ノンジャンル系日記ブログだったはずが、今やほとんどラーメンブログ。何かの参考になることがあれば幸いです。横浜南部&東京都心メイン。
    啜磨専科@上大岡 メニューを全面リニューアルしました!
    susurimasenka_menu_renew_1.jpg
    2011年12月のオープンからまもなく6年を迎えようかという啜磨専科@上大岡ですが、本日10月6日(金)からメニューを刷新しての営業がスタートしました。

    それに先駆けひと足早く試食の機会をいただきましたのでご報告です。

    メニューの表面的には塩つけ麺に冷たいスープ版が加わり、正油つけ麺が一本化され、汁無担担麺が追加になったのかな…、そんなふうに見受けられますが、実際にはすべてのメニューを見直しています。

    この日、後藤店主に「まずは食べてみて」と勧められたのは「正油つけ麺」と「らうめん正油」でしたが、とりわけ新しさと楽しさを感じたのが「正油つけ麺」でした。

    susurimasenka_shouyutsukemen_renew_1.jpg
    正油つけ麺(小)

    susurimasenka_shouyutsukemen_renew_2.jpg
    タレから見直し、「F」でも「H」でもなくなった正油つけ麺。

    susurimasenka_shouyutsukemen_renew_3.jpg
    香味油により豊かな肉感を湛えたつけダレに、

    susurimasenka_shouyutsukemen_renew_4.jpg
    まったく異質な2種類の麺をミックスすることで、「食感の良さ」と「味わいの強さ」という本来両立し難いものを相並ばせてしまおうという欲張りコンセプト。個人的には従来の「ザ・しおつけ麺」「正油細つけ麺F」「正油細つけ麺H」のオイシイところを総ナメにしているように思えて一番楽しかったです。

    susurimasenka_shouyuramen_renew_1.jpg
    らうめん正油(並)

    susurimasenka_shouyuramen_renew_2.jpg
    「らうめん」に限らず、今回すべてのメニューに共通するのが「脱・鰹だし」&「脱・酸味」。和出汁を昆布・椎茸・煮干しを水出ししたものにマグロ節を追い仕立てすることで、酸味を抑えた、よりすっきりとしたスープに進化。それをもっとも顕著に感じられるのがこの「らうめん」な気がします。

    susurimasenka_shouyuramen_renew_3.jpg
    透明感の高いスープは出汁の良さが際立つクリアでシームレスな味わい。さながら後藤店主の育ちの良さから来る優しさや繊細さを体現したよう、、、と自らおっしゃっていました。いつものように(笑)。

    ともすればこれまでのごぼう油や鶏油、あの丸々とした青い丼までもが恋しくなりかねませんが、この裏にあるのはG麺7の存在。魚介不使用のG麺7に対してこちらは魚介を使用、タレや油脂のパンチを前面に押し出したG麺7に対して出汁の余韻を堪能させる啜磨専科…といった線引きがより明確になり、啜磨専科出店時の原点に立ち返ったような気もします。

    なお、正油味に物足りなさを感じる人には塩味の方が明快で好まれるかも知れません。繰り返し食べやすいのが正油味の方なのかも。

    susurimasenka_shouyuramen_renew_4.jpg
    麺は断面はスクエアながら丸みを覚えるようなふくよかなもの。量は180gと多めですが、美味しい麺ですからそのボリュームを負担に感じることはないでしょう。

    susurimasenka_shouyuramen_renew_5.jpg
    チャーシューはたぶん従来と同じ、かな?

    susurimasenka_siotsukemen_hiyashi_1.jpg
    ザ・しおつけ麺【冷たいスープ】(小)

    susurimasenka_siotsukemen_hiyashi_2.jpg
    つけだれはG麺7の夏恒例の限定でお馴染みの冷たいトロトロスープ。というより、G麺7初期の「冷たいつけめん」のリバイバル…?

    susurimasenka_siotsukemen_hiyashi_3.jpg
    とは言えつけだれは出汁で延ばしているらしく、プルプル具合は最盛期(?)よりは控えめ。

    susurimasenka_siotsukemen_hiyashi_4.jpg
    ただ試食段階では麺側の和出汁によりつけだれの薄まりが著しく、それこそ生ハムではありませんが途中から塩味を補えるアイテムがあった方がとか、麺も2種混合の方が良いのではとか、つけ麺スタイルにする必要性が分かりづらいなど、本番までの宿題が挙がりました。でもこのスープを季節を問わず楽しめるのは素直に嬉しいです。

    これ以外では、汁無担々麺はいただきませんでしたが、ロ麺ズのものにさらにハラペーニョを加えるなどして辛味がよりハードになっているそう…!こちらも麺は2種混合です。追い飯も付きますヨ。

    なお、麺量はつけめん・らうめん・汁無共通で並180g、大240g、つけめん小120gとなります。

    susurimasenka_menu_renew_2.jpg
    ご報告は以上ですが、今回のリニューアルによってこれまでの「ザ・しおつけ麺が名物の店」というイメージを大きく変えてくれそうな気がしています。



