ノンジャンル系日記ブログだったはずが、今やほとんどラーメンブログ。何かの参考になることがあれば幸いです。横浜南部&東京都心メイン。
    鶏と魚だしのつけめん哲@溝の口 「濃厚強火炊きつけめん」「中華そば」
    tetsu_mizonokuchi_out_.jpg
    東急田園都市線溝の口駅高架下にあるお店。2011年9月オープンとか。

    カウンター10席+テーブル席8席の計18席、テーブル席の椅子はベンチシートと言うのかボックスタイプと言うのか分かりませんが、いわゆるファミレス的な小さな子連れでも安心な形状。

    tetsu_mizonokuchi_tsuyobitsuke_1.jpg
    濃厚強火炊きつけめん(840円)

    tetsu_mizonokuchi_tsuyobitsuke_2.jpg
    最初だけはグツグツに煮えたぎるつけだれは生姜効きまくり。スープ割りをしなくても飲めてしまいそうなくらいの味の濃さやわざとらしくない穏やかなとろみはわりと好み。しかし結構な化調具合もであり、「産業ロック」ならぬ「産業ラーメン」の印象。

    tetsu_mizonokuchi_tsuyobitsuke_3.jpg
    平打ちの麺は瑞々し。申し訳程度にトッピングされる冷めた唐揚げは意味がよく分かりませんが、キッズには支持されそう。

    tetsu_mizonokuchi_cyuukasoba_1.jpg
    中華そば(750円)

    tetsu_mizonokuchi_cyuukasoba_2.jpg
    スープ少なっ!が第一印象。申し訳ないですが「本当にこれで並盛で、これで750円なの?」と食べる前から不信感。内容としては見た目の印象と違わぬ万人向けの和風鶏煮干しスープと、低加水のかなり硬質な中細ストレート麺の組み合わせ。つけ麺の唐揚げに続いて、よく分からない油揚げのトッピング。

    何かを語ろうとしたところで、スープの少なさがすべてを表すような「産業ラーメン」的作りなのはつけ麺と同様。しかし一端(いっぱし)の価格にしてこれだけあからさまにコストカットしても待ちが出るくらいお客さんが来るのですから、経営者はウハウハでしょう。

    スタッフは若い男性ばかりでしたが、接客は良かったのでファミレス感覚で利用する分にはぼちぼちかも知れません。



    鶏と魚だしのつけめん哲 溝の口店
    HP http://www.tetsu102.com/
    住所 神奈川県川崎市高津区溝口2-8-12
    電話 044-811-1363
    営業 11:00~25:00
    定休 無休
    駐車場 なし

    テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

    中華蕎麦 時雨@伊勢佐木長者町 「塩そば」
    shigure_out.jpg
    2017年4月オープンのお店。店内はカウンター6席+テーブル3卓6席の計12席、食券制。

    shigure_menu_1.jpg
    券売機左上は「中華蕎麦」、すなわち醤油味ですが、これはネット上でレビュー多数なのと見た目である程度想像が付く気がして、敢えて「塩そば」にしてみました。

    白木を多用した割烹的(?)な純和風で統一された小綺麗な空間。そしてその空間に対して席数が少なめに感じるぜいたくな作り。何しろ潤沢な資金力を感じます。

    お店の「コンセプト」として「外国産の食材や、化学調味料が何処にでも使われている中で、日本が世界に誇る国産食材を厳選して使用し、化学調味料に頼らず本来素材が持っている味や旨味を重ね、食べ終わった後に完成する一杯を目指す。」(原文通り)と掲げられています。

    「食べ終わりと同時に」ではなく「食べ終わった後に完成する」というのは少々ピンと来ませんし、今この時代に無化調をこれほど高らかに謳うのも違和感がないわけでもないですが、果たして。

    湯切りは平ざるで、一杯ずつ丁寧な作業。営業と並行して進められている仕込みの仕事ぶりも非常に丁寧。ただしその分、提供までは少々時間を要しました。

    shigure_siosoba_1.jpg
    塩そば(820円)

    shigure_siosoba_2.jpg
    店主さんは中華そば多賀野@荏原中延のご出身だそうですが、店構えは元より、らーめんにもその面影は感じさせません。一見するといわゆる「ネオまたおま」(=「またお前か」と思わせるような淡麗系)っぽく見えなくもないルックスですが、実態はさにあらず。

    shigure_siosoba_3.jpg
    なるほど、スープは丁寧にしっかり取られた鶏の旨味がたっぷり、澄んでいますが力強いもの。鶏油頼りでないのも好みですし、これでしたら前述の無化調云々のコンセプトも説得力があります。

    shigure_siosoba_4.jpg
    パスタみたいなツルツルシコシコした麺も美味しい…!

    チャーシューも比較的手間のかかる豚モモ肉、しっとりとして仕上がりも文句なし。

    shigure_siosoba_5.jpg
    そしてこれが卓上の蘊蓄冊子にも記されていたミートローフでしょうか、レンコンや香草の類が練り込まれているようで風味・食感も高く、変わり種ですがらーめんとの相性も見事です。

    上質にして芳醇な鶏の旨味と厚みにより、無化調の弱みどころか無化調の価値を存分に具現化している一杯で、ちょっと大仰なのではないかと思った店構えやこだわりの数々も決して大風呂敷ではないと思わされました(←何様)。確固たるコンセプトにプライドを感じますし、このクオリティが維持出来ればそう遠くないうちに横浜を代表するお店の一つに食い込んで来ても不思議でないと思います。

    shigure_menu_2.jpg
    「手間」「ラーメンスープ」

    shigure_menu_3.jpg
    「つけ蕎麦スープ」(スープ割りは日替わり!)「麺」

    shigure_menu_4.jpg
    「醤油タレ」「塩タレ」

    shigure_menu_5.jpg
    「具材」「ホロホロ鳥」

    shigure_menu_6.jpg
    「比内地鶏」「器」



    中華蕎麦 時雨
    住所 神奈川県横浜市中区不老町2-10-5 三陣ビル1F
    電話 045-264-4809
    営業 (平日)11:00~14:00/18:00~21:00
        (土)11:00~14:00
        ※スープなくなり次第終了
    定休 日
    駐車場 なし

    テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

    【限定メニュー】 流星軒@吉野町「秘密のラーメン2017秋」は11月9日(木)から!
    ryuuseiken_himitsunoramen2017_7.jpg
    流星軒@吉野町では明日11月9日(木)から、2017年第7弾にしてロ麺ズとのコラボ第16弾となる限定メニュー「秘密のラーメン2017秋」が始まります!

    ryuuseiken_himitsunoramen2017_1.jpg
    秘密のラーメン2017秋(1,700円)

    ※試作のため、仕様が一部異なる可能性があります。

    思わせぶりにしてイマジネーションをかきたてるネーミングは、2015年の同時期(あれからもう2年とは…)にリリースされた限定「秘密のラーメン」のリバイバル。

    ただし前回はトッピングに採用した「イベリコ豚セクレト」に由来する「名が体を表す」ネーミングでしたが、今回は「食べれば分かるからナイショ…!」という、文字通り詳細を伏せたサプライズを目的としたもの(笑)。

