ノンジャンル系日記ブログだったはずが、今やほとんどラーメンブログ。何かの参考になることがあれば幸いです。横浜南部&東京都心メイン。
    【限定】 ロ麺ズ@弘明寺 「白湯つけ麺」始まりました!
    romenzu_paitantsuke_9.jpg
    ロ麺ズ@弘明寺では、本日1月16日(月)から新たな限定メニュー「白湯つけ麺」が始まっています!

    romenzu_paitantsuke_1.jpg
    白湯つけ麺(880円)

    romenzu_paitantsuke_2.jpg
    麺 高はし@赤羽の「古き良きつけ麺」(by後藤店主)をインスパイアしようとしたら全然違うものになったという、「らしい」と言えばらしい今作。

    romenzu_paitantsuke_3.jpg
    つけだれは鶏豚をギュギュッと煮詰めて凝縮した白湯スープがベース。と言ってもそこは後藤店主らしくしっかり乳化させたうえに粘度まで付けた白湯…ではなく、元ネタを意識して言うなら「シャバッ」としながら旨味濃厚な鶏豚スープで、そこに大小アバウトな背脂を浮かせ、甘味と、正直なところ控えめですが当の後藤店主は精一杯勇気を振り絞って入れたであろう魚粉、そして柚子を効かせています。

    romenzu_paitantsuke_6.jpg
    それ単独で啜ると塩気を感じる太ストレート麺は、オリジナル(元ネタ)の浅草開化楼を思わせる歯応えであり弾力があり、コシもしっかりしたもの。それでいてしなやか艶やかで、唸る美味しさ。

    romenzu_paitantsuke_5.jpg
    並盛で180g。粉は日清製粉の「門楼」と柄木田製粉「夢絆」の「S」の方の組み合わせだったかな。ただ、この麺は早々に変更になるそうです。トッピングは豚肩ロースのチャーシュー、海苔、つけだれの中にメンマが入ります。

    romenzu_paitantsuke_7.jpg
    こちらは後入れトッピングの鯖節魚粉・玉ねぎ・一味唐辛子。元々つけだれが麺に絡みにくいタイプのつけ麺ですので、個人的には早めの段階で投入してよろしいかと思います。甘辛でちょっぴりジャンクな感じに変わります。一味は「違う辛味を」という趣向で花椒に変更になるかも知れません。

    romenzu_paitantsuke_8.jpg
    スープ割りはご飯付き。どちらサイドにもう一方を合わせなければならないという決まりはありません、お好みで大丈夫です。

    こんな普遍的オールドスタイルのつけ麺、以前の限定「蕪のつけ麺」のときはオペレーションの都合上平日のみでしたが、今回は土日も提供するそうです。

    P1190480.jpg
    学生同士でのご来店で「大盛」「ライス」「味玉」のいずれかをサービスする学生向けサービスも始まりました…!



    ロ麺ズ
    住所 神奈川県横浜市南区六ツ川1-689-1 マルエツ六ッ川店 サニーロード内
    電話 045-315-2009
    営業 11:00~21:00
    定休 水
    駐車場 あり(マルエツの駐車場1時間まで無料)
    過去のレポート
    2016/12/31 年越しらーめん・塩 (期間限定)
    2016/10/28 和風細麺潮らーめん (期間限定)
    2016/09/21 烏賊煮干和風らーめん (期間限定)
    2016/08/04 冷やし中華 (期間限定)
    2016/06/14 冷やし味噌 (期間限定)
    2016/05/23 冷やしジャージャー麺 (期間限定)
    2016/03/31 手もみワンタン麺 (期間限定)
    2016/02/29 タコまぜそば type(温)(期間限定)
    2016/02/15 蛤浅利の正油そば・味噌バージョン(期間限定)、らーめん味噌
    2016/02/03 蛤浅利の正油そば(期間限定)
    2016/01/08 年越しそばもどき(らーめんです)(醤油)(期間限定)
    2015/12/16 汁無担担麺Sサイズ、汁無味噌担担麺(試作)
    2015/12/09 蕪の塩つけ麺(期間限定)
    2015/11/24 本枯節「2年物」の正油そば 寺岡家の蔵出し醤油を活かしたもう1つのラーメン(期間限定)
    2015/10/20 本枯節「2年物」の正油そば 寺岡家の蔵出し醤油を活かしたもう1つのラーメン(期間限定)
    2015/08/11 らーめん正油、らーめん味噌、らーめん塩バター、らーめん塩、汁無担担麺

    テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

    六厘舎@東京ラーメンストリート 「朝つけめん」
    rokurinsya_tokyo_out_2.jpg
    東京駅一番街「東京ラーメンストリート」の六厘舎の朝営業に初訪問。この店舗はかつては「六厘舎TOKYO」を名乗っていたと思いますが、その称号(商号)は東京ソラマチの店舗に譲り、現在はシンプルに「六厘舎」なのですね。