    啜磨専科(すすりませんか)
    住所 神奈川県横浜市港南区上大岡西2-14-15
    電話 045-370-9417
    営業 11:30~14:30/18:00~23:00
    定休 木
    駐車場 なし(近隣にコインパーキングあり)
    過去のレポート
    2017/04/17 サンマ煮干しラーメン 牛チャーのせ
    2017/03/26 正油細つけ麺H、正油細つけ麺F
    2017/02/06 タンタン麺上大岡風(期間限定)
    2016/11/14 鮪節と新潟コトヨ醤油醸造元延喜醤油のラーメン(期間限定)
    2016/10/26 青唐辛子とモロヘイヤとチーズのラーメン(期間限定)
    2016/10/12 青唐辛子とモロヘイヤとチーズの温盛りつけ麺(期間限定)
    2016/06/10 冷やしコンソメらーめん(期間限定)
    2016/04/18 自家製コンソメらーめん(期間限定)
    2016/02/23 背アブラーメン、モチ豚背アブライス(期間限定)
    2016/01/06 鶏白湯らーめん(期間限定)
    2015/12/08 室井の塩らーめん(期間限定)
    2015/10/07 バジルソースの味噌つけ麺(期間限定)
    2015/06/03 冷やしらぅめん(しお)(期間限定)
    2015/05/01 煮出し昆布のつけ麺、昆布のせごはん(期間限定)
    2015/02/18 背あぶラーメン、モチ豚背アブライス(期間限定)
    2014/12/20 白湯らーめん(鶏豚ミックス/期間限定)
    2014/12/20 啜磨専科の室井仁君が作ったあさり出汁と納豆の「味噌らーめん」(試作)
    2014/10/16 銀波藻(ギバサ)を使った「みそつけ麺」(期間限定)
    2014/06/04 黒ごま冷やしつけ麺(期間限定)
    2014/04/03 水出し昆布のつけ麺 味噌バージョン(期間限定)
    2014/03/24 水出し昆布のつけ麺(期間限定)
    2014/01/13 モチ豚背アブらー麺(改)関ヶ原のたまり風味・正油味、G麺パンチ(仮称/試作)
    2013/12/18 塩煮干しラーメン(仮称/期間限定)
    2013/11/29 正油煮干しラーメン(仮称/期間限定)
    2013/11/27 にぼ味噌ラーメン、かつお味噌ラーメン(期間限定)
    2013/11/19 モチ豚背アブらーめん 関ヶ原のたまり風味 塩味(期間限定)
    2013/10/21 モチ豚背アブらーめん 関ヶ原のたまり風味 塩味(試作)
    2013/10/01 にぼみそ(試作)
    2013/08/23 梅酢と塩鶏節の冷つけ麺(期間限定)
    2013/08/16 冷塩鶏節つけ麺(期間限定)
    2013/05/31 冷塩鶏節つけ麺(試作)
    2013/04/17 水出し昆布のつけ麺/水出し昆布のつけ麺 塩味(期間限定)
    2013/03/09 水出し昆布のつけ麺(試作)
    2013/01/30 ちょっとこってりラーメン(試作)
    2013/01/14 なんとなく豚骨魚介つけめん(期間限定)
    2012/12/29 塩鶏白湯らーめん並(期間限定)+味付玉子
    2012/12/28 塩鶏白湯らーめん(試作)
    2012/12/04 塩鶏白湯らーめん(試作)
    2012/11/30 町田・湯河原スタイルのつけ麺(試作)
    2012/11/22 なんとなく豚骨魚介つけめん(試作)
    2012/11/02 なんとなく豚骨魚介つけめん(試作)
    2012/10/17 ザしおつけ麺(大つけ麺博仕様)店舗バージョン
    2012/10/12 ザしおつけ麺(大つけ麺博仕様)会場バージョン
    2012/09/20 冷やしトマトソースつけ麺 バジルのせ(試作)
    2012/08/14 冷やしトマトソースつけ麺 バジルのせ(試作)
    2012/07/10 ザ・しおつけ麺【大つけ麺博仕様】(試作)
    2012/05/31 冷やしみそつけそば しょうが風味(試作)
    2012/04/14 冷やしみそつけそば しょうが風味(試作)
    2012/03/19 牛骨つけめん(つけG麺)
    2012/03/07 牛骨つけめん(つけG麺)(試作)
    2012/03/06 超限定みそらぅめん(限定)+味付玉子
    2012/02/29 超限定みそらぅめん(試食)
    2012/02/13 ザ・しおつけ麺(並)
    2011/12/28 正油細つけ麺H(並)
    2011/12/14 正油細つけ麺F(並)
    2011/12/13 ザ・しおつけ麺(並)/正油らぅめん(並)(試食)
    2011/12/08 正油らぅめん(大)(試食)

    テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

    荘内麺場 九九七@羽前水沢(山形県鶴岡市)
    DSC_5041.jpg
    今日は食レポというより、個人的な日記とか随筆的な色合いの強い記事になります。

    997_out_1.jpg
    啜磨専科@上大岡のオープニングスタッフだった「ぐっさん」こと山口君が、生まれ故郷・山形で出したラーメン専門店「荘内麺場 九九七」。2017年7月21日(金)にオープンしました。

    後藤店主率いるG麺7グループからの独立第1号店でもあります。ぐっさん自身には他にも黒歴史的な修業先もあったりしますが、それはさておいて(笑)、ぐっさんとは上大岡時代から不思議と気が合って、一緒に千葉まで麺活()に行ったり、彼が山形に戻ってからも連絡を取り合ったりと仲良くさせてもらっていました。

    DSC_5020.jpg
    その縁もあって今回、オープン翌日の7月22日(土)と23日(日)の2日間、営業のお手伝いに山形入りさせていただきました。

    997_out_2.jpg
    屋号の「九九七」は、地元・鶴岡市の郵便番号に由来。地元の人にとって市外局番とか郵便番号って親しみのあるものですものね。ポルシェの997はカッコいいけど関係ありません。

    実はお店を構える水沢地域の郵便番号は正確には「999」なのですが、そこを「997」としたのは広義での鶴岡LOVEであると同時に、「G麺7」を意識してのものでもあります。

    ぐっさん自身、お堅い印象の店名で考えていたようですが、郷土愛+彼のラーメンのルーツを示すキャッチーなネーミングになったのではないでしょうか。もちろん、上大岡時代に彼がメインで入っていたのは「G麺7」ではなく2号店の「啜磨専科」の方でしたけど。

    997_others_2.jpg
    店内はカウンター6席+テーブル2卓8席+小上がり2卓8席(変わっていなければ)。

    ぐっさんと仕事を共にするのは2012年の大つけ麺博以来でしたが、僕が事前に望んだ通りゲスト扱いではなく、ガチでコキ使っていただきました。調理場でぐっさんより我が物顔で調理場に立っていたかも知れないのが僕です…、と言ったところでもはやどなたも覚えていらっしゃらないでしょうけども。