    言わば、それだけ説得力のある仕上がりになった表れと言えるかも知れません。「必ず喜んでもらえるはずだから、ワクワクしながら待っててね」というコンセプトです(食べ物の好き嫌いがない前提ですが)。

    それと某ラーメンマンガに「奴らはラーメンではなく、情報を食ってるんだ」という名言がありましたが、事前情報にとらわれることなく、目の前のラーメンと向き合って純粋に味わい、驚き、楽しんで欲しいといった願いも込められているのかも知れません。

    とは言え、「秘密」の真相を解き明かすヒントはしっかり冒頭のPOPに記されています。「秋の味覚の絶対王者」…と言えば、アレですよね?ただ、ここで秘密の正体を明かす訳には参りませんので、以下「アレ」で統一させていただきます(回りくどくてすみません)。

    ryuuseiken_himitsunoramen2017_2.jpg
    ルックス的にはかつての「Shell & Duck」と共通点が多いでしょうか。わさび菜、すだち、ワンタンが目を引く醤油味です。

    自分も予備知識ゼロの「秘密」の状態でいただきました。作る工程を観察していたところ油がポイントかな…?トリュフかな…?と思って平賀店主にお尋ねしましたが、違うらしい。むむむ…

    ryuuseiken_himitsunoramen2017_3.jpg
    目の前に出されると、香りが素晴らしい。「これはもしかして、、もしかするのか…!?」とワクワク。

    それでもスープをゴクリといただいた時点では実は確信まで至らなかったのですが、

    ryuuseiken_himitsunoramen2017_4.jpg
    次に麺を啜り上げた瞬間、アレの香りがブワッ!と猛々しく押し寄せて来たではありませんか。松田優作よろしく「なんじゃこりゃぁあ!!!」と仰け反りそうになりながらも、「本当にアレかい!」という驚きと確信と嬉しさ、さらにはそのダイレクト感に思わず笑いが止まらなくなったほどです。

    麺はロ麺ズの中太麺を手揉みしたものですが、レンゲでスープを味わうときよりよほどハッキリとアレの香りが飛び込んで来る事実。これには笑みをこぼさずにはいられません。麺の形状やスープとの相性ってやはり大切ですね。

    じっくりと香りを移したアレの香味油は先入れですがインパクト十分、なおかつ切り立ち丼の形状も手伝ってか、スープの最後の一滴まで風味が持続するのも見逃せません。アレの姿かたちがなくても、アレを飲み込んでいるかのよう。

    そしてすだちがまた相性抜群、たまり醤油を使ったプレミアム用の醤油タレと相まって、醤油と柑橘でいただく香ばしいアレの網焼きを連想させてくれます。

    ryuuseiken_himitsunoramen2017_5.jpg
    ゴロッとかたまり感のある名物のワンタンも、アレ+プリプリのホタテを包んだぜいたくな逸品。

    ryuuseiken_himitsunoramen2017_6.jpg
    そういえば3年前にも「早冬の気配」という限定の佳作がありまして…って秘密の種明かしになってしまいますね。

    自分自身、アレを使ったラーメンスープは初めてではありませんでしたが、それでも「まさか」という驚きと、そして出汁としてなら線が細いであろうアレの風味を油に閉じ込めることでここまで輪郭を明確にし、振り切ったものに仕上げてきたことに流星軒の流星軒たる所以を見た思いです。

    お話を伺えば、やはりアレのパンチを効かせた仕上げにするには試行錯誤があったそうです。結果、1,700円という値付けとなったことについても平賀店主自身、葛藤がなかったわけではないとのこと…

    しかしアレの存在感をこれほど余すことなく堪能させてくれれば納得&満足も行くと思いますし、むしろ妥協の産物ではないことの裏付けと捉えることも出来ようかと思います。

    ですからたまには頑張った自分へのご褒美として…とか、そんな一杯も良さそうに思いますがいかがでしょうか(´∀` *)



    流星軒
    住所 神奈川県横浜市南区日枝町4-97-2 グレイス南太田1F
    電話 045-241-1238
    営業 11:30~14:30/18:00~21:00頃(スープなくなり次第終了)
    定休 水
    駐車場 なし(近隣にコインパーキングあり)
    過去のレポート
    2017/09/06 鴨だしつけ麺(期間限定)
    2017/07/19 じゃがいもSEXY DUCK(期間限定)
    2017/06/12 エビとホタテの揚げネギしおワンタン麺(期間限定)
    2017/03/22 SEA BREEZE(期間限定)
    2017/01/25 スモーキーパンチ(期間限定)
    2017/01/06 パンチつけ麺・他画像多数
    2016/12/30 年越しワンタンパンチ(期間限定)
    2016/09/27 Shell & Duck(期間限定)
    2016/07/27 ジンジャーワンタンSEXY DUCK(期間限定)
    2016/06/01 アボカドSEXY DUCK(期間限定)
    2016/04/27 手もみ'N' スモーキー(期間限定)
    2016/04/06 あさりちゃんプレミアム(期間限定)
    2016/03/02 あさりちゃん(期間限定)
    2016/01/12 釜揚げ鶏ワンタンつけ麺(期間限定)
    2015/12/29 3Bones ワンタン Noodle(期間限定)
    2015/11/04 秘密のラーメン(期間限定)
    2015/10/01 カブと細切り鴨スモークのしおつけめん(期間限定)
    2015/07/16 ィヨコハマブラック(15周年記念/3日間限定)
    2015/06/03 鶏節SEXY DUCK(期間限定)
    2015/03/19 カモエビG麺(期間限定)
    2015/01/20 えび辛パンチ(期間限定)
    2014/12/29 牛骨ワンタン麺(期間限定)
    2014/12/17 支那そば塩・他画像多数
    2014/12/03 早冬の気配(期間限定)
    2014/10/19 逆つけキーマカレー(期間限定)
    2014/08/28 Sexy Duck Shakin' Tomato(期間限定)
    2014/06/05 Sexy Duck Shakin' Tomato(試作)
    2014/05/09 Sexy Duck Shakin' Tomato(試作)、ひき潮(期間限定)
    2014/03/26 ひき潮(期間限定)
    2014/02/05 逆つけジンジャーワンタン麺(期間限定)
    2014/01/04 年越しジンジャーワンタン麺(期間限定)+味玉
    2013/10/15 ザ・スモーキー(期間限定)+味玉
    2013/10/04 年越しジンジャーラーメン(試作)
    2013/09/09 ワンタンスモーキー(試作)
    2013/07/05 SEXY DUCK パンプキン(試作)
    2013/05/29 Sexy Duck Smokey Special(期間限定)
    2013/03/17 逆つけスモーキー(期間限定)
    2013/01/16 オニグラセブン(期間限定)
    2012/12/31 年越しチキンラーメン(期間限定)+味玉
    2012/11/20 オニグラセブン(試作)
    2012/10/14 カモンベイビー♪(期間限定)
    2012/09/06 冷やし昆布だしつけめん(期間限定)
    2012/08/28 鴨ワンタンの試作麺/つけめんSEXY DUCK(期間限定)
    2012/07/21 つけめんSEXY DUCK(期間限定)
    2012/07/07 つけめんSEXY DUCK(試作)
    2012/06/12 枝豆SEXY DUCK(期間限定)
    2012/05/04 枝豆SEXY DUCK(試作)
    2012/03/21 黒く塗りつぶせ(期間限定)
    2012/03/14 黒く塗りつぶせ(試作)
    2012/03/09 揚げネギメンマスペシャル(期間限定)
    2012/01/08 流星パンチ
    2011/12/31 魚介だしオンリー塩ラーメン(期間限定)
    2011/10/25 ONLY ONE(期間限定?)
    2011/09/24 支那そば・しお
    2011/08/17 SEXY DUCK SIO(期間限定)
    2011/05/30 SEXY DUCK(期間限定)
    2011/04/12 昆布だし潮つけめん 辛味大根添え(期間限定)
    2010/12/08 流星尾道セブン+青ネギ(期間限定)
    2010/11/29 つけ麺・しょうゆ味+麺大盛/流星パンチ
    2010/11/20 流星麺・塩味
    2010/08/10 そのまんま冷やし+大盛(期間限定)
    2010/05/19 カモネギG麺(期間限定)
    2009/07/04 流星麺・しょうゆ味
    2009/05/14 醤油プレミアム+味玉
    2006/06/21 支那そば+味玉半分

    テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

    八咫烏@九段下 「ラーメン黒」
    yatagarasu_out.jpg
    2016年8月3日オープンのお店。2016年は九段下~神保町エリアに「二階堂」「八咫烏」「黒須」と清湯系の新店が相次いでオープンしたことになります。

    yatagarasu_menu_1.jpg
    「からす」というよりはうなぎの寝床的な店内はカウンター8席+テーブル1卓4席。全体的に窮屈。男性スタッフ3名体制ですが、皆さん伏し目がちで客あしらいももう一つ、店員同士のやりとりも上下関係丸出しであまり良い雰囲気とは言い難く。

    yatagarasu_ramenkuro_1.jpg
    ラーメン黒(750円)

    yatagarasu_ramenkuro_2.jpg
    きれいな見た目、醤油が良い色。

    yatagarasu_ramenkuro_3.jpg
    ぽってりとした鶏油に生醤油っぽい深みのある醤油を魚介出汁で食べさせるもの。なかなかに個性的。

    yatagarasu_ramenkuro_4.jpg
    それにゴリゴリの麺。

    yatagarasu_ramenkuro_5.jpg
    チャーシューは見た目はこんなに素敵ですが、味は…。なんだろうな、水っぽい感じとでも言うか、旨味に欠けます。

    流行りのものとは一線を画しているものの、ここに限らず最近の清湯系は、淡麗系の枠の中でなんとか新しい組み合わせを見つけて個性を捻り出そう、差別化を図ろうとしているような窮屈さも覚えます。



    八咫烏
    住所 東京都千代田区九段北1-9-2 中西ビル1F
    電話 03-6256-9929
    営業 (月~金)11:00~22:00(21:45LO)
        (土・祝)11:00~17:00
    定休 日
    駐車場 なし

    テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

    神保町 黒須@神保町・九段下 「醤油蕎麦」
    kurosu_out.jpg
    2016年11月1日にオープンした都会の路地裏の店。店舗外観は営業中に撮影したものですが、そういえば暖簾は無いのかな。

    kurosu_menu_2.jpg
    店頭のA看板のメニュー写真を見つつ、

    kurosu_menu_3.jpg
    個人的な興味の対象も、自分を満たしてくれるのも一番変化球っぽい「冷やし煮干」ではなかろうかと思いつつ、、、

    kurosu_menu_1.jpg
    結局券売機最上段から「醤油蕎麦」を選んでしまう自分。

    飾り気のない、「作られた昭和風」ではない「リアル昭和」な店内は居心地が良いもの。カウンター7席のみ、若き店主さんと、配膳担当のご婦人は店主様のお母さまだったりするでしょうか。注文から5分ほどで提供。

    kurosu_shouyusoba_1.jpg
    醤油蕎麦(750円)

    kurosu_shouyusoba_2.jpg
    大山鶏、生醤油、全粒粉、無化調…とトレンドの王道を行くような構成の一杯。

    kurosu_shouyusoba_3.jpg
    ですが、油の主張の強さの前にそれ以外がすっかり霞んでしまい、深みがなく、メリハリもなく、締まらない…。いや、味醂のような甘みはやけに効いてはいましたが。

    kurosu_shouyusoba_4.jpg
    麺も同様に「これで良いの?」と思わせるもの。

    kurosu_shouyusoba_5.jpg
    一旦そういった思考になってしまうと、鶏チャーシューなどもレア過ぎて大丈夫なのかと余計なことを考えたり。もちろん心配に及ばない物を提供していることと思いますが…

    正直なところどういったものを食べさせたいのかが伝わって来ず、最近にしてはめずらしく首を傾げるような一杯でした。



    神保町 黒須
    住所 東京都千代田区神田神保町3-1-19
    電話 050-3568-8701
    営業 11:00~15:00
    定休 日
    駐車場 なし

    テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

    啜磨専科@上大岡 「らうめん塩」「汁無担担麺」
    susurimasenka_out_.jpg
    アップが遅くなりましたが、10月6日のメニューリニューアル直後の連休に訪れたときにいただいたものです。

    susurimasenka_sioramen_renew_1.jpg
    らうめん塩(780円)

    susurimasenka_sioramen_renew_2.jpg

    susurimasenka_sioramen_renew_3.jpg

    susurimasenka_sioramen_renew_4.jpg
    染み入るような「出汁の世界」寄りの「らーめん正油」と比べると、こちらの方が鶏出汁の厚みをダイレクトに感じやすく塩角も効いているので、G麺7のようなある程度パンチがあって分かりやすいラーメンを好む人(自分含む)には正油より塩の方が合いそうです。

    susurimasenka_shirunashitantanmen_1.jpg
    汁無担担麺(辛痺)(830円)

    susurimasenka_shirunashitantanmen_2.jpg
    これが常時上大岡で食べられるようになると、弘明寺のロ麺ズまで足を運ばなくなる人も一定数いそうな気がします(笑)。かく言う自分もG麺7での限定からのロ麺ズで汁無担担麺の、スナック菓子のような中毒性に目覚めてしまったクチですので、より身近になるのは有難かったり。

    susurimasenka_shirunashitantanmen_3.jpg

    susurimasenka_shirunashitantanmen_4.jpg

    susurimasenka_shirunashitantanmen_5.jpg
    ただ、啜磨専科で出すものは、ロ麺ズのものにさらにハラペーニョを加えるなどして大人向けの激辛とした、、、と聞いていたわりに、辛さ耐性の低い自分でも余裕でした。そのことは後藤店主にもお伝えしましたので今はしっかり激辛なことでしょう。

    susurimasenka_menu_renew_3.jpg
    当初は「らあうめん」になっていたのが「らうめん」に修正されています。細かいついでに言えば「つけ麺」と「つけめん」もどちらかに統一していただきたいところ(笑)。