    平日の朝9時半前後でしたが、カウンター10席+テーブル14席は満席、ひっきりなしに来店があり、それを最小限のスタッフで実に効率良く捌いていてお見事。

    rokurinsya_tokyo_menu.jpg
    メニュー。かつては「朝定食」としてご飯や納豆、カレーや漬物などが食べ放題で、それこそが同店の朝営業のイメージそのものでしたが、いつの間に…というよりはとっくの昔(正確には2012年6月末)に終了しており、現在はモーニングサービス的なものはなく、「朝つけ麺」のみの提供です。券売機から分かる範囲でグランドメニューのつけ麺との違いは、海苔の筏に乗った魚粉の有無、麺の量、そして値段といったところでしょうか。

    rokurinsya_tokyo_tsuke_5.jpg
    朝つけ麺(630円)

    rokurinsya_tokyo_tsuke_6.jpg
    久々にいただく王道の濃厚魚介豚骨系つけ麺はいかがなものでしょうか。

    rokurinsya_tokyo_tsuke_7.jpg
    つけだれは唐辛子や魚粉の辛さを除けば普通にベジポタスープとして飲めるような濃さ。朝だからスープの濃度もライトとかそういうこともあるのでしょうか。

    rokurinsya_tokyo_tsuke_8.jpg
    一方、もぐもぐと咀嚼させる麺はぼそっとしていて歯切れは良くありませんし、麺中心に食べさせるにしては風味に長けているわけでもありません。ただこれは風味に優れた麺が巷に珍しくなくなった証左かも知れません。同様に現在の物差しでこの麺は「超極太麺」ではありませんものね…

    rokurinsya_tokyo_tsuke_9.jpg
    それにしてもつけだれもこんなに絡まない感じだったかな。

    rokurinsya_tokyo_tsuke_10.jpg
    つけだれの中にはチャーシュー、メンマ等。卓上には黒七味と魚粉が用意されており、足りない場合は追加できます。スープ割りは券売機横のポットでセルフ、柚子パウダーも同様にセルフサービスです。

    P1190404.jpg
    630円のお値段相応には思えましたので文句はないものの、総じて立ち食いそば感覚に近く、かつての熱狂的な人気を知っているだけにその落差の大きさに歳月の流れを感じずにはいられませんでした。長時間並ばなくても食べられるようになったのは結構ですが、身近になり過ぎるのも良し悪しですね。



    六厘舎
    HP http://www.rokurinsha.com/
    住所 東京都千代田区丸の内1-9-1 東京駅一番街B1F 東京ラーメンストリート内
    電話 03-3286-0166
    営業 7:30~10:00(9:45LO)/11:00~23:00(22:30LO)
    定休 無休
    駐車場 なし(近隣に有料地下駐車場あり)

    テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

    【復活オープン】 らうめん梵@辻堂 「煮干しの拉麺」
    bon_out_2.jpg
    自分自身お気に入りで、結構人気もあったと思うのに謎の長期休業をしたり(2007~2008年頃)、その後閉店(2011年頃)してしまったりで残念に思っていた「らうめん梵」が、2016年11月に以前と同じ場所に復活したとのことで、昨年暮れに遅ればせながら訪問して参りました。

    bon_menu.jpg
    店内に入って一番奥の突き当たりにある券売機。再オープン当初は左上のボタンが「醤油の拉麺」でしたが、味が安定しないそうで訪問時には提供を見合わせており、代わりに「味噌」「辛味噌」が用意されていました。

    店内は以前と同じレイアウトだったでしょうか、L字のカウンター9席、店主さんも以前と同じ方。ラーメン屋さんでトイレに行くことは滅多にない自分ですが、ここのトイレはとても広くきれいでかなりおすすめです(笑)。

    bon_niboshiramen_1.jpg
    煮干しの拉麺(750円)

    bon_niboshiramen_2.jpg
    煮干しガッツリのらーめんが珍しくない昨今でも珍しいくらいの煮干し臭いのが出てきました。

    bon_niboshiramen_3.jpg
    動物系オフの煮干しスープに煮干し油を重ねているようでしょうか、苦味・えぐみも厭わず煮干しを頭から尻尾の先まで丸ごとしっかり煮出している感じ。タレとシンクロして甘辛いというか、独特な味わい。

    bon_niboshiramen_4.jpg
    麺は今どきな感じの硬質でコシと小麦感しっかりなザクザク低加水の中細麺、断面形状スクエアでエッジが立っています。

    bon_niboshiramen_5.jpg
    丼埋め尽くす巨大チャーシューはホロホロ食感。

    フチ子さんの状態の柚子胡椒による味変はなかなか良いですが、ここまで強烈な煮干し推しは正直食べ手を選びそう。ただ、同店のFacebookを見る限り当面は「煮干し」と「味噌」の二本立てで攻めるようで、それはそれで個性的で面白そうです。

    P1190336.jpg
    駐車場は店舗を取り囲むように4台分です。



    らうめん梵
    住所 神奈川県茅ヶ崎市松浪2-8-23
    電話 
    営業 11:00~15:00
    定休 日
    駐車場 あり(店舗周囲4台分=本編参照)

    テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

    支那そば 流星軒@吉野町 「パンチつけ麺」他画像多数
    レギュラーメニューを中心に未掲載の写真が溜まってきましたので、まとめて蔵出しです。きっと後で何かの役に立つはず…

    ryuuseiken_shouyupremium_20150115.jpg
    醤油プレミアム・肩ロース&海老ワンタントッピング(2015年1月15日撮影)

    ryuuseiken_tsuke_sio_20150410.jpg
    つけ麺・しお・釜揚げ(2015年4月10日撮影)

    ryuuseiken_ryuuseipremium_20150525.jpg
    流星プレミアム(2015年5月25日撮影)