    もっとお客様をお待たせしないよう貢献出来ればより良かったのですが、でも2日目には高めに設定した売上目標も達成出来ましたし、営業終了後には飲みに連れて行ってもらったりと、とても楽しかったです。

    今現在はぐっさんと新婚の奥サマ&お姉サマという両手に花状態の家族経営だと思いますが、オープニング期間はお母さまもお店にいらっしゃって、皆さん本当に人柄がステキで、そのまま鶴岡に残ってずーっと働きたいくらい楽しかったです。

    電車で片道6時間の道のりは正直言って遠かったですが、すごく良い思い出が出来ました。

    …と、肝心のラーメンの話までなかなかたどり着きませんが、そこはオープン前から現地入りしていた後藤師匠もお墨付きを出していたことからクオリティは間違いなし、ということで。

    997_menu_1.jpg
    メニューはG麺7ライクな魚介不使用「中華そば」と、地元・山形色の強い「魚介中華そば」という清湯二本立て。サイドには横浜上大岡の味「しょうがダレ丼」もラインナップ。

    997_menu_2.jpg
    お店の推しはもちろん「中華そば」ですが、注文の割合は魚介7:中華3とのこと。不本意!(笑)

    997_cyuukasoba_1.jpg
    中華そば(700円)

    997_cyuukasoba_2.jpg

    997_cyuukasoba_3.jpg

    997_cyuukasoba_4.jpg
    魚介不使用の「中華そば」は初期のG麺7を意識していると思いますが、僕はある意味で「G麺7よりG麺7らしい」と感じました。

    997_gyokaicyuukasoba_1.jpg
    魚介中華そば(700円)

    997_gyokaicyuukasoba_2.jpg

    997_gyokaicyuukasoba_3.jpg

    997_gyokaicyuukasoba_4.jpg
    一方の「魚介中華そば」は煮干しや魚介節を効かせた地元色の強い一杯。

    997_gyokaicyuukasoba_5.jpg
    チャーシューは両メニュー共に豚バラ2枚+豚モモ1枚。

    997_others_5.jpg
    自家製の麺はデフォで200g、大盛りはプラス100gの300g、この辺りは山形らしさという感じ。僕が行ったときは麺は1種類で、魚介はそれを手揉みしていました。

    そして、そんなラーメンにひけを取らず魅力的なのが、奥サマを中心とした気配り目配りが行き届いた接客。やっぱりラーメンは「鶏ガラ・豚ガラ・人柄」ですから(笑)。

    997_others_3.jpg

    997_others_1.jpg
    なお、店内の手書き文字はすべてお姉さんの手によるもの。お上手ですよね。

    997_others_6.jpg
    ラーメン激戦区ではありますが店名に込められた思いの通り、末永く地元に愛されるお店であってくれることでしょう。夜営業も出来るだけ早く始めたいみたいです。



    荘内麺場 九九七
    住所 山形県鶴岡市水沢62-9
    電話 非公開
    営業 11:00~14:30
    定休 水
    駐車場 あり(店舗前20台)

    テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

    【限定メニュー】 流星軒@吉野町「鴨だしつけ麺」は9月7日(木)から!
    ryuuseiken_kamodashitsuke_6.jpg
    流星軒@吉野町では明日9月7日(木)から、2017年第6弾にしてロ麺ズとのコラボ第15弾となる限定メニュー「鴨だしつけ麺」が始まります!

    ryuuseiken_kamodashitsuke_1.jpg
    鴨だしつけ麺(1,150円)

    ※試作のため、仕様が一部異なる可能性があります。

    ryuuseiken_kamodashitsuke_3.jpg
    このちょっとピリ辛でカモネギ的なつけだれ、どこかで食べたことあるなぁ…


    あ~っ、鴨汁うどんだ!


    ryuuseiken_kamodashitsuke_2.jpg
    ということで今回の限定はザ・ふつう(笑)。表も裏もない感じで、すごく、すごーく普通です(笑)。

    とは言え、流星軒のレギュラーの要素はほぼ皆無なのが面白いところ。そして味は確かなのは言うまでもありません。逆に、それでもリリースしてくるところに平賀店主の「鴨」という素材へのこだわりが見えて来るようでもあります。つけだれは白濁させたちょっと白湯っぽい鴨スープに同メニューの専用タレをブレンドしたややピリ辛なもの。

    ryuuseiken_kamodashitsuke_5.jpg
    今回はつけ麺ということで、むしろ主役は麺。鰹節&昆布出汁に浸ったロ麺ズの平打ちストレート麺、ツルツルズバズバッと啜り心地、喉越しも軽やかで、つけ麺においてはその出来映えがより引き立ちます。

    ryuuseiken_kamodashitsuke_4.jpg
    試作では出汁は冷たく、麺も冷水で〆られていましたが、もしかしたら釜揚げ仕様に変更するかも知れないとのこと。麺量は240g、スルスルと食べられるので少し物足りなく感じるかも知れませんが、意外と後から満腹感が来るんだよ、なんてお話しもありつつ。

    鴨肉はおなじみのスモークではなく、入念に火の通りを加減したしっとりジューシーな鴨チャーシュー。いつにも増してSEXY DUCKかも…!?こうしたきれいなピンク色にするのは素人には難しいですが、プロの手にかかればご覧の通りです。

    いつものようなパンチはないのでフリーク目線では拍子抜けかも知れませんが、たまにはこういうのも良い鴨?平賀店主曰く「短命に終わるかも」とのことですが、どうなるでしょうか…(´∀` *)

    【追記】
    この後、つけだれには燻製醤油を少々加える微調整を、麺も冷水で〆ずに釜揚げ仕様とするよう変更したそうです。フツーフツー言い過ぎたかしらん(ノ∀`)