    なお私事ですが、かつてのようにG麺7グループの限定情報を発信するのは当面難しそうです。長年続けてきただけに自分でも不本意ですが、すみません。本当ならもう少し日常的にラーメンを食べたいですが、なかなか思うように行かずです。



    啜磨専科(すすりませんか)
    住所 神奈川県横浜市港南区上大岡西2-14-15
    電話 045-370-9417
    営業 11:30~14:30/18:00~23:00
    定休 木
    駐車場 なし(近隣にコインパーキングあり)
    過去のレポート
    2017/10/06 【リニューアル】らうめん正油、正油つけ麺、ザ・しおつけ麺
    2017/04/17 サンマ煮干しラーメン 牛チャーのせ
    2017/03/26 正油細つけ麺H、正油細つけ麺F
    2017/02/06 タンタン麺上大岡風(期間限定)
    2016/11/14 鮪節と新潟コトヨ醤油醸造元延喜醤油のラーメン(期間限定)
    2016/10/26 青唐辛子とモロヘイヤとチーズのラーメン(期間限定)
    2016/10/12 青唐辛子とモロヘイヤとチーズの温盛りつけ麺(期間限定)
    2016/06/10 冷やしコンソメらーめん(期間限定)
    2016/04/18 自家製コンソメらーめん(期間限定)
    2016/02/23 背アブラーメン、モチ豚背アブライス(期間限定)
    2016/01/06 鶏白湯らーめん(期間限定)
    2015/12/08 室井の塩らーめん(期間限定)
    2015/10/07 バジルソースの味噌つけ麺(期間限定)
    2015/06/03 冷やしらぅめん(しお)(期間限定)
    2015/05/01 煮出し昆布のつけ麺、昆布のせごはん(期間限定)
    2015/02/18 背あぶラーメン、モチ豚背アブライス(期間限定)
    2014/12/20 白湯らーめん(鶏豚ミックス/期間限定)
    2014/12/20 啜磨専科の室井仁君が作ったあさり出汁と納豆の「味噌らーめん」(試作)
    2014/10/16 銀波藻(ギバサ)を使った「みそつけ麺」(期間限定)
    2014/06/04 黒ごま冷やしつけ麺(期間限定)
    2014/04/03 水出し昆布のつけ麺 味噌バージョン(期間限定)
    2014/03/24 水出し昆布のつけ麺(期間限定)
    2014/01/13 モチ豚背アブらー麺(改)関ヶ原のたまり風味・正油味、G麺パンチ(仮称/試作)
    2013/12/18 塩煮干しラーメン(仮称/期間限定)
    2013/11/29 正油煮干しラーメン(仮称/期間限定)
    2013/11/27 にぼ味噌ラーメン、かつお味噌ラーメン(期間限定)
    2013/11/19 モチ豚背アブらーめん 関ヶ原のたまり風味 塩味(期間限定)
    2013/10/21 モチ豚背アブらーめん 関ヶ原のたまり風味 塩味(試作)
    2013/10/01 にぼみそ(試作)
    2013/08/23 梅酢と塩鶏節の冷つけ麺(期間限定)
    2013/08/16 冷塩鶏節つけ麺(期間限定)
    2013/05/31 冷塩鶏節つけ麺(試作)
    2013/04/17 水出し昆布のつけ麺/水出し昆布のつけ麺 塩味(期間限定)
    2013/03/09 水出し昆布のつけ麺(試作)
    2013/01/30 ちょっとこってりラーメン(試作)
    2013/01/14 なんとなく豚骨魚介つけめん(期間限定)
    2012/12/29 塩鶏白湯らーめん並(期間限定)+味付玉子
    2012/12/28 塩鶏白湯らーめん(試作)
    2012/12/04 塩鶏白湯らーめん(試作)
    2012/11/30 町田・湯河原スタイルのつけ麺(試作)
    2012/11/22 なんとなく豚骨魚介つけめん(試作)
    2012/11/02 なんとなく豚骨魚介つけめん(試作)
    2012/10/17 ザしおつけ麺(大つけ麺博仕様)店舗バージョン
    2012/10/12 ザしおつけ麺(大つけ麺博仕様)会場バージョン
    2012/09/20 冷やしトマトソースつけ麺 バジルのせ(試作)
    2012/08/14 冷やしトマトソースつけ麺 バジルのせ(試作)
    2012/07/10 ザ・しおつけ麺【大つけ麺博仕様】(試作)
    2012/05/31 冷やしみそつけそば しょうが風味(試作)
    2012/04/14 冷やしみそつけそば しょうが風味(試作)
    2012/03/19 牛骨つけめん(つけG麺)
    2012/03/07 牛骨つけめん(つけG麺)(試作)
    2012/03/06 超限定みそらぅめん(限定)+味付玉子
    2012/02/29 超限定みそらぅめん(試食)
    2012/02/13 ザ・しおつけ麺(並)
    2011/12/28 正油細つけ麺H(並)
    2011/12/14 正油細つけ麺F(並)
    2011/12/13 ザ・しおつけ麺(並)/正油らぅめん(並)(試食)
    2011/12/08 正油らぅめん(大)(試食)

    テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

    啜磨専科@上大岡 メニューを全面リニューアルしました!
    susurimasenka_menu_renew_1.jpg
    2011年12月のオープンからまもなく6年を迎えようかという啜磨専科@上大岡ですが、本日10月6日(金)からメニューを刷新しての営業がスタートしました。

    それに先駆けひと足早く試食の機会をいただきましたのでご報告です。

    メニューの表面的には塩つけ麺に冷たいスープ版が加わり、正油つけ麺が一本化され、汁無担担麺が追加になったのかな…、そんなふうに見受けられますが、実際にはすべてのメニューを見直しています。

    この日、後藤店主に「まずは食べてみて」と勧められたのは「正油つけ麺」と「らうめん正油」でしたが、とりわけ新しさと楽しさを感じたのが「正油つけ麺」でした。

    susurimasenka_shouyutsukemen_renew_1.jpg
    正油つけ麺(小)

    susurimasenka_shouyutsukemen_renew_2.jpg
    タレから見直し、「F」でも「H」でもなくなった正油つけ麺。

    susurimasenka_shouyutsukemen_renew_3.jpg
    香味油により豊かな肉感を湛えたつけダレに、

    susurimasenka_shouyutsukemen_renew_4.jpg
    まったく異質な2種類の麺をミックスすることで、「食感の良さ」と「味わいの強さ」という本来両立し難いものを相並ばせてしまおうという欲張りコンセプト。個人的には従来の「ザ・しおつけ麺」「正油細つけ麺F」「正油細つけ麺H」のオイシイところを総ナメにしているように思えて一番楽しかったです。

    susurimasenka_shouyuramen_renew_1.jpg
    らうめん正油(並)

    susurimasenka_shouyuramen_renew_2.jpg
    「らうめん」に限らず、今回すべてのメニューに共通するのが「脱・鰹だし」&「脱・酸味」。和出汁を昆布・椎茸・煮干しを水出ししたものにマグロ節を追い仕立てすることで、酸味を抑えた、よりすっきりとしたスープに進化。それをもっとも顕著に感じられるのがこの「らうめん」な気がします。

    susurimasenka_shouyuramen_renew_3.jpg
    透明感の高いスープは出汁の良さが際立つクリアでシームレスな味わい。さながら後藤店主の育ちの良さから来る優しさや繊細さを体現したよう、、、と自らおっしゃっていました。いつものように(笑)。