    某店主さんが流星軒では必ずと言っていいほど「流星プレミアム」を食べるという話を聞いて、そういえば「醤プレ」はあれど「流プレ」の写真はなかったなと思って注文してみました。動機がおかしいですかね?(笑)

    ryuuseiken_shinasoba_shouyu_20150710.jpg
    支那そば・しょうゆ(2015年7月10日撮影)

    ryuuseiken_kamaagetoriwantantsukemen_20160223.jpg
    釜揚げ鶏ワンタンつけ麺(2016年2月23日撮影)

    試作では乗らなかった穂先メンマが乗るようになった正式提供版。

    ryuuseiken_ryuuseimen_shouyu_20160618.jpg
    流星麺・しょうゆ(2016年6月18日撮影)

    ryuuseiken_ryuuseimen_sio_20160618.jpg
    流星麺・しお(2016年6月18日撮影)

    ryuuseiken_agenegisioramen_20160920.jpg
    揚げネギしおラーメン(2016年9月20日撮影)

    いわゆる「つなぎの限定」、僕が今書いているのは「つなぎの記事」…って同じにするなよって話ですね(苦笑)。自分がいただいたのは2013年10月以来でしたが、その後も何度かリリースされていると思います。

    ryuuseiken_shellduck_20161107.jpg
    Shell & Duck(2016年11月7日撮影)

    過去の限定の中でもかなり好き&思い入れが強く、ブログ掲載後も二度いただきました(←すみません、当社比では多い方なのです)。

    ryuuseiken_punchtsukemen_20161115.jpg
    パンチつけ麺(2016年11月15日撮影)

    年越しがパンチになることを見据え、せめてその前に一度…ということで、普段はほぼ夜しか行かない同店を昼訪ね、久々のパンチにありつけました。でも年越しありきなら「流星パンチ」にすれば良かったのにどうしてつけ麺にしたのか、自分でも謎です(笑)。



    流星軒
    住所 神奈川県横浜市南区日枝町4-97-2 グレイス南太田1F
    電話 045-241-1238
    営業 11:30~14:30/18:00~21:30頃(スープなくなり次第終了)
    定休 水
    駐車場 なし(近隣にコインパーキングあり)
    過去のレポート
    2016/12/30 年越しワンタンパンチ(期間限定)
    2016/09/27 Shell & Duck(期間限定)
    2016/07/27 ジンジャーワンタンSEXY DUCK(期間限定)
    2016/06/01 アボカドSEXY DUCK(期間限定)
    2016/04/27 手もみ'N' スモーキー(期間限定)
    2016/04/06 あさりちゃんプレミアム(期間限定)
    2016/03/02 あさりちゃん(期間限定)
    2016/01/12 釜揚げ鶏ワンタンつけ麺(期間限定)
    2015/12/29 3Bones ワンタン Noodle(期間限定)
    2015/11/04 秘密のラーメン(期間限定)
    2015/10/01 カブと細切り鴨スモークのしおつけめん(期間限定)
    2015/07/16 ィヨコハマブラック(15周年記念/3日間限定)
    2015/06/03 鶏節SEXY DUCK(期間限定)
    2015/03/19 カモエビG麺(期間限定)
    2015/01/20 えび辛パンチ(期間限定)
    2014/12/29 牛骨ワンタン麺(期間限定)
    2014/12/17 支那そば塩・他画像多数
    2014/12/03 早冬の気配(期間限定)
    2014/10/19 逆つけキーマカレー(期間限定)
    2014/08/28 Sexy Duck Shakin' Tomato(期間限定)
    2014/06/05 Sexy Duck Shakin' Tomato(試作)
    2014/05/09 Sexy Duck Shakin' Tomato(試作)、ひき潮(期間限定)
    2014/03/26 ひき潮(期間限定)
    2014/02/05 逆つけジンジャーワンタン麺(期間限定)
    2014/01/04 年越しジンジャーワンタン麺(期間限定)+味玉
    2013/10/15 ザ・スモーキー(期間限定)+味玉
    2013/10/04 年越しジンジャーラーメン(試作)
    2013/09/09 ワンタンスモーキー(試作)
    2013/07/05 SEXY DUCK パンプキン(試作)
    2013/05/29 Sexy Duck Smokey Special(期間限定)
    2013/03/17 逆つけスモーキー(期間限定)
    2013/01/16 オニグラセブン(期間限定)
    2012/12/31 年越しチキンラーメン(期間限定)+味玉
    2012/11/20 オニグラセブン(試作)
    2012/10/14 カモンベイビー♪(期間限定)
    2012/09/06 冷やし昆布だしつけめん(期間限定)
    2012/08/28 鴨ワンタンの試作麺/つけめんSEXY DUCK(期間限定)
    2012/07/21 つけめんSEXY DUCK(期間限定)
    2012/07/07 つけめんSEXY DUCK(試作)
    2012/06/12 枝豆SEXY DUCK(期間限定)
    2012/05/04 枝豆SEXY DUCK(試作)
    2012/03/21 黒く塗りつぶせ(期間限定)
    2012/03/14 黒く塗りつぶせ(試作)
    2012/03/09 揚げネギメンマスペシャル(期間限定)
    2012/01/08 流星パンチ
    2011/12/31 魚介だしオンリー塩ラーメン(期間限定)
    2011/10/25 ONLY ONE(期間限定?)
    2011/09/24 支那そば・しお
    2011/08/17 SEXY DUCK SIO(期間限定)
    2011/05/30 SEXY DUCK(期間限定)
    2011/04/12 昆布だし潮つけめん 辛味大根添え(期間限定)
    2010/12/08 流星尾道セブン+青ネギ(期間限定)
    2010/11/29 つけ麺・しょうゆ味+麺大盛/流星パンチ
    2010/11/20 流星麺・塩味
    2010/08/10 そのまんま冷やし+大盛(期間限定)
    2010/05/19 カモネギG麺(期間限定)
    2009/07/04 流星麺・しょうゆ味
    2009/05/14 醤油プレミアム+味玉
    2006/06/21 支那そば+味玉半分

    テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

    【年末限定】 麺酒処ふくろう@戸塚 「年越しはまぐりそば」
    fukurou_2016toshikoshi_5.jpg
    昨日12月30日(金)、流星軒・ロ麺ズに続いて2016年食べ納めシリーズ第3弾として訪れたのがこちら。ふくろう@戸塚の年末限定「年越しはまぐりそば」です(POPは「年起し」となっていますが、誤記と思われますので弊ブログでは「年越し」で統一します)。12月27日から年内いっぱいの提供、レギュラーメニューと並行しての販売です。

    fukurou_2016toshikoshi_1.jpg
    年越しはまぐりそば(1,180円)

    fukurou_2016toshikoshi_2.jpg
    この日3杯目で偶然にも味噌・塩・醤油をコンプリート。結論から言うとこれが一番好みだったかな。価格からしてそれぞれ狙いが異なると思いますので一概に比較はできませんが。

    fukurou_2016toshikoshi_3.jpg
    はまぐり100%にして追いはまぐり仕立てのスープに甘露醤油の組み合わせ。文字通り甘い香りがしますが「甘ったるい」ことなく、濃密でありながらまろやかでしつこ過ぎることもなし、豊かな旨味を持つタレと出汁をタレ先行ながらとても良いバランスで共存させていて、思わず表情が緩みます。

    長友店主に「ロ麺ズの蛤そばに味が似ていませんか?」と言われ、なるほどそうかも知れません。狙ったわけではないそうですがアプローチの仕方が似ていますよね。 

    fukurou_2016toshikoshi_4.jpg
    石臼挽き全粒粉配合の中細麺もふくろうらしく硬質でコシがありながらスープとの一体感に優れ、また、明確な風味と蕎麦に寄せたようなざらつきもあり、こちらもかなり好み。具ではしっとりとした鶏チャーシュー、はまぐり、穂先メンマ、かいわれ大根の他、油揚げ、かまぼこ、輪切りの白ネギでそばライクに。

    「そばとラーメンの中間をイメージしました」というPOPのコメントに極めて失礼ながら食前には中途半端さを危惧してしまったのですが、自分から見るとこれは「そばとラーメンのいいとこ取り」という積極的な印象で、歴代ふくろうの限定の中でもかなり好みでした。

    20161231001.jpg
    年末年始の営業案内。年内は大晦日の昼営業まで、年始は2日(月)からの営業です。年始にはまた別の限定を展開するそうですよ。



    麺酒処ふくろう
    住所 神奈川県横浜市戸塚区戸塚町145-6 奈良ビル101
    電話 045-866-3550
    営業 (平日)11:30~14:00/17:30~24:00(LOフード23:00/ドリンク23:30)
        (日・祝)11:30~14:00/17:00~21:00
    定休 月(祝日の場合は翌日)
    駐車場 なし(近隣にコインパーキングあり)
    過去のレポート
    2016/11/04 はまぐり×まつたけ かけラーメン 塩(期間限定)
    2016/09/02 はまぐり×かに かけラーメン 正油(期間限定)
    2016/08/18 はまぐり×かに かけラーメン 塩(期間限定)
    2016/07/26 はまぐり×トマト冷しラーメン(期間限定)
    2016/04/20 つけ麺~追いはまぐり仕立て~(期間限定)
    2016/01/02 昔ながらの中華そば(期間限定)
    2015/12/18 はまぐり味噌中華そば
    2015/07/27 はまぐり梅塩ラーメン(期間限定)
    2015/06/15 はまぐり煮干し中華そば、中華そば(味噌)(期間限定)
    2015/03/12 中華そば(塩)と一品料理各種
    2014/12/28 追いはまぐり中華そば(塩味)
    2014/12/12 中華そば(正油)

    テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

    【年末限定】 ロ麺ズ@弘明寺 「年越しらーめん・塩」
    romenzu_toshikoshi2016_7.jpg
    昨日12月30日(金)、流星軒に続いて2016年食べ納めシリーズ第2弾として訪れたのがこちら。ロ麺ズ@弘明寺の年末限定「年越しらーめん」です。12月30・31日の2日間は同メニューのみの販売で、塩と醤油の二本立てです。

    romenzu_toshikoshi2016_1.jpg
    年越しらーめん・塩(600円)

    romenzu_toshikoshi2016_2.jpg
    ららぽーと湘南平塚内の「G麺7-01」のオープンに伴い後藤店主が今年通い詰めた平塚のご当地麺を、水出し昆布100%スープにてインスパイアもどきしたものになります。

    「インスパイアもどき」と回りくどい書き方をしたのは、元ネタである「老郷(ラオシャン)」に代表される平塚式タンメンは、私が知る限りは豚骨ベースであり、酸味が最大の特徴で、味(塩or醤油)の選択肢はないもの。

