーが遠くて隣にお客さんがいると水のおかわりもできないし、調味料も取りにくくて鬱です。

    スタッフを見ると、たまたまかも知れませんがオープン当初とずいぶん変わった気がします。心なしか緊張感がないようにも感じます。それとは関係ないでしょうけど、この日はずいぶん待たされました。待たされること14分、だいぶ後から来たお客さんと同時提供でした。

    tsujita_iidabashi_tsuke_6.jpg
    つけめん(880円)+大盛(120円)

    ここ数回感じていたことですが、つけ汁の油が相当キツく、くどいです。粘度を抑めにしている分を油で補っているような印象で、麺を半分食べたところで満腹感を感じました。

    それと同時にスパイスも効き過ぎで喉を刺すよう。油に関しては添えられているすだちで中和できる面もありますが、「流儀」の通りに黒七味を投入する気にもなれません。だってしょっぱいんだもん。

    今回はスープ割りもしませんでした。相当ヘヴィになってほとんど残すことになる気がしましたので。

    上述の通り僕が帰るときには外待ちもありましたし、いまだにつけ麺の代表格ではあると思いますが、個人的にはしばらくいいかなぁ。こういう重さを受け付けないほど、自分が歳をとったということなのかも知れませんね。

    それとも御茶ノ水店は違うかなぁ?



    食べたもの つけめん(880円)+大盛(120円)
    訪問日時 2010/08/10(火)18:06
    満足度 ★★★★★★☆☆☆☆

    めん徳二代目つじ田 飯田橋店
    HP http://www.nidaime-tsujita.co.jp/
    住所 東京都千代田区飯田橋4-8-14
    電話 03-6268-9377
    定休 不定休
    営業 (平日)11:00~23:00
        (土・日・祝)11:00~21:00
    駐車場 なし
    過去のレポート
    2010/06/15 つけめん+大盛
    2010/02/10 らーめん
    2009/09/10 つけめん
    2009/05/03 二代目つけめん
    スポンサーサイト
    めん徳二代目つじ田 飯田橋店 (千代田区飯田橋)
    tsujita_iidabashi_out_3.jpg
    JR飯田橋駅東口からすぐのこちら。個人的に中央線沿いの勤務地がこの日で最後になったため、食べ納めはどこにしようか検討した結果がここ。

    同じつじ田でも神田御茶ノ水店は常に行列が絶えませんが、こちらは並ばずに入れることもしばしば。店内はカウンター14席で、訪問時は空席が2~3席ある状況でした。立地でこうも違うんですね。

    tsujita_iidabashi_tsuke_5.jpg
    つけめん(880円)+大盛(120円)

    麺は歯を押し返すような弾力のある、みずみずしい多加水の太麺。それに合わされる豚骨魚介のつけ汁は濃厚ではありますが、粘度はそれほど高くないもの。ひと口目は甘みと魚介の風味が強めでクセがあると言えばあるものの、次第に動物系を中心とした下支えが追いかけてきてバランスが取れてくる感じ。

    鶏は比内鶏を使用しているとのことですが、それ以外の20種以上とされるスープの素材も良質のものを使っているのでしょう、このつけ汁の持つ七色とでも言うべき変化に富んだ香味というのは、つじ田以外ではそうそう味わえないものではないかと思います。濃厚ではありますが繊細ゆえ、ごまかしの効かない味ではないかと。

    ただ「二代目」(=いわゆるトッピング増し)にしないと若干具が寂しいですねぃ。それから流儀を提唱するのであれば、黒七味は各席に1つ置いて欲しいなぁ。人が食べているところを遮ってまで取るのは気が引けますもん。この店はウォータータンクについても同じことが言えるんですけどね。でも旨いのは確かです。