    ともすればこれまでのごぼう油や鶏油、あの丸々とした青い丼までもが恋しくなりかねませんが、この裏にあるのはG麺7の存在。魚介不使用のG麺7に対してこちらは魚介を使用、タレや油脂のパンチを前面に押し出したG麺7に対して出汁の余韻を堪能させる啜磨専科…といった線引きがより明確になり、啜磨専科出店時の原点に立ち返ったような気もします。

    なお、正油味に物足りなさを感じる人には塩味の方が明快で好まれるかも知れません。繰り返し食べやすいのが正油味の方なのかも。

    susurimasenka_shouyuramen_renew_4.jpg
    麺は断面はスクエアながら丸みを覚えるようなふくよかなもの。量は180gと多めですが、美味しい麺ですからそのボリュームを負担に感じることはないでしょう。

    susurimasenka_shouyuramen_renew_5.jpg
    チャーシューはたぶん従来と同じ、かな?

    susurimasenka_siotsukemen_hiyashi_1.jpg
    ザ・しおつけ麺【冷たいスープ】(小)

    susurimasenka_siotsukemen_hiyashi_2.jpg
    つけだれはG麺7の夏恒例の限定でお馴染みの冷たいトロトロスープ。というより、G麺7初期の「冷たいつけめん」のリバイバル…?

    susurimasenka_siotsukemen_hiyashi_3.jpg
    とは言えつけだれは出汁で延ばしているらしく、プルプル具合は最盛期(?)よりは控えめ。

    susurimasenka_siotsukemen_hiyashi_4.jpg
    ただ試食段階では麺側の和出汁によりつけだれの薄まりが著しく、それこそ生ハムではありませんが途中から塩味を補えるアイテムがあった方がとか、麺も2種混合の方が良いのではとか、つけ麺スタイルにする必要性が分かりづらいなど、本番までの宿題が挙がりました。でもこのスープを季節を問わず楽しめるのは素直に嬉しいです。

    これ以外では、汁無担々麺はいただきませんでしたが、ロ麺ズのものにさらにハラペーニョを加えるなどして辛味がよりハードになっているそう…!こちらも麺は2種混合です。追い飯も付きますヨ。

    なお、麺量はつけめん・らうめん・汁無共通で並180g、大240g、つけめん小120gとなります。

    susurimasenka_menu_renew_2.jpg
    ご報告は以上ですが、今回のリニューアルによってこれまでの「ザ・しおつけ麺が名物の店」というイメージを大きく変えてくれそうな気がしています。



    啜磨専科(すすりませんか)
    住所 神奈川県横浜市港南区上大岡西2-14-15
    電話 045-370-9417
    営業 11:30~14:30/18:00~23:00
    定休 木
    駐車場 なし(近隣にコインパーキングあり)
    過去のレポート
    2017/04/17 サンマ煮干しラーメン 牛チャーのせ
    2017/03/26 正油細つけ麺H、正油細つけ麺F
    2017/02/06 タンタン麺上大岡風(期間限定)
    2016/11/14 鮪節と新潟コトヨ醤油醸造元延喜醤油のラーメン(期間限定)
    2016/10/26 青唐辛子とモロヘイヤとチーズのラーメン(期間限定)
    2016/10/12 青唐辛子とモロヘイヤとチーズの温盛りつけ麺(期間限定)
    2016/06/10 冷やしコンソメらーめん(期間限定)
    2016/04/18 自家製コンソメらーめん(期間限定)
    2016/02/23 背アブラーメン、モチ豚背アブライス(期間限定)
    2016/01/06 鶏白湯らーめん(期間限定)
    2015/12/08 室井の塩らーめん(期間限定)
    2015/10/07 バジルソースの味噌つけ麺(期間限定)
    2015/06/03 冷やしらぅめん(しお)(期間限定)
    2015/05/01 煮出し昆布のつけ麺、昆布のせごはん(期間限定)
    2015/02/18 背あぶラーメン、モチ豚背アブライス(期間限定)
    2014/12/20 白湯らーめん(鶏豚ミックス/期間限定)
    2014/12/20 啜磨専科の室井仁君が作ったあさり出汁と納豆の「味噌らーめん」(試作)
    2014/10/16 銀波藻(ギバサ)を使った「みそつけ麺」(期間限定)
    2014/06/04 黒ごま冷やしつけ麺(期間限定)
    2014/04/03 水出し昆布のつけ麺 味噌バージョン(期間限定)
    2014/03/24 水出し昆布のつけ麺(期間限定)
    2014/01/13 モチ豚背アブらー麺(改)関ヶ原のたまり風味・正油味、G麺パンチ(仮称/試作)
    2013/12/18 塩煮干しラーメン(仮称/期間限定)
    2013/11/29 正油煮干しラーメン(仮称/期間限定)
    2013/11/27 にぼ味噌ラーメン、かつお味噌ラーメン(期間限定)
    2013/11/19 モチ豚背アブらーめん 関ヶ原のたまり風味 塩味(期間限定)
    2013/10/21 モチ豚背アブらーめん 関ヶ原のたまり風味 塩味(試作)
    2013/10/01 にぼみそ(試作)
    2013/08/23 梅酢と塩鶏節の冷つけ麺(期間限定)
    2013/08/16 冷塩鶏節つけ麺(期間限定)
    2013/05/31 冷塩鶏節つけ麺(試作)
    2013/04/17 水出し昆布のつけ麺/水出し昆布のつけ麺 塩味(期間限定)
    2013/03/09 水出し昆布のつけ麺(試作)
    2013/01/30 ちょっとこってりラーメン(試作)
    2013/01/14 なんとなく豚骨魚介つけめん(期間限定)
    2012/12/29 塩鶏白湯らーめん並(期間限定)+味付玉子
    2012/12/28 塩鶏白湯らーめん(試作)
    2012/12/04 塩鶏白湯らーめん(試作)
    2012/11/30 町田・湯河原スタイルのつけ麺(試作)
    2012/11/22 なんとなく豚骨魚介つけめん(試作)
    2012/11/02 なんとなく豚骨魚介つけめん(試作)
    2012/10/17 ザしおつけ麺(大つけ麺博仕様)店舗バージョン
    2012/10/12 ザしおつけ麺(大つけ麺博仕様)会場バージョン
    2012/09/20 冷やしトマトソースつけ麺 バジルのせ(試作)
    2012/08/14 冷やしトマトソースつけ麺 バジルのせ(試作)
    2012/07/10 ザ・しおつけ麺【大つけ麺博仕様】(試作)
    2012/05/31 冷やしみそつけそば しょうが風味(試作)
    2012/04/14 冷やしみそつけそば しょうが風味(試作)
    2012/03/19 牛骨つけめん(つけG麺)
    2012/03/07 牛骨つけめん(つけG麺)(試作)
    2012/03/06 超限定みそらぅめん(限定)+味付玉子
    2012/02/29 超限定みそらぅめん(試食)
    2012/02/13 ザ・しおつけ麺(並)
    2011/12/28 正油細つけ麺H(並)
    2011/12/14 正油細つけ麺F(並)
    2011/12/13 ザ・しおつけ麺(並)/正油らぅめん(並)(試食)
    2011/12/08 正油らぅめん(大)(試食)

    テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

    荘内麺場 九九七@羽前水沢(山形県鶴岡市)
    DSC_5041.jpg
    今日は食レポというより、個人的な日記とか随筆的な色合いの強い記事になります。

    997_out_1.jpg
    啜磨専科@上大岡のオープニングスタッフだった「ぐっさん」こと山口君が、生まれ故郷・山形で出したラーメン専門店「荘内麺場 九九七」。2017年7月21日(金)にオープンしました。

    後藤店主率いるG麺7グループからの独立第1号店でもあります。ぐっさん自身には他にも黒歴史的な修業先もあったりしますが、それはさておいて(笑)、ぐっさんとは上大岡時代から不思議と気が合って、一緒に千葉まで麺活()に行ったり、彼が山形に戻ってからも連絡を取り合ったりと仲良くさせてもらっていました。

    DSC_5020.jpg
    その縁もあって今回、オープン翌日の7月22日(土)と23日(日)の2日間、営業のお手伝いに山形入りさせていただきました。

    997_out_2.jpg
    屋号の「九九七」は、地元・鶴岡市の郵便番号に由来。地元の人にとって市外局番とか郵便番号って親しみのあるものですものね。ポルシェの997はカッコいいけど関係ありません。

    実はお店を構える水沢地域の郵便番号は正確には「999」なのですが、そこを「997」としたのは広義での鶴岡LOVEであると同時に、「G麺7」を意識してのものでもあります。

    ぐっさん自身、お堅い印象の店名で考えていたようですが、郷土愛+彼のラーメンのルーツを示すキャッチーなネーミングになったのではないでしょうか。もちろん、上大岡時代に彼がメインで入っていたのは「G麺7」ではなく2号店の「啜磨専科」の方でしたけど。

    997_others_2.jpg
    店内はカウンター6席+テーブル2卓8席+小上がり2卓8席(変わっていなければ)。

    ぐっさんと仕事を共にするのは2012年の大つけ麺博以来でしたが、僕が事前に望んだ通りゲスト扱いではなく、ガチでコキ使っていただきました。調理場でぐっさんより我が物顔で調理場に立っていたかも知れないのが僕です…、と言ったところでもはやどなたも覚えていらっしゃらないでしょうけども。

    もっとお客様をお待たせしないよう貢献出来ればより良かったのですが、でも2日目には高めに設定した売上目標も達成出来ましたし、営業終了後には飲みに連れて行ってもらったりと、とても楽しかったです。

    今現在はぐっさんと新婚の奥サマ&お姉サマという両手に花状態の家族経営だと思いますが、オープニング期間はお母さまもお店にいらっしゃって、皆さん本当に人柄がステキで、そのまま鶴岡に残ってずーっと働きたいくらい楽しかったです。

    電車で片道6時間の道のりは正直言って遠かったですが、すごく良い思い出が出来ました。

    …と、肝心のラーメンの話までなかなかたどり着きませんが、そこはオープン前から現地入りしていた後藤師匠もお墨付きを出していたことからクオリティは間違いなし、ということで。

    997_menu_1.jpg
    メニューはG麺7ライクな魚介不使用「中華そば」と、地元・山形色の強い「魚介中華そば」という清湯二本立て。サイドには横浜上大岡の味「しょうがダレ丼」もラインナップ。

    997_menu_2.jpg
    お店の推しはもちろん「中華そば」ですが、注文の割合は魚介7:中華3とのこと。不本意!(笑)

    997_cyuukasoba_1.jpg
    中華そば(700円)

    997_cyuukasoba_2.jpg

    997_cyuukasoba_3.jpg

    997_cyuukasoba_4.jpg
    魚介不使用の「中華そば」は初期のG麺7を意識していると思いますが、僕はある意味で「G麺7よりG麺7らしい」と感じました。

    997_gyokaicyuukasoba_1.jpg
    魚介中華そば(700円)

    997_gyokaicyuukasoba_2.jpg

    997_gyokaicyuukasoba_3.jpg

    997_gyokaicyuukasoba_4.jpg
    一方の「魚介中華そば」は煮干しや魚介節を効かせた地元色の強い一杯。

    997_gyokaicyuukasoba_5.jpg
    チャーシューは両メニュー共に豚バラ2枚+豚モモ1枚。

    997_others_5.jpg
    自家製の麺はデフォで200g、大盛りはプラス100gの300g、この辺りは山形らしさという感じ。僕が行ったときは麺は1種類で、魚介はそれを手揉みしていました。

    そして、そんなラーメンにひけを取らず魅力的なのが、奥サマを中心とした気配り目配りが行き届いた接客。やっぱりラーメンは「鶏ガラ・豚ガラ・人柄」ですから(笑)。

    997_others_3.jpg

    997_others_1.jpg
    なお、店内の手書き文字はすべてお姉さんの手によるもの。お上手ですよね。

    997_others_6.jpg
    ラーメン激戦区ではありますが店名に込められた思いの通り、末永く地元に愛されるお店であってくれることでしょう。夜営業も出来るだけ早く始めたいみたいです。



    荘内麺場 九九七
    住所 山形県鶴岡市水沢62-9
    電話 非公開
    営業 11:00~14:30
    定休 水
    駐車場 あり(店舗前20台)

    テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

    【限定メニュー】 流星軒@吉野町「鴨だしつけ麺」は9月7日(木)から!
    ryuuseiken_kamodashitsuke_6.jpg
    流星軒@吉野町では明日9月7日(木)から、2017年第6弾にしてロ麺ズとのコラボ第15弾となる限定メニュー「鴨だしつけ麺」が始まります!

    ryuuseiken_kamodashitsuke_1.jpg
    鴨だしつけ麺(1,150円)

    ※試作のため、仕様が一部異なる可能性があります。

    ryuuseiken_kamodashitsuke_3.jpg
    このちょっとピリ辛でカモネギ的なつけだれ、どこかで食べたことあるなぁ…


    あ~っ、鴨汁うどんだ!