    それに対し今作は水出し昆布100%のスープで、酸味は加えずに、塩と醤油の選択肢あり、ということからPOP上では「見た目だけは平塚チック」と謳っている訳で、言うなれば「インスパイアもどき」くらいが妥当…?なんて思いまして。

    食券をお渡しすると塩か醤油かを聞かれましたので、醤油はスープが茶色くなるかを確認したところ「Yes」の回答でしたので、塩でお願いしました。だって平塚式タンメンと言えばあの透き通ったスープがトレードマーク、そこはやはり見た目から入りたいですから…。余談ですが本家のタレは「醤油も使った塩味」なんですかね?よく分かりません。

    romenzu_toshikoshi2016_3.jpg
    水出し昆布100%のスープはすでにG麺7や催事でたびたび提供されていますので、その旨さであるとか、ラーメンスープとしてのポテンシャルとか…、そのあたりについては既知ゆえやはりどうしても平塚式タンメンとの類似性に注目してしまうわけですが、残念ながらというか何というか、これは「敢えて似せようとしていない」が正解ですね。後藤店主曰く「酸っぱくする勇気がなかった」とのことですし(笑)。

    また、トッピングのワカメの味がだいぶスープに移ってしまっているのが気になったりもするわけですが、これまた平塚式タンメンとの比較であり、つまりなまじ平塚式を知っているとそこから離れられなくなるため知らない方が純粋に楽しめるかも…って、それを言ったら身も蓋もないですかね(´Д`;)

    romenzu_toshikoshi2016_5.jpg
    でも酢を投入するとそれなりに平塚っぽくなります。それに対して今回用意されていたラー油は、平塚式のそれのような役割は担い切れずというのが率直なところ。写真を撮り忘れてしまったのですが、平塚式とは異なり醤油差しのような容器での提供でしたし、だいぶ雰囲気違うかな。平塚式においてラー油は重要なポイントだけに、このあたりは調整時間が足りなかったのかなと。

    romenzu_toshikoshi2016_4.jpg
    麺はこのところ限定で使われていた69'N'ROLL ONEインスパイアの細麺でしょうか、これはかなり平塚チック!

    romenzu_toshikoshi2016_6.jpg
    こちらはたまたまお会いしたお知り合いの方がお召し上がりの醤油味。味変をしない前提ならこちらの方が出来上がっているかも…?こうして見ると竹岡式っぽくも見えるなぁ(笑)。

    romenzu_toshikoshi2016_8.jpg
    と、物議を醸しそうな一杯に対しとりとめのない感想を並べましたが、後藤店主曰くこの手は「もうや~らない!」とのことでしたので、興味がある方は本日の大晦日がラストチャンスですヽ( ´∀`)ノ

    20161226001.jpg
    なお、年始は1月7日(土)からの営業です。



    ロ麺ズ
    住所 神奈川県横浜市南区六ツ川1-689-1 マルエツ六ッ川店 サニーロード内
    電話 045-315-2009
    営業 11:00~21:00
    定休 水
    駐車場 あり(マルエツの駐車場1時間まで無料)
    過去のレポート
    2016/10/28 和風細麺潮らーめん (期間限定)
    2016/09/21 烏賊煮干和風らーめん (期間限定)
    2016/08/04 冷やし中華 (期間限定)
    2016/06/14 冷やし味噌 (期間限定)
    2016/05/23 冷やしジャージャー麺 (期間限定)
    2016/03/31 手もみワンタン麺 (期間限定)
    2016/02/29 タコまぜそば type(温)(期間限定)
    2016/02/15 蛤浅利の正油そば・味噌バージョン(期間限定)、らーめん味噌
    2016/02/03 蛤浅利の正油そば(期間限定)
    2016/01/08 年越しそばもどき(らーめんです)(醤油)(期間限定)
    2015/12/16 汁無担担麺Sサイズ、汁無味噌担担麺(試作)
    2015/12/09 蕪の塩つけ麺(期間限定)
    2015/11/24 本枯節「2年物」の正油そば 寺岡家の蔵出し醤油を活かしたもう1つのラーメン(期間限定)
    2015/10/20 本枯節「2年物」の正油そば 寺岡家の蔵出し醤油を活かしたもう1つのラーメン(期間限定)
    2015/08/11 らーめん正油、らーめん味噌、らーめん塩バター、らーめん塩、汁無担担麺

    テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

    【年末限定】 流星軒@吉野町 「年越しワンタンパンチ」
    ryuuseiken_toshikoshi2016_5.jpg
    今日は流星軒@吉野町で昨日29日(木)・今日30日(金)の両日11:30~限定100食の年末ラーメンから「年越しワンタンパンチ」をいただいてきました。開店1時間前の10時半前ですでに4名並んでいらっしゃりびっくりだったのですが、結果的に開店時間前倒しでオープンしました。

    ryuuseiken_toshikoshi2016_1.jpg
    年越しワンタンパンチ(1,100円)

    ryuuseiken_toshikoshi2016_2.jpg
    今年の年越し企画はこれまでと趣向を変え、TRYラーメン大賞の味噌部門の常連であり、なおかつレギュラーメニューながら1日の提供杯数がきわめて少ない味噌ラーメン「流星パンチ」を普段食べられない皆さんにも…というコンセプト。

    ryuuseiken_toshikoshi2016_3.jpg
    カレー系のスパイスが特徴的なパンチの効いた濃厚味噌ラーメン。とはいえ今日は普段よりマイルド=いつもの方がワイルドな気がするのは、ひょっとしたら仕込みの工程が普段と異なる(通常パンチの元ダレは他のタレのタネを流用しているので杯数が少ないと認識しています)からだったりするのかな?などと想像しましたが、さにあらず。