    魚介出汁もチロリを使って茹で麺機で加熱するそうですので、他の注文との兼ね合いによっては提供に少し時間がかかるかも知れませんね。



    流星軒
    住所 神奈川県横浜市南区日枝町4-97-2 グレイス南太田1F
    電話 045-241-1238
    営業 11:30~14:30/18:00~21:00頃(スープなくなり次第終了)
    定休 水
    駐車場 なし(近隣にコインパーキングあり)
    過去のレポート
    2017/07/19 じゃがいもSEXY DUCK(期間限定)
    2017/06/12 エビとホタテの揚げネギしおワンタン麺(期間限定)
    2017/03/22 SEA BREEZE(期間限定)
    2017/01/25 スモーキーパンチ(期間限定)
    2017/01/06 パンチつけ麺・他画像多数
    2016/12/30 年越しワンタンパンチ(期間限定)
    2016/09/27 Shell & Duck(期間限定)
    2016/07/27 ジンジャーワンタンSEXY DUCK(期間限定)
    2016/06/01 アボカドSEXY DUCK(期間限定)
    2016/04/27 手もみ'N' スモーキー(期間限定)
    2016/04/06 あさりちゃんプレミアム(期間限定)
    2016/03/02 あさりちゃん(期間限定)
    2016/01/12 釜揚げ鶏ワンタンつけ麺(期間限定)
    2015/12/29 3Bones ワンタン Noodle(期間限定)
    2015/11/04 秘密のラーメン(期間限定)
    2015/10/01 カブと細切り鴨スモークのしおつけめん(期間限定)
    2015/07/16 ィヨコハマブラック(15周年記念/3日間限定)
    2015/06/03 鶏節SEXY DUCK(期間限定)
    2015/03/19 カモエビG麺(期間限定)
    2015/01/20 えび辛パンチ(期間限定)
    2014/12/29 牛骨ワンタン麺(期間限定)
    2014/12/17 支那そば塩・他画像多数
    2014/12/03 早冬の気配(期間限定)
    2014/10/19 逆つけキーマカレー(期間限定)
    2014/08/28 Sexy Duck Shakin' Tomato(期間限定)
    2014/06/05 Sexy Duck Shakin' Tomato(試作)
    2014/05/09 Sexy Duck Shakin' Tomato(試作)、ひき潮(期間限定)
    2014/03/26 ひき潮(期間限定)
    2014/02/05 逆つけジンジャーワンタン麺(期間限定)
    2014/01/04 年越しジンジャーワンタン麺(期間限定)+味玉
    2013/10/15 ザ・スモーキー(期間限定)+味玉
    2013/10/04 年越しジンジャーラーメン(試作)
    2013/09/09 ワンタンスモーキー(試作)
    2013/07/05 SEXY DUCK パンプキン(試作)
    2013/05/29 Sexy Duck Smokey Special(期間限定)
    2013/03/17 逆つけスモーキー(期間限定)
    2013/01/16 オニグラセブン(期間限定)
    2012/12/31 年越しチキンラーメン(期間限定)+味玉
    2012/11/20 オニグラセブン(試作)
    2012/10/14 カモンベイビー♪(期間限定)
    2012/09/06 冷やし昆布だしつけめん(期間限定)
    2012/08/28 鴨ワンタンの試作麺/つけめんSEXY DUCK(期間限定)
    2012/07/21 つけめんSEXY DUCK(期間限定)
    2012/07/07 つけめんSEXY DUCK(試作)
    2012/06/12 枝豆SEXY DUCK(期間限定)
    2012/05/04 枝豆SEXY DUCK(試作)
    2012/03/21 黒く塗りつぶせ(期間限定)
    2012/03/14 黒く塗りつぶせ(試作)
    2012/03/09 揚げネギメンマスペシャル(期間限定)
    2012/01/08 流星パンチ
    2011/12/31 魚介だしオンリー塩ラーメン(期間限定)
    2011/10/25 ONLY ONE(期間限定?)
    2011/09/24 支那そば・しお
    2011/08/17 SEXY DUCK SIO(期間限定)
    2011/05/30 SEXY DUCK(期間限定)
    2011/04/12 昆布だし潮つけめん 辛味大根添え(期間限定)
    2010/12/08 流星尾道セブン+青ネギ(期間限定)
    2010/11/29 つけ麺・しょうゆ味+麺大盛/流星パンチ
    2010/11/20 流星麺・塩味
    2010/08/10 そのまんま冷やし+大盛(期間限定)
    2010/05/19 カモネギG麺(期間限定)
    2009/07/04 流星麺・しょうゆ味
    2009/05/14 醤油プレミアム+味玉
    2006/06/21 支那そば+味玉半分

    テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

    【限定メニュー】 流星軒@吉野町「じゃがいもSEXY DUCK」は7月20日(木)から!
    ryuuseiken_jagaimosexyduck_9.jpg
    流星軒@吉野町では明日7月20日(木)から、2017年第5弾にしてロ麺ズとのコラボ第14弾となる限定メニュー「じゃがいもSEXY DUCK」が始まります!(当ブログで紹介出来なかったコラボ第13弾は「揚げネギしおつけ麺」でした。)

    ryuuseiken_jagaimosexyduck_1.jpg
    じゃがいもSEXY DUCK(1,150円)

    ※試作のため、仕様が一部異なる可能性があります。

    ryuuseiken_jagaimosexyduck_2.jpg
    今年もやって来ました流星軒の冷やし「SEXY DUCK」。

    ryuuseiken_jagaimosexyduck_3.jpg
    涼やかにして洒落たオンリーワンなルックス。

    ryuuseiken_jagaimosexyduck_4.jpg
    乳白色をした冷製のスープは、じゃがいも+玉ねぎ+豆乳のビシソワーズ。それにおなじみの玉ねぎ油。