    食べたもの つけめん(880円)+大盛(120円)
    訪問日時 2010/06/08(火)18:06
    満足度 ★★★★★★★★☆☆

    めん徳二代目つじ田 飯田橋店
    HP http://www.nidaime-tsujita.co.jp/
    住所 東京都千代田区飯田橋4-8-14
    電話 03-6268-9377
    定休 不定休
    営業 (平日)11:00~23:00
        (土・日・祝)11:00~21:00
    駐車場 なし
    過去のレポート
    2010/02/10 らーめん
    2009/09/10 つけめん
    2009/05/03 二代目つけめん
    めん徳二代目つじ田 飯田橋店 (千代田区飯田橋)
    tsujita_iidabashi_out_2.jpg
    JR飯田橋駅東口からすぐのこちら。つじ田としては3店舗目となる飯田橋店ですが、気が付けばオープンから1年以上経ったんですね。いつからか平日の閉店時間も1時間遅くなって便利になりました。

    店内はカウンター14席、ほぼ満席ながら待たずに座れました。いつも行列している御茶ノ水店に比べると、こちらは待たずに済むことが多いので助かります。

    tsujita_iidabashi_ramen_1.jpg
    らーめん(750円)

    tsujita_iidabashi_ramen_2.jpg
    豚骨魚介系ながら品の良いらーめん。ここのつけめんのようなグイグイ食わせる力強い「旨さ」とは違った、洗練された「美味さ」とでもいうか、雑味のない非常にクリアな味わいです。そして柔らかな魚介の香りに「らーめん」というより「中華そば」と呼びたくなるそんな感じ。

    tsujita_iidabashi_ramen_3.jpg
    らーめんにはこの三河屋製麺特注の細麺が合わされます。三河屋製麺の細麺には風味過多で主張が強すぎると感じるものもありますが、これは高い次元でスープとの調和がとれたもの。

    tsujita_iidabashi_ramen_4.jpg
    具ももちろん抜かりなし。

    tsujita_iidabashi_ramen_5.jpg
    つけめんのつけ汁はドロッとして油も少なくないのですが、対象的にこちらはさっぱりとした旨さでスープが足りないくらいでした。ホント旨かったなぁ。



    食べたもの らーめん(750円)
    訪問日時 2010/01/26(火)18:15
    満足度 ★★★★★★★★☆☆

    めん徳二代目つじ田 飯田橋店
    HP http://www.nidaime-tsujita.co.jp/
    住所 東京都千代田区飯田橋4-8-14
    電話 03-6268-9377
    定休 不定休
    営業 (平日)11:00~23:00
        (土・日・祝)11:00~21:00
    駐車場 なし
    過去のレポート
    2009/09/10 つけめん
    2009/05/03 二代目つけめん
    めん徳二代目つじ田 飯田橋店 (千代田区飯田橋)
    最近記事こそ書いていませんが、ぼちぼちと麺食は続けておりまして。

    tsujita_iidabashi_out_2.jpg
    美味しいつけ麺が食べたくなり何ヶ月ぶりかにこちらへ。僕が到着したときはカウンター14席で先客5名とすんなり入店できましたが、あれよあれよの間に10数人の来店があり外待ちが発生していました。

    tsujita_iidabashi_tsuke_1.jpg
    つけめん(880円)

    節系の香りで和風を主張するつけだれ。二十数種類の食材を使って十時間以上かけて仕上げたというスープはなかなかに味の芸術劇場だと思うのですが、辛味はともかく調味料系の下味(?)が強く、ちょっとしょっぱいかなぁ。

    tsujita_iidabashi_tsuke_2.jpg
    麺は透き通ったツルツルシコシコの黄色い中太麺。玉子麺とのこと。風味が良く、加水多めの涼しげな麺です。

    tsujita_iidabashi_tsuke_3.jpgtsujita_iidabashi_tsuke_4.jpg
    チャーシューとメンマ。ぼちぼち旨いです。