    後ほど伺ったところ、パンチはそもそもそのオペレーションの制約上一度にまとまった数が作れない上、一杯ずつ味噌を溶く工程があるので手間がかかるのですが、そのため前日はとても回転が悪くなってしまったそう。その反省から今日はあらかじめ味噌を溶いておいたそうで、マイルドなのはそれが原因かも知れないとのことでした。自分もパンチをそれほど何度も食べているわけではありませんが、節の感じもいつもより立っている気がしました。

    ryuuseiken_toshikoshi2016_4.jpg
    麺は通常は麻生製麺ですが、今回はロ麺ズのレギュラー(丸刃なので醤油と味噌のレギュラーでしょうか)。ワンタンはチュルンとした皮に小ぶりな餡は鶏ひき肉+鶏軟骨+チーズでしょうか(未確認)。

    いつもとはちょっと違う、まろやかなパンチに和んだ今年の流星軒の年越しラーメンでした☆

    ryuuseiken_out_7.jpg
    流星軒というと個人的に今年は11月下旬から提供されていたロ麺ズ×流星軒コラボ第9弾「プレミアムワンタン麺」をレポート出来なかったのが心残りですが、1年間お世話になりました。年内の営業は本日で終了、大晦日はお休みで新年は1月5日(木)より通常営業とのことです。

    2016年も美味しいラーメンをたくさんいただきました。Thank You Ramen, Thank You 流星軒!



    流星軒
    住所 神奈川県横浜市南区日枝町4-97-2 グレイス南太田1F
    電話 045-241-1238
    営業 11:30~14:30/18:00~21:30頃(スープなくなり次第終了)
    定休 水
    駐車場 なし(近隣にコインパーキングあり)
    過去のレポート
    2016/09/27 Shell & Duck(期間限定)
    2016/07/27 ジンジャーワンタンSEXY DUCK(期間限定)
    2016/06/01 アボカドSEXY DUCK(期間限定)
    2016/04/27 手もみ'N' スモーキー(期間限定)
    2016/04/06 あさりちゃんプレミアム(期間限定)
    2016/03/02 あさりちゃん(期間限定)
    2016/01/12 釜揚げ鶏ワンタンつけ麺(期間限定)
    2015/12/29 3Bones ワンタン Noodle(期間限定)
    2015/11/04 秘密のラーメン(期間限定)
    2015/10/01 カブと細切り鴨スモークのしおつけめん(期間限定)
    2015/07/16 ィヨコハマブラック(15周年記念/3日間限定)
    2015/06/03 鶏節SEXY DUCK(期間限定)
    2015/03/19 カモエビG麺(期間限定)
    2015/01/20 えび辛パンチ(期間限定)
    2014/12/29 牛骨ワンタン麺(期間限定)
    2014/12/17 支那そば塩・他画像多数
    2014/12/03 早冬の気配(期間限定)
    2014/10/19 逆つけキーマカレー(期間限定)
    2014/08/28 Sexy Duck Shakin' Tomato(期間限定)
    2014/06/05 Sexy Duck Shakin' Tomato(試作)
    2014/05/09 Sexy Duck Shakin' Tomato(試作)、ひき潮(期間限定)
    2014/03/26 ひき潮(期間限定)
    2014/02/05 逆つけジンジャーワンタン麺(期間限定)
    2014/01/04 年越しジンジャーワンタン麺(期間限定)+味玉
    2013/10/15 ザ・スモーキー(期間限定)+味玉
    2013/10/04 年越しジンジャーラーメン(試作)
    2013/09/09 ワンタンスモーキー(試作)
    2013/07/05 SEXY DUCK パンプキン(試作)
    2013/05/29 Sexy Duck Smokey Special(期間限定)
    2013/03/17 逆つけスモーキー(期間限定)
    2013/01/16 オニグラセブン(期間限定)
    2012/12/31 年越しチキンラーメン(期間限定)+味玉
    2012/11/20 オニグラセブン(試作)
    2012/10/14 カモンベイビー♪(期間限定)
    2012/09/06 冷やし昆布だしつけめん(期間限定)
    2012/08/28 鴨ワンタンの試作麺/つけめんSEXY DUCK(期間限定)
    2012/07/21 つけめんSEXY DUCK(期間限定)
    2012/07/07 つけめんSEXY DUCK(試作)
    2012/06/12 枝豆SEXY DUCK(期間限定)
    2012/05/04 枝豆SEXY DUCK(試作)
    2012/03/21 黒く塗りつぶせ(期間限定)
    2012/03/14 黒く塗りつぶせ(試作)
    2012/03/09 揚げネギメンマスペシャル(期間限定)
    2012/01/08 流星パンチ
    2011/12/31 魚介だしオンリー塩ラーメン(期間限定)
    2011/10/25 ONLY ONE(期間限定?)
    2011/09/24 支那そば・しお
    2011/08/17 SEXY DUCK SIO(期間限定)
    2011/05/30 SEXY DUCK(期間限定)
    2011/04/12 昆布だし潮つけめん 辛味大根添え(期間限定)
    2010/12/08 流星尾道セブン+青ネギ(期間限定)
    2010/11/29 つけ麺・しょうゆ味+麺大盛/流星パンチ
    2010/11/20 流星麺・塩味
    2010/08/10 そのまんま冷やし+大盛(期間限定)
    2010/05/19 カモネギG麺(期間限定)
    2009/07/04 流星麺・しょうゆ味
    2009/05/14 醤油プレミアム+味玉
    2006/06/21 支那そば+味玉半分

    テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

    【新店】 麺や一峯@門沢橋 「塩わんたん麺」
    ichimine_out.jpg
    2016年11月22日オープンのお店。場所は藤沢の用田交差点から北上し、新幹線のガードをくぐった先の右手。店主さんは家系総本山・吉村家直系の「まつり家」(2015年11月閉店)の店主を務められた女性。よくぞこの立地で…というのはまつり家もそうでした。

    真新しい店内はカウンター6席+テーブル2卓4席、製麺室もあり。券売機はなく、口頭注文の後会計式。

    ichimine_menu_1.jpg
    メニュー。家系は捨てて、淡麗系の醤油味と塩味という展開。

    ichimine_menu_2.jpg
    麺やスープ、タレについての口上。

    ご夫婦らしい年輩男性と中年女性、女性がサブで動いていますが、この方が元まつり家の店主の方ですね。通り一遍の挨拶や発声はあるものの、覇気が感じられず仕方なしに言っているように聞こえます。また、客席側を向いても出来るであろう盛り付け作業を二人で背を向けて行っており、なんだかなぁ。注文は一度に2杯ずつしか作らず、それは3人客でも同様。

    ichimine_siowantan_1.jpg
    塩わんたん麺(900円)

    ichimine_siowantan_2.jpg
    飯田商店などを連想させる典型的な神奈川淡麗系のルックス。厳しいようですがオリジナリティは微塵もありません。

    ichimine_siowantan_3.jpg
    スープは鶏ベースにさば節らしき魚節を効かせたもの。しかし、じんわりにも程があるだろうというほどあっさり薄味で、パンチやコク、旨味が圧倒的に不足しています。それでいて卓上調味料はブラックペッパーのみという仕打ち。

    ichimine_siowantan_4.jpg
    自家製の細麺も、滑らかなストレート麺が主流のこの系統としては珍しい、白河系のようなやさしいタッチの縮れたものですが、特に風味に優れるでもなく、何より柔く、コシもない相当に緩い食感。

    ichimine_siowantan_5.jpg
    チャーシューも方程式通りの鶏&豚、鶏チャーシューはふっくらしっとりしており好み。

    ichimine_siowantan_6.jpg
    ワンタンは薄皮のもの。

    ichimine_siowantan_7.jpg
    ふわりとした餡は鶏肉メインでしょうか、ジューシーで旨味が閉じ込められており、なかなか。

    P1190307.jpg
    駐車場案内図。

    他店での実績がある店主さんだけに期待し過ぎたのかも知れませんが、あらゆる面で魅力を感じることが出来ませんでした。まだ開店から間もなく試行錯誤している段階かも知れませんが、陸の孤島のような立地でいて実は車で10分も走れば多数のライバル店があるエリアだけに、この出遅れがどう響くか…と思います。



    麺や一峯
    住所 神奈川県藤沢市用田1038-27
    電話 
    営業 11:00~15:00
    定休 月
    駐車場 あり(計8台、本文画像参照)

    麺や一峯ラーメン / 門沢橋)

    昼総合点★★☆☆☆ 2.5

    テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

    【新店】 麺処 凪@平塚 「塩らぁ~麺」「麻辣担々麺」
    nagi_hiratsuka_out.jpg
    平塚駅南口から歩けば10分ほど、閑静な住宅街の松風町に2016年12月17日(土)にオープンした新店。店頭の祝花には飲食関係者のものは見当たらず、自家製麺でもなさそうに思いますが製麺所からの祝花などもありませんでした。

    店内はL字型のカウンターで8席ほど、真新しい店内は清潔で明るく、また、照明や箸置きなどの小物が小洒落ており、老若男女問わず入りやすい雰囲気。ただしカウンターと椅子の高さの関係上、小さなお子様は事実上お断りということになろうかと思います。卓上調味料は柚子胡椒、酢、醤油。

    また、目を引くのがカウンター奥に鎮座している、ポップなカラーリングのかき氷機。店内装飾の一つかと思いきや、実際にメニューにもかき氷がラインアップされていました。らーめんとかき氷のコラボが平塚にやって来るなんて…!