    野菜の甘味と塩味、そしてひんやり冷たさを伴って、とても爽やかな味わい。もったりとしたところがなく、さっぱり、すっきりな口当たりでありながらポタージュらしい食べ応えもあり、さらには暑いときに必要な塩分も摂取できるとあって、「こういうのを食べたかった!待っていました!」と、心ばかりか身体までもが喜ぶような美味しさ。

    ryuuseiken_jagaimosexyduck_5.jpg
    対岸は油なし、代わる代わる働きかけてくる甘味・塩味・酸味の変化が楽しい!

    ryuuseiken_jagaimosexyduck_6.jpg
    ロ麺ズの麺は試作段階では画像の「手揉みしない手揉み麺」でしたが、茹で時間がかかり過ぎるので平打ちストレート麺に変更、スープとの相性も良く、さらに美味しくなったそうです。

    ryuuseiken_jagaimosexyduck_7.jpg
    あしらわれたトッピング、ミニトマトはオレンジリキュール漬けで、一瞬辛いような、喉がキュッとなるような感じ。平賀店主自画自賛のアイデア。

    ryuuseiken_jagaimosexyduck_8.jpg
    他には赤たまねぎ、セロリマリネ、枝豆、レモンスライス、そして鴨スモークの燻香も高く、しっとりとして正にSEXY!鴨スモークは以前より美味しくなっているような気が…?

    麺と鴨スモーク以外ほぼ野菜で構成される一杯ですが、そもそもラーメンって季節感が希薄な食べ物だけに、こうした季節限定品には季節の恵みを積極的に取り込んで欲しいですし、そうなると野菜中心になるのは必然と言えるかも知れませんね。

    ryuuseiken_out_9_.jpg
    自分が知っている歴代SEXY DUCKの中でも今回は特に一体感に長けていて、個人的にかなり好みです(´∀` *)



    流星軒
    住所 神奈川県横浜市南区日枝町4-97-2 グレイス南太田1F
    電話 045-241-1238
    営業 11:30~14:30/18:00~21:00頃(スープなくなり次第終了)
    定休 水
    駐車場 なし(近隣にコインパーキングあり)
    過去のレポート
    2017/06/12 エビとホタテの揚げネギしおワンタン麺(期間限定)
    2017/03/22 SEA BREEZE(期間限定)
    2017/01/25 スモーキーパンチ(期間限定)
    2017/01/06 パンチつけ麺・他画像多数
    2016/12/30 年越しワンタンパンチ(期間限定)
    2016/09/27 Shell & Duck(期間限定)
    2016/07/27 ジンジャーワンタンSEXY DUCK(期間限定)
    2016/06/01 アボカドSEXY DUCK(期間限定)
    2016/04/27 手もみ'N' スモーキー(期間限定)
    2016/04/06 あさりちゃんプレミアム(期間限定)
    2016/03/02 あさりちゃん(期間限定)
    2016/01/12 釜揚げ鶏ワンタンつけ麺(期間限定)
    2015/12/29 3Bones ワンタン Noodle(期間限定)
    2015/11/04 秘密のラーメン(期間限定)
    2015/10/01 カブと細切り鴨スモークのしおつけめん(期間限定)
    2015/07/16 ィヨコハマブラック(15周年記念/3日間限定)
    2015/06/03 鶏節SEXY DUCK(期間限定)
    2015/03/19 カモエビG麺(期間限定)
    2015/01/20 えび辛パンチ(期間限定)
    2014/12/29 牛骨ワンタン麺(期間限定)
    2014/12/17 支那そば塩・他画像多数
    2014/12/03 早冬の気配(期間限定)
    2014/10/19 逆つけキーマカレー(期間限定)
    2014/08/28 Sexy Duck Shakin' Tomato(期間限定)
    2014/06/05 Sexy Duck Shakin' Tomato(試作)
    2014/05/09 Sexy Duck Shakin' Tomato(試作)、ひき潮(期間限定)
    2014/03/26 ひき潮(期間限定)
    2014/02/05 逆つけジンジャーワンタン麺(期間限定)
    2014/01/04 年越しジンジャーワンタン麺(期間限定)+味玉
    2013/10/15 ザ・スモーキー(期間限定)+味玉
    2013/10/04 年越しジンジャーラーメン(試作)
    2013/09/09 ワンタンスモーキー(試作)
    2013/07/05 SEXY DUCK パンプキン(試作)
    2013/05/29 Sexy Duck Smokey Special(期間限定)
    2013/03/17 逆つけスモーキー(期間限定)
    2013/01/16 オニグラセブン(期間限定)
    2012/12/31 年越しチキンラーメン(期間限定)+味玉
    2012/11/20 オニグラセブン(試作)
    2012/10/14 カモンベイビー♪(期間限定)
    2012/09/06 冷やし昆布だしつけめん(期間限定)
    2012/08/28 鴨ワンタンの試作麺/つけめんSEXY DUCK(期間限定)
    2012/07/21 つけめんSEXY DUCK(期間限定)
    2012/07/07 つけめんSEXY DUCK(試作)
    2012/06/12 枝豆SEXY DUCK(期間限定)
    2012/05/04 枝豆SEXY DUCK(試作)
    2012/03/21 黒く塗りつぶせ(期間限定)
    2012/03/14 黒く塗りつぶせ(試作)
    2012/03/09 揚げネギメンマスペシャル(期間限定)
    2012/01/08 流星パンチ
    2011/12/31 魚介だしオンリー塩ラーメン(期間限定)
    2011/10/25 ONLY ONE(期間限定?)
    2011/09/24 支那そば・しお
    2011/08/17 SEXY DUCK SIO(期間限定)
    2011/05/30 SEXY DUCK(期間限定)
    2011/04/12 昆布だし潮つけめん 辛味大根添え(期間限定)
    2010/12/08 流星尾道セブン+青ネギ(期間限定)
    2010/11/29 つけ麺・しょうゆ味+麺大盛/流星パンチ
    2010/11/20 流星麺・塩味
    2010/08/10 そのまんま冷やし+大盛(期間限定)
    2010/05/19 カモネギG麺(期間限定)
    2009/07/04 流星麺・しょうゆ味
    2009/05/14 醤油プレミアム+味玉
    2006/06/21 支那そば+味玉半分

    テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

    【限定メニュー】 流星軒@吉野町「エビとホタテの揚げネギしおワンタン麺」
    ryuuseiken_ebitohotatenowantanmen_7.jpg
    このブログでは新着情報としてご紹介できませんでしたが、流星軒@吉野町では5月4日(木)からロ麺ズ×流星軒コラボ第12弾「エビとホタテの揚げネギしおワンタン麺」が始まっていました。

    ryuuseiken_ebitohotatenowantanmen_1.jpg
    エビとホタテの揚げネギしおワンタン麺(1,350円)+味玉(100円)

    ryuuseiken_ebitohotatenowantanmen_2.jpg
    麺以外は既存アイテムの組み合わせで、完全限定というよりも不定期限定といった趣。「揚げネギしお」は「つなぎの限定」の定番ですものね。

    ryuuseiken_ebitohotatenowantanmen_3.jpg
    でもこうした飾らない限定にも定番的、鉄板的な魅力がありますよね。このメニューも売れ行き好調だそうですが、それは「流星軒のワンタンは期待を裏切らない」「プライスに見合った価値がある」と多くの人に支持されている所以ではないでしょうか。

    ryuuseiken_ebitohotatenowantanmen_4.jpg
    麺はロ麺ズのピロピロ麺、結構コシは強め。

    ryuuseiken_ebitohotatenowantanmen_5.jpg
    エビワンタン、たぶん3個。

    ryuuseiken_ebitohotatenowantanmen_6.jpg
    ホタテワンタン、たぶん2個。

    斬新な限定とはまた違った美味しさ、魅力に、自分にしてはめずらしく2度いただきました。

    ryuuseiken_out_8.jpg
    最初に伺ったのは5月下旬、このときは強風により破壊された先代に代わり新しい電飾看板がついに…!と思ったら、少し前の風が強い日に入口上の大看板が落下したそうで、この日は軒先には「ラーメン」の文字が入った提灯がぶらさがっていました。らしくない(笑)。

    ryuuseiken_out_10.jpg
    次いで6月初めに再訪問したところ、代わりの新たな看板が設置されていました。

    ryuuseiken_out_9.jpg
    グッと都会的な雰囲気になりましたね☆

    ryuuseiken_menu_7.jpg
    今さらですが、こちらは今年4月から10年ぶりに価格改定されたメニューです。



    流星軒
    住所 神奈川県横浜市南区日枝町4-97-2 グレイス南太田1F
    電話 045-241-1238
    営業 11:30~14:30/18:00~21:30頃(スープなくなり次第終了)
    定休 水
    駐車場 なし(近隣にコインパーキングあり)
    過去のレポート
    2017/03/22 SEA BREEZE(期間限定)
    2017/01/25 スモーキーパンチ(期間限定)
    2017/01/06 パンチつけ麺・他画像多数
    2016/12/30 年越しワンタンパンチ(期間限定)
    2016/09/27 Shell & Duck(期間限定)
    2016/07/27 ジンジャーワンタンSEXY DUCK(期間限定)
    2016/06/01 アボカドSEXY DUCK(期間限定)
    2016/04/27 手もみ'N' スモーキー(期間限定)
    2016/04/06 あさりちゃんプレミアム(期間限定)
    2016/03/02 あさりちゃん(期間限定)
    2016/01/12 釜揚げ鶏ワンタンつけ麺(期間限定)
    2015/12/29 3Bones ワンタン Noodle(期間限定)
    2015/11/04 秘密のラーメン(期間限定)
    2015/10/01 カブと細切り鴨スモークのしおつけめん(期間限定)
    2015/07/16 ィヨコハマブラック(15周年記念/3日間限定)
    2015/06/03 鶏節SEXY DUCK(期間限定)
    2015/03/19 カモエビG麺(期間限定)
    2015/01/20 えび辛パンチ(期間限定)
    2014/12/29 牛骨ワンタン麺(期間限定)
    2014/12/17 支那そば塩・他画像多数
    2014/12/03 早冬の気配(期間限定)
    2014/10/19 逆つけキーマカレー(期間限定)
    2014/08/28 Sexy Duck Shakin' Tomato(期間限定)
    2014/06/05 Sexy Duck Shakin' Tomato(試作)
    2014/05/09 Sexy Duck Shakin' Tomato(試作)、ひき潮(期間限定)
    2014/03/26 ひき潮(期間限定)
    2014/02/05 逆つけジンジャーワンタン麺(期間限定)
    2014/01/04 年越しジンジャーワンタン麺(期間限定)+味玉
    2013/10/15 ザ・スモーキー(期間限定)+味玉
    2013/10/04 年越しジンジャーラーメン(試作)
    2013/09/09 ワンタンスモーキー(試作)
    2013/07/05 SEXY DUCK パンプキン(試作)
    2013/05/29 Sexy Duck Smokey Special(期間限定)
    2013/03/17 逆つけスモーキー(期間限定)
    2013/01/16 オニグラセブン(期間限定)
    2012/12/31 年越しチキンラーメン(期間限定)+味玉
    2012/11/20 オニグラセブン(試作)
    2012/10/14 カモンベイビー♪(期間限定)
    2012/09/06 冷やし昆布だしつけめん(期間限定)
    2012/08/28 鴨ワンタンの試作麺/つけめんSEXY DUCK(期間限定)
    2012/07/21 つけめんSEXY DUCK(期間限定)
    2012/07/07 つけめんSEXY DUCK(試作)
    2012/06/12 枝豆SEXY DUCK(期間限定)
    2012/05/04 枝豆SEXY DUCK(試作)
    2012/03/21 黒く塗りつぶせ(期間限定)
    2012/03/14 黒く塗りつぶせ(試作)
    2012/03/09 揚げネギメンマスペシャル(期間限定)
    2012/01/08 流星パンチ
    2011/12/31 魚介だしオンリー塩ラーメン(期間限定)
    2011/10/25 ONLY ONE(期間限定?)
    2011/09/24 支那そば・しお
    2011/08/17 SEXY DUCK SIO(期間限定)
    2011/05/30 SEXY DUCK(期間限定)
    2011/04/12 昆布だし潮つけめん 辛味大根添え(期間限定)
    2010/12/08 流星尾道セブン+青ネギ(期間限定)
    2010/11/29 つけ麺・しょうゆ味+麺大盛/流星パンチ
    2010/11/20 流星麺・塩味
    2010/08/10 そのまんま冷やし+大盛(期間限定)
    2010/05/19 カモネギG麺(期間限定)
    2009/07/04 流星麺・しょうゆ味
    2009/05/14 醤油プレミアム+味玉
    2006/06/21 支那そば+味玉半分

    テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

    お知らせ
    実は先月の初めに思いがけないことがあり、以来、ブログに費やすだけの時間は元より精神的な余裕もなく、ご承知のようにブログ更新が難しい状況が続いております。ラーメンを食べる時間も、です。

    そうした現状はもちろん、これまでのこと、そしてこれからのことも考慮し、このままブログを辞めてしまうことも検討したのですが、ひとまず辞めることはせず、落ち着き次第、以前のように再始動したいと今は考えています。

    そうこうしている間もG麺7の後藤店主や流星軒の平賀店主とは連絡を取らせていただいており、今日も後藤店主から「(このブログに情報が掲載されないので)G麺7やロ麺ズで冷やしが始まったのが分からないとクレームをもらってるよ」と、そんな例はごく僅かだと思いますが、嬉しい報告をいただいたりしています(期待していただいているのに…、ゴメンナサイ)。

    当面も完全に休止ということではなく、月に数回程度は記事を更新していくことになろうかと思いますが、今の状況がひと段落し、完全復帰となった折にはその旨ご報告させていただくつもりですし、また皆さんにお目にかけていただければと思いますので、そのときはよろしくお願い申し上げます。

    2017年6月7日 路地裏男
    製麺rabo@西新宿五丁目 「中華そば」
    rabo_out.jpg
    2014年7月オープンのお店。店主さんは嗟哉@初台の初代店長…と言っても嗟哉さん、未訪問です。

    こちら、接客が色々言われてもいるようですが、自分には許容範囲というか、こちらが普通にしている分には特に問題ありませんでした。個人的には最低限の受け答えや挨拶ができていれば、仮に笑顔が無かったりしても無問題。むしろ最近は多くを求めすぎる客が多い気がして、そちらの方に違和感を覚えます。

    rabo_menu_1.jpg
    券売機。「らーめん」「中華そば」「支那そば」のネーミングが勢揃いする店ってレアな気がします。

    rabo_menu_2.jpg
    (笑)…?

    rabo_cyuukasoba_1.jpg
    中華そば(700円)

    rabo_cyuukasoba_2.jpg
    「ザ・ラーメン」な出で立ちに好感。

    rabo_cyuukasoba_3.jpg
    スープはふくよかでクリアな鶏の旨味たっぷり、鶏油に頼ることなき豊かな美味しさ。日常的に頂けそうなスープです。

    rabo_cyuukasoba_4.jpg
    麺はツルツルスベスベの透明感高い美肌、しなやかさを最大限に生かすやわらかな茹で加減。硬め指定は不可。

    巻きバラは肉々しさ、肉の旨味たっぷりで巻きバラタイプの中ではかなり好みな水準。メンマはコリコリ食感と郷愁感じさせる味付けから「支那竹」と呼びたくなるもの。

    rabo_menu_3.jpg
    野菜由来か、ほんのりとした甘味が心地よいオールドスタイルで、ブラックペッパーが合う一杯でした。「らーめん」「支那そば」「塩ラーメン」も気になります。

    ※公私&日夜に多忙でブログに手を付けられない日々ですが、次回記事は流星軒の限定(冷やし)の情報になるかも知れません。



    製麺rabo
    住所 東京都渋谷区本町4-13-10
    電話 03-6383-3657
    営業 (月~金)11:30~14:30/18:00~21:30
        (土・祝)11:30~14:30
    定休 日
    駐車場 なし

    テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

    麺屋 庄太 津久井浜本店 「味噌らぁ麺」「背アブラ煮干しつけ麺」
    shouta_out_3.jpg
    5月上旬訪問。庄太店主にはお店の外でお会いすることが何度かありましたが、津久井浜本店へは2016年11月の復活オープン後、初めて。

    shouta_menu_2.jpg
    およそ3年ぶりの訪問、メニューも様変わりしていました。

    shouta_ramen_4.jpg
    らぁ麺(並)(800円)

    shouta_ramen_5.jpg
    絶対的看板メニュー。

    shouta_ramen_6.jpg
    六浦店も美味しいですが、本店は本店で、また違った旨さであり凄味を感じさせてくれます。本支店で切磋琢磨している感。

    shouta_ramen_7.jpg
    茶色がかった自家製の極太麺、ちょっとくり山@白楽を連想させるかも(当社比)。

    shouta_misoramen_1.jpg
    味噌らぁ麺(並)(850円)

    shouta_misoramen_2.jpg
    3種の白味噌、トッピングにはナッツ類&彩り野菜を使った意欲的な新メニュー。

    shouta_misoramen_3.jpg
    手前と、

    shouta_misoramen_4.jpg
    対岸ではスープの味が異なります。ドロドロですがスープ割りもしてもらえます。

    shouta_misoramen_5.jpg
    麺は手揉みのちぢれ麺。

    shouta_niboshitsukemen_1.jpg
    背アブラ煮干しつけ麺(910円)