    それにしても段階的にすだちと黒七味を使わせることによって、3段階に分けて味の変化を楽しませることを客に促したのって、やっぱりつじ田がパイオニアなんですかね?これはナイスですよねぇ。「+すだちバージョン」も「+黒七味バージョン」も旨いですもん。

    tsujita_iidabashi_menu_2.jpg
    スープ割りも美味しくて、久々にここのらーめんを食べてみたくなりました。



    食べたもの つけめん(880円)
    訪問日時 2009/08/27(木)18:00
    満足度 ★★★★★★★★☆☆

    めん徳二代目つじ田 飯田橋店
    HP http://www.nidaime-tsujita.co.jp/
    住所 東京都千代田区飯田橋4-8-14
    電話 03-6268-9377
    定休 不定休
    営業 (平日)11:00~22:00
        (土・日・祝)11:00~21:00
    駐車場 なし
    過去のレポート
    2009/05/03 二代目つけめん
    めん徳二代目つじ田 飯田橋店 (千代田区飯田橋)
    障子を貼り替えて、最後に霧吹きを吹くとシワがきれいに伸びるのって不思議だよね。こんばんは、路地裏男です。

    tsujita_iidabashi_out.jpg
    つじ田の3店舗目となる飯田橋店、2008年11月オープンで僕は今回が初訪問です。

    4月20日(月)11:00着、店内はカウンター14席、食券制。開店と同時に先客6名が店内に吸い込まれていきました。平日の昼前だというのにまったくオマイラ、ってオマエモナーって話ですが(ノ∀`)

    tsujita_iidabashi_menu.jpg
    券売機のメニューです。他店同様、つけめんとらーめんの二本立て。

    店内に入り食券を渡し着席すると、ちょっと席間が狭いような気がします。そしてカウンター上に置かれたサーバーの中身は水だけみたい。他店でおなじみ、京都一保堂の煎り番茶は見当たりませんでした。また、「味が薄いと思う方はタレをお使い下さい」と某ガツン汁みたいのが置かれていますが、前からそうでしたっけね?

    tsujita_iidabashi_nidaimetsuke_1.jpg
    二代目つけめん(980円)

    tsujita_iidabashi_nidaimetsuke_3.jpg
    11:07提供。麺が変わったことは聞いていたのですが、つけダレも変わった?油あたりかなぁ?豚骨の濃度も下がった?麺に合わせてつけダレも変えているだろうけど、以前のようなクリーミーさ、マイルドさ、こってり感による引きが薄れた気がします。その分食後の胃もたれ感は軽減されたように思うけど。

    最近自分の好みが濃厚な方へシフトし過ぎなのかも?

    それとも麺が変わったせいでそんな気がするのかも?

    それともそもそも気のせい?

    …などとモヤモヤ考えながら帰ってきてから、あまおじさんのこちらの記事を読んでようやく溜飲を下げました。どうやら麺だけでなくスープも変わったようです。同じように感じている方がいらっしゃってスッキリしました(´∀`)♪

    tsujita_iidabashi_nidaimetsuke_2.jpg
    麺は大きく変わりました。表面はつるんつるんで断面は四角く、今風にモチモチしたもの。加水も多くなったでしょうか。個人的には以前の方が好きでした。表面がしっとりとして断面が丸く、ややポクッとしてつけダレとの絡みが良かったと思います。今より素朴な感じでしたかね。でも慣れの問題かな?三河屋製麺なのは以前と同じですね。

    tsujita_iidabashi_nidaimetsuke_4.jpgtsujita_iidabashi_nidaimetsuke_5.jpg
    具は相変わらずハイパフォーマンス。そういえば器まで変わっていました。麺業界もチェンジブームかねぇ?

    まぁ、なんだかんだ言いながらも相変わらず僕が最高レベルに好んで止まないつけ麺のひとつには変わらないんですけどね(* ´∀`)ノ



    食べたもの 二代目つけめん(980円)
    食べた日 2009年4月20日
    満足度 ★★★★★★★★☆☆

    めん徳二代目つじ田 飯田橋店
    HP http://www.nidaime-tsujita.co.jp/
    住所 東京都千代田区飯田橋4-8-14
    電話 03-6268-9377
    定休 不定休
    営業 (平日)11:00~22:00
        (土・日・祝)11:00~21:00
    駐車場 なし
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。