    ryuuseiken_kamodashitsuke_2.jpg
    ということで今回の限定はザ・ふつう(笑)。表も裏もない感じで、すごく、すごーく普通です(笑)。

    とは言え、流星軒のレギュラーの要素はほぼ皆無なのが面白いところ。そして味は確かなのは言うまでもありません。逆に、それでもリリースしてくるところに平賀店主の「鴨」という素材へのこだわりが見えて来るようでもあります。つけだれは白濁させたちょっと白湯っぽい鴨スープに同メニューの専用タレをブレンドしたややピリ辛なもの。

    ryuuseiken_kamodashitsuke_5.jpg
    今回はつけ麺ということで、むしろ主役は麺。鰹節&昆布出汁に浸ったロ麺ズの平打ちストレート麺、ツルツルズバズバッと啜り心地、喉越しも軽やかで、つけ麺においてはその出来映えがより引き立ちます。

    ryuuseiken_kamodashitsuke_4.jpg
    試作では出汁は冷たく、麺も冷水で〆られていましたが、もしかしたら釜揚げ仕様に変更するかも知れないとのこと。麺量は240g、スルスルと食べられるので少し物足りなく感じるかも知れませんが、意外と後から満腹感が来るんだよ、なんてお話しもありつつ。

    鴨肉はおなじみのスモークではなく、入念に火の通りを加減したしっとりジューシーな鴨チャーシュー。いつにも増してSEXY DUCKかも…!?こうしたきれいなピンク色にするのは素人には難しいですが、プロの手にかかればご覧の通りです。

    いつものようなパンチはないのでフリーク目線では拍子抜けかも知れませんが、たまにはこういうのも良い鴨?平賀店主曰く「短命に終わるかも」とのことですが、どうなるでしょうか…(´∀` *)

    【追記】
    この後、つけだれには燻製醤油を少々加える微調整を、麺も冷水で〆ずに釜揚げ仕様とするよう変更したそうです。フツーフツー言い過ぎたかしらん(ノ∀`)

    魚介出汁もチロリを使って茹で麺機で加熱するそうですので、他の注文との兼ね合いによっては提供に少し時間がかかるかも知れませんね。



    流星軒
    住所 神奈川県横浜市南区日枝町4-97-2 グレイス南太田1F
    電話 045-241-1238
    営業 11:30~14:30/18:00~21:00頃(スープなくなり次第終了)
    定休 水
    駐車場 なし(近隣にコインパーキングあり)
    過去のレポート
    2017/07/19 じゃがいもSEXY DUCK(期間限定)
    2017/06/12 エビとホタテの揚げネギしおワンタン麺(期間限定)
    2017/03/22 SEA BREEZE(期間限定)
    2017/01/25 スモーキーパンチ(期間限定)
    2017/01/06 パンチつけ麺・他画像多数
    2016/12/30 年越しワンタンパンチ(期間限定)
    2016/09/27 Shell & Duck(期間限定)
    2016/07/27 ジンジャーワンタンSEXY DUCK(期間限定)
    2016/06/01 アボカドSEXY DUCK(期間限定)
    2016/04/27 手もみ'N' スモーキー(期間限定)
    2016/04/06 あさりちゃんプレミアム(期間限定)
    2016/03/02 あさりちゃん(期間限定)
    2016/01/12 釜揚げ鶏ワンタンつけ麺(期間限定)
    2015/12/29 3Bones ワンタン Noodle(期間限定)
    2015/11/04 秘密のラーメン(期間限定)
    2015/10/01 カブと細切り鴨スモークのしおつけめん(期間限定)
    2015/07/16 ィヨコハマブラック(15周年記念/3日間限定)
    2015/06/03 鶏節SEXY DUCK(期間限定)
    2015/03/19 カモエビG麺(期間限定)
    2015/01/20 えび辛パンチ(期間限定)
    2014/12/29 牛骨ワンタン麺(期間限定)
    2014/12/17 支那そば塩・他画像多数
    2014/12/03 早冬の気配(期間限定)
    2014/10/19 逆つけキーマカレー(期間限定)
    2014/08/28 Sexy Duck Shakin' Tomato(期間限定)
    2014/06/05 Sexy Duck Shakin' Tomato(試作)
    2014/05/09 Sexy Duck Shakin' Tomato(試作)、ひき潮(期間限定)
    2014/03/26 ひき潮(期間限定)
    2014/02/05 逆つけジンジャーワンタン麺(期間限定)
    2014/01/04 年越しジンジャーワンタン麺(期間限定)+味玉
    2013/10/15 ザ・スモーキー(期間限定)+味玉
    2013/10/04 年越しジンジャーラーメン(試作)
    2013/09/09 ワンタンスモーキー(試作)
    2013/07/05 SEXY DUCK パンプキン(試作)
    2013/05/29 Sexy Duck Smokey Special(期間限定)
    2013/03/17 逆つけスモーキー(期間限定)
    2013/01/16 オニグラセブン(期間限定)
    2012/12/31 年越しチキンラーメン(期間限定)+味玉
    2012/11/20 オニグラセブン(試作)
    2012/10/14 カモンベイビー♪(期間限定)
    2012/09/06 冷やし昆布だしつけめん(期間限定)
    2012/08/28 鴨ワンタンの試作麺/つけめんSEXY DUCK(期間限定)
    2012/07/21 つけめんSEXY DUCK(期間限定)
    2012/07/07 つけめんSEXY DUCK(試作)
    2012/06/12 枝豆SEXY DUCK(期間限定)
    2012/05/04 枝豆SEXY DUCK(試作)
    2012/03/21 黒く塗りつぶせ(期間限定)
    2012/03/14 黒く塗りつぶせ(試作)
    2012/03/09 揚げネギメンマスペシャル(期間限定)
    2012/01/08 流星パンチ
    2011/12/31 魚介だしオンリー塩ラーメン(期間限定)
    2011/10/25 ONLY ONE(期間限定?)
    2011/09/24 支那そば・しお
    2011/08/17 SEXY DUCK SIO(期間限定)
    2011/05/30 SEXY DUCK(期間限定)
    2011/04/12 昆布だし潮つけめん 辛味大根添え(期間限定)
    2010/12/08 流星尾道セブン+青ネギ(期間限定)
    2010/11/29 つけ麺・しょうゆ味+麺大盛/流星パンチ
    2010/11/20 流星麺・塩味
    2010/08/10 そのまんま冷やし+大盛(期間限定)
    2010/05/19 カモネギG麺(期間限定)
    2009/07/04 流星麺・しょうゆ味
    2009/05/14 醤油プレミアム+味玉
    2006/06/21 支那そば+味玉半分

    テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

    【限定メニュー】 流星軒@吉野町「じゃがいもSEXY DUCK」は7月20日(木)から!
    ryuuseiken_jagaimosexyduck_9.jpg
    流星軒@吉野町では明日7月20日(木)から、2017年第5弾にしてロ麺ズとのコラボ第14弾となる限定メニュー「じゃがいもSEXY DUCK」が始まります!(当ブログで紹介出来なかったコラボ第13弾は「揚げネギしおつけ麺」でした。)

    ryuuseiken_jagaimosexyduck_1.jpg
    じゃがいもSEXY DUCK(1,150円)