    shouta_niboshitsukemen_2.jpg
    自家製麺を味わうならつけ麺も外せまいと。今、つけ麺はこの1種類。

    shouta_niboshitsukemen_3.jpg
    豚骨煮干し、量たっぷりで熱々なつけ汁に今度は啜磨専科@上大岡っぽさを感じたり。

    shouta_niboshitsukemen_4.jpg
    ワシワシと食らう麺はもちろん、和テイストに拍車をかける岩海苔の存在も良かったです。

    P1200150.jpg
    どれもとても美味しかった。

    庄太店主を筆頭にスタッフ皆さん常にアンテナを張り巡らせ、仕事はキレキレ、接客はハキハキ。

    常に全力、本気。

    客を引き込むような緊張感、ライブ感。

    一方で、自らを追い込み、律する姿。

    すごい集中力に圧倒されます。



    でも…

    スープを濾すとき、近くにいる助手の人にスープが撥ねまくっているのは気になるけど(笑)。

    そういえば、自分も催事のときにキャベツの茹で汁をかけられたけど(笑)。


    P1200177.jpg
    美味い不味いは理屈じゃないんだ、作り手の「思い」なんだと、改めて思ったり。

    P1200178.jpg
    いろんな店主さんがいて、皆さんそれぞれ個性があって、重視しているところが違って。

    P1200179.jpg
    その中でも、麺屋庄太は本店・六浦店共に仕事に対する志、意識が本当に高い、と思う。

    P1200180.jpg
    そんなプロの矜持に、

    P1200184.jpg
    グッと来ないはずがない。

    P1200185.jpg
    また、来ます。



    麺屋 庄太 津久井浜本店
    HP http://menyashota.nomaki.jp/
    住所 神奈川県横須賀市津久井2-18-22
    電話 046-848-0929
    営業 (月・火・木)11:00~17:00(LO)
        (金・土・日・祝)11:00~21:00(LO)
    定休 水
    駐車場 あり
    過去のレポート
    2013/09/26 らぁ麺(並)、中華そば(並)

    テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

    G麺7×麺屋庄太×カミカゼ 「三浦産春キャベツと焦がし モッツァレラのみそ豚骨」
    DSC_4720.jpg
    3月29日(水)~4月4日(火)にそごう横浜店で開催された「2017横浜・神奈川 グルメフェスティバル」。期間内の1日だけ、そちらに出店したG麺7×麺屋庄太×カミカゼコラボのお手伝いをして来ました。

    DSC_4715.jpg
    炊き上がったスープからガラを取り出したり、スープにブレンダーをかけたり、ひたすらチャーシューを切ったり、モッツァレラを焦がしたり、ブースに入ってキャベツを茹でたり、丼にタレや油を入れたり、盛り付けしたり…と下働きに精を出しました。

    DSC_4718.jpg
    豚モモ大好き。

    P1200065.jpg
    三浦産春キャベツと焦がし モッツァレラのみそ豚骨(901円)

    G麺7の特製味噌と自家製麺、麺屋庄太の豚骨スープ、カミカゼの魚介ダシという構成。

    正直、派手さはなく、各店主の人柄を表すような(?)優しいタッチで優等生な仕上がり。もちろん美味しいのですが、パンチという意味ではやや拍子抜け。

    ただ、1stインパクトよりも2ndインパクト、3rdインパクトを待て…といった具合に、温度変化の影響もあってか、後からどんどん良くなってきます。ゴクゴクと飲める美味しい味噌豚骨、これは玄人好みな感じかも。

    後日、後藤さんであり、大山さんであり、庄太さんであり、それぞれのお店で直接お話しさせていただく機会があったのですが、皆さん口を揃えて「あれは美味しかった」とおっしゃっていました。背景にはコラボ相手へのリスペクトもあったかも知れませんが、それ以上に実感がこもった言葉に自分には聞こえました。

    また、大山さんは特にこのイベントを「楽しかった」とおっしゃっていました。大山さんの楽しいと自分のそれはまったく異質だと思いますが、本当に催事やイベントのお手伝いは文化祭みたいなノリで楽しい!(もちろん大真面目にやっていますョ。)後藤店主の人使いはなかなか荒いものがありますが(笑)、機会があればまた是非と密かに思っています( *´艸`)

    テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

    横浜らーめん源泉@戸塚 「赤みそ豚骨らーめん」
    gensen_totsuka_out.jpg
    以前訪れた際、他のお客さん達が軒並み注文していて気になっていたメニューがあり再訪問しました。

    gensen_akamiso_1.jpg
    赤みそ豚骨らーめん(780円)

    gensen_akamiso_2.jpg
    ほぼ1年前に訪れたときより30円値上げされたようです。時に「赤みそらーめん」という表記、日頃ラーメンを食べ慣れている人なら「辛いんだろうな」と見当が付くと思いますが、そうでないと「赤味噌のラーメン」、つまり「一般的な味噌ラーメン」と勘違いされやしないだろうか、と余計な心配をしながらいただきました。

    gensen_akamiso_3.jpg
    自分自身は辛味噌っぽいものをイメージしていましたが、実際には芝麻醤とラー油を感じるもので、挽肉こそ入っていませんが「豚骨ベースの担々麺」といった趣。辛さは控えめ、甘味が気持ち強めですが、塩気との均整が取れた穏やかで万人向けな味わいです。

    gensen_akamiso_4.jpg
    中太麺は見た目には以前と変わっていないようでしたが、多加水っぽくなりスープを吸いにくくなったようにも。担々麺風にはこの方がマッチしていると思うので問題ありません。

    間違って「横浜家系の味噌バージョン」を期待すると裏切られるかも知れませんが、一方で基本の「醤油豚骨」より個性的かも知れません。飲んだ後などにも良さそうです。ただ、接客はもう一つでした。



    横浜らーめん源泉
    住所 神奈川県横浜市戸塚区戸塚町4118-3
    電話 045-861-0760
    営業 (平日)11:00~26:00
        (日・祝)11:00~25:00
    定休 無休
    駐車場 なし
    過去のレポート
    2016/04/01 醤油豚骨らーめん

    テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