    いずれも中年男性の店主さんと助手さんのお二人で切り盛り、いきなり大勢のお客さんに来られても困るということで特に開店の告知はしなかったそうです。店主さんの出自は伺いませんでしたが、なんとなく中華とかそっち系かなぁ、なんて想像。

    nagi_hiratsuka_menu_1.jpg
    メニューは昼の部・夜の部に分かれており、昼の部は麺とライスのみ。塩と担々麺が2種類の計3種という構成。口頭注文の後会計式です。

    nagi_hiratsuka_menu_2.jpg
    夜の部はサイドメニューが充実している他、アルコール類も多数あり、軽くお酒を飲めるようにもなっています。餃子あたりは昼でも需要がありそうですが、やはり難しいですかね。

    nagi_hiratsuka_menu_3.jpg
    かき氷も残念ながら夜の部のみ。ランチタイムは厳しいとしても、夜限定というのは逆に絞り過ぎなような…

    nagi_hiratsuka_sio_1.jpg
    塩らぁ~麺(750円)

    nagi_hiratsuka_sio_2.jpg
    ネーミングの「ぁ」と「~」はどちらか一方で良いのに…、という揚げ足取りはさておき(※)、洗練されたビジュアルで登場。なお「掛け麺」というメニューは、これのかけバージョンになります。

    ※店外には「塩拉麺」と表記されていました。

    nagi_hiratsuka_sio_3.jpg
    わずかにブラックペッパーが散見される透明度の高いサラッとしたスープ、鶏でも豚でもない特有の風味は牛によるものだそうで、丁寧に引かれた出汁がじんわりと効いています。牛スープのラーメンというと牛脂でインパクトを出したりしますが、決してそうではなくあくまでじんわり、さっぱり。

    後半になると温度変化によるものか、煮干しが主かと思いますが魚介の風味が、そう複雑なものではありませんがこれまたじんわりと効いて来ました。

    これだけ繊細なテイストだとトッピングのニラがスープを台無しにしないか危惧しましたが、逆にこれがないと大人しすぎるきらいがあり、これでバランスを取っているのだろうと推測します。

    ただ、油分が少ないので冷めやすいですし、何よりパンチや食べ応えに乏しいのは否めません。味変用に勧められた卓上の柚子胡椒もスープが冷めてからでは効果を発揮し切れません。

    nagi_hiratsuka_sio_4.jpg
    麺は中細ストレート、色白の中に黒点が見えるもの。硬めですがしなやかで、パツッと歯切れの良いもの。

    トッピングはチャーシュー、メンマは穂先タイプ、ネギではなくニラ、ナルト、海苔。食べているときは意識しませんでしたが、スープは牛ですがチャーシューは豚ですね。

    個人的にはもう少し賑やかな味の方が好みですが、そもそもそこは目指しておらず、品の良いテールスープ風といった趣で高めの年齢層をターゲットにしているのかも知れません。

    nagi_hiratsuka_ma_tantanmen_1.jpg
    麻辣担々麺(800円)

    nagi_hiratsuka_ma_tantanmen_2.jpg
    担々麺メニューは、芝麻醤系の「タンタン麺」と、こちら麻辣系(カラシビ系)の「麻辣担々麺」の2種類あり。こちらもきれいな盛り付けが為されています。

    nagi_hiratsuka_ma_tantanmen_3.jpg
    カラシビ共に控えめながら、こちらはパンチはもちろんのこと奥行きを感じられる味わいで「塩」とは好対照。ただ、ベースのスープは「塩」と共通ではないかと思うのですが、「辣」(=唐辛子)がしっかりしている分、スープの線の細さが余計浮き彫りになるようにも感じます。個人的には芝麻醤等の厚みが感じられればなと…。

    また、「麻」(=花椒・山椒等)については「山椒が底に沈んでいますので」と言われましたので底から混ぜましたが、この程度ではこのメニューを注文する大半の人には物足りないのではないでしょうか。

    nagi_hiratsuka_ma_tantanmen_4.jpg
    麺は「塩」とは異なる黄色がかったモチモチの中太ややちぢれ麺。メンマも異なり、担々麺には極太タイプが乗ります。

    「塩」も「担々麺」も破綻なく作りも丁寧でしたので後は好みの問題だと思いますが、事実上子供NGな上に、担々系が苦手な人には塩しか選択肢がない、昼には餃子やかき氷がない等々、食べる前から訪問ハードルが高いように思います。初めから手を広げ過ぎて手が回らないよりは良いのかも知れませんが…

    なお、営業時間・定休日は未定とのことで「電話で確認してください」と名刺をいただきましたが、電話番号が携帯の番号でしたので、念のため掲載は自重させていただきます。



    麺処 凪
    住所 神奈川県平塚市松風町21-19
    FAX 0463-23-1285
    営業 11:00頃~
    定休
    駐車場 なし

    麺処 凪ラーメン / 平塚駅

    昼総合点★★★☆☆ 3.0

    テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

    G麺7・啜磨専科・ロ麺ズ 恒例年越しらーめん&年末年始営業情報!
    遅くなりましたが、タイトルの通り、G麺グループの恒例年越しらーめん&年末年始営業情報です。

    20161226001.jpg
    営業日についてはご覧の通りですが、12月28日(水)は通常ロ麺ズは定休日ですが、この日は特別に昼のみ営業するそうです。

    そして30日(金)・31日(土)が年末恒例の年越し限定メニューでの営業です。

    20161226002.jpg



    【G麺7】

    年越しそばもどき(らーめんです)(600円)


    毎年恒例のらーめんになります。そば粉は一切使用していません。(正油・塩)



    【啜磨専科】

    年越し白湯らーめん(800円)


    今年は鶏豚ミックスの白湯になります。(塩)



    【ロ麺ズ】

    年越しらーめん(細麺)(600円)


    水出し昆布100%のスープにワカメと玉ねぎを散らし、見た目だけは平塚チックにしてみました。




    なおロ麺ズは平塚系に因んで、ラー油と酢を用意するそうですよ。楽しみ~(´∀` *)

    テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