    ※試作のため、仕様が一部異なる可能性があります。

    ryuuseiken_jagaimosexyduck_2.jpg
    今年もやって来ました流星軒の冷やし「SEXY DUCK」。

    ryuuseiken_jagaimosexyduck_3.jpg
    涼やかにして洒落たオンリーワンなルックス。

    ryuuseiken_jagaimosexyduck_4.jpg
    乳白色をした冷製のスープは、じゃがいも+玉ねぎ+豆乳のビシソワーズ。それにおなじみの玉ねぎ油。

    野菜の甘味と塩味、そしてひんやり冷たさを伴って、とても爽やかな味わい。もったりとしたところがなく、さっぱり、すっきりな口当たりでありながらポタージュらしい食べ応えもあり、さらには暑いときに必要な塩分も摂取できるとあって、「こういうのを食べたかった!待っていました!」と、心ばかりか身体までもが喜ぶような美味しさ。

    ryuuseiken_jagaimosexyduck_5.jpg
    対岸は油なし、代わる代わる働きかけてくる甘味・塩味・酸味の変化が楽しい!

    ryuuseiken_jagaimosexyduck_6.jpg
    ロ麺ズの麺は試作段階では画像の「手揉みしない手揉み麺」でしたが、茹で時間がかかり過ぎるので平打ちストレート麺に変更、スープとの相性も良く、さらに美味しくなったそうです。

    ryuuseiken_jagaimosexyduck_7.jpg
    あしらわれたトッピング、ミニトマトはオレンジリキュール漬けで、一瞬辛いような、喉がキュッとなるような感じ。平賀店主自画自賛のアイデア。

    ryuuseiken_jagaimosexyduck_8.jpg
    他には赤たまねぎ、セロリマリネ、枝豆、レモンスライス、そして鴨スモークの燻香も高く、しっとりとして正にSEXY!鴨スモークは以前より美味しくなっているような気が…?

    麺と鴨スモーク以外ほぼ野菜で構成される一杯ですが、そもそもラーメンって季節感が希薄な食べ物だけに、こうした季節限定品には季節の恵みを積極的に取り込んで欲しいですし、そうなると野菜中心になるのは必然と言えるかも知れませんね。

    ryuuseiken_out_9_.jpg
    自分が知っている歴代SEXY DUCKの中でも今回は特に一体感に長けていて、個人的にかなり好みです(´∀` *)



    流星軒
    住所 神奈川県横浜市南区日枝町4-97-2 グレイス南太田1F
    電話 045-241-1238
    営業 11:30~14:30/18:00~21:00頃(スープなくなり次第終了)
    定休 水
    駐車場 なし(近隣にコインパーキングあり)
    過去のレポート
    2017/06/12 エビとホタテの揚げネギしおワンタン麺(期間限定)
    2017/03/22 SEA BREEZE(期間限定)
    2017/01/25 スモーキーパンチ(期間限定)
    2017/01/06 パンチつけ麺・他画像多数
    2016/12/30 年越しワンタンパンチ(期間限定)
    2016/09/27 Shell & Duck(期間限定)
    2016/07/27 ジンジャーワンタンSEXY DUCK(期間限定)
    2016/06/01 アボカドSEXY DUCK(期間限定)
    2016/04/27 手もみ'N' スモーキー(期間限定)
    2016/04/06 あさりちゃんプレミアム(期間限定)
    2016/03/02 あさりちゃん(期間限定)
    2016/01/12 釜揚げ鶏ワンタンつけ麺(期間限定)
    2015/12/29 3Bones ワンタン Noodle(期間限定)
    2015/11/04 秘密のラーメン(期間限定)
    2015/10/01 カブと細切り鴨スモークのしおつけめん(期間限定)
    2015/07/16 ィヨコハマブラック(15周年記念/3日間限定)
    2015/06/03 鶏節SEXY DUCK(期間限定)
    2015/03/19 カモエビG麺(期間限定)
    2015/01/20 えび辛パンチ(期間限定)
    2014/12/29 牛骨ワンタン麺(期間限定)
    2014/12/17 支那そば塩・他画像多数
    2014/12/03 早冬の気配(期間限定)
    2014/10/19 逆つけキーマカレー(期間限定)
    2014/08/28 Sexy Duck Shakin' Tomato(期間限定)
    2014/06/05 Sexy Duck Shakin' Tomato(試作)
    2014/05/09 Sexy Duck Shakin' Tomato(試作)、ひき潮(期間限定)
    2014/03/26 ひき潮(期間限定)
    2014/02/05 逆つけジンジャーワンタン麺(期間限定)
    2014/01/04 年越しジンジャーワンタン麺(期間限定)+味玉
    2013/10/15 ザ・スモーキー(期間限定)+味玉
    2013/10/04 年越しジンジャーラーメン(試作)
    2013/09/09 ワンタンスモーキー(試作)
    2013/07/05 SEXY DUCK パンプキン(試作)
    2013/05/29 Sexy Duck Smokey Special(期間限定)
    2013/03/17 逆つけスモーキー(期間限定)
    2013/01/16 オニグラセブン(期間限定)
    2012/12/31 年越しチキンラーメン(期間限定)+味玉
    2012/11/20 オニグラセブン(試作)
    2012/10/14 カモンベイビー♪(期間限定)
    2012/09/06 冷やし昆布だしつけめん(期間限定)
    2012/08/28 鴨ワンタンの試作麺/つけめんSEXY DUCK(期間限定)
    2012/07/21 つけめんSEXY DUCK(期間限定)
    2012/07/07 つけめんSEXY DUCK(試作)
    2012/06/12 枝豆SEXY DUCK(期間限定)
    2012/05/04 枝豆SEXY DUCK(試作)
    2012/03/21 黒く塗りつぶせ(期間限定)
    2012/03/14 黒く塗りつぶせ(試作)
    2012/03/09 揚げネギメンマスペシャル(期間限定)
    2012/01/08 流星パンチ
    2011/12/31 魚介だしオンリー塩ラーメン(期間限定)
    2011/10/25 ONLY ONE(期間限定?)
    2011/09/24 支那そば・しお
    2011/08/17 SEXY DUCK SIO(期間限定)
    2011/05/30 SEXY DUCK(期間限定)
    2011/04/12 昆布だし潮つけめん 辛味大根添え(期間限定)
    2010/12/08 流星尾道セブン+青ネギ(期間限定)
    2010/11/29 つけ麺・しょうゆ味+麺大盛/流星パンチ
    2010/11/20 流星麺・塩味
    2010/08/10 そのまんま冷やし+大盛(期間限定)
    2010/05/19 カモネギG麺(期間限定)
    2009/07/04 流星麺・しょうゆ味
    2009/05/14 醤油プレミアム+味玉
    2006/06/21 支那そば+味玉半分

    テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